頑狷曲捻者TNの日々雑記、沈思黙考

多くの失敗と後悔から得た考え方・捉え方・共感を持つ私が、独り静かに黙想、祈り、悔い改め、常識に囚われず根拠を問う。

高校中退後の30年間、友達・つながりが全く無かったが、こうして今ちゃんと生きている・・・世間・マスコミの論拠崩壊、独立自尊の精神、マイペース、へそ曲がり、リラックス、そして行雲流水、成るように成る

2017-07-23 11:35:43 | 孤独・独立・自尊心・誇り
 現在48歳の私は、30年間、友達が全く居なかった!!!しかし、こうして、今、ちゃんと生きている。勿論、これからも、信仰する創造主によってこの世における生命が停められてお呼びが掛かるまでは、独りでちゃんと自立して生きて行く。そして、私は世間・マスコミを疑い、自分を信じて生きている
 昨今、世間の中にあっては、過剰な程に「つながり」が重視されて叫ばれている。LINEやメール、スマホ、携帯電話、SNS、Facebook、Twitter、ブログ、コンパ、党員、組織、宗教、居酒屋……等と、「つながり」を作るために、世間一般の人達はそれらに労を惜しまず参加している。私がそれらの大概のものを傍から見ると、暇つぶしをしている様にしか見えないのだが。
 そして、もし、その「つながり」が無かったならば、「おれない」(存在する事が出来ない)だの、「生きれない」だのと言っている。しかし、この私を見て頂けると解る様に、その世間一般の人達やマスコミが言っている事は、全く間違っている事が解る。「つながり」無く生き続けている私の事を、マスコミや世間はどう説明するつもりであろうか。マスコミや世間の論拠崩壊である。「つながり」無くとも生きていける事を、私が証明している。私は、現在生きている。決して過去の歴史上の人物では無い。故に、神話扱いしようとしても出来ない。今現在、私は生きている。これは現実である。
 私は、3年間在籍した単位制の高校を卒業出来ずに中退後、19歳に成る年から48歳に成った本年までの30年間、友達は居なかった。そして、ろくに「つながり」も作って来なかった。しかし、心身共に健康である。日々、マイペースリラックスして過ごしている。
 確かに、1ヶ所の職場にずっと居直れない面は在る。最も、クビになるだけでは無く、自分自身から気分転換やその他の理由もあって、職場を変えて来た事も多い。高校を出てから職場を変える事、この30年間で、正社員に限らず、アルバイト、非正規社員を含めると、40数カ所も職場を転々として来た。職種は、鉄工をはじめ、その他の製造業、医療、サービス業等と渡り歩いて来た。製缶工としての鉄工界だけでも、20ヶ所も渡り歩いて来た(但し1日だけの所も含める)。私は大した腕では無いが、昔から「渡り職人」の人達が存在した。しかし、職場を転々としながらも年金はちゃんと掛けてきており、現在までの所、20歳になって以降、26年半(内、厚生年金保険料は20年半)、年金保険料は払って来ている。20歳になったばかりの最初の頃と、転々とした時々で、未払いが何回かあっただけである。
 その様に、職場を変える事は慣れている為に、クビになったからと言って、「それがどうした」と、私には大した事の様には感じない。常に、「成るように成る」と、「行雲流水」の如くの生活・人生を送って来た。例え鉄工の仕事で雇う所が無くとも、派遣でも何でもやると言う融通も効く様になっている。鉄工界のみならず総体的に、「潰しが効く」と自負している。それには、技能や技術はともかく、精神的な融通が大事に思う。その一方で、自分の考え・価値観を内に持ち、自尊心を持ち、自分のアイデンティティに誇りを感じ、迎合するのでは無い頑固も大事である。何事も、臨機応変、バランスである。
 学歴も資格も「つながり」も無い私が何故、ここまで生きて来れたのか。それは、「独立自尊」の精神を持ち続けていたからである「一流」とは、独立意識・自尊心を持つ精神の事であると、私は思う。決して技能や技術では無く、学歴や資格、名声、評判等では無く、精神が一流である事が大事である様に思う。そしてその精神と経験が、泰然自若に繋がる
 もう一つ付け加えるならば、私はへそ曲がりである。へそ曲がりは、安易に従わない。反対、反抗、逆説的言動に繋げる程に、精神的な強さが有る。へそ曲がり故もあって、最近は世間から距離を取って隠遁生活気味になっている。決して(うつ)になって塞いでいる訳では無い。それは誤解である。精神は、至って健康である。却って、欲望・俗塵にまみれた世間の方が、精神的に不健康である様に思う。また、自分の時間を持つ「ひきこもり」、隠遁生活は良い事である。それによって、自分を高める事が出来る。ただ今現在、運動不足は気になっている。
 私は今後も、「つながり」が無くとも、精神的に自立して生き続ける。独立自尊の精神、マイペース、へそ曲がり、リラックス、そして、行雲流水、成るように成るのである。

 本ブログ過去の関連記事
  ・2016/04/10付:「独立自尊の精神で孤往独邁の覚悟・・・妥協せず精神面での勝利、『自分を取り戻す』」
  ・2016/05/08付:「自立せず『自助』の努力を怠り安易に『共助』に依存するのは本末転倒である・・『友だちはいらない』を読む」
  ・2017/05/05付:「『ひきこもり』は良い事である・・・精神的修練と自立、心の成熟、自己点検、内省、瞑想、普通であろうとする間違い、アイデンティティにこそ値打ち、自分と公義とのバランス、そして根本規範」
  ・カテゴリー:「孤独・独立・自尊心・誇り」  ・・・本ページ右サイド

 関連文献
  ・2017/02/11付・YAHOO!ニュース(Forbes JAPAN):「精神的に強い人が『絶対にしない』10のこと」
  ・2017/05/27付・産経新聞:「孤独に向き合ってこそ 京セラ元会長・伊藤謙介 『「ひとり」の哲学』(山折哲雄著)」
  ・2017/06/12付・Huffington Post Japan:「ひとりでいられる能力 "The Capacity to Be Alone."」
  ・2017/06/16付・日経WOMAN Online:「一人ぼっちでも大丈夫? 『友達ゼロ』の人の結末 人間関係に詳しい明治大学文学部の諸富祥彦教授に聞く」
  ・2017/06/22付・MONEY VOICE:「お金だけで自由は買えない!最強人生を実現する『孤独力』の磨き方=午堂登紀雄」
  ・2017/07/07付・日経WOMAN Online:「『孤独のレッスン』始めよう! 【日経WOMAN 17年8月号】 ひとり時間で人生が充実」
  ・2017/07/15付・ダイヤモンド社 書籍オンライン:「『ひとり』でいるほうが良い3つのメリット」

 関連動画
 

YouTube: 丁度よい 良寛さん 癒しの言葉
 

YouTube: 行く川の流れ 鴨長明
 

YouTube: 諸富祥彦 ひとりぼっちで生きる事は悲しい事なのか?ひとりぼっちは早死にする? 20170504 #諸富祥彦
 

YouTube: 【遠くの声を探して】日本人の気概、自らの価値観に拠って立つ強さを[桜H27/7/8]
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスコミを疑い批判しておき... | トップ | 古事記最初の島・淡路島で最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

孤独・独立・自尊心・誇り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL