経理・経理・経理マンの巣窟

大・中・小あらゆる企業で経理実務経験約40年の蔵研人が、本音で語る新感覚の読み物風の経理ノウハウブログです

無能力大臣が続出

2017-04-26 15:02:45 | 経済ニュース編

 悲しいかな、ここにきて安倍内閣の相次ぐ失言・暴言ラッシュが止まらない。
山本幸三地方創生担当相の「一番の“がん”は文化学芸員。この連中を一掃しないとダメだ」発言。
今村雅弘復興大臣の「自己責任」発言とブチキレ会見。さらには東日本大震災の被害が「東北で良かった」発言。
金田勝年法務大臣の「成案を得てから説明したい」と壊れたレコードのような繰り返し発言。
稲田朋美防衛大臣の無知さ加減と、泣き虫女の子作戦。
豪雨被害で岩手県岩泉町を視察した務台俊介・内閣府政務官兼復興政務官の「長靴業界が儲かった」発言。

 ざっとあげてもこれだけアホさ加減を露呈している。これでは大臣どころか政治家失格いや人間としても未熟すぎないだろうか。
 もちろん他に優秀な大臣も大勢いるのだが、首相のお気に入りだから、或は当選回数が多いからそろそろ大臣にしてあげようかといった理由で大臣に任命された人たちが、失言や暴言を繰り返し自ら無能力さをさらしているようだ。
 大臣と言えば、企業なら取締役のような存在であり、税金から年収として約3000万円支払われているのだ。従ってもうそろそろこのような安易な任命はやめて、真に実力のある者を任命していただきたいものである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

給与の袋詰め作業

2017-04-16 17:16:26 | たそがれ経理マン編

 現在では例え零細企業でも、ほとんどの会社がパソコンで給与計算を行い、銀行口座への給与振込を行っている。だが私が若かりし頃は、手計算で給与計算を行い、現金を袋詰めして従業員一人一人に手渡ししていたものである。
 とっくの昔に時効が成立し未解決事件となってしまったが、1968年12月10日に東京都府中市で約3億円を積んだ銀行の現金輸送車が、白バイ警官を装った男に騙されて、現金を載せた輸送車ごと奪われる事件が発生した。いわゆる昭和の『三億円事件』である。
 これは銀行が東芝府中工場に『賞与』用の現金を運ぶ途中に起きた事件であり、少なくともこの当時は、まだ大企業でも給与を手作業で袋詰めしていたということなのだ。もっともこの事件を境に、給与振込制度が増えてきたと言われている。

 ところがその後1970年代に入っても、当時私が勤務していた中小企業では、まだまだ手作業の給与計算と現金袋詰めが続いていた。そしてパソコンも使わずに、60名前後いた社員の給与計算を私一人で、経理作業の傍ら残業なしで軽くこなしていたものである。
 さすがに年末調整の時だけは、2時間程度の残業をした記憶があるが、それ以外に残業の記憶はない。ちょっと自慢して申し訳ないが、我ながらスーパー経理マンだったなと自己陶酔してしまう。
 ただし給料の袋詰めと銀行から現金を運ぶ時だけは、社長室長と二人で共同作業を行うことが原則であった。ところがある給料日、その社長室長が急病で欠勤してしまったのである。
 袋詰めは一人でも何とかなるものの、銀行から現金を運ぶのが不安だった。メインバンクが大手町にあり、神田にある会社まで地下鉄に乗って現金を運ばなくてはならないからである。それも2千万円近い金額なのだ。現在の金額にしたら5千万円位だろうか、運搬保険をかけている訳でもなく、護衛がいる訳でもない。

 その当時の経理部には、私のほかにも6人程度在籍していたのだから、誰かに同行を頼めばよかったはずである。だがこの会社の給与形態の異常さを知っていたのは、社長と社長室長と私だけだったため、迂闊に給与関連の仕事を他人に頼めないと言う特殊な事情があった。
 それで一人で銀行に行って現金を引き出したのだが、銀行を出てから地下鉄に乗り会社の入口に到着するまでの約20分間は、生きた心地がしなかった。絶えず周囲を伺いながら、体でカバンを覆うようにして一瞬たりとも隙を見せないように歩いていた。冷静に考えれば、そんな態度こそ「大金を持っているよ」と言わんばかりだったのだが…。

 それから10年後、私は中小・零細企業を転々としたのち、運よく上場会社に入社することが叶った。そして自ら手を挙げて、本社から静岡にある工場に転勤したのだが、なんとそこではまだ給与を手作業で袋詰めしていたのである。
 もちろん本社では給与振込だったのだが、静岡工場では別組織の労働組合を構成していたため、古い体質の組合員の要望により、いまだに給与を袋詰めしていたのである。それにしてもさすがに1000人近い従業員の給料となれば、一人や二人で袋詰め出来る訳がない。
 このときは総務課と経理課の精鋭9名で袋詰め作業を行ったのだが、三人ずつ三組に分かれて「現金を数える者、それを検証する者、袋に詰める者」と作業分担し、どのチームが一番早いかを競い合っていた。だから中小企業時代に独り密室で、黙々と袋詰めしていたときとは大違いで、かなり楽しく袋詰め作業をすることが出来た。もちろん今現在は全社・給与振込制となっているが、これら遠き日の『現金袋詰め作業』は懐かしき思い出として、いつまでも私の心の中に染み込んでいることだろう。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告げ口野郎にご注意

2017-04-06 11:33:25 | サラリーマンは魔術師

  ある上場企業で、まだ若いのにいきなり部長に抜擢され、その1年後には取締役にまで昇りつめてしまったAという男がいる。このAはどう見ても実務能力は全くないし、先輩に対しては慇懃無礼で同僚や部下の評判も余り良くない。
 なぜこんな男が出世してしまうのか、不思議でたまらなかった。だがこのAと何度か飲食を共にする機会があり、その謎が少しずつ解明してきたものである。

  サラリーマンなら、酔った時くらいは会社やトップに対する愚痴をポロリと吐露してしまうものだ。それが人情というものであり、サラリーマンたちの手っ取り早いストレス発散法なのである。
 だから愚痴をこぼしたからと言って、決して会社やトップに対して激しい怨念を抱いている訳でも、謀反を企てている訳でもないのだ。ところがそんな他愛もないサラリーマンの愚痴を、なんといちいち社長に告げ口している野郎がいるらしい。
 と言うのも、絶対に社長には知り得ない下々の噂話などを、俺は何でも知っているかのように、社長が時々自慢げに喋っていることがあるからだ。

  そして奇妙なことに、実力・人望の双方を備え、数年前までは社長に重用され将来を嘱望されていた有能な部長4名が、次々に閑職に追いやられたり、小さな子会社に出向させられてしまったのである。だからと言って彼等が重大なミスを犯した訳でもなく、全く理解不能の人事であった。
 彼等は部下と飲みに行った折り、部下の愚痴に相槌を打つ程度の臨機応変さを持っていた。だからこそ人望もあったのであろう。その程度のことをまるで『悪意』があったように再編集し社長に告げ口した人非人がいたとしか考えられないではないか。

  ここまで読んだ聡明な人なら、タレコミ犯はたぶん「冒頭に述べたA」だとすぐ想像できるだろう。もちろん確かな証拠はないので、あくまでも推測の域を出ないのだが、Aはどんなときでも決して会社やトップの悪口は言わない。もちろん他人の愚痴に相槌も打たないし、その愚痴を否定もしないが全く無反応で興味のなさそうな雰囲気だけを漂わせているのだ。
 またAは広報部という立場から、社長と直接話をする機会が多い。さらには冒頭に述べた出世の早さを考え併せると、Aがタレコミをしたのだろうと考えてもおかしくはないのだ。

  このAを陰で非難する者は多い。だがなにせ証拠が無いうえに、『告げ口』という余りにも子供じみた行動なので、誰も対処出来ないままなのである。まあ余り調子に乗っていると、やがてAもいずれは失脚するのが世の習いというものであろう。
 だが一番の問題は告げ口の実態を良く調べもせず、単純に『告げ口』を信じて有能な社員を切り捨ててしまい、告げ口した者を忠義者として出世させてしまう「この三代目社長」が一番の「癌」なのかもしれない。これではまるで、どこかの国の独裁者と全く変わらないではないか。

 

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

税務調査中の接待

2017-03-27 16:48:10 | たそがれ経理マン編

 1998年に発覚した大蔵省接待汚職事件(ノーパンしゃぶしゃぶ事件)以来、公務員の接待規制が厳しくなり、現在は税務調査時の接待はほぼ皆無になったようである。では昔は大袈裟な接待をしたのかと言えば、必ずしもそうとは限らない。ことに公務員の中でも税務職員は、ある意味で税の取立人であるから、昔から企業の接待には用心深く「お茶は飲むがコーヒーは飲まない」とか「企業が用意した昼食は、実料金に満たなくとも規定料金分だけは精算する」とか囁かれていたくらいである。

 だがそれはあくまでも建前で、ことに東京本社での調査時に限ったことだった。だから地方にある工場などへの出張調査時には、だいぶ心が緩んでいたようだ。
 都心の場合は、万一接待された場所などで、同僚や上司などと偶然会うかもしれない。またそうした『戒めの眼』が調査官の心の中でも光っていたのかもしれない。
 だが地方に行けば知っている人に出逢うことは皆無だし、だいたい工場周辺は辺鄙で、歩いて食事に行けるところも見当たらない。また数日の出張では細かい調査は余り出来ず、工場見学をしたり原価計算の説明などを受けているうちに、だんだん気分も大らかになってくるものである。

 そして昼食は工場の社員食堂で良いと言っても、「申し訳ありませんが、準備が出来ていないので外部の食堂へ案内します」と言われれば、とりあえず断るわけにもゆかないではないか。こうして車に乗せてしまえば、もう後戻りは出来ない。そのまま1時間程度かけて遠出し、海辺の高級割烹まで連れ込んで「海の幸ース」を振る舞い、帰りがけに奥様へのお土産と言いながら「塩辛や干物」などをそっと手渡すのだ。これで工場へ戻ればすでに夕暮れが迫っており、調査官たちはもう仕事をする気にはならない。

 さすがに翌日は調査官たちも、「今日のお昼は社員食堂か、もう少し近い場所でお願いします」と言ってくる。だが手足をもがれている彼等に選択の自由はなく、「はいわかりました、今日は近場にご案内します」と言われれば、それに従うほかはない。そして今度は車で5分位の料亭に連れて行き、昼間から『スッポン料理』のフルコース。

 ・・・結局のところ、調査員たちが工場で得た収穫は『消耗品の棚卸漏れ3百万円』オンリー、しかも翌期認容につき実質ゼロに等しい体たらくなのだ。そしてそれも企業側が事前に準備した『お土産』だったのである。まあ出張調査などそんなものなのだが、工場で調査に立ち会っていた経理担当者は、なんと元税務調査官から転職したA課長であった。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実力者の転職先の選択

2017-03-16 17:15:22 | 一口メモ

 かなり実務経験を積んでいる実力者であっても、転職はなかなか難しいときがある。ことに年齢が40歳を超えていて、かつ学歴に余り自信のない人が転職する場合は、転職先企業の選び方を間違えるとなかなか再就職が出来ないだろう。
 絶対に選んではいけない企業は、超大企業で学生たちに人気の高い企業だ。とにかく応募者が圧倒的に多いので、倍率が高くなるのは当然だが、真の理由は人事担当者が機械的に選別してしまい、年齢の高い者や低学歴の者はふるい落とされてしまうからである。
 
 例えば経理の超実力者が、職務経歴書にりっぱな経歴をびっしり書き連ねていても、経理実務を全く知らない若い人事担当者には『猫に小判』なのだ。彼等が分かるのは年齢と学歴・資格ぐらいだからである。つまり5000人の応募があり、そのうち100人を人事担当者が選別して経理部長などに渡したとすると、すでにふるいにかけられた者は、どんな実力者であろうとも絶対に陽の目をみないことになる。

 逆に中堅規模以下で人気企業でなければ、応募書類がそれほど多くないから「社長や経理部長など」が全員の書類を見る可能性が高く、実力者の実力のほどを職務経歴書等でチェックしてくれるはずである。こうなればしめたもので、実力さえあれば少なくとも面接まではたどり着けるはずである。またこうした企業なら、就職後に十分に実力を発揮することにより、将来重要なポストを用意してくれるかもしれない。恋人選びと同様、くれぐれも容姿や人気度だけで企業を選ばないことである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしいお爺さんたち

2017-03-07 12:05:42 | ひとりごと

 一昔前なら60歳を過ぎれば小津映画に登場する笠智衆のように、ヨロヨロしたようなのんびりしたお爺ちゃんだった。ところが最近は大往生の年齢も一挙90歳以上に跳ね上がり、60歳程度ではまだまだ鼻たれ小僧とまでは言わないが少なくとも元気者揃いである。それどころか70歳を過ぎた高齢者の自動車事故や殺人事件などが後を絶たない、と言うより急増しているという有様なのだ。

 そして彼らの中にはかなり短気でマナーの悪いお爺さんたちが目立っている。自動車を運転していても、他人に対しては決して譲らないのに、自分は無理矢理割り込んでくる。公衆浴場の浴槽の中でもブルブルと顔を洗い、飛沫が当たるので注意すると逆切れする。またちょこっと肩が触れただけでも因縁をつけてくる。そして囲碁を打っていてもガタガタと呟き、他人がちょっと長考すると大声で喚き散らす。
 などなど恐ろしくてたまらない。私は「お互い年を取ったのだから、もっとゆったりと楽しみませんか」と言っても、「うるせい!若造が!」といった顔付で睨み返してくるだけなのだ。「あーあ」なぜこんな恐ろしいお爺さんが増えてしまったのだろうか。
 
 この最大原因は、医学の進歩により寿命が大きく跳ね上がったことにあるのだが、高齢者になるほど生活格差が大きく貧困率も高いということも影響しているらしい。さらに核家族化や若者の都市部への流出による孤立化といった生活空間の歪みも考えられるだろう。
 また男尊女卑の時代に育ち、就職・結婚後も、妻や同僚・部下の女性に甘やかされながら年を重ねてしまい、もう後戻り出来ない世代の高齢男性も多いのかもしれない。
 もちろん、紳士的で知識豊富で尊敬すべき高齢者の方も大勢いるのだが、元気な高齢者が増えれば増えるほど、恐ろしいお爺さんの出現数も増える道理であろうか。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこに行っても超満員なのに

2017-02-27 11:04:22 | 一口メモ

 政府が大胆な金融政策や機動的な財政政策などを続けても、なかなか消費上昇や経済効果が見えてこないと言われている。ところが飲食店・温泉施設・スーパーマーケット・カラオケ・病院などなど、どこへ行っても平日にも拘わらず大盛況なのである。もちろん土日祭日などに行ったら、もう通勤電車並みの大混雑で、何時間待ちという飲食店等もザラなのだ。

 それにしても、この統計と現実とのギャップは酷いものである。一体、消費動向や経済指標などの調査方法はどのようにして実施されているのだろうか。少なくとも最新の時代背景に合わせた調査方法がとられているとは思えないのだが・・・。もう一度調査方法等の見直しをして欲しいものである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛丼と大人の女性

2017-02-20 14:18:19 | たそがれ経理マン編

 私が零細出版社に勤務していたとき、他の編集部員の2倍以上の仕事をこなしていた女編集長がいた。彼女は仕事が出来るだけではなく、酒豪でヘビースモーカーであり囲碁や麻雀も強かった。
 この出版社を退社し某上場会社に転職したあと、上司にそんな話をしたところ「じゃあその女性は男と一緒にお風呂に入れるの?」と聞き返してきた。今どきこんなことを言ったら、セクハラだと訴えられそうだが、実はその上司が言いたかったのは、自分の先輩だった女性はもっと凄いよ、と言うことなのであった。

 その女性は夜学に通い税理士の資格を取って独立し、この上場会社の関連会社20社以上を顧問先にしていると言うのだ。さらに海千山千の関連会社の社長たちとゴルフに行き、夜は酒を飲みながら麻雀をし、そのあと勢いで、宿の混浴風呂にも社長たちと一緒に入浴したという伝説の持ち主だったのである。
 これが伝説ではなく事実であったと言うことは、後々になって私がその女税理士から直接聞いたので間違いないだろう。だが冒頭に述べた女編集長はその数年後に癌で入院し、ベットの中でも仕事を続けながら壮絶な死を迎えたそうである。(その話は以前に本ブログで記事にしているので下記URLをクリックしてね)
http://blog.goo.ne.jp/golaias/e/1b5a2364e27d5a879a24471170d2e4be

 まあそうした武勇伝を残した「昔の女性たち」には頭が下がる思いで一杯になるのだが、いまどきは酒を飲んだり麻雀やゴルフをしたからと言って、それが有能で男勝りの女性だと断言することは出来なくなってしまった。ましてや混浴などとバカなことを言えば馬鹿にされたり訴えられたりするのがオチであろう。
 だから最近は、冗談半分で「貴女は一人で吉野家のカウンターで牛丼を食べることが出来ますか?」と聞くことにしている。もちろん一人で吉野家で牛丼を食べたから有能という訳ではないのだが、少なくとも女の子ぶらず・気取らないというイメージに好感を抱けるのである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告とマイナンバー

2017-02-12 14:24:36 | ひとりごと

 今年も早速2月の初旬に税務署に足を運び、確定申告書を提出してきた。還付申告なので理論的には1月1日(実際は税務署の仕事始めの日)から受付をしているのだが、例年通り年金の源泉徴収票が届くのが1月末頃であるため、早くても2月初旬頃に提出するのが精一杯なのだ。

 さて今年の確定申告から大きく変わったことと言えば、「国債の利子や投信の収益分配金が、上場株式の配当金と同様の扱い」に改正されたことである。従来からもらう側とすればどれも一緒じゃないのと感じていたが、理論的に異なるという理由から税務上の取り扱いは複雑難解に定められていた。それが実態を考慮してか、証券業界の後押しなのか平成28年から同じ扱いに改正されたのだ。
 最近の税制改正の中では、まさしく非常にすっきりとした良い改正ではないか。ただ国税局のインターネット入力画面の説明が不十分で、入力に戸惑ってしまうので、もう少し分かり易い入力説明が必要であろう。

 もっとも上場株式等の配当金については確定申告義務はないので、「株の譲渡損との損益通算」などを目的としない人は、あえて確定申告することもないだろう。つまり申告することにより、天引きされた源泉税の一部が還付されるかもしれないが、うっかりすると住民税や国民健康保険税が所得税の還付額以上に増加してしまう恐れがあるからである。

 従って前述した改正は一部の人にしか影響がないと言えるのかもしれない。ところが確定申告を行う人全員に影響する大改正があった。
 それは今年の確定申告から、「マイナンバーの記入とマイナンバーカードのコピー添付」が必要になったということである。またいまだマイナンバーカードの申請手続きをしていない人は、マイナンバー通知書と免許証などの写真付き身分証明書のコピーを添付しなくてはならない。

 さてこのマイナンバーの記入やコピーの添付という改正があったため、税務署側もその確認作業に手間取り大混乱であった。毎年申告相談をする人の列は混雑していても、申告書提出だけの場合は待ち時間は、ほとんどゼロに等しかった。
 ところが今年は提出だけの人も大行列となり、なんと1時間近く並ばされるハメになってしまったのだ。2月初旬でこの有様なのだから、今後確定申告が本格化する「2月16日」からは大変なことになりそうである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経理マンと賭け事

2017-02-04 11:40:06 | 達人経理マンへの道

 金銭の横領などの経理不正が発生するのは、零細・中小企業か大企業なら少人数の営業所などで起こり易いものである。これは少人数のため内部統制を敷きにくいことや、システム的な制御が充実していないためだろう。
 誰だって初めから横領するつもりはないはず。どうしても金が必要となり、やむにやまれず会社の金に手を付けてしまうというパターンが多いのである。そしてその原因の大半は、男女関係と賭け事だと言い切ってよいだろう。

 男女関係に関しては、人間が相手なので自分の都合だけで解消できないという問題があるが、一方賭け事に関しては金額的な天井がないという恐ろしさがある。そして勝ったときに返せばよいと考えてサラ金から金を借りるのだが、負け続けると残高が増えて借りることが出来ない。それどころか取り立てが厳しくなってくる。それでついつい一時的だと心が緩み、会社の金に手を付けてしまう。そしてそれを返すために、またまた賭け事にのめり込むという悪循環に巻き込まれてしまうのである。

 こうして横領に手を染めてしまった人を何人も観ているし、そのうち二人は自殺してしまった。このような不正が永遠に見つからないなどと言うことは、絶対にありえない。発見されるのは時間の問題なのだ。
 だから金銭を扱っている経理マンは、なるべく賭け事に近付いてはいけない。とは昔からの教訓なのだが、ひと昔前は麻雀が接待技法のひとつとされていて、経理マンの多くは麻雀好きが多かったという矛盾していた過去も否めない。
 だがバブルがはじけ世代交代が行われ、現代は接待麻雀をしている経理マンや銀行マンはほとんど見かけない。逆に手打ちの時代は可愛らしかったパチンコが、全自動台に変わってからは、だんだんと使う金が大きくなってしまった。またパチンコ屋は街のどこにでも存在するので、いつでも出来るという手軽さがあるのも恐ろしいのだ。

 不思議なことに賭け事には、ビギナーズラックというものが存在し、はじめた頃は素直で堅実に勝負するためか、あるいは運の神様が呪いをかけるのか、意外とあっさり勝ってしまうことがある。もし初めから一度も勝てずに負け続けていれば、誰も賭け事なんかに染まることは無いであろう。
 また100回のうち1回でも大儲けしたとすると、その儲けた金額まではいつでも取り返せると錯覚してしまうのも、賭け事から抜け出せない人々の共通の妄想なのだ。これも不思議だが事実であり、私自身も経験済みである。

 いずれにしても理論的には、胴元の取り分がある限り、賭け事は絶対に儲からないはずである。胴元とは競馬会・パチンコ屋・雀荘などなどのことをいう。
 だが「いや私はいつも儲かっている」と反論する玄人はだしの人もいるだろう。ところがそうした特殊な人が存在するとしたら、その他一般の人は胴元に取られている分以上にもっと負けているという理屈になるのだ。
 まあここで賭け事論を展開するつもりはない。少なくとも経理マンたるもの、賭け事には近付かないほうが無難であることだけは間違いないだろう。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加