The Man

理系男のダンディズム -ロジカルにロジカルに。 考え抜いたとき、それはその人の感性となる-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生、何事も一度はやってみなくちゃ分からない

2011-09-04 20:30:00 | 生き方
お久しぶり(今や、固定読者の方はどれほどおられるのだろう?^^;)。半年ぶりの記事更新になってしまった。皆様いかがお過ごしだろうか。 2011年の日本。 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、被災された方だけでなく、日本全国に在住されている方の生活が変わってしまった と言っても過言ではないと思う。 良い方向へ生活が変われば良いのだが。 正直言って、良い方向へ変わっている、とは . . . 本文を読む
コメント (4)

皆で、東日本大震災を乗り越えるために -阪神淡路大震災の経験から-

2011-03-13 14:46:00 | いろいろ
神戸出身のGALANT's Cafe。阪神淡路大震災が発生際には、仙台に在住していた。今度は東京在住の折に、その仙台をはじめとした東日本の半分程のエリアが被災する東日本大震災が発生した。被災地にて被災してはいないが、被災地に精通している者として、皆でこの震災を乗り越えるために必要な事柄を綴ってみようと思う。 1.日本人の振る舞いは、世界に誇れる素晴らしい行動だ 被災直後の振る舞いを見よ。 被 . . . 本文を読む
コメント (1)

身近なスマートフォンは、パソコンよりも念入りなリスク対策を!

2011-01-24 21:00:00 | 理系男
2010年。日本では、iPhoneの爆発的ヒットに留まらず、Android OSをベースとしたスマートフォンもiPhoneの普及を超える勢いで普及しはじめた。 2011年。この動きは、さらに勢いが増すだろう。そのような状況下にて、生じうるリスクとその対策とは何か? Android 2.2 と b-mobileSIM U300 の在る暮らし by GALANT’s Cafe from The Ma . . . 本文を読む
コメント

10年間

2010-11-23 23:59:59 | 理系男
ついに!この日がやって来た! GALANT's Cafe号 10周年! (クドイけど、車齢は15年超...) いやぁ、本当に10年間。 君は、俺と共に過ごしてきてくれたね。 しかも、大きな不具合を起こすことも無く... ↑コレ、重要w お前を引き取りに行った、2000/11/23早朝のことは、よく覚えている。 電車を乗り継いで(既に、初代相棒 GALANT MXは無かった(泣))、駅ま . . . 本文を読む
コメント (2)

汝、常に危険を悟れ!

2010-11-22 21:35:00 | おいっ! (旧:なんだか、なぁ...)
こんなことを言う(記す)ことが歳なのだろうが... でも、若い人向け(いや、日本人全体かもしれぬ)に伝えておくべき事柄だろう。 伝えたいことは簡単だ。 平和ボケになるな! 汝、常に危険を悟れ! そして行動せよ。 ■出来事その1 ある日の出来事。 GALANT's Cafeは、いつものように相棒(車のことだ)にて、出かけていた。 住宅密集区域の細い道路から、幹線道路に出ようとしていた時の . . . 本文を読む
コメント (2)

秋の高尾山を歩いてみる

2010-11-08 00:20:00 | いろいろ
GALANT's Cafeだって。たまには二本足で歩いてみるんだよ^^ 2010年も11月になって。 ようやく、遅い秋が訪れた。 山はどうかな? 仲間から、東京 高尾山ハイキングに誘われたから。 おもちゃを持って、出かけてみた。 iPod nano 5thと500円玉と、今回のおもちゃ  transystem社製 GPSロガー Photomate887 このロガーを、GALANT's . . . 本文を読む
コメント (2)

「新卒者雇用に関する緊急対策」は日本を救うか?

2010-10-18 21:45:00 | 仕事論
新卒予定/既卒者かつ就職活動中の若人の方々へ送る本記事。結論から述べてしまおう。この対策について、GALANT's Cafeの見解は【否】だ。では、どうすれば良い? 新卒者雇用に関する緊急対策(PDF) from 厚生労働省 この策も、民主党のばらまき政策の一環なのだろうか? (2010年9月10日に政府が閣議決定した経済対策である模様からして、そうなのだろう) 内容を見てみれば。 . . . 本文を読む
コメント

仏を作って魂を入れることを忘れ去ってしまった日本人

2010-10-11 01:20:00 | 仕事論
仏作って魂入れず。努力して物事を殆ど成し遂げながら、最も肝要な一事が抜け落ちている様。実は、昨今の日本人の行いは、このような様ではなかろうか? 2010年10月5日から9日まで。千葉・幕張メッセにて、最先端IT・エレクトロニクス展であるCEATEC JAPAN 2010が開催された。 台風が来襲した昨年と異なり、181,417名の方が来場され盛況のうちに終わったそうだ。 (その中の一人は、GAL . . . 本文を読む
コメント (3)

偽セキュリティソフトに騙されるな!

2010-10-04 20:00:00 | インターネットセキュリティ
この手の話題を本Blogで取り扱うのも、久々。 本Blogを開始した2004年末と比較して。 ご家庭からのインターネット接続に、高速かつ常時接続と等価なADSL回線は無論、光回線を利用されている方は、随分と増加したことだろう。 いや、そんな固定回線だけでなく、広域無線LANサービス、携帯電話や3Gモバイルルータの利用による、いつでもどこでもインターネットに接続可能なユビキタス環境を利用されてい . . . 本文を読む
コメント

理系は文系よりもステキな職業か?

2010-09-20 22:00:00 | 仕事論
理系男として。やはり、この話に触れずにいるのはよろしくないか^^ 理系vs文系 平均年収で100万円の差 京大など調査 from 産経ニュース 既に1ヶ月以上も前に、ネット上の各ニュースサイトで報じられていた内容なのだが。 今日になって、日経新聞にも西村和雄 京大特任教授ご本人による寄稿が掲載されていた。 分析した母集団について、詳細不明(大雑把な分類は記載されているが、GALANT's C . . . 本文を読む
コメント

【うそ】”これも自分と認めざるをえない”展【ほんと】

2010-08-29 19:30:00 | 理系男
毎日暑い日が続きますね。こういう時には、芸術で涼みましょ?! いや、別に。 心理的に寒くなる、とか。 冷房がガンガン効いていて寒い! とか。 そんなのではないのですYO! 企画展 佐藤雅彦ディレクション “これも自分と認めざるをえない”展 in 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン) 詳細は、上記サイトをご覧いただく、いや、実際に足を運んでいただくことにして。 GA . . . 本文を読む
コメント

「理系」は「文系」よりも、魅力的な進学先か?

2010-07-21 22:15:00 | 仕事論
理系男として。このニュース記事には、目を通さずにいられず。 進学:「理系」望む父親、「文系」の4倍 クラレ調査 from 毎日jp 最近の日本のマスコミが付けるニュースタイトルには、なにか意図的な狙いがあると見えて。 付けられたタイトルは、本文や事実と大幅に異なっているとGALANT's Cafeは感じてしまうことが多い。 本ニュース記事も、よく読んでみると。 子どもに「理系に進んでほ . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (1)

理系男にiPadはどのように映っているか?

2010-06-27 20:00:00 | 理系男
GALANT's Cafeは、Apple社製iPadを購入していないことを、先にお断りしておく。あくまで、友人・知人の所有品や店頭展示品を触った範疇でのコメントである。 iPadは「残念なプロダクト」かどうかで議論白熱 from WebR25 昨今、話題の製品を出し続けているApple社。 スティーブ・ジョブズ(Apple社の共同設立者の一人)が不在だった頃の不振が、嘘のようだ。 サービスや商 . . . 本文を読む
コメント

Android 2.2 と b-mobileSIM U300 の在る暮らし

2010-06-20 18:45:00 | いろいろ
Android 2.2が動くスマートフォン と b-mobileSIM U300がGALANT's Cafeの手元にやって来て、早、3週間。その使い勝手は、どのようなものだろうか? 結論を端的に述べよう。 いつでもどこでも使える定額インターネット接続された超小型パソコン (スマートフォンのこと)は、既に手放せないほど便利だ。 これに尽きる。 (最初から分かっていたことであるが) 日々 . . . 本文を読む
コメント (1)

感動...

2010-06-13 23:40:00 | 理系男
たかが、機械に過ぎないのにね。 「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還 from YOMIURI ONLINE 約7年ぶりに地球に帰ってきた、探査機はやぶさ の帰還模様。 サッカーのことなんぞ、どーでも良い(ちょっと言いすぎだけど)GALANT's Cafeは。 例によって例のごとく、Ustreamを用いた和歌山大学チームによるオーストラリアからのライブ中継を、食い入るように見ておりまし . . . 本文を読む
コメント (2)