【タイ山岳民族の村に暮らす】

チェンマイ南西200キロ。オムコイの地でカレン族の嫁と綴る“泣き笑い異文化体験記”

【山のおやつ】

2016年02月12日 | オムコイ便り

 隣り村の親戚が持って来てくれたお土産である。

 カレン語で「ニュウ」と言う。

 山で掘り出した小芋ちゃんだ。

     *

 かつては、米不足の際の代用食であったらしい。

 調理は、時間をかけて湯がくだけ。

 好みによって、岩塩を搗き、軽くまぶす。

 味は?

 そうだなあ、敢えて言えば、ジャガ芋の小芋といった感じか。

 何の癖もなくサッパリとして、さほど美味いものとは思えないが、ついつい手と口が止まらなくなってしまうのだ。



 そういえば、1月半ばに紹介した中川家のタモンくんが、まだ2歳か3歳だった頃、こちらが心配するくらいに、これをむしゃむしゃと食べていたっけ。

 その「食遺伝子?」が擦り込まれたか、今回も大いにたくましいところを見せてくれたのだが、6歳になったタモンくんの舌が、この味にどう反応するのか。

 ぜひ、見てみたかったなあ。

 それにしても、困ったもんだ。

 もう、腹は一杯だというのに、またまた手が伸びてしまう。

☆今日も、応援クリックをよろしく!
タイ・ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【裏の畑にいます】 | トップ | 【オムコイに春が来た?】  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。