ただいま静養中(CFSを克服するぞ~!)

慢性疲労症候群(CFS)という病にかかったhantaがバックカントリーにカムバックするまで。

漢方医を替える。

2017-06-18 10:27:51 | 慢性疲労症候群・漢方治療
話は2ヶ月前に遡って。
阪大病院の漢方外来が縮小になって、担当医が阪大病院を去った。
で、紹介状を書いてもらって、近所で漢方をやってる内科を今週受診した。

発病当初からの症状の変化を説明し、
脈診、舌診、お腹を触っての診察。
変わってたのが、「悪夢は見ますか?」という質問。
自分は、寝汗をかいて起きるときに悪夢を見てる。
内容は、行き先に向かって歩いているんだけど、
急に両脚が重くなって脚が進まなくなり、もがき苦しむ・・・というもの。

治療の方針と処方した漢方薬の説明を丁寧にしてもらった。

漢方の処方。

 エキス剤(漢方外来処方)

  TY-037番 東洋桂麻各半湯 1日3回食間
  EKT-34番 クラシエ白虎加人参湯エキス錠 1日2回朝夕食前
  12番 テイコク柴胡加竜骨牡蛎湯 1日3回食後


セッコウをずっと主力として飲んでたけど、そこの医院では扱ってないので、
白虎加人参湯で代用とのこと。
桂麻各半湯は初めて。
カラダの表面の反応が悪くなっているので、一度活性化させるそうで、
一時体調が悪くなるかもとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胃薬セルベックスが慢性疲労症候群に遠因的に効果があるかも?

2017-06-01 08:31:00 | 慢性疲労症候群・メディア記事、情報等
今日、この記事を見つけてビックリ。

うつ病に関与のタンパク質特定 岡山理大グループ、マウスで実験

カラダを温めるとかヒートショックプロテインが慢性疲労症候群の治療に効果がある
という研究があるのは知っていたが、
熱ショックたんぱく質HSP(ヒートショックプロテインの訳語?)の1つのHSP105が
うつ状態のマウスの脳内の一部で減少していたそうだ。

熱ショックたんぱく質HSPは熱などのストレスで増える。
42℃のお風呂に10分入れば増えるというのは記事やテレビで見たことがある。

HSP105がうつ病に関わる理由はこうらしい。以下。
HSPの機能は、
・傷ついたたんぱく質を修復する
・細胞をアポトーシスから保護する。
さらに、多くの種類があるHSPの中でHSP105は、
ストレスを受けて減少していた脳の神経細胞の維持に欠かせない神経栄養因子BDNFを増やす事ができるらしい。

つまり、
ストレスを受けてうつ病になるとHSP105が減少する・うつ病になるとBDNFバランスも崩れる
⇒HSP105・BDNFが減少し、傷ついた神経細胞を修復できなくなる
⇒神経細胞が死んでうつ病が進む

慢性疲労症候群CFSでは、
脳内で炎症が起きて神経細胞を痛めてるというのが定説になりつつあるようで、
HSP105が脳内で増えれば、傷ついた神経細胞を修復することができるかもしれない。

で、胃薬セルベックスの出番。
研究によると、セルベックス=テプレノンにはHSP105を増やす作用があるらしい。

私はCFSと診断されてからずっとセルベックスを飲んでいた。
CFSに効果があると言われてるビタミンC服用で胃が荒れないために処方されていたが、
セルベックス自体に効果があったことになる?のかな。

以上、調べてみたことをCFSにからめて書いたけど、間違いがあったらあしからず。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひさしぶりの近況。

2017-05-19 18:40:20 | 慢性疲労症候群とつきあう
また2ヶ月、ブログの更新が途絶えてしまった。
どうも最近、いろいろと意欲がなくなってしまっている。
4月に入って、花粉症でやられ、後半の2週間は風邪でダウン。
家族を席巻して最後に私が風邪にかかった。

5月に入って、阪大病院へ。
残念ながら漢方外来は、規模縮小につき私は3月の受診を最後に卒業になった。
紹介状を書いてもらった新たな病院を受診しないといけないんだが、
まだ行ってない。

とまあ、かなり活性が低下している今日この頃。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

なんか発掘している。の続報。

2017-02-28 21:00:36 | 雑記
去年の3月に記事にした『なんか発掘している。』。
その後、隣接した場所を掘ったりしていたが、一通り終わった模様。

で、なんか出てきたのかな~?と思ってたら、
出土物が記事になってた。

奈良で古墳時代の椅子発見 木目が確認できるもの珍しく

木製の立派な椅子が出土したそうだ。
大和政権の中枢からはそこそこ離れているんだけど、
掘れば出るもんだな~と思う。
詳しくは、リンクをみてください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

寝汗とマルチタスクとチョコ。

2017-02-24 08:45:35 | 慢性疲労症候群とつきあう
ブログ更新せず、2ヶ月経ってしまった。
この2ヶ月、何をしていたかというと、

12月末から1月の終わりまでは、比較的体調がよく、
中3日で2km程度のジョギングができた。
が、2月に入ってから、寝汗をかく頻度が増してきて体調が徐々に低下。
ジョギングもできなくなった。
ここ1週間は、2日に1回の頻度で寝汗をかいていて、
今朝もガッツリと寝汗をかいて、シャツを着替えた。

とまあ、こんな感じで、どこにも行かず何もせず、2ヶ月が過ぎました。
月1の阪大病院と週1の鍼は行ってました。

で、体調悪化につき、やめようと心がけているのが、
マルチタスクとチョコ。

マルチタスク。
具体的には、
テレビつけながらネットや読書、テレビを2画面にして同時にちがう番組をチェック
等。
同時にいろいろなことをして脳に負荷をかけている。
ほぼ引きこもり生活なので、ついついテレビをつけてしまう。
テレビがネックなんて、子供か?!とツッコミたくなるけど。
とにかく、脳への負荷を日常から軽減。これ、大事だと思う。

あと、チョコ。
どうも、チョコをひとかけら食べたら、次の日ぐらいから調子が悪くなる。
ような気がする。
試しにやめてみることにした。

まあ、今はこんな感じです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加