古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

古事記 上巻「日本神話」は誰が創ったのか。

2017-06-10 18:49:25 | 歴史
古事記について、やはり知っておこう。
古事記 中巻は、聖徳太子の「天皇記」「国記」を引用
に続いて、古事記の上巻「日本神話」は誰が作ったのでしょうか。
全国の神話を集めたと云われていますが、実際は
天空の神様が住む高天原 と 天孫降臨した高千穂、日向 、スサノオの出雲地方の話です。
神武東征で瀬戸内海側の吉備、安芸から近畿の話となります。ここからは中巻に書かれています。

イザナギ・イザナミの国生みなど、矛先から日本列島が出来るのですから、壮大なスケールです。
この時代に、天空に高天原があり、地上の人間が住む世界である葦原中国や、地中にあるとされる根の国・黄泉が紹介されます。

そこの次の世代が、アマテラス、スサノオ、ツキヨミの三貴神
先に国造りにでるのがスサノオです。
スサノオの子孫の様に天孫降臨以前に忌まれた神を国津神(くにつかみ)
天照大神などがいる高天原の神を天津神(あまつかみ)と神様を二種類に分けています。
天津神の主宰神である天照大神に対し、スサノオの六世の孫 大国主(おおくにぬし)が国津神の主宰神です。
天照大御神ら高天原にいた神々(天津神)は、「葦原中国を統治すべきは、天津神、とりわけ天照大御神の子孫だ」と主張
大国主神も自身の宮殿建設と引き換えに国を譲る。と云う国譲りの神話が登場します。


アマテラスの孫が、ニニギで天孫降臨する。その子が海幸彦、山幸彦
その孫に、後の神武天皇、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)で東征に出発したのが
『日本書紀』では 神日本磐余彦天皇(カムヤマトイワレビコ)は45歳(数え)の時、天祖ニニギが天降って179万2470余年になるが、遠くの地では争い事が多く、塩土老翁(シオツツノオジ)によれば東に美しい国があるそうだから、そこへ行って都を作りたいと言って、東征に出た。
つまり、ニニギの天孫降臨から179万2470余年後 ?
神武天皇(カムヤマトイワレビコ)は、ニニギの子孫(アマテラスの子孫)ですが、神ではありませんので127歳の人生で亡くなります。
それでも長寿すぎる程長生きです。

これらの神話で場所が特定できるのが、
スサノオの子孫、大国主神が国譲りしたのが出雲
ニニギが天孫降臨した土地が高千穂で、神武東征の出発が日向で、瀬戸内海を通って大阪へ到着、和歌山側から奈良へ到着
この位置関係は間違いないようです。
位置を特定できないのか、アマテラスなど天津神が住む高天原(天空の世界です)
神様の住む場所なのですから、そう簡単に場所を特定できるような記載はしていません。
架空の世界の話にしてあります。



世界の実際の歴史感を通り越していますよね。
イザナギ、イザナミ、アマテラス、スサノオ、ニニギ達は神様ですので、死ぬことはありません。
イザナミは、火の神を産んだ際にやけどして死んでしまい、黄泉の国で暮らしていますが。
天照大神(アマテラス)は、伊勢神宮に鎮座されておいて、私たちの国 日本を見守っていただいています。
スサノオは、出雲大社に祀られています。
古事記の上巻は、神社制度の元となる伊勢神宮、出雲大社の設立に必要な内容にしたのです。
当初、天照大神は奈良の宮中に祀られていたようですが
崇神天皇6年、疫病を鎮めるべく、従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神(大和大国魂神)を皇居の外に移し
垂仁天皇25年に現在の伊勢神宮内宮に御鎮座していただいた様です。
百済からの仏教伝来が聖徳太子の時代にあり、神仏習合を神仏分離して、現在の神道制度を確立すらために
この日本神話の上巻が必須だったのです。

しかし、中巻の冒頭に登場する神武天皇の名前が 神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)
他にも、倭タケル、倭姫など、倭と云う漢字を使った名前が幾度も登場
自国を倭国(ヤマト国)と記載しています。
古事記の作者は、魏志倭人伝など中国の史記を読んでいるのです。
しかし、上巻の日本神話では使われていない様です。最後は、神社でこの日本神話が菩提となりますが??
日本書紀では、至る所で 史曰く と中国の史記の表現と無理やり関連づけしていますが、先に書かれた古事記にはそれがありません。
古事記の著者は、魏志倭人伝登場する人物を全て無視したのでしょうか。
この辺りを次に考えてみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古事記 中巻は、聖徳太子の... | トップ | 古事記の日本神話と魏志倭人伝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。