思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

山会感想

2017-05-30 13:26:08 | 日常
改めて人の作品を読んで、その評価を書いてみようと思う。勿論、僕の好みの問題もあるが、好き勝手書いてみようか。といってもほとんど流し見、もしくはほぼほぼ読んでいないので、いいかげんなことを書かせてもらう。

1、『佐藤さんはヒグマ』
  長編も貰ったがそれはまた今度。これは川上弘美の熊の話を授業中に変えたものとか、確かそんなものだったか。今更読み直す気にはなれないから違いをいちいちあげるつもりはないが、これはそういうものなのかどうなのか判別がつかないものの、小学五年生にしては随分な文章を書かれるなあと思った。一応、川上弘美の熊の意図を元に描き直すはずだったが、そのような意味では的を射ていないと思う。

2、『「ガラスのダンス」』
  気になる点はあるものの、上手くまとめようとした感がある。ただ、言いたいことは後半に集約されすぎているような気もする。序盤で差別されている箇所を、それとなく出してみた方が上手くいくと思う。あと山会時にも触れたけど、部落よりは団地の方が生々しいこと、怪我の期間が判明するより重体だけの方が迫力が出そうなこと、少し整えるだけで綺麗になるだろう。

3、『深呼吸をするために生きているの虚しくない?  なら自分は小説を書くために生きるよ』
  色々と疲れている時に書いたものと重なる書き方がなされているのが気になる。それは決して良い意味ではない。影響を受けるにしても、もう少し良質なものに影響を受けるべきだろうし、僕と重なれば重なるほど、僕はより遠ざからなければならなくなる。
  それはともかく、内容だが、良くも悪くも彼らしい精神が垣間見える。それが気に入っている人は好めるだろうし、それが気に入らない人は好めないだろう。少しずつ何かを模索しているのは分かるが、一度何もかも否定してみてはどうだろうと作品を読むたびに思う。根底の自己愛がどうしても抜けきれないのは仕方ないが、ラプトルやAVの場面を考えると、見栄を抑えた上で俗悪に書ければ面白いのかもしれない。
コメント

近況

2017-05-29 22:06:28 | 日常
久方ぶりに書く。結局薬を飲んだところで疲れは取れないのが残酷だね。とりあえず、彼女が児童図書館へと転職することができた。それは喜ばしいことで、少し僕への負担も減っていくのだろうと思う。
  小説は試作品をA山先生に渡したが、それはいまいちだと思い、読むのをやめてもらった。もう少し出来上がってから読んでもらおう。僕はどうにも一作品に時間がかかる。というよりも、自分がある程度納得出来ないと見せることが恥ずかしくなってくるから、一先ず見栄えの良いものができるまでもう少し練ろうと考えている。
  とりあえず、こんなところで。明日は薬を増やしてもらうように先生に頼んでみるか。
コメント

信仰心

2017-05-27 17:00:47 | 日常
最近、何故僕は名誉に興味がないのか考えた。それはというよりも、文学賞が本来の賞とは異なるものと思えてならないから興味が湧かないのだろうが、それは置いておいて、僕は書くことが、祈るとか願うとか、そんな無償の行為と同じものとしか思えない。修道女の祈りが美しいから褒めて金を渡すのだろうか?   そんな感覚なんだ。
  文学はどんな時でも僕に書かせる。それは僕の手から生まれていくものなのは確かだけど、しかし、書かせる何かがあるような、そんな気がしてならなくなることがある。僕がどれほど辛かろうが、苦しかろうが、それが全ての要素となって何か美しいものを創出しようとする意志となる。僕はそれが、キリスト教徒の考えと似ているような気がしてきた。キリストを否定して、代わりに美を信奉したような、そんな感覚だ。多分、そうなんだろう。僕は書ければいい。それで金がもらえなかろうと、それが残らなかろうと、書けさえすればいいんだ。修道女の名前なんて誰も覚えやしない。それでいい。覚えられる必要はない。自費出版して、国立国会図書館に入れてもらえば良いじゃないか? ほら、それだけでも残る。それぐらいはしておいてもいいな。
コメント

転換

2017-05-26 09:51:44 | 日常
今描いているものの、方向性を変えることにした。元々、章ごとに分けられていたが、一層のこと『葉』のような断片のまとまりにしてみることにした。どうやら今やってることはその方が似合いそうなんだ。
コメント

詩と小説

2017-05-24 19:53:30 | 日常
そういえば、S松先生に今描いている長いものを読んでもらった。面白いのは、先生は絵画に物語を求める方ということだ。
  勿論その前提の話にはなるが、文章が宝石を散りばめたように美しいけど、初めから散りばめられているので一般読者が読み耐えられるのかは疑問とのことだ。それは僕も重々承知している。むしろ、切り捨てていると言ってもいい。これを短い詩にまとめてみても良いかもしれないと言われた。確かに僕が好む作家はいずれにしたって詩を書いているんだよなぁ。
  で、その女性は今住んでいる人なの?  と聞かれたのだが、僕は特別誰という設定もしていない。色々な女性の集まりで懺悔のようなもんですと答えた。
  あと疲れているのがよく分かったそうだが、それは仕方ないね。その調子から始まって、その調子で進むものだからさ。何にしても、今後はどんなものを書くのか気になるそうだ。僕自身、それは分からない。
  なんとなく『冬の日』に近いんだよな。やっぱり梶井からの脱却となると、物語性が必要になってくるのだろうかね。生活が明るくなればまた違うんだろうな。そんな気がするよ。
  そういえば、やたら後ろ髪の石鹸の香りという描写に触れてきたな。先生自身好みだったのかもしれんね。
コメント