アンドレの「今日もいい天気!」

「いい天気!」とは、いつも明るく前向きに、人生をプラス思考で生きる人の「心の天気」のことである。

神ってる!

2017年06月27日 | Weblog
こういうのを本当の「神ってる!」というのだろうか、将棋の藤井聡太4段である。ついに新記録の29連勝を達成してしまった。何と30年ぶりの偉業だそうだが、インタビューをしてもとても中学3年生の14歳とは思えない落ち着いた話しぶりにもびっくりだ。このところスポーツ界でも10代の若者の活躍が目立つ。陸上100メートルのサニブラウン選手、卓球の平野美宇、伊藤美誠、張本智和選手、水泳の池江璃花子選手など、思いつくままに書いたが、10代から活躍していつの間にか20代になっている選手もたくさんいる。10代から活躍している若者が日本にはまだまだたくさんいて頼もしい限りで、おじいさん世代としては日本の将来に夢が持ててうれしいのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

後期高齢者

2017年06月14日 | Weblog
還暦を過ぎてから自分の年齢は数えないことにしょう、と思っていたが、なかなかそうもいかない。ついに後期高齢者医療保険証が市の国民年金課から郵送されてきた。高齢者福祉課から敬老会の対象年齢になったのでどこの自治会に所属しているかお知らせください、との確認のハガキも来た。介護予防・生活支援サービスのチェックリストがきて、生活機能の低下が心配される方は高齢者相談センターへご相談くださいときた。今年3月から道路交通法が改正されて、運転免許証の更新が後期高齢者は認知症の検査が更に厳しくなった。昨今の多発する高齢者の交通事故を見れば止むを得ない話だ。一方今はみんな元気で長生きだから、高齢者の定義を変えようという話も出ている。

サラリーマンに定年があるのは仕方がないが、個人差が激しい高齢者に前期も後期もいらないのではないだろうかとも思う。前期でもヨボヨボしている人、後期でも元気ハツラツとしている人、病気になっても気力で頑張っている人、特に病気ではないのに気力のない人、人さまざまです。これからの社会は若い層より高齢者のほうが多くなる逆ピラミッド型の人口構成になる。今までは若い世代が高齢者を支えていたが、これからは高齢者が若い世代を支える時代だという。これからの高齢者は残りの人生を子どもに頼らず自立して送る必要がある。今までの考えを逆転しないといけない。残りの自分の人生はすべて自己責任で生きていかなければならない、老け込んでいる場合ではないのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

ついに梅雨入り

2017年06月08日 | Weblog
7日、ついに中国、四国、近畿、東海、関東甲信越が一斉に梅雨入りした。平年より1日早く、昨年より3日遅かったそうだ。我が家の紫陽花も雨にぬれてきれいだ。毎年この時期なると必ず梅雨になるのも自然というのは不思議なものだ。明日、明後日兄弟を引き連れて7人で私のワゴン車で伊豆修善寺温泉に一泊旅行を計画している。この2日間だけ天気が回復して良い天気の予報で、私の心がけが良い証拠だ。いろいろな都合から、どうしても毎年この一泊旅行が梅雨の時期になってしまうのでお天気が心配なのだが、毎年比較的良い天気に恵まれている、無事を祈りたい。

この記事をはてなブックマークに追加

少子高齢化と人口減少

2017年06月05日 | Weblog
私の今の関心事は少子高齢化と人口減少問題である。日本の人口は2015年に統計史上初めて減少に転じ、人口減少時代に突入し、2053年には1億人を割ると予想されている。赤ちゃんの出生数も2016年度は97万人で、ついに100万人を割って、昭和24年のピーク時の269万人の3分の1になった。人口が増加しているのは他県から若者が集まっている東京都をはじめ首都圏のみ、ほとんどの地方では減少に歯止めがかからない。高齢化率も平均で27%以上、間もなく3人に1人が高齢者。過疎の自治体では既に45%以上の地方もある。人口減少で議員の選出もできず、議会運営ができないので重要案件だけ住民が集まって自治体の運営をやらざるを得ないところも出てきている。こんな、過疎化で消滅は時間の問題化している村や町が全国では6万以上もあるという。

政府は人口1億人をキープしようと出生率1.8の実現を目指しているが無理でしょう。私も自治体が運営する結婚相談所の相談員を担当しているので、最近の独身男女の実態を身近に見ている。男性は結婚願望が強いので会員登録に見えるが、肝心の女性の登録が少ないのが現実である。女性が少ないと男性も女性の選択の余地がない。会員の平均年齢は男性40歳、女性は37歳くらいだろうか。結婚はしたくても結婚できない実態がある。正規雇用でない若者も多く収入が少ない。将来の希望が見えない。子どもを産んで育てる自信が持てないなど…さまざまだ。

今の若者の結婚観は、20代で当たり前のように結婚して子供を育ててきた我々の時代とは全く違う。結婚は個人に自由であり、結婚ばかりが人生ではない。特に女性の意識が変わった。恋愛にも興味がない、結婚して男性の世話などしたくない、女性も自分の生活費は自分で稼げる時代、時間もお金も自分のために楽しみたい…。そんな中で最近50歳前後で結婚するアラフィー婚が増えているという。やはり老後は一人では寂しいと思い始めてのことか。子どもを持つのはあきらめて、せめて今の自分を楽しみたいとの思いか。やはり人口が増える要素は見えない。西暦3000年には日本の人口はほぼ消滅すると予測されている。

この記事をはてなブックマークに追加

継続することは難しい

2017年06月02日 | Weblog
怠け癖がつくとどんどん怠けてしまう。せめて1週間に1回は書こうと思っていたブログも、いつの間にか間もなく1年も怠けてしまった。初めは写真を必ず入れるのを原則にしていたので、それがだんだん難しくなってしまった。「いろいろ忙しかった」という言い訳はしない。過去の経験から、忙しかった時ほどいろいろやって来た思いがある。要は心の持ち方次第だ。

年のせいか、だんだん夜遅くまで起きているのが難しくなった。以前は11時半が11時に、最近はテレビのニュースを見て10時半には眠くなって寝床に入ってしまう。昨夜は少しアルコールが入って、ついにニュースを見ないで10時に寝てしまった。その代わり気候が暖かくなって朝の目覚めは早い。4時には目が覚めて起きてしまう。文章を書くなど、頭を使う作業は早朝、朝飯前にやってしまうのが習慣になっている。人間の頭は朝4時頃が一番冴えているのだそうだ。

ということで、心を入れ替えて早朝頭の冴えたところで写真は条件にしないで、心に浮かぶ気ままな一言を書き綴るつもりだが、いつまで続くか?

この記事をはてなブックマークに追加

セミの第一声

2016年07月11日 | Weblog
7月10日の朝、公民館へ参議院の選挙に行く途中セミの第一声を聞いた。2,3日前から鳴いているよとかみさんは言っているが、私がハッキリ聞いたのは7月10日だ。セミの第一声は毎年日記に書いている。2015年が7月14日、2014年が7月12日だったから、今年はいつもの年より早い。気象庁はまだ発表していないが、セミの声が聞こえるといよいよ梅雨明けである、自然界のほうが察知が早い。毎日30度を超す真夏日だ。熱中症で病院に搬送される人が増えている。昔は熱中症などとはあまり言わなかったが人間の抵抗力が弱くなったのか、地球温暖化の影響なのか。「年寄りがエアコンを我慢して熱中症で病院に…」などと笑われないようにしようと思う。

この記事をはてなブックマークに追加

白根のさくらんぼ狩り

2016年06月25日 | Weblog
恒例の兄弟いとこを連れた一泊旅行で河口湖温泉に泊まって、初体験の白根のさくらんぼ狩りに行ってきた。時期が限られているさくらんぼ狩りはなかなかタイミングが難しい。今回初めてあと3日で終わりというぎりぎりで間に合った。いくつかあるハウスのほとんどは食べ尽くされて、わずかに残った奥のハウスに案内された。それでもまだ食べきれないほどのさくらんぼが生っていた。農園のご主人が「この間、毎年来てくれる若い女性4人組が、1本の木を食べ尽くしていきましたよ」と言っていた。40分、2千円で食べ放題といっても、そんなに食べられるものではない。若者のように元を取るつもりはさらさらないので、「これがさくらんぼ狩りか」という雰囲気だけ味わった。お腹いっぱいになって昼食はお饅頭1個で済ませた。帰りに新東名浜松SAで4時半の早めの夕食で浜松産鰻と桜エビのちらし寿しをいただいた。梅雨本番の最中で、行きの東名は一時大雨に見舞われ、帰りの東名も雨だったが、現地では富士山こそ見えなかったが、不思議と青空も出て良い天気になり楽しい旅行になった。

この記事をはてなブックマークに追加

美食探訪倶楽部「旬」

2016年06月17日 | Weblog
私が主宰するシニア対象パソコン教室の女性6人を乗せて私のワゴン車で磐田市の天竜川沿いにある花咲之庄にお蕎麦を食べに行ってきた。みんな「パソコンの勉強半分、みんなと会っておしゃべりが楽しいが半分」の年代である。今年から「美食探訪倶楽部」なるものを立ち上げて定期的に計画することにした。みんなとても楽しそうだった。花咲之庄は私は12年ぶりの訪問だったが、ほとんど変わっていなかった。お蕎麦も美味しくいただいた。

この記事をはてなブックマークに追加

ウォーキングinつま恋

2016年05月13日 | Weblog
毎月開催しているアクティブシニアネットの月例ウォーキングは、5月はヤマハ出身の幹事の計画で掛川のヤマハリゾートつま恋だった。つま恋に来たのは20数年ぶり、浜松から電車とバスで正面ゲートへ。入場料¥1,000を払うと¥1,000分のチケットをくれたので、ウォーキングの後の温泉代は無料となった。広大な敷地の外周をぐるっとゆっくり1時間ほど掛けて回った。新緑が美しかった。途中ノルディックウォーキングをやっている団体に出会った。1975年8月に吉田拓郎・かぐや姫がオールナイトコンサートを開催して6万5千人の観客を動員したとう伝説の会場の多目的広場も見てきた。1周回ったところで森林の湯で汗を流してから、木陰でビールを飲みながらおにぎりを食べて帰ってきた。お天気も最高でいい汗をかきました。

この記事をはてなブックマークに追加

アザレアの花

2016年04月30日 | Weblog
わが家のアザレアの花が見事に満開になった。こんなにたくさん花をつけたのは30年目にして初めてである。思わずデジカメで記念写真を撮っておいた。近所の奥さんも「まあ!みごとですね」とほめてくれた。お蔭で花が終わった後の掃除が大変だった。
ところで今朝の涼しさは何だろう。手元の寒暖計を見たら17度だった。ゴールデンウイークに入ったというのに随分冷えた。北海道では季節外れの大雪になっているという。西高東低の冬型の気圧配置になっている。明後日ごろからは30度近い暑さになるという。10度も下がったり上がったりでは体調管理が大変である。

この記事をはてなブックマークに追加