地球と生きるYOGA  「Union Yoga japan」

京都を中心に活動を続けている Toshiの活動記録
生きたヨーガを伝える ちょっと真面目なあるヨギのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

呼吸が生き方を変える

2016年09月06日 | ワークショップ

呼吸に向き合うリトリート



自然な呼吸に向き合い、
自分本来の息へと帰っていく時間。

今までの自分の無理な頑張りに気づき、
余分な力みを手離す時間。

息苦しさから解放され、活き活きとした無限のエネルギーを
内に感じる時間。

癒しという名の眠気に襲われ、そのまま眠りに落ちる幸せ時間(-_-)。o O

色んな時間が流れていました(^-^)

個人個人、呼吸はその人の色そのもの。
頑張り屋さんは頑張り屋さんの呼吸。
穏やかさんは穏やかさんの呼吸。

今までに培ったものや、為してきたことが全てそこに
込められている感じです。

今回のリトリートでは、身近な呼吸にフォーカスして、
解放と洗練に取り組んでみました。

呼吸のもつ可能性と、奥深さを改めて僕自身、
教わる時間になりました^^



この呼吸に向き合う二泊三日。え、そんなに長く呼吸のことばっかりするの??って
たまに突っ込まれるんですが、それでも全然足りないぐらいです(^^ゞ
呼吸って知っているようで知らないことが多いので、細かく見ていくと、
どうしても時間がかかってしまうんですね。



ちなみに今回のテーマは「心を磨く」
心を磨くって、抽象的で いまいちよくわからない言葉ですよね(^^ゞ
ヨーガの言葉を使って言うと、サットヴァを高めるっていうことなんですが、
サットヴァってのは、軽やかさ、清らかさ、神聖さなんかを表現するときに
使われる言葉です。
その質は本来誰もが持っているものなんですが、こういう慌ただしい現代社会で
暮らしていると、そうしたくなくても 心がどんどん垢をためてしまって、
いつのまにか、本来の輝きを失って、くすんできてしまいますね。

それを改めて、磨いていこう、呼吸を通して 垢を落としていきましょう、って
いうのが今回のコンセプトでした。



実際に今回した呼吸法は自然呼吸に始まり、ヨーガの基本的な呼吸法である
片鼻呼吸法、そして、息止めや、バンダ、瞑想をしていきました。
それに加えて、アーサナやヨーガニードラーにレクチャー、
食事は精進料理で環境はお寺という盛りだくさんの全体性を持って取り組んでいきました。




果たしてその結果は・・・ということなんですが、
それは個人個人の感想にお任せするしかないですね~(^-^)

でも頂いたフィードバックではみなさん、深く得れるものがあったようで、
ポジティブなコメントをたくさん頂きました♪

そして、僕から眺めていた感想は、
凄かったです、みんな爆睡でした(笑)



呼吸法をするとただでさえ眠くなるんですが、二泊三日かけて
芯の部分から緩んで出てくる疲れや眠気はすごいものがありますね・・・(笑)

でもそんなDetoxも体験しつつ、芯からの緩みも経験できたんじゃないかな~
なんて思います^^



知れば知るほど、その奥深さに気づく呼吸法。
次は5日ぐらいかけてしたいな~なんて思いながら、
まだそれは難しいかもしれないので、
皆さんと歩調を合わせつつ、
ぼちぼちと進めていきたいと思います^^

これから徐々に呼吸ファンが増え、世に呼吸の素晴らしさが
浸透してくることを願って♪



ちなみに来年は同じ大心院で9月16~18日の連休で行われることになりました^^
今年、タイミングが合わなかった方も是非ご参加下さい^^


それでは以下、写真でお送りします~^^




























































Union Yoga japan
児玉俊彦(Toshi)
unionyogajapan@gmail.com
or
こちらへ⇒contact
H.P. 「Union Yoga japan


スワミ・チェータンジの妙心寺でのリトリートももう間近です。

詳細、お申込みはこちらから
http://unionyogajapan.com/swamichetan_retreat




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呼吸法リトリートの一年後、... | トップ | 呼吸法リトリート 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワークショップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL