思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

蜘蛛

2017-09-19 18:15:41 | 日常
ここ一週間ほど、俺の喉には蜘蛛がいる。俺はそいつが巣を張るたびに吐き出している。だが、あいつは寝ている最中も貼り続ける。目を覚ませば息苦しさを覚え、首元を締めて吐き出さなければならない。そいつは初めこそ黄緑色の巣を張っていたが、近頃は透明な気泡まみれの粘液を用いるようになった。それでも健康を気遣っているとは言いがたいが。
  蜘蛛はこの時期なると定期的に寝ている俺の鼻の奥に入り込む。あいつは眉間をかち割れば出ていくに違いないが、俺にそれができないことをよく分かっている。
  彼女は巣作りに時間をかけすぎると、俺は頭痛や吐気や睡眠障害を患う。それは彼女が密かに出産の準備を整えているせいなのが、俺には手に取るように分かる。あいつは俺の鼻の奥で気ままに暮らした挙句、子を捨てて家を飛び出して行くんだ。子は俺の鼻をかんだり、痰を吐き出す勢いにやられて飛び出し、ティッシュの上で干からびて死ぬ。それが毎年繰り返される。彼女はそろそろ出産の時期に達し、その膨らませた尻を振っては鼻奥の壁にぶつけてくる。産みたくて仕方がないんだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 特徴 | トップ | 内面描写 »

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。