もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

ライフ・オブ・パイ

2013年02月12日 | 映画
映画『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』3Dの吹替版を、映画の日に観てきた。

デジタル効果のせいか、トラが現れたときあまりな臨場感に鳥肌が立った。相手が虎なので虎肌か。
トラが現れる度つづき、トラと少年の関係が落ち着くまで止まらなかった。両腕の体毛が逆立つような怖気。その意味からもこの映画は素晴らしい。
幻想的なシーンが美しかった。

一緒に観たかみさんは、ラストに涙していた。

パイは、トラと漂流する主人公の名だが、πのことである。
拙ブログでは、このπについて扱っているので、興味のある方はお進みください。


  [ π ]

  [ πのパターン ]

  [ 数の物語① ]


数学なんて嫌いという方には、トラの笑撃集を用意しました。
  [ 笑撃トラ ]

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画のキャラクター像 | トップ | 世継地蔵 »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
錆びたナイフ ♪ 石原裕次郎 (あQ)
2013-02-12 07:19:18
今日から、又忙しくなります。

この映画は、1/31に 、i i n a 様より先に観て参りました。
映画と云うものは、見る人によって、全く違った受け止め方になるものです。
私が先に観たので、細かいコメントはしませんでしたが、この映画は宗教色の強い作品でした。

原作を知らないので、映像からだけしか知る術がございませんが、何故か仏教に対する嫌悪感が随所に画かれておりました。
船上の白人の粗暴なコックが、自称仏教徒だったり、辿り着いた島が、イルカなどの動物を捉えて、溶かして糧にしていました。
一瞬、島の全景が映し出されましたが、その姿が「 涅槃像 」の姿だったり。

最後に日本人の保険調査員達が登場して、一層複雑怪奇な様相をていし、2~3回観なおさないと、映画の本当の意味は理解出来ません。
深く考えずに、映像の美しさや、漂流生活の過程を、緊張したり喜んだりと、単純に楽しんだ方が宜しいようです。(笑)
 (らいちゃん)
2013-02-12 07:23:04
虎は迫力がありますね。
3Dの吹き替えでも怖いと思います。
俳優さんも命がけですね。
大阪の虎(タイガース)も怖い存在になって欲しいのですが・・・。

私は砂像や氷の像を見たことが無いのでその素晴らしさを体感していませんが、ニュースで観る限り傑作であることが実感できます。
一度見てみたいものです。

はやいコメントのおふたりに 感謝 (iina)
2013-02-12 08:52:18
(あQ)さん へ
欧米人が描く映画(原作は、カナダの小説家ヤン・マーテル)は、仏教の得意な面を描き、野蛮な民族の宗教とみなす
傾向があるのかも知れません。
iinaも島の全景が「 涅槃像 」なのに気づきました。
映画の記事は、極力ストーリーを伏せることにしています。ただ、コメント欄には掘り下げても構わぬ姿勢です。

この映画は、見ようによっては難しい一面を宿しているようです。果たして、トラと漂流して生還したのか、あるいは
別の話を擬人化したものか。
映画評も、最後に単なるファンタジックな物語りが一変するといいます。




(らいちゃん)へ
「グ美人走(ぐびじんそう)虞美人草」と前に誤変換で扱っていました。意味は、
グーでおなじみのエド・はるみさん。24時間TVでは女性で最長距離をランニングー!!

虞美人草を和名でヒナゲシや芥子(けし)といい、英語ではpoppy(ポピー)です。
ついでに追加すると、スペイン語ではアマポーラ(amapola)ともいうようです。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の主題歌に甘やかな♪アマポーラ♪が使われていて単調な調べ
にうっとりしました。

名前がどんな表現であろうと、ケシの花ですから危うい花という印象がぬぐえません。

こんな唄がありました、
  ♪赤く咲くのは ケシの花
   白く咲くのは 百合の花
   どう咲きゃいいのさ この私
   夢は夜ひらく♪
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/9af3342cf62f481a1dc1868fb1712330

>俳優さんも命がけですね。
いえ、ライフ・オブ・パイの虎は総てのシーンをCG加工して撮影したそうです。ですから、少年はひとり芝居
をしていたことになりますから、まったく安全なのです。

映画の公開にあたり、本物の虎に様々なポーズをとらせ、それを元に創り上げたのですから、いまはどんな難しい
映像さえ創れてしまう時代です。
虎の風貌さえ膨らませて立派に仕立てていました。
314日ではなく227日 (^π^)
2013-02-12 11:10:17
『トラと漂流した227日』ということだけど、どうせなら314日にしとけばよかったのにね。

そうするど、あまりに辻褄がよすぎるからよくないか。

                                       バイバイ (^π^)/~~~
ライフ・オブ・パイ (motoko)
2013-02-12 16:48:20
iinaさん 今日は
天気予報では、夜から雪か雨とのことで、こちらは
寒い一日となっています。

私は今日見てきました。
3Dに驚き、トラの表情にトラも演技をする・・・と感心しま
したが、デジタル技術で作られたそうですね。
アカデミー賞最有力との声もあるそうです。
私たち夫婦含めて3名という館内でしたが、素晴らしい
映画で、私も少し涙しました。
昨年12月、レ・ミゼラブルも見ました。
ときどき映画も、楽しみたいと思っています。
コメントに m(_ _)m (iina)
2013-02-13 08:39:56
(^π^)さん へ
どうして漂流した日数を227日にしたのでしょうね。
ロビンソン・クルーソーは28年間だし、トラの名になったリチャード・パーカーが食べられたヨットミニョネット号事件
では、残りの生存者は24日目に救助されています。映画は、この事件を示唆しているようなのです。

そうです、4人の乗組員が難破し救命艇で脱出した事件の犠牲者の名をトラの名にしています。
人の肉を食べるために殺人を犯したのは事実だが、そうしなければ全員が死亡することも確実であり、仮に若者が
死亡するのを待っていたら、その血は凝固してすすることはできなかったはずであると減刑された事件です。
それでも世論は無罪が妥当との意見が多数であったため、特赦され禁固6ヶ月に減刑されました。




(motoko)さん へ
天気予報に反し、神奈川は雪にならず、いま晴れ渡っています。
motokoさんも、この映画とレ・ミゼラブルを鑑賞でしたか。iinaは涙にはならなかったですが、考えようでは難しい
映画でもあったようです。
次は、アウトローにしようと思っています。
TBに コメント (iina)
2013-02-13 10:20:15
(hamutaro's BLOG) さん へ
ことし2本目が3Dでした。
ファンは必見ということは、インドでは名のある俳優なのですね。歌も踊りもないけど、ファンジックな映像でした。




(京の昼寝~♪)さん へ
鳥肌ものなトラの登場でしたから、アニメでない3Dでも疲れずにすみよかったです。それに字幕を読む手間もな
く吹替版で正解でした。

トラを調教するなんて、無理のない納得させる筋立てですね。




( もく窓 )さん へ
肉食獣は、草食獣の肝臓を食べることによって草を食べたことになるそうです。

豚を食べるのをタブーにする宗教があるのは次のような理由があるそうです。
牛や羊、ヤギ、ラクダなどの反芻する動物は、草を食べて消化する能力があります。人間は草を消化できないから
草を食べないので、牛と人間が食物をめぐって競合することはありません。
しかし、反芻しない豚は草を食べることができず、穀物を食べるので人間と競合します。豚を育てて食べるには
人が食べるものを与えなくてはならないから、はじめから豚を食べてはならないとしたという説です。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/399518ce3ec4e855b761baf07e74079c




(そーれりぽーと) さん へ
2つの物語のどちらが正しいかは誰にも証明できない。

好きな方を選び、そちらの方が良い物語だといったとします。
神についても同じことがいえます。
神がいるかどうかは誰にも証明できないけど、神を信じるかどうかはあなたが選ぶことだと問うているのかも知れません。
・・・どこかのブログにつづっていました・・・




(西京極 紫の館) さん へ
ファンタジックな映画でした。

iinaも、インド人が主役で踊らない映画を初めて観た気がしていましたが、サー・ベン・キングズレー主演の
「ガンジー」を観てました。(笑)
最近では「 ヒューゴの不思議な発明」に出てました。




(いい加減社長の映画日記)さん へ
ただ単に、ファンタジックな映画として見ましたが、最後に2つの物語のうち、どちらが好きかと映画を観る者に
投げかけて終るため、さまざまな解釈ができるらしいですね。

アカデミー賞にノミネートされるには、抽象的な味付けをするに限ります。
3D~ (cyaz)
2013-02-13 12:33:41
iinaさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございましたm(__)m

こんな見事なトラなら、最初から3Dで観れば良かったと
後悔しています(汗)

>トラが現れたときあまりな臨場感に鳥肌が立った。相手が虎なので虎肌か。
お~、ナイスです!!

πってその昔どこまで暗記できるかやりましたよね(笑)?
TBに コメントします (iina)
2013-02-14 12:07:48
はるみのひとり言さん へ
ファンタジックな映画として観ましたが、なにやら意味深な後半部分でした。

2つの物語のどちらが正しいかは誰にも証明できません。
神についても同じことがいえ、神がいるかいないかは誰にも証明できないけど、神を信じるかどうかは選ぶこと
ができるといっているようです。

また、トラの名のリチャード・パーカーは、19世紀のヨットミニョネット号の人食い事件で、難破し食べられた
犠牲者の名だそうです。
こんなことは、予備知識がないと理解できないですよね。




(はらやんの映画徒然草)さん へ
はらやんは、なかなかな深読みな感想でした。
後の物語が真実で、前の物語はパイが過酷な出来事から逃避するため、生きる意味について解釈・咀嚼する
ために自らが作り出した物語と考えたのですね。
シマウマ、ハイエナ、オランウータンとリチャード・パーカーが、それぞれ船員、コック、母に纏わるもう一つの
ストーリーを創りだしたなんて・・・。



(酔生夢死浪人日記)さん へ
>インド人、いや、日本人も感覚的に理解している汎神論――万物に神が宿り、一切が神である――をベースに、哲学的テーマを追求している。

トリックに満ちた哲学的ファンタジーとは読み込めなかったですが、そのような解釈があるものかと感じ入っています。
ラストにストーリーが一変すると評されてますから、どんな意味かと彼方此方ブログを辿ってました。
ゼロを見つけたインド人を主人公にしているのも意図があるわれですね。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/911f4f65c911bd13ebf3b1caabd4c02a




(『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)さん へ
漂流中にトラがいることによって生かされたと独白していたように思い出されます。
トラとの対峙によって己の存在を知り、大自然の大海原の猛威は「社会状況」というのも面白い解釈です。

甘噛みされた気分です。




(日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)さん へ
そういえば、「アバター」を撮った J キャメロンもが絶賛してましたね。
漂流サバイバルに生きながらえて、いろんな解釈ができるあたりがアカデミー賞の審査員に受ける部分なのでしょうか。




(映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)さん へ
>戻ってきて瀕死のパイの顔を舐める。
なんて表現もあったでしょうが、そんなことにトラわれないで無愛想に去っていく方が好いです。
3D映像に、虎肌が立ちました。(^^ゞ




(新・映画鑑賞★日記・・・) さん へ
大海原に放り込まれて、孤独に身を焼くところを、トラと命を掛けて対峙することで乗り切ったのですから、トラさまさまでした。

ファンタジックな映画として観ましたが、なにやら意味深な後半部分でした。




(我想一個人映画美的女人blog)さん へ
映画ポスターも、いくつかあるのですね。

やはり、トラの '撮ら' れたポスターが魅力です。
TB (迷宮映画館)さん へ (iina)
2013-02-15 09:04:25
>自分が生き抜くためにトラを生かさなければならない。
なるほど、そうですね。
トラを精神的な支えと解釈するのが多いなかで、切実な意味づけでした。

日本人にとって、ヒンドゥー教徒もキリスト教も八百万の神のひとつにすぎません。トラこそが、パイを生かしたもの
であるかもしれず、神の意思とも思えます。
普通に生活していて、あまりに自然すぎて神と気がつかない神もいそうです。

”無”から”有”を生ぜしめる神の存在の可能性について考えてみました。あるいは、TBを貼ってコメントを引き出すのに似ています。(^^ゞ
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/1152ffe10ee51fdc9ddbbe5e45a11006

また、[神は存在するか?]についても考察してみました。↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c34a1319fcb3a86165a525a9b4a463c

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

ライフ・オブ・パイ (hamutaro\'s BLOG)
インドから船で家族とカナダに向かった少年が難破、海をトラと漂流することに・・・ インド映画ではないですが、イルファン・カーン、タッブーが出てるので ファンは必見。 「ナマサケ」では夫婦役でしたが、タッブーは少年の母役。 イルファン様は大人になった少年の...
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2D字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
ライフ・オブ・パイ ( もく窓 )
お気に入り度:銀      原題:Life of Pi アン・リー監督 2012年いつもは千円デーにしか行かないのですが少し奮発して3Dで観てきました。生きてるようなCGのトラに驚きましたョ。映像がとても美しく迫力があって2Dでも十分にこの映画を楽しめると思います。....
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D (そーれりぽーと)
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。 1960年代、パイはインドで動物園を営む一家のもとに生...
ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日~ (はるみのひとり言)
公開中のライフ・オブ・パイ見て来ました。3Dで見るつもりだったんですが、2D用のムビチケだったので2D字幕で鑑賞しました。それほど映像にごだわる人ではないので、ま、いいかな。2Dでもよかったですよ。初めて予告で見た時、トラも太平洋のど真ん中でコイツ食べたら...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る (はらやんの映画徒然草)
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
「ライフ・オブ・パイ」~トリックに満ちた哲学的ファンタジー (酔生夢死浪人日記)
 スーパーボウル(SB)はレイヴンズが49ersの追い上げをかわし、12季ぶりに王座に就いた。ハイスコアでエキサイティングな最終決戦は、今季を象徴する内容の濃いゲームだった。今回は両チームを率いる兄弟ヘッドコーチ、新旧悪童対決が話題になった。HC対決では地味....
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ....
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間 (迷宮映画館)
これはファンタジーと考えていいのでしょうかねえ。見てて違和感を感じた自分はやっぱリアリスト?
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (ラムの大通り)
(原題:Life of Pi) 「この映画。 実は次の言葉ですべてを言い表せられる。 『Miracle&Beautiful』。 ほんとうは、もうそれだけで語らなくてもいいほど。 導入部、 少年パイが船に乗るまでのエピソードこそ、 少しもたつくものの、 あとは、もう 眼前に展開する大海...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)◇◆LIFE OF PI 3D字幕版 (銅版画制作の日々)
 なぜ少年は、生きることができたのか。命を奪うのか、希望を与えるのか 好き度:+8点=78点 3D字幕版がお薦めだという噂を聞き、早速その上映されているシアターをチェック。2D字幕版はあるのですが、3Dだと吹き替え版というところも、、、。ようやく東宝シネマ...
ライフ・オブ・パイ   トラと漂流した227日 (映画の話でコーヒーブレイク)
映画館をチェックしたら3Dは吹き替えが多くて・・・字幕版で時間帯もよかったので TOHOシネマズMM横浜で鑑賞しました。 今まで、3D映画は109シネマズで観ることが多かったので、マイ3Dメガネを持参したのですが TOHOシネマズでは専用の重いメガネを着用とのこと...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かったにも関わらず、今朝頑張って早起きしたが、あいにく波無かった、しばらく塩分不足にな....
漂流の果てに (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲われ船が難破 唯一生き残ったパイが乗り込んだ救命ボートにはシマウマ、ハイエナ、オラ....
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (いやいやえん)
神頼みと聞くと丸投げに感じてしまいますが、3つの信心を持っているパイ、自分の力だけじゃなしえない奇跡も自分の力でどうにかできた事柄も、全て「生命力」が源だった。生きるための気持ちというのは神が人間に与
映画感想×2。 (好事家の世迷言。)
1日分に満たない映画感想2つ。 ★『Ted』 予告編での可愛いくまを気にした私が悪かった。 昔の洋画のパロディも分からないくせに見た私が悪かった。 エロもグロもナンセンスも嫌うつもりは無いが、 下品なのはどうにも無理。 女を食いまくってるのに店で出世するとか。...
「ライフ・オブ・パイ~虎と漂流した227日間~」 (ここなつ映画レビュー)
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。敬愛するアン・リー監督の作品だ...