京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『隠し剣 鬼の爪』

2004-10-31 22:37:55 | 邦画
■監督 山田洋次
■キャスト 永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳
■原作 藤沢周平
 時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍、片桐宗蔵は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえと、3年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋という大きな油問屋に嫁いで幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に胸を痛める。それから数ヵ月後、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋に乗り込み、強引にきえを連れ帰る。平侍である宗蔵の貧しい暮らしが、回復したきえの笑顔で明るい毎日に戻った時、藩を揺るがす大事件が起きる…。

おススメ度⇒★★(5★満点、☆は0.5)
      →☆【『たそがれ清兵衛』を観た方用】

 『たそがれ清兵衛』から二年。 原作も同じ藤沢周平。 “真田広之”が“永瀬正敏”に、“宮沢りえ”が“松たか子”に。 話こそ違え、そのシチュエーションは全く『たそがれ清兵衛』と変わらない。 なぜ清兵衛のあとにこの映画化なんだろう? 山田洋次監督の狙いがわからない。 まさか『寅さん』亡き後、『釣りバカ』に松竹の看板を持っていかれ、これをシリーズ化しようとでも思っているのだろうか・・・ 残念ながら何ら感動がなかった。 最初から“オチ”が見えているし、その“オチ”までの経過も前回の清兵衛と同じ。 キャスティングも小林稔侍、田中泯等が同じ。 丹波哲郎や岸恵子が今回は緒方拳、倍賞千恵子と何だか安易。 全く進歩のない映画だとしか言えない。 『たそがれ清兵衛』でたくさんの感動に涙した山田監督の力量に感嘆していたのに、なんで今更こんな二番煎じの変化のない映画を撮ったんだろう。 残念でならない。 正直1,000円でも高い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『笑の大学』 | トップ | 2003年ベストシネマ15 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなり (kossy)
2004-11-04 15:53:27
かなり厳しい評価ですね~

寅さんの様にシリーズ化を考えてたところ、

釣りバカは後輩に譲った感がありますもんね。

多分、学校シリーズのように先生をころころ替えて、

設定だけは似たようなものを・・・などと試行錯誤しているような気がします。
そうですね(笑) (cyaz)
2004-11-04 23:39:51
kossyさん、コメントありがとうございましたm(_ _)m

好きな山田監督だからこそ、厳しくなってしまいました(笑) ?! 試行錯誤はいい作品を作るためにどんどんして欲しいですね! 松竹はなんだかんだいいながら映画興行的にはいいみたいですよ(笑)
なかなか・・ (spok23)
2004-12-01 11:05:14
こんにちは~~

TBありがとうございます。



山田監督のめざしたものは

表現出来ていたと思います。

そういう意味では「たそがれ・・」から

一歩進んだような気もします。



私は違うものを求めていたのだなということに

映画館に行って気がつきました。
良かった~ (cyaz)
2004-12-01 12:43:17
spok23さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



感じかたは人それぞれなので、spok23さんが良かったと感じられたんでいいんじゃないですか?

松たか子さんが報知映画賞で何かもらったような・・・
Unknown (spok23)
2004-12-01 17:09:47
いや~私はちょっとがっくり来た方なんですよ。
なるほど~ (cyaz)
2004-12-01 18:10:53
spok23さん、再びコメントありがとうございますm(_ _)m



そうでしたか、それは失礼しましたm(_ _)m

ズラでなく地毛を剃った永瀬クンはえらかったけど、

所詮、優しさ、悲哀、剣の使い手、説得力は、

そして何よりも“間”は、

真田クンの勝ちでした!!
ほんと (猫姫少佐現品限り)
2006-02-26 22:32:45
巨匠のやることは、わかりませんね。

しかし、たそがれ・・を無視すれば、良い映画だったと思います。

字幕、必要なかったですか??
他の選択肢が~ (cyaz)
2006-02-26 23:21:56
猫姫さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



柳の下にどせうは的映画はどうなんでしょうね(笑)?!
Unknown (はな)
2007-02-09 18:02:08
こんにちは!TBありがとうございました^^
うーん、厳しいご意見ですね!
でも、私も『たそがれ清兵衛』が大好きだったので、心の奥底ではcyazさんの記事に共感するものをもってるかもしれません。二番煎じだろう…という。

でも、これはこれで、松さんの演技が光ってよかったかなと思ってます。永瀬さん、吉岡さんは所作に軽薄さ(失礼!)が残りましたけど^^;
力量~ (cyaz)
2007-02-09 18:11:03
はなさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>うーん、厳しいご意見ですね!
そうなんですよね(笑)

>二番煎じだろう…という。
明らかに(笑)

>でも、これはこれで、松さんの演技が光ってよかったかなと思ってます。永瀬さん、吉岡さんは所作に軽薄さ(失礼!)が残りましたけど^^;
そうかもしれません。ただやはりあの真田広之に比べると力量不足だとおもうのですが(笑)
TBありがとうございました♪ (ぴぃち)
2007-03-25 20:24:31
cyazさん、こんばんは☆
私はこの作品を『たそがれ清兵衛』より先に観ました。
比較せずに観れたので、そういう点では良かったかもしれません
松たか子さんの演技、とても良かったと思います♪


そうかも~ (cyaz)
2007-03-25 22:31:14
ぴぃちさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>比較せずに観れたので、そういう点では良かったかもしれません
そうかもしれませんね(笑)

>松たか子さんの演技、とても良かったと思います♪
それ自体は良かったと思うのですが、りえちゃんの印象が強すぎてチョット^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「隠し剣 鬼の爪」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
試写会で『隠し剣 鬼の爪』を観てきました。題材が時代劇なだけに客層の平均年齢は高かったですね。 原作は「藤沢周平」、監督は「山田洋次」。『たそがれ清兵衛』のコンビでございます。短編『隠し剣 鬼の爪』と『雪明かり』を脚本化したものとの事。 幕末、東北の小藩
隠し剣鬼の爪 6 (今日のエンドロール)
味噌汁みたいな作品だ。 我々の生活には西洋が溢れている。衣食住全てが明治以降に流入した西洋文化に圧倒され、それなしで生きていくのは不可能だろう。確かに便利だし快適だから人々に受け入れられたわけだが、DNAにしかけでもあるんだろうか、時々和風に身をゆだねてみ
隠し剣 鬼の爪 (ネタバレ映画館)
 『たそがれ清兵衛』から2年。山田洋次監督による藤沢周平原作の第2弾作品が公開。  下級武士という設定。終盤では謀反を企てた罪人を討つというストーリーもそっくりになってしまった。地方の小藩が現代の公務員の階級制度と酷似していて、武士の魂が無いことを除けばすん
「隠し剣鬼の爪」 (邦画ブラボー)
発見がありました。 ・・・・・・・ ・・・・・・・ 「たそがれ清兵衛」は真田広之の映画だった!ということ。 (アタリマエ?) 貧乏侍真田が本気になった時の殺気は、凄まじかった。 それがあの映画に引き締まった硬質感を与えていた。 永瀬正敏もすごくよかったんですけ
隠し剣 鬼の爪 (Akira\'s VOICE)
静かに優しく胸を打つ素敵な時代劇!
★★★★「隠し剣、鬼の爪」永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、緒形... (こぶたのベイブウ映画日記)
「ご命令なら仕方ありません」松たかこさんの最後のセリフが良かったわ!永瀬正敏さんもいい感じだったし、必殺技も仕置き人みたいで格好いい。「清兵衛」を彷彿させる内容ながら、この映画の持つ若々しさに魅かれました。自分の心に正直に生きるため、身分を捨てた片桐が...
DVD『隠し剣 鬼の爪』 (みかんのReading Diary)
隠し剣 鬼の爪 通常版(2004/日本)  時は幕末。東北の小藩、海坂藩。3年前に母を亡くし、いまだ独り身の下級武士・片桐宗蔵はその日、思いがけぬ再会に胸を痛める。それは、かつて宗蔵の家に奉公に来ていた百姓の娘きえ。伊勢屋に嫁ぎ、幸せに暮らしているものと思っ
隠し剣鬼の爪 (記憶の滴)
隠し剣鬼の爪 2004年 日本 DVD視聴 まあ、これを観るために「たそがれ清兵衛」を観たわけですが、 連続でみるべきではなかったような……。 海坂藩の平侍「片桐宗蔵(永瀬正敏)」は、冴えない日々を過ごしていた。 妹は友人の元に嫁ぎ、また、妹のようにかわいが
隠し剣 鬼の爪 06年35本目 (猫姫じゃ)
隠し剣 鬼の爪 監督 山田洋次 + 原作 藤沢修平 ほか、「たそがれ清兵衛 」のスタッフによる第2弾。 でも、この題名、あたしはてっきり、隠密ものだと思っていました。違ったのね、、、 同じ人達が作ったから、二番煎じとは言わないのね。しかし、たそがれ清兵衛は.
隠し剣 鬼の爪 (とりあえずな日々(仮))
隠し剣 鬼の爪 海坂藩の剣術指南役・戸田寛斎は、二人の弟子のうち腕の立つ狭間弥市郎ではなく、貧乏な平侍である片桐宗蔵に秘剣“鬼の爪”を伝授した。 その後宗蔵は、以前屋敷に奉公に来ていた娘・きえが嫁ぎ先でひどい扱いを受けていると知り、無理やりに屋 ...
隠し剣 鬼の爪 (とりあえずな日々(仮))
隠し剣 鬼の爪 海坂藩の剣術指南役・戸田寛斎は、二人の弟子のうち腕の立つ狭間弥市郎ではなく、貧乏な平侍である片桐宗蔵に秘剣“鬼の爪”を伝授した。 その後宗蔵は、以前屋敷に奉公に来ていた娘・きえが嫁ぎ先でひどい扱いを受けていると知り、無理やりに屋 ...
『隠し剣 鬼の爪』 (*sweet* Days)
隠し剣 鬼の爪 原作:藤沢周平 監督:山田洋次 CAST:永瀬正敏、松たか子 他 幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍、片桐宗蔵は、ある咎により切腹した父亡き後、母と妹と使用人のきえと暮らしていた。長年使用人として仕えていたきえは、ある大きな ...
隠し剣 鬼の爪 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2004年 製作国 日本 上映時間 131分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、朝間義隆 音楽 冨田勲 出演 永瀬正敏 、松たか子 、吉岡秀隆 、小澤征悦 、田畑智子 (allcinema ONLINE) 解説: 日本だけならず世界をも感動 ...
隠し剣鬼の爪 (2004年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★★☆ 山田洋次監督による藤沢周平作品の映画化第2弾...
『隠し剣 鬼の爪』 (はなことば)
2004年。山田監督の侍三部作の2作目です。 『たそがれ清兵衛』が大好きで大好きでたまらなかったので、この映画も楽しみにしてました。あ、もちろん大好きな吉岡さんが出てるってのも楽しみの一つでしたよ、おほほ~! 印象としては、まあまあよかった、と思います。...
隠し剣 鬼の爪 (□■Honey March■□)
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}           2004年 監督:山田洋次 出演:永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子他 幕末の東北、海坂藩。母の生前に奉公に来ていた百姓の娘・きえと、3年振りに町で偶然再会した平侍の片桐宗蔵。だが...
金曜ロードショー 『隠し剣 鬼の爪』 (てれびっ子の映画鑑賞記)
隠し剣 鬼の爪 2004年 / 日本 監督: 山田洋次 出演: 永瀬正敏 松たか子 吉岡秀隆 小澤征悦 田畑智子 高島礼子 倍賞千恵子 田中邦衛 光本幸子 田中泯 小林稔侍 緒形拳 ストーリー 時は幕末。東北の小藩、海坂藩。3年前に母を亡くし、いまだ...
隠し剣 鬼の爪 (Sapphire)
2004 / 日本 監督:山田洋次 CAST:永瀬正敏 / 松たか子 / 吉岡秀隆 / 小澤征悦 / 田畑智子 / 高島礼子 / 倍賞千恵子 / 田中邦衛 幕末。片桐宗蔵(永瀬正敏)は昔、自分の家に奉公していたきえ(松たか子)と再会する。商家に嫁いだきえはやせ細り、無残な姿だっ....
隠し剣 鬼の爪 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「隠し剣 鬼の爪」は、藤沢周平さんの世界を山田洋次監督が描く三部作の「たそがれ清兵衛」に次ぐ2作目です。  原作は、「隠し剣 鬼ノ爪」と「雪明り」の2作の短編小説をモトにしているんだそうなんですが、前作とカブる部分がとても多い感じを受けました。...
隠し剣 鬼の爪 (Yuhiの読書日記+α)
藤沢周平の人気剣豪小説「隠し剣」シリーズの中の「隠し剣 鬼の爪」と「雪明り」を基に、山田洋次監督が映像化した本格派時代劇もの。出演は、永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子他。 <あらすじ> 幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐...