平和1丁目 ~牧師室より~

福岡市南区平和にあるキリスト教の平尾バプテスト教会の週報に載せている牧師の雑感

2017年7月16日 多様性と自由が認められる教会

2017年07月23日 18時34分10秒 | Weblog
多様性と自由が認められる教会

 私たちの教会が目指している教会の形は、つくづく大きな試みなのだと思う。多様性と自由という点において、多くのものは大目に見られ、受け入れられていく。礼拝を守ること、奉仕をすること、献金をすることなどは、教会員としての責任ということもあるから、多様性を重んじるといっても、いい加減でいいということではない。
 しかし、ねばならない教会生活を当教会の教会員は、過ごそうとは思わないであろう。もちろん、そうした信仰のありようも、多様性の一つとして尊重される。神様との関係だけで、各々に与えられている信仰に従って、奉仕も、礼拝出席も、献金もなされるはずである。先週の説教でも語ったように、神様は、十分の一の捧げ物を聖別して、私の倉に納めるように言われている。
 そして、私を試してみよ、と言われる。大きな祝福を与えると約束されている。この言葉を信じて、そうされる人もいれば、感謝と喜びのうちに十分の一にこだわることなく、精一杯を献げる方もいる。しかし、多様性と自由を認めるということは、決してその人のありようを非難することがあってはならないのである。
 もし、当教会で非難されるべきことがあるとすれば、その人が自分のありようを絶対化して他者を非難したり、攻撃したりするときだけである。イエス様が、「人が犯す罪や冒涜は、どんなものでも赦されるが、霊に対する冒涜は赦されない」と言われたごとくであるかもしれない。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月9日 政治に対してキリスト者は

2017年07月23日 18時31分02秒 | Weblog
政治に対してキリスト者は

 これまで、57議席もあったG党が、23に議席を減らし、6議席だったT会は、55議席を獲得した。G党は、選挙期間中も防衛大臣の愚かな応援演説があったりと、それは予想以上の逆風に見舞われたということだ。おまけに、応援演説をした人が、「こんな人たちに」負けるわけにはいかないなどと、自分に対してヤジをとばした人々に向かって言ったものだから、非難はさらにエスカレートした。
 今回の選挙では、選挙期間中、否それ以前から、G党の閣僚や議員が、憲法違反、法律違反、倫理的にはどうなのか、と問われる発言や行動もあったために、これらのことが敗北の要因になったとも言われている。それはそうだと思う。もし、これでこれまで通りG党所属、あるいは推薦の議員が大半を占めることになれば、それこそ、この国はお仕舞いだろう。
 57議席が23議席になったのは、至極当然の結果であった。ところで、キリスト者たちは、こうした選挙のときに、いったいどのような姿勢で臨めばいいのだろうか。ある宗教が、ある政党と深い結びつきをもっているのは自明のことになっているが、私たちは、教会がどこかの政党の支持をすることはない。それは、あくまでもそれぞれの信徒の自由である。
 そして、それぞれの信仰に立って、候補者の主張する内容をよく吟味して選んでいるはずである。私たちは、政治から切り離された所で信仰生活をしているわけではないから、政治にも関心を持ち責任を果たす。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月2日 やはりそうだったのか!

2017年07月23日 18時28分25秒 | Weblog
やはりそうだったのか!

 宗像の大島に行くと、漁港の売店に大島産のアカモクという海藻が冷凍状態で売ってある。あるとき、友人のKさんから、これはおいしいですよ~と言われて買ったことがあり、家でポン酢で食べてみると、ねばりけが山芋以上で、味もまあまあだったので、ときどき買って帰っていたのだが、何げなく今朝のテレビを見ていたら、このアカモクが、東北岩手のある漁師たちの間で評判となっているというのだ。
 このアカモクを食べやすく加工して販売したところ、仰天するほどに売れて、今では家を新築したり、トラックを買った漁師さんたちも現れているということだ。それまでは、漁船のスクリューや漁網などにからまって邪魔者扱いの海藻で「くずモク」とか「クソタレモク」とか呼ばれていたという。
 しかし、こうなるとこのアカモクを求めてお客が殺到して、それまでは、300円くらいで売られていたものが、倍以上に高騰することも考えられ、密かに楽しみにしていた者にとっては困ったということになるが、大島の漁師さんたちにとっては願ってもない事態がこれから訪れるかもしれない。
 こんなお話は、ひょっとしたら、あちらでもこちらでもあるのだろう。それまでも、その価値は変わることなく存在していた。もともと神様の創造したものだから。あるとき誰かがその存在や価値に気づいて、ちょっと手を入れただけで、その存在はさらに光輝くようになる。聖書ではイエス様に出会った人々がそうであった。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月25日 人の過ちを赦すことは難しいけれど・・

2017年07月23日 18時22分42秒 | Weblog
人の過ちを赦すことは難しいけれど・・

 パソコンで、文章を作っているときに、誤ったキーをたたいて、変な言葉がでてくることがある。ところが、ときどきそれを見て噴き出してしまうことがあるだろう。それは、こちらの方が、ひょっとしたら言い得ているかもしれないと思うからだ。例えば、「人は皆希望に至る」というのを「人は皆死亡に至る」と誤って打ったとする。
 文脈からどう考えても「希望」としか理解できない場合でも、人は皆、いずれは死にゆく存在だから、こちらの方がリアルである。そのように、瓢箪から駒がでるといった具合で、意外な言葉が出て、それが妙に前後の文脈のなかで、おもしろい解釈となって、それでいながら何となく真実を言い当てているように思えて笑いがでる。
 そんな「パソコン誤打によるおもしろ言葉・文章集」とかいったものを発行したら、売れるかもしれない。今日のニュースで、ある女性議員が、誕生日カードを50人近くの支持者に誤って送った秘書に激怒し「ハゲー、死ねー」などと暴言をはいたり、頭を殴打したというので話題になっていた。女性議員としても謝罪に奔走しなければならなくなり、恥をかかされたと気持が納まらなかったようだ。
 私が「ハゲー」などと怒鳴られたら、心臓麻痺で卒倒するだろう。最近、年だろうか、文章を作っていてやたらと間違いが多い。失敗によって時に出現する陳腐な言葉の出会いを楽しみながら、これからもこれで文章を作るが、間違いがあってもお手柔らかにである。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月18日 お勧めの映画だった!

2017年07月23日 18時18分36秒 | Weblog
お勧めの映画だった!

 「神の小屋」という映画の試写会があって観てきた。ある意味では、キリスト教の布教を意図した映画であるが、実に、タイミングがよかった。それは、先日の青野先生の出版講演会と翌日の説教に相通ずる内容が随所に見られたからである。天地創造のときからの人類に注がれている無条件の神の愛、それがテーマの一つであろう。
 あらすじは、「妻と子ども3人と幸せに暮らしているマックは、休日にキャンプへ出かけるのだが、溺れそうになった娘ケイトを助ける間に、末の娘ミッシーが誘拐されてしまう。大捜索が行われるが、数時間後に荒れた小屋で、末娘の血に染まったドレスだけが見つかった。それから4年後、ミッシーの遺体さえ発見できず、深い悲しみから抜け出すことができないマックへ、奇妙な招待状が届く。
 『週末にあの小屋に来ないか。パパより』と。悩んだあげくマックは意を決し、一人であの小屋へ向かう。その忌まわしき事件現場で出会った不思議な3人の人物。彼らは三位一体の神だった。彼らは、マックの人生の真実を解き明かしていく。神はなぜ不幸を見過ごすのか。赦しと愛と天国への希望の物語」、以上はパンフレットの言葉。
 この種の映画にはめずらしく贖罪も身近な形で描かれている。また、三位一体の父なる神は黒人の女性である。この映画は、多様性と自由を愛する当教会の教会員は、おしなべて観て欲しいと思った。9月に福岡でも放映されるとのこと。感動すること間違いなし。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月11日 教会へようこそ!

2017年07月23日 18時12分54秒 | Weblog
教会へようこそ!

 平尾バプテスト教会にようこそおいでくださいました。私たちの教会は平尾と大名にそれぞれの会堂を持つユニークな教会です。平尾会堂では子供たちが奏でるチャイムの演奏から、小さなパイプオルガンと共に歌われる賛美歌もあり、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い年代の方々がおられます。
 大名の会堂では地域の方々が来やすいように賛美もバンドスタイルでギターやベースやドラムなど、色々な楽器を用いてみんなで賛美をしています。聖書も印刷されたものを渡したり、玄関にウェルカムする人が立っていたりと礼拝に参加する人を歓迎して、初めて教会を訪れてくださる方々に「教会に来てよかった」と思ってくださるように準備しています。夕方の礼拝もあり、さまざまな窓口がありますが、どの窓口でもあなたが来てくださることが私たちの喜びです。
 私が教会の門を初めてくぐったのは長崎バプテスト教会でした。当時は高校生で、後輩と土曜日に散歩をしていたところでした。川沿いにある道から見える玄関と礼拝堂のそれぞれのドアは開かれており、礼拝堂の奥にかけてあったイエス・キリストの架かっていない十字架が見えました。その自由さと不思議さに惹かれて入っていったことが始まりでした。
 教会で読まれる聖書の言葉や賛美はみなさんにとって不思議に思われますか?クリスチャンの生き方や人柄に何か感じることがありますか?聖書の言葉は色々と謎も多く、全てを解き明かすのは難しいのですが、ここに書かれていることや信じられていることは、私たちの心を豊かにし、恐れや不安から私たちを自由へと導いてくださいます。ぜひ続けて私たちの教会へお越しください。次回もこころからお待ちしています。


森 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月4日 同じキリスト教の枠組みの中にいる者であるが

2017年07月23日 18時08分01秒 | Weblog
同じキリスト教の枠組みの中にいる者であるが

 同じキリスト教徒でも、聖書から何を聞いているのか、何に耳をふさいでいるのかで、表面に現れる言動は違ったものになる。どこかの国のキリスト者Tもどこかの国の無神論者(否、何かは信じているのかもしれない)Kも同じように見えてきた。
 一方が、ミサイルを飛ばして、甘くみるんじゃないと言うと、一方も同じようにミサイルを飛ばして、よく考えてみるんだなと言う。これが、子供同士の喧嘩の威嚇ならまだしも、こんな愚かな指導者たちによって人類が滅びることになったらたまらない。そして、おそらく何百年も、否、もっとそれ以上、他の動植物や地球環境も多大な被害を受けることになる。
 とにかく神様から預かった地球そのものが台無しなる。そして、わかることは彼らにその責任をとれるはずもないことだ。Kについては、ただ国民が気の毒としか言いようがないのだが、Tについては、これは同じキリスト者として複雑である。先の選挙では、米国の白人の福音派の81%がTに投票したとのことだ。腹心のP氏は、選挙中も祈りを忘れることのないTであったとニュースを流した。
 ただし、少しだけホッとしたのは、選挙中サザン・バプテストのニューリーダーであるM氏が、Tに不支持を表明したことだ。私たちはとかく自分の都合のいいように聖書を理解しがちだ。聖書から変えられること、時には、弾き飛ばされる自分もまた喜ぶ勇気を持たなければならない。もちろん私も含めてのこと。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月28日 麻痺の時代

2017年06月18日 17時13分16秒 | Weblog
麻痺の時代

 何を聞いても感じなくなる。何を見ても感じなくなる。かなり危ないと思うけれど、声を上げることをしない。どう考えてもおかしいと思う出来事が見過ごされていく。今は、麻痺の時代である。悪事を働いても、知らぬ存ぜぬでしらを切れば、それがまかりとおる。情報を開示せよというと、ほとんど真っ黒の印刷物が提示される。
 それじゃ、情報開示になっていないと思うが、それ以上の追及も断ち切れとなる。どこにどのような力が働くからだろうか、今は、麻痺の時代である。痛みを痛みとして感じない時代である。おかしいと主張する者が支持されない時代である。不正や忖度なるものが、堂々とできる時代である。世の中、そんなものだよ、と多くが心の中で正義を主張する者たちに舌を出す時代である。
 表よりも裏がものを言う時代である。疲れ過ぎて物言えぬ人々が大勢作られていく時代である。若者たちが非行に走らないようにするために、部活に一所懸命取り組ませ、くたくたにして、余計なことを考えなくするのも一種の麻痺状態の創出かもしれない。
 共謀罪などができて、あちこちと自由な領域が狭められていくけれど、互いに監視し合うような世の中にもなっていくかもしれないけれど、そして、盗聴器も溢れんばかりにあちこちに仕掛けられるかもしれないけれど、それでも自分にはきっと関係ないはずだからいいんじゃない、などと他人ごととしてしか考えられないのも麻痺のなせる業だ。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月21日 二ヶ所で一つの教会を作るメリット(利点)

2017年05月30日 12時23分25秒 | Weblog
二ヶ所で一つの教会を作るメリット(利点)

 ガラテヤの信徒への手紙3章の38節の後半の「あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです」という「一つ」という言葉は、「一人」と訳した方がよいと言われる。つまり、イエス様において、多くが集まって一人の人間にさせられている。
 ある人は鼻であり、ある人は目であり・・そのように、一つ一つの体を作っているものが合わさって一人のキリストという体を作っているということだ。であれば、まさに、私たちの教会は、その姿をさらに進化させた教会だと言えないだろうか。キリストの教会は、本質的に多様性を必要としていることがわかる。
 鼻は鼻の役割を果たし、目は目の役割を果たしながらキリストの体なる人として生きていくということである。すべてが、鼻になれば、生きていくことはできない。ただ、それゆえに、この個々の多様性や自由を大事にしながらも、教会は宣教の広がりを求めて、動いていかなければならない。教会は呼吸をし、栄養を補給し、体を動かし、健康を保ちつつ生きていくのである。
 現在の二ヶ所でやっている宣教活動がもっと豊かになるために、さらに行ったり来たりの全体の流れがスムーズに循環して一つになるために、今年度、教会組織改革検討委員会ができた。事柄の流れがどうしても滞ってしまうところは、その原因をさぐり、水道管を拡張したり、柔軟な素材を使用したり、二つの水道管をつないだり、バイパスを作ったりということも必要となるだろう。


平良 師

この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月14日 春に芽生えていく『いのち』

2017年05月30日 11時53分17秒 | Weblog
春に芽生えていく『いのち』

 キリスト教において、「命」とは、この世界の命だけを指すのではなく、「永遠の命」の約束をも意味しています。聖書がいう「永遠の命」は、命の長さを指しているだけではありません。神様を信頼し、生活をしていく中での「豊かさ」を指しています。既に味わっている「豊かさ」は、死によって終わるのではなく、継続するという約束です。また「豊かさ」とは、平和、愛、希望です。この「豊かさ」を今からでも味わい、天国をのぞくことができますように。
 キリスト教会が中心に据えているのは、自分だけではなく、相手の命を大事にする「隣人愛」です。私たちは、社会の弱者に目を向けるように、社会に意思表示ができない人たちに耳を傾けるように、心身障害のある方、また経済的に困っている方々の味方になりたいものです。喜びがあれば、共に喜ぶと、それが倍になり、悲しみがあれば、それを共に抱えると、半分になると言われています。(参考:ローマの信徒への手紙 12章15節)その実践として、お互いにお見舞いに行き、お見舞いの電話をかけることです。私たちは「共に生きる」ことを目指し、被災地の仮設住宅を訪問します。直接の問題解決にはならないかもしれませんが、共にいるだけで意義があると信じています。
 自分と他者の命は神から与えられている貴重なものだと信じるようになります。この命は一回きりの大切なものなので、無駄にならないように、励ましと応援をしたいと思います。
 最後に、私にとって、未解決の大きな課題は、自死防止のための対応です。まだまだ、自死される方が多すぎます。これは福音メッセージが直接に応答する事柄として受け止めたいと思います。キリスト教会だからこそ、助けられることがあるでしょう。今週、新緑の美しさを感謝し、自分の命、人の命を感謝して、大事にして歩みましょう。


L・ハンキンス 師

この記事をはてなブックマークに追加