古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

卑弥呼は一人ではない

2016-10-15 20:44:11 | 歴史
いつも読んで頂き有り難うございます。
最終回も近くなりました。(投稿する情報も無くなりつつあります)
と云いつつも表題にもどりまして
卑弥呼
倭国の大乱後、幼女オ卑弥呼子が女王に(たぶん180年位)
既に、長年とありますので、老人でだったのです。
247年、或いは、248年に死亡
何と、68年にも及びます。
卑弥呼政権 70年、一代は絶対に無理ですよね。
当時の平均寿命は40歳ほど、巫女が老婆ではないと思いますので
30代位で世代交代があったのではないでしょうか。(女性には失礼すが)
卑弥呼は一代20年(10代から30歳まで)とすると卑弥呼は
3人から4人ぐらいはいたのではないでしょうか???
何度も同じこと主張しますが、卑弥呼は固有名詞(名前)でなく
役職(祈祷をする女性)の意味しています。
という事は、卑弥呼の墓は複数あります。
ここで、二人の卑弥呼を紹介します。
①親魏倭王の金印を貰った卑弥呼
237年の卑弥呼
②魏志倭人伝でなくなったとされる卑弥呼
248年の卑弥呼
です。
①の卑弥呼は権力があります。死後に次の卑弥呼は大きな古墳の作成を命令します。
出来たのが箸墓古墳
②の卑弥呼の死は女性の祈祷政治の終了です。案外、殺害された可能性もあります。
後は男王の政権となります。
つまり②の卑弥呼には、大きな古墳も100人の殉教者もあり得ないのです。
②卑弥呼の死後に、一団は九州北部を後にして日向の地へ移動します。
途中で吉野ケ里の古墳に②卑弥呼は埋葬されます。

卑弥呼複数説は、後の天孫降臨へつながります。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神武が 奈良(橿原)を選ん... | トップ | 最澄と空海 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。