fu+iのマンガ読もっ!

漫画専門SNS「マンガ読もっ!」終了につき、SNSでのブログをこちらにお引っ越しなのですっ☆

映画「聲の形」の感想

2016-09-18 23:10:26 | 日記

以前、アニメ化してほしいマンガというニュース記事があって、そのときは、私がアニメ化してほしいマンガは、「SOUL CATCHER(S)」でしたが、もう完結してますね(この作品は、音が加わることでなんぼなんで)
今だと、「左門くんはサモナー」か…

それで、終わってる作品では、バリバラで紹介されてた「聲の形」。良作なら、今後、ありうるんじゃないかと思ってました。
あと、めだかボックスの3期きてほしい・・


閑話休題、最初は、叙情的な作品だと思ったら、泣けたわ
本当に良作だと思う
掲載が少年誌(マガジン)だったのが衝撃だった
こういう題材だし、青年誌だと思ってた
表現、音響でどうにかするのかと思ってたら、音量とBGMを工夫してて、声優が技術的にすごくて、豪華だった 一部、聴き取りづらいところもありましたが、基本的にストレスフリーに感じました。


鑑賞特典でもらえた限定マンガが、これまたいいんですよ
映画観たあとに読んだら、しんみりほっこりしたよ(ちなみに、一緒に写っているのは、前売り買ったらもらえたクリアファイル)

余談、補聴器、耳かけ式だと片方1個10万~30万くらいするんだね

マリアの声優誰?ポニョにしか聞こえんかった(子役タレントの鎌田英怜奈らしいです)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電波教師でリアルアカウント... | トップ | 映画「君の名は。」の感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

いじめっ子の贖罪。『映画 「聲の形」』 (水曜日のシネマ日記)
元ガキ大将の少年と聴覚障害がある少女の小学6年生時代の出来事と5年後の再会を描いたアニメ映画です。
『映画 聲の形』 (こねたみっくす)
この“こえ”を伝えたくて。その“こえ”を聞きたくて。生きるのを手伝ってくれる大切な人だから。 簡単な想いなのに伝えられない。簡単な言葉なのに聞き取ってあげられない。コ ......
『“映画 聲の形”を観たワケだが…。』 (マッチblog)
一言で言えば…、 動の『君の名は。』に対して、静の『聲の形』って感じでした…。 深夜アニメファンの私としては、 京都アニメーション制作の『聲の形』に肩入れしてしまうワケ......
[映画『聲の形』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・う~む、これも傑作! アニメ界には、今、大きな地殻変動が起こっているのかも知れない。 若手監督たちが大攻勢をかけてきている時代だ。  この作品、現代版『人間失......
聲の形  監督/山田 尚子 (西京極 紫の館)
【声の出演】  入野 自由 (石田将也)  早見 沙織 (西宮硝子)  悠木 碧  (西宮 結弦) 【ストーリー】 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈......
「聲の形」いじめいじめられた先の孤独感の中で知ったお互いの痛みを知り気持ちを理解...... (オールマイティにコメンテート)
映画「聲の形」は先天性聴覚障害を持つ少女がいじめっ子だった少年と小学校時代に出会った事でそれぞれが孤独感に陥ってしまい高校生になって再会した時にそれぞれが自分を受け入......
映画「聲の形」 (あーうぃ だにぇっと)
映画「聲の形」@よみうりホール
聲の形〜沈黙の花火 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。大今良時原作、山田尚子監督。 (声)入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優。主人公の石田将也の小学生時代の声は......
聲の形・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
絶望の過去から、希望の未来へ。 生きることの苦しさと喜びを、青春の切ないきらめきの中に綴った、大今良時の同名傑作コミックのアニメーション映画化。 主人公の少年が聾唖の......
『聲の形』('16初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月22日(木・祝) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 12:20の回を鑑賞。
聲の形 (映画的・絵画的・音楽的)
 『聲の形』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『君の名は。』に次いで評判だと聞いて、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、高校生の石田将也は、「お金返します......
「聲の形」:硝子の(マイ)ジェネレーション (大江戸時夫の東京温度)
映画『聲の形』が、まあ『君の名は。』ほどではないにせよ結構ヒットしているようで、