時代が熟成させた名作・・・『日本沈没』(2006年10本目)

なるほどね
映画を観終わってから一人うなずいた。

この映画の原作は1970年代初めの小松左京の同名SF小説。
そして一昨日書いたように1973年に映画化(主演は藤岡弘・石田あゆみ)
さらに1974年にはTVドラマ化された。(主演村野武・由美かおる)

たしか1973年の映画は前半はほとんど日本海溝に沈む太平洋プレートと
いった地学的な説明が大半を占めた。
要は『日本沈没』ってことが
「荒唐無稽な話ではなく本当に可能性があるんですよ」
と映画にリアリティを与えるのに必死だった印象がある。

TV版の方は毎週日本各地の大都市・名所・旧跡が地震や津波、火山噴火などで
崩壊していくのを特撮で表現するというのがウリだったようだ。

あれから33年
オレたちは現実に宮城県沖地震、阪神大震災、上越大地震など
いくつもの大地震やスマトラ沖地震の大津波、雲仙普賢岳や
三宅島の大噴火など多くの天変地異を実際に現実に見てきた。
何年か後には関東や東海、宮城県沖で確実に大きな地震が起きると
オカルト的な予言ではなく、きちんと科学的にも予知されている。

さらにはバブル経済前夜だった1970年代、「ジャパンアズNO1」といわれた
時代から構造不況、少子高齢化と日本の社会・経済情勢も大きく変わった。

1973年の旧作は「日本脱出」が大きなテーマで
祖国がなくなっても難民や流民になった日本民族が
世界各地でたくましく生きていくのを暗示したような終わり方だった。

今回の映画は最近の東アジア状況をはじめ日本に風当たりが強い国際状況、
さらには生まれた土地を追われた者が世界各地でテロリスト化している現実。
日本人はこの国土と風土を失っては日本人のアイデンティを失う。
だから「この国を失ってはいけない」といったスタンスに変わっている。

これはたぶんに神戸や上越、三宅島などで被災され故郷を追われた人たちが
仮設住宅などの生活で心の障害をもったり深い悲しみを持つことになった現実を見て、机上の空論的な理想論から現実的な見方に変わったのかもしれない。

それが完全に日本が沈没した前作とは違う結末に結びついていったのかな…。
どちらが良い悪いじゃなく時代の流れ、経験値の違いだと思う。

そんな時代の流れが
この原作の日本沈没という地学的な現象をとおして一番描きたかった
「日本人にとっての日本とは」という本質に迫れる状況を
作ってくれたのではないかと思うのだ。





柴咲コウ演じるヒロインの女性ハイパーレスキュー隊員玲子が
阪神大震災で孤児になった経験をもっているなど登場人物の背景にも
原作以上にふくらみをもたせることができて物語性を高めている。

CGを使った特撮シーンも迫力があったけど
「日本」「国」「幸福」「愛」
といったテーマに取り組んだ映画として見応えのある作品になっている。
大物俳優が多くでているけど、気を使っていろいろやらせなかったことが
オレは逆に訴えるものがシンプル化されてよかったのではと思う。
観客をスクリーンの中に引きづりこむパワーを持った映画だった。

ラストシーン近くでは泣いてる人がかなり多く、
映画館内にはすすり泣く声が多く聞かれた。
散る桜に美を感じる民族としては自然な身体反応。
それを引き出すことも邦画のエンタメとして求められる需要な要素だと思う。
オレは素直に感動できたし面白い映画だった。

『日本沈没』公式ホームページ


コメント ( 6 ) | Trackback ( 30 )
« 明日は日本沈... 効いたカンフ... »
 
コメント
 
 
 
観てきましたが (jamsession123go)
2006-07-16 17:57:27
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

残念ながら、jamsession123goには、あわない映画のようでした。

期待以上のできではなかったですね。

キャストはそうそうたるもんだったんですが。
 
 
 
コメントありがとうございます (傷だらけの天使)
2006-07-16 18:09:14
万人に合う映画はないですし、

観て合わないと感じることも映画鑑賞のもう一つの

醍醐味かと思います(笑)



こういうリメイクはその時代や作る監督で

いろいろ変わるんだな~というのが面白かったです。

原作は時代によって書きかえるということはできないので映画はその特性を活かしてチャレンジしてほしいものです。



何年後かにまたリメークされたら面白そうです。

それまで本当に沈没しないでほしいですが。

 
 
 
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-08-08 22:39:06
TBヤリ逃げごめんなさい。

この映画のラスト、国土を残したところ、

なぜ他の方はわからないのか、、、

孤立しています、、、

ま、良いんですケドねぇ、、、
 
 
 
コメントありがとうございます (傷だらけの天使)
2006-08-08 22:59:46
猫姫様>

ラストに対しては賛否両論ありますね。

30年前は日本の絶頂期。

「この国が沈むはずはない」(経済的な意味でも)

そんな風潮に一石を投じる作品だったと思います。



でも現在はあの当時に比べればいろんな意味で

この国は沈没しています。

だから「沈めるな」というこのメッセージは

時代を反映していていいと思います。



「原作に忠実に!」派の方はまた違う意見でしょうけど。



まっ、いろんな感想があるほうが自然ですね。

 
 
 
ありがとうございます (taimu)
2006-09-27 17:24:48
TB,ありがとうございます。

お礼が遅くなって 申し訳ありません。

実際に「沈没」はありえないでしょうが

最近のいろいろなニュースを見ていると

だんだん 恐ろしい国になっていって

しまうのでは?と不安になってます。



(直接 映画とは関係ありませんが。)



次は何を観るか、傷だらけの天使さんの

意見を 参考にさせてもらってます。
 
 
 
日本沈没 (傷だらけの天使)
2006-09-29 00:55:16
taimuさん>

本当に沈没となったらたまりませんね。

移住だとしても、日本という国が消えてなくなって

もう二度と帰れないとなったら耐えていけないかも。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「日本沈没」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
有楽座で今日公開した「日本沈没」を見てきました。 小松左京の衝撃ベストセラーを1973(昭和48)年に公開を 現代版にリメイクで蘇った。 主演はSMAPの草なぎ剛と柴咲コウをはじめ 豊川悦司 、大地真央 、及川光博などこれ以上にない豪華キャスト。 未曾有の大災 ...
 
 
 
明日は日本沈没を観ようかな。 (ON THE ROAD)
小松左京の同名SF小説の映画化。 実は今回が2回目。 33年前に一度映画化され大ヒットを記録している。 オレも観にいった記憶があるんだけど映像はほとんど覚えていない。 なんか深海潜水艇が日本海溝に潜って調査をするシーンから始まるはずなんだけど、あの『タ ...
 
 
 
日本沈没 男前な田所博士 (CHIDORI-ASHI!)
オリジナルから30年以上たった今、樋口真嗣監督が撮った日本沈没を中野サンプラザで
 
 
 
『日本沈没』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも ...
 
 
 
命よりも大事なこと「日本沈没」 (再出発日記)
監督:樋口真嗣 出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、石坂浩二、及川光博突っ込みどころ満載なのではあるが、素直に感動できた一作でした。どうも前提の理論自体(一年はあまりにも大げさだとして冒頭の研究発表にあるように30年でマントルに引っ張ら ...
 
 
 
『日本沈没』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
 
 
 
「日本沈没」(2006)はプチ人間ラブドラマ+プチパニック映画  (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
7月15日公開の話題の映画「日本沈没」(2006)の スペシャルプレビューに行って来ました。 今回はスペシャルということで 樋口真嗣監督、主演の草なぎ剛、柴咲コウの 舞台挨拶がありました。 各々がおっつしゃってたように 「頑張って製作した作品」だと ...
 
 
 
日本沈没(2006/日本/樋口真嗣) (CINEMANIAX!)
【新宿スカラ】 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫(草なぎ剛)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士(豊川悦司)は日本の危 ...
 
 
 
「日本沈没」レビュー 樋口真嗣も小野寺俊夫も、人類は一生懸命に輝く。  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪ ※てれすどん2号 ...
 
 
 
日本沈没 (Schicksal)
日本地没 迫力のある音、CG映像、映画館で見て損のない映画だった。 そして、日本という国を感じさせてくれるた。僕の受けた印象は、日本は「静」。京都や富士山、動きの少な
 
 
 
日本沈没 (Saturday In The Park)
 日本   SF&パニック&ドラマ  監督:樋口真嗣  出演:草なぎ剛      柴咲コウ      豊川悦司      大地真央 ある深海調査に参加した潜水艇・わだつみ6500のパイロット・小野寺俊夫はそこ で驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な ...
 
 
 
映画「日本沈没」プレミア試写会in大阪 (いもロックフェスティバル)
『日本沈没』日本全国縦断 完成披露プレミア試写会in大阪に行ってきた。 (5/
 
 
 
日本沈没 (日常の履歴)
NHKホールでの試写会。 初めて入ったけど、かなり豪華。 ホールとしては大阪で屈指の規模と設備でしょう。 椅子もゆったりしていて、かなり観やすかった。 そして今回は全国5ヶ所同時試写会という事で、東京・日本武道館からの舞台挨拶生中継があった。 ...
 
 
 
日本沈没(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】樋口真嗣 【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二 【公開日】2006/7.15 【製作】日本 【ストーリー】 潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
 
 
 
【劇場映画】 日本沈没 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理 ...
 
 
 
日本沈没/草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司 (カノンな日々)
現代の最新のCG技術を駆使してのリメイクなので娯楽大作としてのパニック映画と勝手に思い込んでいたんだけど、フタを開けてみればヒューマンドラマとしてとても見応えのある作品でした。そもそもこの物語にラブストーリーを加えるのってどうよ?と懐疑的だったん ...
 
 
 
日本沈没 (Akira's VOICE)
好きなシーンはある。映像も圧巻。 心に残るドラマもあるし,正直,嫌いではない。 ただ,全体のあちこちが中途半端で物足りなさが沢山・・
 
 
 
シネマ日記 日本沈没 (skywave blog)
洋画のパニック映画は、身近な所じゃないので「安心して」見ていられるのですが、邦画となると現実感が増し、不安を掻き立てられます。言うまでもなく、日本各地の被災シーンは、
 
 
 
映画『日本沈没』 (健康への長い道)
土曜日から公開の映画『日本沈没』を観てきました。結局5回も観てしまった『初恋』。その度に観た予告編で、なかなか面白そうだったものですから。お客の入りも良いようです。 原作は小松左京氏。1973年に当時の日本史上最高額となる5億円をかけて ...
 
 
 
日本沈没 (UkiUkiれいんぼーデイ)
いやぁ~、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)b SunMin thanX Kubotaの歌う ♪Keep Holding U♪  これ聴きたかったんです・・・て ヽ(ー ー")エイガトチガウノカ 実はね、33年前の『日本沈没』をリアル ...
 
 
 
日本沈没<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
こんなに突っ込みどころ満載の映画も久しぶりやなぁと思いつつあかん、あかん、あくまでも映画なんやから。。。それよりもっと他に観るところが。う~~ o(>
 
 
 
『日本沈没』2006・7・16に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『日本沈没』  公式HPはこちら ●あらすじ 深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まりに ...
 
 
 
【劇場鑑賞71】日本沈没 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」 「守りたい人がいるんです。 奇跡は起きます。起してみせます!」 国土だけではなく、心まで失ってしまうのか? 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
 
 
 
『日本沈没』観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『日本沈没』鑑賞レビュー! 2006年、夏 沈没へのカウントダウン?? それは明日かもしれない?? 1973年 小松左京・衝撃のベストセラー小説 『日本沈没』が完全映画化された 当時、史上最高の5億円の製作費を投じ 東宝が総力を結集した超大 ...
 
 
 
日本沈没 06年151本目 (猫姫じゃ)
日本沈没 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSFなんだケド、オリジナルと対比出来るほどには、オリジナルを覚えていないの ...
 
 
 
映画:日本沈没 試写会 (駒吉の日記)
日本沈没 試写会@イイノホール 「富士山の大噴火とともに日本は一気呵成に沈むんだ」 「ザ・コア」とか「デイ・アフター・トゥモロー」系?実は「日本沈没」よりも「日本以外全部沈没」の方に断然興味があるのですが、比較のために観てきました。 映像 ...
 
 
 
映画:日本沈没 試写会 (駒吉の日記)
日本沈没 試写会@イイノホール 「富士山の大噴火とともに日本は一気呵成に沈むんだ」 「ザ・コア」とか「デイ・アフター・トゥモロー」系?実は「日本沈没」よりも「日本以外全部沈没」の方に断然興味があるのですが、比較のために観てきました。 映像 ...
 
 
 
真・映画日記(2)『日本沈没』 (CHEAP THRILL)
(1から) 16時50分に映画館を出る。 TSUTAYA渋谷店でとある監督の短編作品を借りる。26日と27日で半額デーをやっているので210円で借りられた。 銀座に出て18時50分までDELLのパソコンレンタルで時間を潰す。 19時から喫茶店「ルノアール」の会議室で行わ ...
 
 
 
映画『日本沈没』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
田中角栄の"日本列島改造論"刊行が1972年6月、7月には総裁選に勝利するが、ピーナッツ一粒1億円など金脈問題で1974年12月首相の座を追われる・・ 小松左京の"日本沈没"が刊行されたのは1973年のこと、執筆開始は東京オリンピックが開催され...
 
 
 
「日本沈没」 (2006年版) (取手物語~取手より愛をこめて)
「てめえは馬鹿か、・・・・・・  いいか、よく聞け!・・・・・・   富士山の大噴火と共に、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」
 
 
 
 
<