*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


沖縄県民は何をやってる!!大阪府警機動隊員の差別的発言 沖縄県議会、自民党意見書案を否決

2016-10-29 10:01:33 | 政治
【在日犯罪】韓国、朝鮮人?沖縄のキチガイ活動の反日左翼市民団体の正体を我那覇真子が大暴露!高江ヘリパッド妨害で自爆する李信恵らパヨクしばき隊…


Advertisement
大阪府警機動隊員の差別的発言 沖縄県議会バトル詳報(上)「抗議参加者は何をやっても構わないのか?」
大阪府警機動隊員の差別的発言 沖縄県議会バトル詳報(下)「おまえらは犬」「戦争に行って死ね」…聞くに堪えない警察官への暴言

Advertisement

 沖縄県議会は28日の本会議で、米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事の警備にあたる大阪府警機動隊員が工事反対派に「土人」と発言した問題をめぐり、自民党県議団提出の意見書案を反対多数で否決した。意見書案は、県警が聞き取った反対派による警察官への暴言を列挙し、不穏当な発言防止の徹底などを求める内容だった。
 意見書案をめぐっては、又吉清義県議(自民)が「お前の家は分かっている」「お前ら人殺しの子供は人殺しだ」「お前は心がゆがんでいるから顔もゆがんでいる」などといった警察官に対する反対派の発言を紹介。「こうした言葉が現場で飛び交っていることをぜひ知ってもらいたい」と賛同を求めた。これに対し、比嘉瑞己県議(共産)は「一部の反対派住民の言動をとらえ、抗議活動全てが過激かのように訴えるなど、差別発言をした警察権力を擁護している」「国策に抵抗する人々を敵視し、排除をしていく。戦前のような不穏な時代の空気を感じ、危機感を覚える」などと指摘して反対した。
 これに先立ち、県議会は「土人」発言を「沖縄県民の誇りと尊厳を踏みにじる」と抗議する決議と意見書を共産、社民両党を中心とする県政与党会派などの賛成多数で可決した。


基地外左翼に 議会を占拠されて終って、沖縄県民は安心した生活を送られるのですかね?
沖縄県民の神経が判らん!
平和という美名を隠れ蓑に、人間の尊厳を傷つけ、暴虐の限りを尽くす、左巻きプロ市民。
それが 真の沖縄の民意というので有れば、沖縄の未来は シナチョン自治区編入という道を、沖縄県民自らが選択していると言う事。
ならば そんな地域に 国民の血税を濯ぎ込む必要はない。
偏狭左翼が 沖縄議会の与党という現実は、沖縄県民がそれを”是””としていると言うことでしょう。
本会議での議決に反対の意見表明をしている自民党が、真の日本人としての本質を捉えて居る。
それを 封じこめる採択は 沖縄は狂っているとしか思えない。
戦後七〇年を経過して 今尚 戦争という亡霊に取り憑かれ沖縄を破滅へと導く、プロ市民!
それでいいのか・・沖縄県民は??



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散文詩; 愁雨 | トップ | 勘違いは大怪我のもと!!二... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沖縄の現実 (onecat01)
2016-10-29 10:40:00
方丈の里殿。

 私も沖縄県民について、もどかしく感じておりました。しかし、最近やっと分かりました。共産党や社民党に支援される極左暴力活動家どもは、警官も機動隊も無視し、暴言と暴力を尽くしております。

 つまり、こやつらは、警官を脅すだけでなく、一般住民も脅迫していたのです。誰もが知り合いである土地の事情を利用し、「お前らを、沖縄に住めなくしてやる。」「親や息子や、嫁さんがどうなってもいいのか。」「反対しない奴らは、沖縄の人間じゃない。クズだ。死んでしまえ!」

 この事情が、ある住民の話でやっと分かりました。警察すら手出しをしない彼らに、一般住民は萎縮しております。
私たちにできますことは、東京から暴徒を支援している共産党や、社民党の議員たちを糾弾することではないでしょうか。脅された住民から票を集め、「民意、民意」と言っている彼らこそ、何とかしなくてはなりません。

全国の人々に、この実態を拡散したいと、考えております。
強権発動も是 (希望)
2016-10-29 16:05:26
沖縄県警の警察官に家族を人質の脅し、住民へは言わずもがな、だったら他府県の警察で強制排除、
暴力に怯めば更にエスカレートする、本当に沖縄が危うくなる、今まさに手を打つべし。

戦争での米軍沖縄上陸の悪夢を復讐の眼差しで見続ける県民がいるなら左翼にとって好都合、
沖縄県議会は反対運動の実態を知り尽くしているはずである、この体質を見逃してはならない。

兵糧攻め、法を悪用する輩には目には目、法で縛れば良い、一般住民の萎縮はいつか我が身に帰る。
米軍はよく辛抱していると同情する、フイリッピンの二の舞になりたいか? 住民よ立ち上がれ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
内閣府の意見登録システム活用して・・・ (母さんによる徒然・・・)
◯平和という美名を隠れ蓑に、人間の尊厳 を傷つけ、暴虐の限りを尽くす、左巻きプロ 市民。 それが 真の沖縄の民意というので有れば、 沖縄k未来はシナチョン自治区編入という......