■ 大知一成の公式「ブログ 保険・かわら版 」■=「間違いだらけの生命保険選び」=

=保険会社決算分析・保険商品分析・保険販売・保険金詐欺事件等保険業界のウラオモテを知る評論家「大知一成の公式ブログ」!=

元気でガンバ!!

2017年06月17日 | 保険

---------------------------------------
【Superfly 】
----------------------------------------
【前前々作ドクターX】Superfly - Bi-Li-Li Emotion (ビリリエモーション)
----------------------------------------
【愛燦燦 川の流れのように 美空ひばり】
----------------------------------------
【グロテスク(安室奈美恵)&平井堅】
----------------------------------------
【DVDプロモーション「17歳のこの胸に」=なんと本間千代子ことチコがでている!(鹿児島ロケ)=】
-------------------------------
【「17歳のこの胸に」=映像最初の歌が面白い!(鹿児島ロケ)=】
----------------------------------------
★懐かしの毎日ニュース
 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年06月17日 | 保険

● 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ 野際陽子。81歳。やすらぎの郷。

2017年06月14日 | 保険

● もちろんここには「政治」が来ることでよていしていた、ところが「野際陽子死す」の一報が入ることになった。

 今「やすらぎの郷」に出演している。

 まさか、訃報が流れるとは。

 81歳。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ 「必要保障額」の必要期間は・・・!

2017年06月13日 | 保険

● 確かに契約から10年後、それなりの”保険金、保険金”であればいいが、ところが「保険金」が不足する場合だ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年06月12日 | 保険

● 「10年間満期の保険料」については、10年後は「更新」して保障はそのまま。ただ問題は「保険料」だ。

 もちろん10年ごとに「保障はカバーされる」が、支払う保険料はどんどん高くなる。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ ”10年満期”で安心・・・???

2017年06月09日 | 保険

● 「なぜ、加入期間は安心か?

・「10年満期」の選択肢!

 ややもすると「この保険料」で”安い保険料”で選択でいるからである。もちろん、そのまま、保険料が満期までおなじというのであれば同じ条件といえるが、しかし、最後まで「加入から満期」まで同一でないかぎり同一に比較は難しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

● 「巨人13連敗」、”アンチ個人”としてはあまりにも悲しい実績だ。

 しかし今日勝った!!

 よし!(?)

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年06月08日 | 保険

● 「楽天生命」、”特約”を見出しに戦術。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ 誰か?あるいは、継続?!

2017年06月07日 | 保険

● ポスト 黒田東彦はどうなる?!

 1919年4月8日。現在72歳。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ その年齢で安心できる?!

2017年06月07日 | 保険

● ややもすると、「生活設計」上、ちぐはぐなものになっている。

 例えば「保障期間」をかんがえると、今後の「必要保障期間」はかなりの期間になる。

 60歳、65歳までで”保障期間”は十分とはいかない。

例えば、平均保険期間を考えると、とてもこれらの年齢では足らない。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

● さて、保険期間の短い保険商品は、あくまでもその短期期間のみを対象としている。その例が「特約」だ。

 「10年満期」が典型だが、”保険料競争”が出てくる。

 もちろん「保険料が安い」が、一つの選択肢となる。

 ”安い”に固執したケースでは、次のことに注意をしておく必要がある。

・・・

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

■ 18年度3月は格差が出る!?

2017年06月04日 | 保険

● 実は大手生保のうち、例えば4社が4社としての価値観を出して比較するのは相当無理があるようだ、

  それがために4社を並べて順位付けするのはきわねて困難だ。

 つまり、自社としての効果ある「数字ある状況」を作成しておくだけしかないが、気休めにすぎ舞い。


 気休めに各社の訳を書くと、昨年度と今年度以降との業績は一致しない可能性が非常に大きい。

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加