漕げばロードの日和あり^^

ひねもすポタリポタリかな。
自転車活動や食べた呑んだ等あれこれを行雲流水のように書き綴っています。

目指せ限界突破! 赤城山で2本

2017-06-17 20:51:38 | 群馬を走る
時々は限界まで追い込んだ負荷を身体にかけなければならない。
そうすることによって能力が向上する。いわゆる「過負荷の原則」というやつだ。


プロローグ
現在のところ残る今上期のイベント出走予定は以下の通り。
6月 飯能市ヒルクライム
7月 そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2hrソロ、熊谷バーニングマンレース5hrチーム
8月 やいた八方ヶ原ヒルクライム
9月 赤城山ヒルクライム
昨年の自分より劣化した身体と心のFTPやら色々を早く向上させなければ・・・


レンゲツツジの花に染まった赤城山へ
今回の目標は赤城山ヒルクライムのコースで2本なのです。


利根川自転車道を淡々と走って前橋へ。
脚を止めたい誘惑に負けそうになりながらも陽が燦燦と注ぐ赤城山を上ったのです。


観光案内所で、鮭のオムスビ(150円)を購ってエネルギー補給。
レンゲツツジの花色になった風景を眺めながら、ぱくつくオムスビ美味かった^^
さて、身体が冷えないうちに走りださねばだ。


そして今回の目標である1本目。
個人的には赤城の夏の愉しみといえば焼きトウモロコシ。
姫百合駐車場近くの高原で今年の初モロコシ(300円)の甘さと香ばしさを愉しんだ。


更に下って徳永農園で2本目(330円)を喰って本日の目標である2本を達成。
これで帰路に必要なエネルギー補給は完璧だ。
そして微妙な向かい風となった利根川自転車道を再び淡々と走って早々に帰宅。


エピローグ
こうして今年の初焼きトウモロコシを2本喰った。
でも、もう何本か美味しく喰えた気がする。
ということは我が胃袋はまだ過負荷になっていなかったみたい。
これはイカン、また赤城に上らねば。パワー喰ライマーの道は遠く厳しいのだ^^

走行距離:143 km


銀乗
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加