虫くん魚くん
サラリーマンの昆虫採取とフィッシング日記
 



「琵琶湖」で2年ぶりの釣りを楽しんだ後、京都の「天下一品」総本店へ行ってみることに。



東京でも食べることが出来る「天下一品」のこってりラーメンですが、一度は本店で食べてみたかったのです。


私は、胃の具合が良くなかったので‟あっさり”にして、友人から一口だけスープを分けてもらうことにしました。


やっぱり本店の味は違いますね!
疲れた後に食べただけに、余計にそう感じるのかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前中は、T君の2本のバスのみと非常にタフなコンディション。

風も強く吹き出し、午後の釣りもタフな状況が予想されますが、気合を入れて行きましょう!


ランチ休憩を終えて、最初に向かった先は「六本柱」。


最近、Yahooニュース等で、「琵琶湖の名物UFO撤去へ」なんていうタイトルで、ちょっとだけ話題になっている場所です。
老朽化で、年内に撤去されてしまうとのこと。


ここで記念のバスを釣って、写真撮影をしようと目論んでいましたが、敢え無く撃沈。

仕方なく、午前中に唯一、魚を見ることが出来た「ディープホール」に戻ることにしました。

午後は、とにかく凄い風で、移動するたびに‟ビショビショ”です。


まだ「ディープホール」には大船団が残っていました。

ここで、またもや私にヒットしましたが、今度はエンジンのペラにラインが巻き付いて、またもやバラしてしまいます。
こればっかりは、明らかに私の不注意です。(涙)

しかし、強風の吹く「ディープホール」は、午前中とは勝手が違い、後が続かず移動を決意。

時間は午後2時。
4時には上がることにしていましたので、残り2時間です。

そして、次に選んだポイントは「浮御堂」。

ここで、沈黙を破ったのは、前回57cmを釣り上げたDさん。

しかも、大きそうです。
何度も下へ下へと持って行かれながら、ようやく上がってきたのは50cmのグッドワン!


今年の初バスが50cmとは...


しばらくすると、またDさんにヒット!
今度は40cm!


強風の中、あまりの反応の無さに、疲れ切っていたメンバーのエンジンに再び火が付きます。

釣り始めの時の様な集中力でロッドを振る4人。

しかし、その後30分以上粘るも、すっかり反応が無くなってしまいます。

時間は3時。
流石に全員疲労困憊で、次のポイントを最後に今回は竿納にすることにしました。

そして、最後のポイントに選んだのは「赤野井」。

ポイントに入るなり、目の前のボートがグッドバスをキャッチするのを見て、最後の集中力を振り絞りますが、アタリが来ることも無く、終了のホイッスル。

午後3時半。
今回は、この辺で上がることにします。


惨敗です。
強風のコンディションとはいえ、午前中にキャッチ出来なかったことも含め、色々と課題が残った今回の琵琶湖。
次回リベンジですね!

< 完 >

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎年楽しみにしている「琵琶湖ブラックバス無泊3日弾丸ツアー」。

昨年は、仕事の都合で行くことが出来ず、私にとっては2年ぶりの琵琶湖になります。

金曜日の午後9時半。
キャプテンに自宅まで迎えに来てもらい、いつものメンバー4人と琵琶湖に向け出発!

行きの車の中では「琵琶湖攻略DVD」を観ながら、全員テンションMAX。
東名東京ICから新東名経由琵琶湖へと向かいます。

午後11時。
「足柄SA」で夕食を取ることにしました。


この日は4人とも「生姜焼き定食」。


途中「掛川サービスエリア」でドライバー交代し、ここからは琵琶湖までノンストップ。

そして、午前4時半に琵琶湖に到着しました。

現地の天候は晴れ。
気温は12度で、想像よりもかなり寒い…


出船までは1時間半。
タックルの準備をし、トイレを済ませると、あっという間に出船時間の午前6時を迎えます。
辺りもすっかり明るくなっています。

マリーナに並ぶ何十艇ものバスボート。  この光景は何度見ても壮観です。


予約したバスボートは、「レンジャー」の21ft。


荷物を積み込み、いよいよ出発です!


2年ぶりの琵琶湖にワクワクドキドキ…

水路を抜け、水門を潜り抜けるとエンジン全開!


最初のポイントへと向かいます。

最初に入ったポイントは「木浜沖」。


若干濁りがあるものの、そこそこのクリアウォーター。
この時期はウィードも少なく、先ずは巻き物から行ってみることに…

ところが、周りのボートも含め、魚の気配がありません。
30分ほど粘りましたが移動することにしました。

次なるポイントは「浜大津」。
過去に何度か良い思いをさせてもらった、私も好きなポイントです。
しかし、ここもダメ…

次に向かったのは「ディープホール」。
流石に琵琶湖南湖の人気一級ポイントだけあって、既に大船団が集まっています。


ボードがたくさん集まっているということは、好調な証。



ここで、我らがデータ派天才バサーT君のロッドに、この日の1本目がヒット。
中々のサイズです。


上がってきたのは40cmクラスのナイスワン!


暫くしてキャプテンにもヒット!
あれっ?  何だか変・・・

残念・・・   ナイスなサイズの「ブルーギル」でした・・・

段々とボートの上が忙しくなってきました。
すると、5分もしないうちに、T君に連続ヒット。

1本目よりもロッドが曲がっています。


これは中々のサイズです。


叩いた後と思われるアフターの45cm!


これは、T君の釣りが、この日のパターンと睨み、すぐ様タックルを変更。

すると、私にも来ました!
そんなに強い引きではありませんが、嬉しい1本目。
ところが、油断していた訳では無かったなですが、ボート際の最後の突っ込みで、バラしてしまいました。

しかし、この日のひとつのパターンは分かりました。

すると、急に風が強く吹き出しはじめました。
しかも北風です。

この風をきっかけに、再びパターンが変わり、アタリが遠のいてしまいます。
しばらく「ディープホール」の付近を細かく移動しながら粘り続けましたが、ノーバイト。

時間は、あっという間に午前11時。
ここで、少し早めのランチ休憩を取ることしました。

< 続く >

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




強風吹き荒れる霞ヶ浦水系で、40アップ3本!

友人から、写真と一緒に映像も送られてきましたが、まるで海のように荒れた霞ヶ浦。
これは、とてもじゃないけどボートは出せない状況です。

そんな中、陸っぱりで40、43、45cmと3本のグッドバスをキャッチ。

写真は45cm。


夕方の数時間だったそうですが、流石です!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今週初め、強風が吹き荒れていた関東地方。

そんな予報が出ていた頃、友人が「亀山ダム」へ出かけました。

当初は霞ヶ浦へ行く予定だったそうですが、予報を見て断念し、急遽行き先を変更したとのこと。

この日の亀山。
午前中は、ほぼ無風だったそうです。


毎回カメラのアングルが面白く、メールを見ながらいつも笑ってしまいます。


午前中は、ポツポツ・・・


風が吹き始めた午後から、夕方の大雨までの間は、活性が上がり、15本のバスをキャッチしたそうです。


サイズこそ、出なかったものの、相変わらず良い釣りしてますね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これまた友人Dさんが琵琶湖で釣り上げた56cm 3kgアップの「ブラックバス」。

プリプリのバスです!







先日クリア塗装を終えました。

納品したくない程に格好いい「ブラックバス」。

飾り板に固定すれば完成ですね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このイワナは、湖で育った陸封型ではなく、山深い源流域育ったイワナです。

サイズは56cm。


誰も足を踏み入れることが出来ないような、足場も無い谷間に棲んでいる幻の大イワナなのです。

山岳渓流師の間では、このような場所を「Vゴルジュ」と呼ぶのだそうです。

大袈裟では無く、命がけで取り込んだ1本だとか。


細身の筋肉質な体に大きなヒレ。


実に格好いいイワナですね!
こいつは、上手く作らなければ・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、高級中華で舌鼓。

中々食べる機会の無い‟超高級中華”をいただきました。

アパタイザーの様に出て来た「盛り合わせ」。
生クラゲ、鯛の酒蒸し、チャーシューに、ピータン・・・


そして、「フカヒレスープ」。
普段、サメを触る機会が多いのですが、フカヒレスープとなると、ご馳走になるのは3年に一回有るか無いか・・・


これまた「アワビ」まで・・・


このほかに、何という料理なのか憶えられないメニューが次々にサーブされてきます。

そりゃ美味しいに決まってますが、余りに縁遠いメニューばかりで、私には美味しさの程度が良く分かりません。

いつまた会えるか分からない高級中華を、良く噛みしめながら美味しくいただきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さいたま市にあるプリン専門店「vuke」。

試食させていただいた「カフェラテ」が、とても美味しく、買って帰ることにしました。

本来であれば、まずはスタンダードプリンを購入するところですが、あまりに「カフェラテ」が美味しく、変化球から行ってみることに・・・


写真手前は、「コーヒージュレ」。
コーヒーゼリーとスタンダードプリンが2層になった、これまた絶品プリンです。

コーヒーゼリーもスタンダードプリンも、とろんとろんの柔らかさ。

これは、本当に美味しいプリンですよ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「あめや えいたろう」って知ってましたか?

あの榮太楼から生まれたブランドで、2007年には既に専門店として展開していたそうです。
これは勉強不足でした。


子供の頃、丸い缶に入った飴を「一日3個までだよ!」なんて言われながら、親からもらってナメていたのを思い出します。

10年も前に、あの榮太樓飴が、こんなにお洒落な商品を展開していたとは・・・ 
時代は変わっているんですね!   
改めてブランドの進化を感じた瞬間でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ