京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『フライ,ダディ,フライ』(2回目)

2005-07-24 23:12:27 | 邦画

 お気に入りのこの映画をまた観て来ました~♪

□オフィシャルHP  
http://www.f-d-f.jp/site.html

◇cyazの記事
 ・
「フライ,ダディ,フライ」(金城一紀著)
 ・『フライ,ダディ,フライ』(一回目)


 しかばねジャージの鈴木 一は決してカッコいいとは言えないが、がむしゃらに頑張ることを忘れた中年世代には、無駄とも無謀だとも思える見返りのない努力を惜しまない。 その汗は恐らく綺麗なものなのだろうと思う。 決して娘を傷つけた石原に勝つためではなく、娘を助けてやれなかった、そして傷ついた娘を前に何もなす術がなかったそれまでの自分自身に勝ちたかったのだと思う。 一人の中年オヤジの現実味のない夏休みの特訓は、言い方を変えれば、“中年オヤジ改造講座”(少し前に似たような言葉があったような・・・。)だったのだろうか(笑) ?!

 鈴木は倍ぐらい舜臣より長く生きてきた。 同世代の娘も居る。 腸が煮えくり返るぐらい悔しい想いがそこにあってもいい。 だけど耐える。 休みを取るなら昇格はないと(原作ではそうではないが)上司に引導を渡され、それでも舜臣とトレーニングに明け暮れる日々を重ねる中で、舜臣の光と影を少しずつ感じていく。 何がシャイなのか、何がそうさせるのか、脇腹や顔の傷跡から、彼のこれまでの人生を自分なりに問うてみる。 答えは分からずとも、原作との描き方は違え、運動靴(スニーカー)であったり、飯に誘う鈴木に見え隠れする。

 在日高校生である舜臣は父親の記憶が殆どない。 むしろ刺された傷による中年オヤジに反感や復讐心を忍び持つ。 いつも家に帰るなり「ただいま、おかえり」と呟く。 そして母親からの「温めて食べて」のメッセージ。 在日であるがゆえに、普通の職に就けない母親が見える。 いつも犬と一緒の食事風景である。 彼は鈴木 一の中に何を見ていたのだろうか。 少しずつ少しずつ彼の中に書き込まれていく、他人であるが親子ほど年の離れた鈴木 一の存在。 父親の面影さえ追えず、母親の愛情さえ薄氷のような感じなのかもしれないが、鈴木 一の存在は、その彼の今まで与えられなかった親への愛情、親からの愛情がどういうものか、うっすらぼんやり理解し始める。 ついて出る言葉は心とは裏腹にきつい言葉で吐き捨てるが、鈴木が石原を倒した時には、娘を傷つけられ何も出来なかった中年オヤジの鈴木 一を完全に受け入れ、彼自身も今までの自分の殻から飛びさせることが出来た。 
 舞う姿はまさに彼の今までの人生を払拭するものであり、走り出す姿と鈴木にかけた「飛べ、おっさん」はこれからの生き方をも示唆しているのだと思う。


 ミスチルの「ランニング・ハイ」の歌詞の中にこういうフレーズがある。

  向こう側にいる内面とドッチボール
  威嚇して 逃げ回り 受け止めて 弾き返す

  「もう疲れた誰か助けてよ!」
  そんな合図出したって
  誰も観ていない ましてタイムを告げる笛はならねぇ
  なら息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして
  胸に纏う玉虫色の衣装をはためかせていこう


飛べたおっさん、鈴木 一に拍手~

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『皇帝ペンギン(吹替版)』 | トップ | エピソード3展(目黒区美術館) »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆう)
2005-07-24 23:34:03
僕も昨日2回目を観てきました。この作品には勇気とパワーをもらいました!大好きな作品です。同じ感想の方がいると本当に嬉しいです!
おなじですね~ (cyaz)
2005-07-24 23:47:38
ゆうさん、tb&コメントありがとうございますm(_ _)m



地震にもめげず、ひたすらこの映画を観てました(笑)

いい映画は何度観てもいいですね^^

DVDは多分買うでしょう! いやかみさんが絶対買うでしょう(笑)
Unknown (toe)
2005-07-26 00:16:40
こんにちは。



コメントありがとうございました



確かに、実は救われたのは鈴木だけでなく、舜臣もだったと思います。

なんか、とっても二人の関係がうらやましかったです。



2回もご覧になったんですね~。

確かに、良い映画は何度観ても良いですよね~
おはつです~ (cyaz)
2005-07-26 00:43:16
toeさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>とっても二人の関係がうらやましかったです

ほんと、そうですね~♪

世代を超えた男の友情みたいな^^



>良い映画は何度観ても良いですよね

そうですね!邦画を2回観るのは僕としても珍しいことなのですが^^
ほんと、めずらしいですね。 (あかん隊)
2005-07-26 02:01:26
こんばんは! TBありがとうございます。

cyazさんが同じ映画を2回も(!)観るのは、本当にめずらしいんじゃないか、と思います。

さわやかに、楽しく、明るく…なれた映画でした。さっぱりしていて、好感が持てました。

そうそう、あのジャージのマークになんて書いてあるのか、最初はよく見えなくて…。終わりの方になって、書いてあることを確認できたので、それでまた笑ってしまいました。(原作を知らないから?)
し・か・ば・ね~ (cyaz)
2005-07-26 08:45:13
あかん隊さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



前は気に入ったら同じ映画を3度劇場で観てましたが、

(DVDやビデオを加えるともっとかも(笑))邦画を2度というのは珍しいかもしれません^^



“しかばね”ジャージ、作ったらひっそり売れるかも(笑)?!
TBありがとうございます (ミチ)
2005-08-02 17:53:54
こんにちは~。

私はまだ2回目見ていないので、一回目の記事をTBさせていただきました。すみません・・・。



ゾンビーズやスンシンが出てくる小説「レヴォリューションNo.3」を読んだのですが、そこでもスンシン達は大暴れしてくれて、とっても面白かったですよ~。



SW3回、宇宙戦争2回見てるんですが、なかなかこの作品は2回目行くチャンスがないんです・・・トホホ。
2度目 (rubicone)
2005-08-02 20:59:13
cyaz様、こんばんは!



私も2回見に行ってしまいました!2回目の方がちょっぴり細かい点まで見られた気がしますが、やっぱり気分はしっかり「おっさん」になってました。



夏休み・・・海・・・青空・・・

よかったなあ~。
ぜひに~ (cyaz)
2005-08-02 23:48:58
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>私はまだ2回目見ていないので~

いえいえ、ありがとうございます^^



>小説「レヴォリューションNo.3」を読んだ

まだ未読なんですよ><

金城さんの新作「SPEED」も読みたいのですが^^



2回目、是非チャレンジして下さいね!
なかま~ (cyaz)
2005-08-02 23:53:27
rubiconeさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>気分はしっかり「おっさん」になってました

良かったですね^^

こういうオヤジで擬似飛行をできること、

そして勇気付けられる「おっさん」もたくさんいることでしょうね^^

まさに僕もそのひとりかも(笑)
Unknown (yana)
2005-08-08 09:39:11
TBありがとうございました。

私もこの映画、もう一回ぐらい観たいと思っていたのですが、結局タイミングを逃してしまい2回目は観ていません。

DVD、私も購入リストに入れました(笑)。

あ!メイキングDVDも良かったですよ。

原作は、ゾンビーズを堪能するなら『レヴォリューションNo.3』がお奨めです。
Unknown (yana)
2005-08-08 09:47:36
連投すみません。2回目は観てないので、こちらへのTBは別の記事をTBさせていただきました(^_^;)
いえいえ~ (cyaz)
2005-08-08 12:19:07
yanaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



集まればいつのまにかたまるものですね(笑)

僕、映画のパンフは買わなくなってしまいました。

キリがないので(笑)

この映画はかみさんが岡田クン好きで買っていましたけど^^
逆に~ (cyaz)
2005-08-08 12:25:07
yanaさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



コメントのレスの順番が逆になってしまいました(笑)



>「レヴォリューションNo.3」がお奨めです

ありがとうございます。

読みたいのはやまやまなんですが、目下重松清氏の本を読破中です><
2回目! (lucksun)
2005-08-09 22:03:34
TBふたたびありがとうございました。

“中年オヤジ改造講座”とは言いえて妙ですね。

高校生たちも、鈴木一との出会いを通して、

変わっていったように見えました。

原作とはすこし違う個所もあるんですね。

実はまだ原作を読んでいないので、

これから読もうと思っています。



先日は、自分のHNタイプミスしてました。

お恥ずかしい…(^^;)
どうも~ (cyaz)
2005-08-09 22:08:24
lucksunさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>原作とはすこし違う個所もあるんですね

そうですね、多少映画用に金城さん自体が脚色されているようです!



>実はまだ原作を読んでいないので

そうですか、原作もテンポあって面白いので、

是非読んでみて下さい^^

感想お待ちしてます~♪
私もそうみました (saheizi-inokori)
2005-08-23 23:30:14
途中から二人の関係は逆転して鈴木が舜臣を守ろうとする。二人は本来の自分の位置を取り戻して解放されるたのではないでしょうか。
やっぱり~ (cyaz)
2005-08-23 23:40:05
saheizi-inokoriさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>二人は本来の自分の位置を取り戻して解放された

そうですね、仰るとおりだと僕も思います^^
Unknown (sati)
2005-08-24 22:02:46
この映画なら2度、、見ても良いなぁと思えるほど

私も気に入っています!

スンシンが風をうけながら舞った”鷹の舞”が

清々しくとても美しかったですね~!!

TBありがとうございました---☆
ですね~ (cyaz)
2005-08-24 23:24:11
satiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>”鷹の舞”が清々しくとても美しかった

監督が岡田クンに任せたそうですが、本当に綺麗でしたね^^



映画って何度か見ると、新しい発見があっていいものですよ~♪
しかばねジャージ! (パラパラフィン)
2005-08-25 00:27:54
TB&コメントありがとうございます!

しかばねジャージって、おもしろい表現ですね。

まさに、そのジャージ姿の堤真一が

どんどん汗まみれになって、

たくましく見えていくのがすてきです。



スンシンの光と影・・

読んでいて、あらためて、スンシンの生活と過去が

映像として、声として、

きちんと伝わってくるところが

この作品のもう一つの重要なところだったのだと

考えさせられました。
そうですね~ (cyaz)
2005-08-25 00:47:26
パラパラフィンさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



誰のアイデアなのかは知りませんが、面白いですよね(笑) ?!

“生きる屍”というキツ~いメッセージでしょうか(笑) ?



スンシンの孤独な姿を、映画はちょうどいい具合に映し出していると思いました。

あれ以上スンシンの過去にふれることはなかったと思います。
おっさん (猫姫少佐現品限り)
2005-12-12 17:01:17
バンザ~イ!



cyazさまも、飛んでくださいね!!
よっしゃ~ (cyaz)
2005-12-12 17:44:45
猫姫さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>cyazさまも、飛んでくださいね

は~い、飛んでみましょう^^

座右の銘は“見る前に跳べる青春”です!

こんばんわ。 (minori)
2005-12-12 18:32:01
こんばんわ、cyazさん。

TBどうもありがとうございました!

なんと、二回もごらんになったのですね~。

確かによかったです、この映画。

今年の邦画はイマイチ精彩にかける

気がしますが、これはなかなか

よかったです。

ワンコとのお食事シーン、ちょっと

寂しげでしたがなかなか好きだったり

もします。



こちらにもTBさせていただきますねー。

そうなんですよ~ (cyaz)
2005-12-12 22:39:47
minoriさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>なんと、二回もごらんになったのですね~

そーなんですよね(笑) かみさんも僕もハマりました^^



>ワンコとのお食事シーン、ちょっと寂しげでしたがなかなか好きだったりもします

人間とは違うスンシンの接し方がありましたね^^

本当は心優しいキャラなのにねぇ^^
ダブルでTBありがとうございました(*^▽^*) (cherry)
2005-12-19 07:06:30
原作、面白そうですね~

なんだかじっくり楽しみたい世界という感想を持ちました♪

主役の2人の笑顔がとても印象的で惚れ惚れしました

もう1度じっくり観てみたいです(^0^* )
ぜひに~ (cyaz)
2005-12-19 08:45:23
cherryさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>原作、面白そうですね~

是非読んでみて下さい^^ 映画とは違ったスンシンが発見できますので!



>もう1度じっくり観てみたいです

もう少し時間をおいて、じっくり僕も観てみようと思っています^^
TBありがとうございました! (マキタマン)
2006-02-06 12:36:56
いまさらながら、この映画を観ました。



原作読んでからだったんですけど、物足りなさなんてなくて、むしろ、映画のほうが好きでした。元気の出る映画。いいですよね^^



こちらも、TBさせていただきますね^^
いえいえ~ (cyaz)
2006-02-06 12:58:03
マキタマンさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>原作読んでからだったんですけど、物足りなさなんてなくて、むしろ、映画のほうが好きでした。元気の出る映画。いいですよね^^

違った味わいのスンシンを観れました^^

岡田スンシンもなかなかなものだったと思います。
コメントありがとうございました♪ (こーいち)
2006-04-09 13:05:44
こんにちわ☆

今、ココログの不調でgooブログのTBが

反映しないという障害が出てるみたいで。。

ご迷惑おかけしましたm(__)m

「ランニング・ハイ」をしっかり聞いてなかった

のですが、歌詞すごくいいですね♪

こちらの記事を見てもう一度映画が観たくなりました^^

いえいえ~ (cyaz)
2006-04-09 14:01:10
こーいちさん、コメントありがとうございますm(__)m



>今、ココログの不調でgooブログのTBが反映しないという障害が出てるみたいで。。ご迷惑おかけしましたm(__)m

いえいえ、そういうことだったんですね^^

また時期をみて試みてみます!



>「ランニング・ハイ」をしっかり聞いてなかった

のですが、歌詞すごくいいですね♪

はい、聴き返してみてくださいね~♪
cyazさん こんにちは♪ (なぎさ)
2007-10-23 09:09:00
TBとコメント頂いてありがとうございました!
cyazさんの今作1度目のレビューへのTBとコメントの数が凄かったですね!!!
この作品への反響を感じます。
cyazさんのレビューの中になった監督からのメッセージを拝見して、現場の雰囲気も良かったのだろなぁと感じました。
奥様は岡田君のファンなのですね!
意外にも彼、大阪出身なんですよねぇ。
堤さんの「おっさん」に徹した演技も素晴らしかったですが、岡田君のストイックなスンシンがなんとも素晴らしかったです!!!

当方の同じ拙記事ですが、それぞれのレビューにTBさせて頂きました。
岡田スンシン~ (cyaz)
2007-10-23 12:31:56
なぎささん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさんの今作1度目のレビューへのTBとコメントの数が凄かったですね!!! この作品への反響を感じます。
自分でもお気に入りはあちこちお邪魔して足跡つけてましたので(笑)

>cyazさんのレビューの中になった監督からのメッセージを拝見して、現場の雰囲気も良かったのだろなぁと感じました。
多分、良かったんでしょうね~^^

>奥様は岡田君のファンなのですね!
そーなんですよ(笑) ま、コンサートに行くと言わないだけ助かってますが(笑)

>意外にも彼、大阪出身なんですよねぇ。
意外にも僕も大阪出身なんですよ(汗)

>堤さんの「おっさん」に徹した演技も素晴らしかったですが、岡田君のストイックなスンシンがなんとも素晴らしかったです!!!
岡田スンシン、努力のあとアリでしたね!
堤さん、彼も関西なので、最近二の線から三の線に(笑)

>当方の同じ拙記事ですが、それぞれのレビューにTBさせて頂きました。
ありがとうございますm(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
FLY,DADDY,FLY フライ、ダディ、フライ (ネタバレ映画館)
 おっさんが高校生から人生を学んだっていいかもしれない・・・頑張れ、おっさん!  今まで見た岡田准一の映画の中では一番ハマっているのではないでしょうか。彼が演ずるスンシンはケンカが強くてクールな奴ではあるけど、人間の暖かさを理解し、相手の立場になることが
フライ,ダディ,フライ(2回目の鑑賞) (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日4本目は「フライ,ダディ,フライ」です。 公開日以来の鑑賞です。   爽快とても清清しい気持ちです。最高でした スンシン(岡田准一)が登場してからはもう楽しくて楽しくて 本日の締めくくりには最高の作品です。   感想は1回目の時とほとんど同じで
フライ・ダディ・フライ (toe@cinematiclife)
先日、ニュース23を見ていたら、筑紫哲也がこの映画を「面白い!」と薦めていて、実はあまり見る気がしてなかったんだけど、その時から急に見たくなってきて、いきなり行ってきた。 なんかね~、背筋がスッと伸びるような、爽快感のある映画だったね~。 まず、この映画のス
FLY, DADDY, FLY (cococo)
マンガチックだな、と思ったら、やはりマンガにもなってました。明るくて、軽いものを
「フライ,ダディ,フライ」スンシン(岡田准一)の言葉にドキリ (おしゃれ手紙)
「フライ,ダディ,フライ」■あらすじ■娘にケガを負わせた高校生の高校に中年サラリーマンの鈴木(堤真一)が乗り込み、落ちこぼれの高校生、朴舜臣(スンシン・岡田准一)が彼を鍛える話。どうしても石原をやっつけたい、鈴木(堤真一)は、スンシン(岡田准一)に、喧嘩...
フライ、ダディ、フライ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】成島出【出演】岡田准一/堤真一/松尾敏伸/須藤元気/星井七瀬/愛華みれ/塩見三省【公開日】2005/7.9【製作】日本【ストーリー】ブルース・リーが大好きなスンシン(岡田准一)とおっさん、鈴木一(堤真一)が出会ったのは夏休みの前日、終業式の日だった。娘を
フライ,ダディ,フライ (わたしの見た(モノ))
加藤 義一 『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~ ? 「フライ,ダディ,フライ」 金城一紀のゾンビーズ・シリーズを読破し、 原作の持つ爽快感を求め、いざ劇場へ。 期待通りの作品で満足です。   連休最終日にシネコンにて鑑賞。 「ポケ
フライ、ダディ、フライ (シネクリシェ)
 一見するとあまり飾り気のないストレートな作品にみえますが、盛りだくさんの要素が詰め込まれています。  1番目は復讐譚。この作品のもっとも骨
44-フライ、ダディ、フライ (徒然日誌)
「フライ、ダディ、フライ」を見に行った。 今日はもう一本堤さんの作品を見る予定で、堤さんの二本立て(笑)。 これはチラシを見て、なんだか見たいなぁ~って思ってた。でも、見始めたらイメージしてたものと全然違ってて、失敗したか?と(苦笑)。 主人公 鈴木 一は順
映画「フライ、ダディ、フライ」 (ミチの雑記帳)
映画「フライ、ダディ、フライ」★★★★☆ ストーリー: 自分の娘を傷つけた石原という高校生に復讐するため、包丁を持って学校に乗り込んだおっさん(堤真一)がいた。しかし高校を間違え、そこで出会ったスンシン(岡田准一)に一発でのされて気絶してしまうが……。復讐
映画「フライ,ダディ,フライ」 (solaのえそらごと)
自分の娘を傷つけた石原という高校生に復讐するため、包丁を持って学校に乗り込んだおっさん鈴木。 しかし高校を間違え、そこで出会ったスンシンに一発でのされて気絶してしまうが…。 友情ならぬ擬似親子愛が心をくすぐる。 岡田君の役が設定的に多少、現実離れしている
フライ,ダディ,フライ2回目 (れいのこころ模様~徒然なるままに)
仕事帰りに「フライ,ダディ,フライ」を観てきました。 地元では5日で公開終了になるので、もう1回観たいなと。前回、観た時は仕事帰りには行かれない上映時間でしたが、いつの間にか18:30の回、1回になっていました。仕事帰りに観るにはちょうどいい時間。 2回目ですが、
フライ,ダディ,フライ (れいのこころ模様~徒然なるままに)
昨日「フライ,ダディ,フライ」を観て来ました。この日を逃すとまた当分行かれなくなるので、蕁麻疹を気につつ行って来ました。薬飲んでいるのですが、時々痒くなります。我慢出来る程度ですが。 映画はおもしろかった~。堤さん、何であんなに格好いいの?初めてのお父さん役
「フライ,ダディ,フライ」カッコ悪いは、カッコ良いのだ (soramove)
「フライ,ダディ,フライ」★★★☆ 岡田准一、堤真一主演 人は鳥のようには飛べない。 それは明らかなことだ。 でも空想の中でさえ、 もう飛ぶことを 諦めている。 心の中は、もっと自由で 限りなどなく、何でもできるのに、 その中でさえ自分で限界を決...
いつのまにかこんなに…… (雨が降ろうが槍が降ろうが…)
増えてしまった。『フライ、ダディ、フライ』関連商品。(写真はクリックすると拡大
FLY,DADDY,FLY☆独り言 (黒猫のうたた寝)
地元の公開は終わってしまいましたが^^;;;今頃感想書いてる不埒ものです(笑) 本日のお題は『FLY,DADDY,FLY』で、評価はというと・・・好き♪(爆) ま、堤真一と、岡田准一が出てる時点で観に行くことは決定してたのだけれど 公開初日・・・時間...
#28:フライ・ダディ・フライ(試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
会場に入った瞬間、テレビカメラがあったので「おお!今日はサプライズゲストが??」とワクワクしてました!岡田准一だったらどーしよ!堤真一だったら!!!と、こんな時にデジカメを持ってきていない自分を責めながら、今か今か!と心待ちにしてました{/heart/} が、今回
『フライ・ダディ・フライ』 ★☆ (君が好き)
ということで結論は、クドカンと行定監督は偉大だったってことで(笑 原作者としての金城さんは素晴らしいんだろうなって思います。 でも『GO』があんなにも良い作品に仕上がったのは、面白い構成ながら過程を一つ一つ積み上げるクドカンの秀逸な脚色と、オリジナリティを入
フライ・ダディ・フライ (映画のしっぽ)
愛する娘が暴力を振るわれ怪我をしたと聞いて慌てて病院へ向かう・・娘を殴った相手
フライ,ダディ,フライ (いつか深夜特急に乗って)
「フライ,ダディ,フライ」★★★★★(ピカデリー) 2005
フライ,ダディ,フライ 今年の238本目 (猫姫じゃ)
フライ,ダディ,フライ な、な、なんなの?この映画は?! う~ん、、、いぁ、、、おもしろくて、結構スカ!っとして、さらに感動までして、、、いいんだケドね、、、別に、映画なんだから、、、でも、ヘンな設定、、、 最初、モノクロで進むプロローグは、すっごく重くて.
『フライ、ダディ、フライ』 羽ばたけ、おっさん。 (キマグレなヒトリゴト)
ダメダメな人が強くなっていくプロセス、まぁ言ってみれば ドラゴンボールで悟飯君が修行した時に通じるものがあるんだけど、 そういうプロセスが私、ツボです。練習したらウマくなったってのも 好きですね。でも「強くなる」ほうがよりツボなのかも。 悟飯君だけじゃなくて.
FLY、DADDY、FLY (Alice in Wonderland)
今年51本目の映画です。 当初の目標の50本は超えることが出来ました。次は100本目標です。 今日は邦画を見ました。今映画界で大活躍の岡田准一×堤 真一のタッグです。面白くないわけはないでしょう。期待は膨らむばかりです。で、、、期待通りにめちゃ面白く...
フライ,ダディ,フライ (Cinemermaid)
おっさんもやる時はやるぞー!という作品だ[:イケテル:] ラストの展開は予想出来るが、意外にも感動してウルウルしてしまった 高校生とサラリーマンオヤジの決闘なんて実際には有り得ないだろうけど、世のオヤジ達もこのくらいの根性を見せてほしいよなぁと思う 女を殴る
映画「フライ,ダディ,フライ」 (邦画大好き)
監督:成島出 原作:金城一紀 脚本:金城一紀 キャスト:岡田准一・堤真一・松尾敏伸・須藤元気・星井七瀬 製作:2005年 78点 平凡なサラリーマン鈴木(堤真一)は、妻と一人娘・遥(星井七瀬)から慕われて幸せに暮らしていた。 ところが、ある日、「遥が大怪我
フライ,ダディ,フライ (色即是空日記+α)
どこにでもいる普通のオヤジが 娘を守るため、オヤジの威厳を取り戻すため  がんばっちゃうのだ。 あたしゃぁオヤジではないけれど 共感しちゃったよ。 復讐劇なんだけど どこか爽やかで。     最初の普段の日常と事件が起こるまではモノクロ。やけにシ.
DVD『フライ,ダディ,フライ』  (みかんのReading Diary♪)
フライ,ダディ,フライ(2005/日本) オススメ♪  鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。娘はすっかり心を閉ざしてし
飛べ!お父さん!飛べ! (アジアンリミックス)
『フライ,ダディ,フライ』(★★☆☆☆) 2005年/日本 監督/成島出 脚本/金城一紀 出演/岡田准一、堤真一、須藤元気、星井七瀬、松尾敏伸 他 フライ,ダディ,フライ岡田准一 金城
邦画「FLY DADDY FLY」 フライダディフライ   (俳優・マキタマン「ニッキー、マッキー」)
金城一紀さん原作、脚本 を見ました。原作も読みました。 金城さんの映画は、原作本と、映画がほんとに近くて見ていて安心する。そして何より、観たあとにからだが熱くなる。 そういう青春な映画だ。 以前の作品「GO」でもそうだったけど、どちらにも 「.
フライダディフライ (Nightmare Dragon)
自分の娘を傷つけた石原という高校生に復讐(ふくしゅう)するため、包丁を持って学校に乗り込んだおっさん(堤真一)がいた。しかし高校を間違え、そこで出会ったスンシン(岡田准一)に一発でのされて気絶してしまうが……。 ☆☆☆☆☆☆ 原作よりおもしろい映画はほと
『フライ,ダデイ,フライ』 (アンディの日記)
『フライ,ダディ,フライ』 ★★★ 【監督】成島出 【出演】岡田
フライ・ダディ・フライ-(映画:今年56本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:成島出 出演:岡田准一、堤真一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省 評価:84点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 岡田准一って、カッコええなあ。 モンゴル相撲の勝者が踊る「鷹の舞」。あんなのを1人で踊.
『フライ、ダディ、フライ』 (NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート)
【story】 在日韓国人の高校生・朴舜臣(岡田准一)が、 \"おっさん\"こと鈴木一(堤真一)に出会ったのは、 夏休み前日の終業式だった。鈴木は、 自分の娘を傷つけた石原という生徒を探して学校に乗り込んできたのだが、 舜臣に一発でKOされてしまう。しかも、 ...
映画 vol.12 『フライ、ダディ、フライ』*試写会 (Cold in Summer)
『フライ、ダディ、フライ 』(2005年公開)*試写会 出 演:岡田准一 堤真一  主題歌:Mr.children 「ランニングハイ」四次元 Four 収録 (05.06.30)『フライ、ダディ、フライ』の試写会へ行ってきました。 おみやげに ...
映画『フライ,ダディ,フライ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
格闘技ファンならお馴染みの須藤元気が高校総体ボクシングチャンピオンの敵役で登場する。暴力は感心しないが、ロッキーしてプライドもしちゃう・・ 平凡なサラリーマンの鈴木一(堤真一)、妻の鈴木夕子(愛華みれ)に娘の鈴木遥(星井七瀬)、ある日娘がカラ ...
フライ・ダディ・フライ (のみものがかりのつぶやき)
東映 フライ,ダディ,フライ 東映 フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) この映画、実は半分くらい岡田准一君目当てで観に行ったのを覚えています。 いや、もちろん彼もすごく存在感あってよかったんですけど、映画自体も、男同士の友 ...
フライ、ダディ、フライ (UkiUkiれいんぼーデイ)
これですよ!これぇ~ ヾ(〃’ワ’〃)ツ 昨日の『サウスバウンド』より、ずーっと面白かったワ (八´▽) 2005年7月公開作品 しかもただ面白いだけじゃなく、父親の娘への愛情もしっかり描かれて・・・ 原作者の魂が入ったダダ滑りしてない脚本も...