京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』

2009-10-20 08:15:20 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
□監督 根岸吉太郎
□脚本 田中陽造
□原作 太宰治
□キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木  聡、堤 真一、山本未來、新井浩文

■鑑賞日 10月12日(月)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 入場開始のアナウンスが始まったので耳を澄ましていると、まだ日が浅い担当者なのか、あるいは映画を知らない担当者なのかわからないが、明らかに“ブイヨンの妻”とアナウンスしている(笑) 
 思わず松たか子を大きな鍋の中に入れて熱したら、どんな出汁が出るのかと想像してしまったが(爆)
 そして映画を観る前にちゃんと良い子はトイレに行って小用を済ましておこうとしていたら、またまた聞こえてくる”ブイヨンの妻〜” おいおい、テメエはシネコンにいながら無知なのか・・・

 なんだか太宰原作の映画を観る前にダサいアナウンスを聞いてしまって失速


 ところで、今年生誕100年を迎える太宰治。 残念なことに読んだことがあるのは「走れメロス」ぐらい。 これも学芸会か何かで劇をやるので仕方なく読んだ程度。 どうも肌に合わないと勝手に決め込んでいるのも問題があるのですが。

 戦後の混乱期、やっと食うことが精一杯の庶民生活。 その中で一端の小説家である大谷(浅野忠信)だが、酒好き・女好きがたたり、長年通う飲み屋で多額の借金をし、おまけにそこで金を盗んでしまう。
 そんな旦那の借金を返すために、自らその飲み屋で幼子を連れて働く妻・佐知(松たか子)。

 あんな時代にいくら男尊女卑だとはいえ、どうしてそこまで尽くすのかはわからないが、求めない騒がない、そしてあまりに純粋にポジティヴ(この言葉がふさわしいかどうかはわからないが)に生きていく女のひたむきな生き方を否定しないが、いいように肯定もできない。

 僕としては、松たか子の佐知はかつての『
隠し剣 鬼ノ爪』のきえにその表情や生き様が類似しているように見えた。 もちろん太宰治と藤沢周平の原作の違いはあれども。 おまけに浅野忠信も永瀬正敏も顔が似ている(笑) 浅野忠信は決して上手な役者ではないと思うが、持っている雰囲気が不思議にどの役にもはまってしまうところが可笑しい。 おそらく脚本の段階で、あるいは原作の段階で自分の才能の枠内でとどめているに違いない。

 好きな人へのひたむきさはどの時代も普遍なのかもしれないが、それにしても不自由さも自由に変えてしまう魅力的な部分を、自分のためにではなく、夫のために使うのは、もしかしたら太宰の欲望(渇望)だったのかもしれない。

 佐知に思いを寄せる岡田(妻夫木 聡)や、やきぼっくいに火がつきそうな辻(堤 真一)との関わりもありながら、それでも主人を信じ守ろうとする、こんな佐知のような女性がいたら、「惚れてしまうやろ〜(Wエンジン・チャンカワイ風味)」

 室井 滋と伊武雅刀の夫婦もありだけど、秋子演じる広末涼子はなしだなぁ(笑) 

 嘘をついてまで、佐知と一緒の電車で幸せそうに過ごして、あとはひたすら線路伝いに歩いて帰る、あんな頃が誰かもあったなぁ〜・・・なんて思いつつ(自爆) 
 
 根岸吉太郎監督はこの映画でモントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した。 日本人がこの映画を観てそれほど感じないものを、果たして環境の違う外人が理解できるのかどうか疑わしい。 もしかして審査員たちは恐妻家が多かったのでは(笑)
 ましてや亀山千広、杉田成道、石原 隆あたりに遠慮したわけではなかろうに ・・・。
 根岸監督の映画としてはとっても消化不良な映画でしたな(笑)


 それにしても・・・
 まだこの映画のテレビCMが入っているけれど、それが画面に流れるたびに、あのTOHOシネマズのアナウンスを思い出して肩を震わせる夫婦がここにいます(もう許して〜


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大森ふるさとの浜辺公園 | トップ | 和田倉噴水公園 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生ブイヨン聞きたい(笑) (Ageha)
2009-10-20 23:23:23
頼むから松たか子を
コトコト煮るのはやめれ〜(笑)

映画の中身そのものは
正直言うて面白くもなんともない、(わわわわわ)
ただ、
自分のレビューで散々書いたけど
別れない理由が知りたかった、
それでも愛せる理由が知りたかったんですが
サッパリわからんまま。

結局は、他人の知り得ない所で繋がっている夫婦なんだなと。
万人が分かち合える価値観ではないようですね。まあ、人の数だけ恋愛観も組み合わせもあるんだろうなという、
何の解決にもならん答えになっちゃいました。
トホホ…。
私も太宰は。 (v740gle)
2009-10-21 00:37:25
あまり、好きではありません。
尻切れトンボが多いので、
斜陽の中で、嫌われていますから。
太宰と同じころ、父親のおじさんにあたるひとが、小説家でした。
多分おじさんのことと、勝手に思っています。
後にこのおじさん直木36と大学時代同級生だったと知りました。
理解できない方が〜 (cyaz)
2009-10-21 08:34:34
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>頼むから松たか子をコトコト煮るのはやめれ〜(笑)
いやいや奥さん、ええ味でまっせ〜

>映画の中身そのものは正直言うて面白くもなんともない、(わわわわわ)
まあね(笑)

>ただ、自分のレビューで散々書いたけど別れない理由が知りたかった、それでも愛せる理由が知りたかったんですがサッパリわからんまま。
あれが彼女の彼へ愛の肯定だったのかもしれませんね。

>万人が分かち合える価値観ではないようですね。まあ、人の数だけ恋愛観も組み合わせもあるんだろうなという、何の解決にもならん答えになっちゃいました。トホホ…。
って言うか理解ができない方が正常で、あれが理解できるなら、怠慢な亭主が増えますがな(爆)
Agehaさんのダーリンはどうです?
おっと、妻が献身的だから危ないかな(超逆説的)?!
直木36って〜 (cyaz)
2009-10-21 08:37:12
v740gleさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>あまり、好きではありません。尻切れトンボが多いので、斜陽の中で、嫌われていますから。
でもいちおう読まれてはいるんですね^^

>太宰と同じころ、父親のおじさんにあたるひとが、小説家でした。多分おじさんのことと、勝手に思っています。後にこのおじさん直木36と大学時代同級生だったと知りました。
えっと・・・
その直木36とはどなたでしょうか(笑)?
無知なものでお恥ずかしい><
いろいろ (NAO)
2009-10-21 09:45:51
いろんな夫婦の形がありますが、一般人には
理解しがたい夫婦ですよね。^^;
でも、一見ぜんぜん違うようにみえる二人ですが
根本的なところは似ているような夫婦にも見えました。
時代背景を〜 (cyaz)
2009-10-21 12:35:16
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いろんな夫婦の形がありますが、一般人には
理解しがたい夫婦ですよね。^^;
そうですね^^

>でも、一見ぜんぜん違うようにみえる二人ですが根本的なところは似ているような夫婦にも見えました。
時代背景を考慮すると、こういう夫婦の形はあり得るものかもしれませんね。
はは (v740gle)
2009-10-22 01:36:39
直木賞って、知ってます。
ごめん (v740gle)
2009-10-22 01:45:25
直樹三十五でした。
三十六ではありませんでした
昔はたらいていた会社の親会社の出版社が太宰とか、関係が深く、そういう本がいっぱいあったので。
当時の作家は、前借して飲んであるっていたと言う話も。
埼玉に住んでいた事もあると、よく聞いています。入水したとき、探しに行ったとか。
またまたすみません (v740gle)
2009-10-22 01:47:45
直木三十五でした。
直樹なんて。
もう寝ぼけてますね風呂入って寝ます。
やっぱり (rose_chocolat)
2009-10-22 08:19:45
>秋子演じる広末涼子はなしだなぁ

・・・ですよねえ。
直木三十五〜 (cyaz)
2009-10-22 08:31:59
v740gleさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

なるほど「直木36」って何だろうかと(笑)
直木三十五のことだったんですね^^

>当時の作家は、前借して飲んであるっていたと言う話も。
そうみたいですね。

>埼玉に住んでいた事もあると、よく聞いています。入水したとき、探しに行ったとか。
ほうほう、それは結構歴史的背景が見え隠れしますね。
あの入水、水かさは比較的浅かったとか・・・。
ですね〜 (cyaz)
2009-10-22 08:33:54
rose_chocolatさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>>秋子演じる広末涼子はなしだなぁ

>・・・ですよねえ。
あの時代の顔じゃないし(笑)
なじめなかった (de-nory)
2009-10-30 07:33:48
cyazさん。こんにちは。

ブイヨンはひどい。
よくいます。映画に無知な映画館従業員。
「ある程度は知らないと」って思いますね。

なんだか、なじめなかった一人です。
大谷がひどすぎ。こんな奴いない。
そう思ったら、なんだか全てが過剰に振られている感じで。
共感はできませんでした。
あの時代だから〜 (cyaz)
2009-10-30 08:44:33
de-noryさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ブイヨンはひどい。 よくいます。映画に無知な映画館従業員。「ある程度は知らないと」って思いますね。
必ずしも映画が好きな人が居るとは限らないですね(笑)

>大谷がひどすぎ。こんな奴いない。そう思ったら、なんだか全てが過剰に振られている感じで。共感はできませんでした。
確かに今だったら受け入れられないでしょうが、あの混沌とした時代だからこそ許されたのでしょうか・・・。
ぶはは〜! (miyu)
2009-11-03 18:28:08
ブイヨンって!ブイヨンって〜(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
まぁ確かに「ヴィヨン」だなんて、初めて目にし、
耳にした言葉ではありますが、それにしたってね〜。
でもたまにアナウンスでタイトルを読むときに
間違ってることって結構あるんですよね〜。
そんな面白い間違いはまだ出会ったことがありませんが、
ちょっとしたミスなら結構あるかなぁ。
ウイヨンは〜 (cyaz)
2009-11-03 20:30:22
miyuさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ブイヨンって!ブイヨンって〜(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん まぁ確かに「ヴィヨン」だなんて、初めて目にし、耳にした言葉ではありますが、それにしたってね〜。
でしょでしょ(笑)?!
その時のmiyuさんのリアクションを観てみたい(笑)

>でもたまにアナウンスでタイトルを読むときに間違ってることって結構あるんですよね〜。
そんな面白い間違いはまだ出会ったことがありませんが、ちょっとしたミスなら結構あるかなぁ。
結構、声が震えている新人さんていますよね(笑)
でもそれはそれで許せますが「ブイヨン」は許せんしぇん(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに...
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜 (労組書記長社労士のブログ)
【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v  今年は太宰治生誕100周年でいくつか太宰治の作品が映画化されているようで、この映画が皮切り...
恋する気持ちの原点。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 (水曜日のシネマ日記)
戦後の日本を背景に道楽ざんまいの小説家の夫と彼を支える妻の姿を描いた作品です。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。太宰治原作(電子版原作)。根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一。根岸吉太郎監督は太宰治の作品に触れたのは40歳前後からだという。普通、10代で触れるのに随分晩生だ。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
太宰治生誕100年、松たか子と広末涼子が共演しているヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 普段あんまりこういうの見ないんですけどねー。 あらすじはこんな感じ。
夫に心中された女房は〜ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ (ネット社会、その光と影を追うー)
ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポの脚本(田中 陽造)は
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」みた。 (たいむのひとりごと)
太宰治作品といえば、知識として『人間失格』だの『斜陽』だのとタイトルだけは頭に浮かぶけれど、実際には道徳の教科書に取り上げられていた『走れメロス』くらいしかまともに読んでいない気がする。だから、太宰治
【ヴィヨンの妻-桜桃とタンポポ】 (日々のつぶやき)
監督:根岸吉太郎 出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、堤真一、妻夫木聡 「放蕩三昧の小説家大谷の妻佐知は、夫が盗んだお金のカタとこれまで何年も踏み倒してきた酒代を払う為、夫婦で営んでいる椿屋という飲み屋で働くことにした。 それまで
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ-/松たか子、浅野忠信 (カノンな日々)
ここ最近の太宰治の生誕100年を迎えて製作された関連映画の中ではメジャー級の作品なのは間違いないでしょう。モントリオール映画祭では監督賞を受賞し映画公開への弾みとなったのかどうかはわかりませんけど、名匠・根岸吉太郎監督と豪華キャスティングに期待です。ちな...
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ」 男はずるいよ (ももたろうサブライ)
監督 根岸吉太郎原作 太宰治少しあらすじ戦後の混乱期、大酒飲みの小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる青年(...
映画 【ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治の同名短編小説の映画化。根岸吉太郎監督がモントリオール映画祭の最優秀監督賞を受賞。 おはなし: 戦後の混乱期、酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返す小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫...
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 ('09初鑑賞149・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 10月11日(日) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:40の回を鑑賞。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (めでぃあみっくす)
女性には生まれながらに2つの魅力があると思います。桜桃のように人を生まれ変わらせる魅力と、タンポポのように我慢強く生きる魅力。そしてこれらは大概の男性には生まれながらには欠けているものであって、生きていく中で愛する女性から教えてもらわなければならないこ...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (Diarydiary!)
《ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜》 2009年 日本映画 才能がある小説家の大
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年は太宰治の生誕100周年で、色々と記念行事があるらしい。 この「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」もその流れの中で作られた作品なのだろ...
昭和の女〜『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』 (真紅のthinkingdays)
 才能に溢れてはいるが大酒呑みで金にルーズ、女癖も悪い新進作家の大谷 (浅野忠信)は、馴染みの料理屋から金を盗んでしまう。しっかり...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人までも作ってしまう小説家の大谷(浅野忠信)。 その大谷を健気に支える妻の佐知(松たか...
【ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜】たんぽぽの花一輪の誠実もない (映画@見取り八段)
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 監督: 根岸吉太郎    出演: 松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、広末涼子 公開: 2009...
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』 (ラムの大通り)
※注:ストーリーを全く書いていませんでしたので、 約6時間後に書きくわえました。 ----今年って太宰治原作の映画化が多いよね。 ほかにも『斜陽』『パンドラの匣』だっけ? 「そうだね。今年は太宰生誕100年だし、 映画界も盛り上がっているみたいだ。 なかでもこの作...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (シネマDVD・映画情報館)
酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家を愛する妻・佐知に松たか子、太宰治を彷彿とさせる小説...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ・・・おもしろくてニマニマ (シネマでキッチュ)
芸術家の滅茶苦茶と、それに右往左往させられる周囲の人たちとあの時代。 男と女の切っても切れぬ縁・・・その不思議。 それらが面白く描かれて傑作です☆ 悲惨なはずなのに滑稽なの、可笑しいの、 何度もニマニマしちゃった(^^) 太宰とおぼしき浅野忠信さんも、妻の...
*『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、根岸吉太郎監督、太宰治原作、松たか子、浅野忠信主演。
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                    「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治原作の作品です。 主人公、佐知を演じる松たか子が、イイんですよ! 松たか子さんて、あまり視野に入ってなかった(要はファンではなかった)のですが、この作品を観て、俄然、ファ...
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』:天使のように大胆に、悪魔のように繊細に (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
現代日本映画界における文芸映画の巨匠・根岸吉太郎監督の作品なので、太宰治の小説は読んだことはないが(恥ずかしい)、見逃す手はないと思い、出かけた次第。
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (FREE TIME)
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」を鑑賞。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (ルナのシネマ缶)
生誕100年を迎える文豪・太宰治の 同名短編小説の映画化。 そして、第33回モントリオール 世界映画祭で監督賞に輝いた作品です。 松たか子は、貧乏のどん底にいても なんか品が漂っていて美しいと 思わされるオーラがありました。 戦後の混乱期、才能がありな...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 / Villon 's Wife (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年は太宰治 生誕100年(1909〜1948) ということでいくつか太宰の小説が映画化されている中、 本作は太宰の「ヴィヨンの妻」をベースに、「思ひ出」「灯篭...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜☆独り言 (黒猫のうたた寝)
太宰治は^^;苦手かも、、、浅野忠信の話し方も微妙なところ・・・ところが松たか子は意外と好きな女優だったりして天秤にかけたら、やっぱり観逃したくないと(笑)結論だし『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』観に行ってきました。観終わって帰宅して、インターネットで...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
太宰治の同名短編小説を下敷きに、いくつかの太宰作品をミックスして描く、一組の夫婦の愛の物語だ。戦後の混乱期、大酒飲みで浮気を繰り返す小説家の夫・大谷の借金を返すため、妻の佐知は飲み屋の椿屋で働くことになる。美人で気立てのいい佐知はたちまち店の人気者にな...
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 159オープニング土日祝動員: 7万170人オープニング土日
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:根岸吉太郎原作:太宰治出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、光石研、山本未來、鈴木卓爾、小林麻子、信太昌之、新井浩文、広末涼子、妻夫木聡、堤真一試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>大酒飲みで浮気を繰り返す小説家・大...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (だらだら無気力ブログ)
太宰治の同名短編小説を松たか子と浅野忠信主演で映画化。 戦後の混乱期を舞台に放蕩者の小説家とその妻の姿を描く。戦後間もない混乱期。小説の才能がありそれなりに名の通った小説家の大谷は 毎日飲み歩き、借金をしまくって、妻の佐知に迷惑をかけっぱなし。 ある夜...
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (みんなシネマいいのに!)
 太宰治の同名短編らしいが自分は未読。 登場人物全員がダメ人間だらけで、正に太宰
★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。
*ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 戦後の東京で、才能がありながら放蕩三昧を続ける小説家・大谷を健気に支えて暮らす妻の佐知。貧しさを忍びつつ幼い息子を育てていたが、これまでに夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため椿屋という飲み屋で働き始める。佐知は水を得た...
根岸吉太郎監督の「ヴィヨンの妻」を観た! (とんとん・にっき)
ある時期、太宰治を集中して読んだ時期がありました。だいぶ前の話です。数年前に、東北の知人から太宰の「津軽」を読めとのお達しがあり、しばらくぶりで太宰の作品を読んだことがありました。また猪瀬直樹の「ピカレスク―太宰治伝」を読んだことや、太宰の入水場所やお
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛など信じたら、すべてが消えてしまうと、男は恐れている。 すべてを失った後に、残るのが愛だと、女は知っている。』  コチラの「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は、昨年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」がグランプリを受賞したモントリオー...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (銅版画制作の日々)
太宰治 生誕100年ある夫婦をめぐる「愛」の物語 遅まきながらようやく鑑賞して参りました。何を隠そう、実は浅野忠信さんが好きです!だからどうしても観たい作品でした。破滅的な大谷の役は浅野さんにはぴたりはまっていますね。そんなダメな男をを支える妻佐知役にはあ...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月15日(日) 18:15〜 TOHOシネマズ シャンテ2 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』公式サイト フリーパス鑑賞15本目。 小学生の頃、定番「走れメロス」と何を間違ってかの「人間失...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (愛猫レオンとシネマな毎日)
生誕100年を迎える太宰治の同名小説の映画化です。 「走れメロス」や「人間失格」など、1度は太宰文学に触れた事はあるでしょう。 ワタシも、たしか中学時代に太宰文学にハマった事があります。 この作品では、小説家の夫と、その妻の”愛”の形が描かれてます...
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』 (beatitude)
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』観てきました。太宰治生誕100年で、美術館、アニメ、映画ときました。どれもこれも昔々に読んだはずなんですが、スッキリ忘れてます。自分、同郷でありながら太宰に共鳴はしなかったという...
映画評「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・根岸吉太郎 ネタバレあり
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (ただの映画好き日記)
秀でた才能を持つ小説家の大谷と誠実で美しいその妻・佐知。大谷はその才能とは裏腹に、お酒を飲み歩き、借金を重ね、妻以外の女性とも深い関係になってしまう破滅的な生活を送っていた。
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (みるき〜うぇい)
ポニーキャニオンより¥4935で発売中 2009年度作品/日本 <監督> 根岸吉太郎 <原作> 太宰治 <出演> 松たか子(「HERO」など) 浅野忠信(「劔岳 点の記」) 室井滋(「ゲゲゲの鬼太郎」) 伊武雅刀(「GOEMON」など) 光石研 山本未來 鈴木卓爾(...
映画:「ヴィヨンの妻〜桜桃とたんぽぽ」〜録画で (David the smart ass)
NHKのBSプレミアムの録画で、太宰治原作の映画「ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ」を見た。松たか子主演で、相手役は浅野忠信。 映画「ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ」は、太宰治の短編小説「ヴィヨンの...