ただいま静養中(CFSを克服するぞ~!)

慢性疲労症候群(CFS)という病にかかったhantaがバックカントリーにカムバックするまで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

頬の内側にできる白いすじには『あいうべ体操』?

2016-12-23 08:13:03 | 慢性疲労症候群とつきあう
前回の更新から60日も経ってしまった。
何していたか?というと、11月はあまり体調がよくなかった。
前歯の不調と寝汗。
12月に入ると、かなり体調が良化。
4日間の湯治に行き、1日だけスキーもできた。
というのも、近所の家の解体が始まって、重機の入るその4日間を逃亡した。

この60日間、阪大病院に1回、鍼には週1で、そして、歯医者通い。

上前歯の不調。
原因は、下の前歯の歯並びが悪い+寝ている間の噛み締め。

2013年6月には、上の前歯が1本折れた(詳しくは、『明太子フランスで惨事』を)。
今回は差し歯の隣の歯が痛んで、歯医者に行くことになった。
解決策は、マウスピース。マウスピースをして寝ることになった。

その後、経過観察で数回歯医者に通い、今週月曜の診察で、記事タイトルの話になった。
そもそも『頬の内側にできる白いすじ』ってなに?


 『頬粘膜圧痕』(頬粘膜の白線)というらしい。

  ほっぺたの内側にできる多少の隆起を伴った白いすじで、
  咬み合わせた上下の歯の線に沿ってできるらしい。
  頬粘膜を慢性的に上下臼歯部において咬んでいる人に多く見られるそうで、
  白いみみず腫れのようになる。
  原因には咬頬癖、頬吸引癖、噛みしめ、くいしばり、などが考えられるとのこと。
  夜間無意識にかんでいる人も多いらしい。
                               (過去記事より)

歯医者が言うには、

  舌が上の位置にあれば、歯の噛み締めが起きず、頬の吸い込みも減る

私の場合、舌の筋肉が弱り、口の中で位置が下がっているらしい。
そこで、『あいうべ体操』をするように言われた。

  「あー、いー、うー」と言ってから、下を出して「べー」とする。

1日、10回を30セット。かなりやらないとダメだそうだ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

バイオマーカーを発見したそうです。

2016-10-19 21:27:42 | 慢性疲労症候群・メディア記事、情報等
「慢性疲労症候群の客観的診断に有効なバイオマーカーを発見」

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2016/161017

記事を読んだけど、よくわからない。

・細胞のエネルギー産生系および尿素回路内の代謝動態に問題がある
・TCA回路前半および尿素回路において代謝機能が低下している

自分の中では、今まで、自律神経と免疫がおかしくなってると理解してたんだけど。。。
この発表において、代謝で有為な違いが認められたということは、
細胞レベルで何かマズイことが起こっているということ?

難しいので、ちゃんとした事が書けないけど、とりあえず報告まで。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は鍼の日。

2016-09-29 09:00:53 | 慢性疲労症候群とつきあう
昨日は鍼へ。

日曜に壷阪寺へ行ったんだが、
運悪くその日だけ天気がよくて汗をだらだらかいた。
帰宅後、完全に逆上せ、熱がこもった状態に。
月曜も未だ熱がこもっていた。
汗をかきすぎる状態になると、逆上せる⇒カラダに熱がこもる。

で、灸太郎先生に診てもらうと、カラダにまだ熱がこもった状態らしく、
鍼で治療してもらう。
頭蓋骨周りと肩から胸にかけて動きが悪いようで、推拿で入念に治療してもらった。

早く安定した秋の天気にならないものだろうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エンケンさんの声が聞こえづらい。

2016-09-08 08:58:59 | 慢性疲労症候群とつきあう
去年ぐらいから、テレビの音というか、ドラマの台詞が聞き取りづらい。
テレビの音を大きくしてみたり、いろいろしているが、
どうも聞き取りづらい。
NHKの大河ドラマは特に聞き取りづらい。

で、他のドラマを見ているときに気づいた。
遠藤憲一の台詞が聞き取りづらい。大河ドラマの上杉景勝役。

どうやら、男性の低音が聞き取りづらいようだ。
明らかな老化だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アフロの仏様からの鍼。

2016-08-11 10:09:40 | 慢性疲労症候群・鍼灸治療
昨日は、奈良に行く用事があり、
ついでになんか珍しい催しがないかなと調べたら、
五劫院で五劫思惟阿弥陀仏坐像のご開帳してる。

http://www3.pref.nara.jp/miryoku/megurunara/item/8694.htm#itemid8694

このサイトの写真をみてください。
アフロでしょ。一度見てみたかったんですよね。

で、大阪に移動して、かしま鍼灸治療院で鍼治療。
年明けからこじらせている左肩と左腕の不調。
灸太郎先生に治療してもらって、かなり改善してきている。
あと、残っているのは、左脇の後ろ側の筋が引っかかって痛い程度。

30歳でCFSになってから、ほぼ運動してないので筋肉はかなり落ちた。
特に、上半身の筋肉はほぼ落ちたんで、肩とか首に不調が出てるのかも?

治療のおかげで、今年の夏は逆上せることがだいぶ減ったので、
そろそろ動けるカラダと持久力を取り戻したいんだけど、
何から始めるべきかな?わからん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加