T‐STYLE

ここは性転換、入れ替わり・憑依・変身モノ等を扱った作品を好む人達秘密の花園です☆
興味がある人は是非お立ち寄り下さい☆

きっかけは、TSF??

2016-05-12 12:18:51 | 作品紹介 一般・動画.3
今年春、女優の藤原紀香さんが歌舞伎俳優の片岡愛之助氏とご結婚されたことで、聴かれるようになった「梨園」の妻‥‥


過去には、中村橋之助氏と夫婦になった三田寛子さんも、これに当たりますよね。子育てがひと段落ついたのか、テレビなどでも近頃お見かけするようになりました。
昔の彼女は、今でいう天然‥ですか? ちょっと“不思議ちゃん”のようなキャラで通っていて「笑っていいとも!」では、タモさんにもよくいじられていた記憶があります。


だから、驚きましたよ。
先日、彼女が出演していたTS作品 【パパが私で私がパパで】を、幸運にも見る機会に恵まれたのですけど‥‥


しっかりお芝居されているじゃないですか!! w


データだと、1989年放送なので(平成になる直前)、三田さんがまだ22歳の乙女な頃です。
若干、茶化したように書いてしまいましたが、いや、でも本当に「女子大生になったパパ役」を好演されていて‥‥。

当時から三田さんはすでに有名でしたし、もちろん「パパ⇔娘」というTS設定上、エッチどころか際どいシーンも、私が視聴した回ではありませんでしたけど、おぼろげに憶えていた(娘になったパパが自らの)服の中を覗く シーンは、ちゃんと確認できました(笑)
いずれにしても、同作品は私が子供のときに見た以来ですから、実に20年以上ぶり!? 感激もひとしおでした。

あの頃って今みると、ぜんぜん大した場面でもないのに、妙にドキドキしていたなぁ(^^;

振り返ってみれば、小学生時から「性」よりも先に“目覚めていた”私‥。TS欲、TS願望って、なにか先天的なものなのですかね。
皆さんは、いつからでしたかw



※うまくいけばこちらのサイトで視聴できるかもしれません

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ショート部分萌え??

2016-05-04 10:34:05 | キラのつぶやき
非常に、判断に迷った“ワンシーン”があります....


桂正和さんの「D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜」 という作品、かつてありましたよね。
そこで登場する菅下竜二が、ある出来事を境にして愛しの佐伯朋子にヘンシンしてしまう、TSFファンにとっては、たいへんにオイシク、忘れがたきのシーンです。
今でも確かなことは判らない、あの場面‥‥。実際のところはどうだったのでしょうか。





「“顔のみの”変身であり、カラダは男のままだった」そんなオチ・描写の仕方でした。
本物の朋子に変身したものだと、当初そう思い込んでしまった竜二。
自らのお尻を弄って、感触を確かめているのですが、あたかも朋子の尻に触れているかのように、感激を隠しきれない様子の彼でしたが‥‥。


突然のことに興奮しすぎて、ただ我を忘れてしまっていただけなのか、それとも同様に、ケツも 朋子化したのか‥この判断が難しくて、一度、同志と激論を交わしたことがあります(笑)

‥おそらく前者。実際は顔だけで、他は何も変わっていなかったのだと思いますけど、竜二の異常な興奮っぷり(男と女のケツの感触は明らかに違うハズなのですが)、件の変身の前に、朋子の同箇所あたりを凝視する、伏線ごとくな?竜二目線のシーンもあっただけに、あながち後者の線も捨てきれないんですよね(^^;

まぁ顔だけにしても「顔+尻」にしても、部分的TSには変わりはないわけで、逆に“完全体”ではないところに、そそられたりww
あの竜二のパターンですと、アニメ版では声もちゃんと変化していたし、朋子の「声色」を使って遊ぶこともできそうだし、顔を借りてメイクの練習などもできそうです。

尻とか胸のみは、見た目は結構グロいので(笑)、まさに感触を愉しむためだけに終始するかも。
マニアックどころで、筆者は某女優の唇に萌えなので、唇とかも(ry


“下”はそのままで、他の部分は完璧に女性化しているNH関連のエーブイを見たことがあり、思いのほか、愉しめた記憶もあります。
視点を変え、あえて男の名残を一部 「残しておく」という発想も、わりと嫌いじゃありませんw

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

女性化の今昔

2016-04-28 09:43:06 | キラのつぶやき
ナチスのアドルフ・ヒトラー氏に「女性化計画」があったなんて事実を、つい最近知りました...


今更ですけどw

この“計画”が、とにかく異例なのは、第三者により本人の知らぬところで企てられていたこと。
‥なんでも【強力な女性ホルモンを投与し、心理状態を不安定にし、声や容貌を女性化しようとした】そうで、こういった事例を聞くのは個人的に初めて!(※1)

さながら 強制女性化!?

ヒトラーの食事にこっそりと“高濃度”な女性ホルモン液を振りかけ、実際に実行に至った模様ですが、「女性化計画」自体は失敗に終わってしまったのだとか‥。
まぁ当然ですよね^^;

あの、容姿からして男性ホルモンののようなヒトラーに、女性ホルモンを“投入”したら、カラダが拒否反応を起こしてしまいそうです。
我々からしたら、漫画や小説の世界の中の話。‥昔の人は時に、とんでもない発想を考えつきます(苦笑)





過去に「ゲイ」であることを告白し、もちろん自らの意志で松浦亜弥嬢に変身していた、前田健さんが亡くなりました。

中年男性が、時のアイドルに、まさかのヘンシン---
アヤヤ本人に似ていたかどうかは‥各々の判断に委ねますが、その発想自体、それこそ浮世離れしていたように思えます。

私自身モノマネ番組が好きで、カタチの上では“TSタレント”でもあった前田さん‥‥
私にとって‥おそらくここにいる方たちには、某メジャーリーガーより有名で偉大な 「マエケン」さんでした。
お悔み申し上げます。


≪参考≫
(※1)Wikipediaより

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画の女性にトキメク男w

2016-04-24 23:35:20 | キラのつぶやき
どこの学校にも、現役の大学生さんが派遣されてくる「教育実習」って制度があったと思います。
彼らがいたのは、長さにして、一か月間程度でしょうか。

私、分からなかったんですよねぇ‥。その先生のタマゴ達が実習を終える際、よく泣き出す生徒、同級生!いませんでした?

『本当に、そんなに悲しいか?』

そう冷めた目で見ている自分が、毎年のようにいたんだけど、仮に、およそ教師とは思えない、キャピキャピなイケイケの女子大生がうちの学校に来ていたら‥‥あるいは小学生だった当時の私も、別れの時に、むせび泣いていたのかも知れませんw


教育実習とは違うのですが、「離任式」というイベント?儀式!? ‥自分、わりとアレは好きだったんですよね。
新学期が始まってから一か月くらい、だから、ちょうど今くらいの時期に、他の学校に移られたり、退職された先生方が顔を覗かせに来てくれる、離任式。

“絡み”があった(お世話になった)先生と、もう一度会える機会を、ちゃんと“公式の場”で頂けてしまいます。
‥ただ、その先生方とまったく縁のない「部外者」には退屈な式となったろうし、あらためて振り返ってみると、他にどんな理由があり、何のために行うものなのか、真の目的は、けっこう謎だったりもしますが(^^;


そうした映像を収めた「離任式動画」が意外にも多く存在して、それを眺めている完全に“第三者”の私も、かな〜りマニアック(笑)
しかし、巡り合えた一本の動画‥‥。一人の女性、いや、ひとりのセンセに「恋」までしようとは、思いもしませんでした...


全世界的なユー○ューブにUPしてるくらいだから、ここでも問題はないと思うけれど、TIME1:51から登場する姫に私は見惚れてしまい、気づけば、最近一日一回、下の動画を視にいってます...

もう毎日が「離任式」ですww






いかにもな黒髪ポニーテールに、ハキハキとした滑舌のよさ、上杉鷹山発の格言を挨拶の中に用いるあたり、さすがの知性を感じるし、何より締めの、最後の笑顔に胸打たれ‥‥。
世の中広しと言えども、このような先生さまとは、めったにお目にかかれません。付属小学校?にいた皆は、ぜったい幸せです(笑)


‥本当は心の中に秘めていようと思ったんですけどね^^; 高揚しすぎて、もう誰かに話さずにはいられませんでしたww
有名人とか以外で、そんな心ときめいたヒト、動画と出合ったら、ぜひ貴男のも教えてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝、目覚めたら‥の盲点?

2016-04-11 15:30:24 | 作品紹介 一般・動画.3
「君の名は。」が、今夏に公開!?


高校生の男女による、入れ替わり物語‥‥ですか。
同じ入れ替わりでも、高校生とか学生同士だと恋愛劇同様「青春」な要素が色濃くなりますよね^^;
この作品も、予告版をみるかぎりでは“さわやかテイスト”。普段コメディ色の強い入れ替わりが、幾分「神秘的」にも描かれている模様です。





しっかし、いいですよねぇ“そちら”二次元の世界では。
『イケメン男子になりたーい』トカ、『女になりたい』と、強く願っているだけで、本当に変われてしまうのだから世話がないww

あと、突飛でパニック的な方向に行きやすい入れ替わりだと、往々にして“相手”は選べないものなのですが、男は大抵、誰もが羨みそうなカワユイ娘とチェンジします。
ブ○イクな男と‥といった逆のパターンは、よく見受けられるけど、かわいくない(好みでない)娘と入れ替わって、困惑してしまうというパターンも、あまりないだけに、ちょっとそそられませんか、ね(笑)


朝目を覚ましたら、いつの間にか肉体が変化していた‥‥「君の名は。」も、そのようですが、まぁ王道っちゃ王道ですよね。我々の世界ではw
多くのTSFで見受けられる「目覚めたらケース」、これって一体どうなんでしょう...

今、自分の身に起きていることを知りたい、(人によってはオ○ニーの前に)いっぺん頭の中を整理したい。
状況を飲み込めるようになるまで、しなければならないことは山ほどあるのに、朝となると、「君の名は。」に登場する学生という身分であったなら、とりえあず学校へ行く支度もしなければならない‥。

本当はそれどころではないのだけれど“実家暮らし”というケースがほとんどだと思うので、同居する家族の前では少なくとも、そのように振舞わないといけない‥。
つまり、ただでさえ、頭の回転が本調子になる前の朝方であるのに、のっけから難易度の高い演技力や適応力も必要とされるのです。

はたして「目覚めたらケース」は、本当に理想的なシチュエーションと言えるのでしょうか---


『じゃあ、お前にとっての理想の替わり方とは、いったい何なんだ?』と聴かれたら、それはそれで頭を悩ませてしまいます。
急な階段から一緒に落ちたり、出会い頭に対象者と激突する、いわゆる『痛みを伴う系』は嫌だし、何より奇跡が起こる前に、命さえ落としかねません(笑)

したがって、筆者なら、第三者を介して、二人のカラダを(魔法なりで)換えてもらう‥‥そんな「天使な小生意気」と似たシチュでもいいですし、互いに同意の元?キスしただけで入れ替わってしまう「山田くんと7人の魔女」ごとくな、お気軽な方法がいちばん理想といいますか、憧れですw


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

当ブログはリンクフリーですが創作物等の無断転載は一切禁じますのでご了承ください。