京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「フライ・ダディ・フライ」/金城一紀

2005-04-06 08:39:35 | Book

「フライ・ダディ・フライ」/金城一紀著(講談社)



 いや~、久しぶりに先が読みたくて読みたくて仕方が無いくらい面白い本に出会いました!
 そもそも週末にシネコンで映画を観るたびに、色んな予告編を楽しみに観ているのですが、
 その中の一本にこの『フライ・ダディ・フライ』が記憶に残りました。 かみさんは岡田クンが
 出るのでそっちが記憶に残ったそうですが(笑) ?!

 で、かみさんが『東京タワー』を観てから原作を読み出し、読み終えてから僕も読ませて
 もらいました。 今度は僕のほうが映画を観る前に読んでおきたかったので買って来ました。
 殆ど僕の場合、読むのは通勤の行き帰りの電車の中なのですが、この本を読み出して、
 あまりに面白さに熱中し過ぎて、降りなきゃいけないことをすっかり忘れて乗り越しそうに
 なる日が多かったです(笑)
 
 金城一紀さんの本は初めて読んだのですが、のっけからグイグイと引っ張っていくパワーを
 持っており、その中にまるで情景が手に取るように端的にわかりやすく、かつウィットに富んだ
 文章で楽しませてくれる。 登場人物が絞られていること、しっかりキャラが把握できること、
 心底に人間味があること、単なる復讐を誓った中年オヤジの夏物語に終わらせないところ。
 その全てが素晴らしい作品だ。 
 
 主人公は中年のオヤジ。 ある程度のランクの企業の役職者で、特に不自由なく何の変哲も
 ない毎日を送っている。 妻一人、高校生の娘一人の3人家族。 ある日、娘がカラオケ
 ボックスで殴られ、病院に駆けつけ、娘を殴った高校生に対峙して、娘のために何も出来ない
 自分に対し歯がゆさを感じ、それを機にオヤジの生活が変わる。 ここで直情的になった
 主人公が、この事件がなければ、もしかしたら一生付き合うはずもない連中と共に、それまでの
 平穏無事、事なかれで過ごしてきた真面目一筋な男が、1ヵ月有余もの有休を取り、殴った
 相手であるボクシングの高校チャンピオンを倒すために、その男に勝つためのトレーニングを
 始める。
 
 この中年オヤジを演じるのが堤真一で、この主人公のサラリーマンは結構とぼけた一面も
 持っているので、予告編での記憶では堤真一と岡田准一しかなかったのですが、特に
 読み始める前に主人公鈴木一は堤真一をイメージを持って読んでいたのですが、しっかり
 この主人公にハマっていたように思います。 岡田准一演ずる朴舜臣(パクスンシン)は
 本のイメージと違い、線が細過ぎる感じがしますが、映画では彼がどのように演じている
 のか興味あるところです。 まあ、女性の方には彼が出ているだけで観たいと思うので
 しょうが(笑)  
 
 毎日が流されがちなオヤジさんたち、是非この本を読んでみてほしい! 今の生活を見
 直すとか、そういう次元ではなく、もっとポジティブにこの本に接し、何か忘れかけている
 “熱い血”を感じてほしい。 
 
  う~ん、早く映画が公開されないかなぁ~♪ 

【映画版】↓
 FLY,DADDY,FLY 『フライ・ダディ・フライ』
■監督 成島出
■原作・脚本 金城一紀「フライ、ダディ、フライ」【講談社】
■キャスト
   堤 真一(鈴木 一)、岡田准一(朴舜臣)、須藤元気(石原勇輔)
  松尾敏伸、星井七瀬、渋谷飛鳥、愛華みれ、モロ師岡、塩見三省、
   徳井 優、温水洋一、浅野和之、鴻上尚史、神戸浩、他

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「春の予感」~♪ | トップ | アンガールズでぇーす~♪ »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (masa)
2005-04-08 12:39:59
この本はいいですよね。



おやじのイキイキした姿が目に浮かびました。



金城一紀さんの作品は、どれを取っても良い本ばかりですよ。

おはつです~ (cyaz)
2005-04-08 12:52:34
masaさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



金城さんの作品を読んだのは初めてでしたが、

テンポが良いので楽しかったです^^

最後は完全に引き込まれてしまいましたよ(笑)?!



他の作品も読んでみようかな^^
初です♪ (トミィ)
2005-04-14 23:16:30
「フライ・ダディ・フライ」で検索したらココがヒットしました笑 私も奥さんと同じで印象があります(*^▽^*)

しかも「東京タワー」も読みました♪まだ映画は見てない

んですが笑 DVDが出たら購入をと思っている今日この頃

です(*^▽^*)
おはつです~ (cyaz)
2005-04-15 00:36:09
トミィさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



早く映画を観てみたいで~す!

原作を先に読んでから映画を観るのは・・・

『マディソン郡の橋』以来かなぁ・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
金城一紀大好きです (しまりす)
2005-04-15 21:21:51
私はも~

日系韓国人の友達に薦められて「GO」を読んでからというもの、

本当にずっとずっとこの人のファンをやっております^^

是非に、「恋愛篇」を読んでください。

涙がこぼれてたまりませんよ^^
Unknown (トミィ)
2005-04-15 22:17:55
最近、私が原作を読んでから映画見たのは

ハリポタの一番最初のやつですね(*^▽^*)

「あ~この次はあれなんだよなぁ~」などと

映画見ながら思ってました♪
ほうほう~ (cyaz)
2005-04-15 22:25:13
しまりすさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



「恋愛篇」ですね^^

情報ありがとうございますm(_ _)m

書店へ行って探してみます~♪
ですよね~ (cyaz)
2005-04-15 22:28:16
トミィさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



先にストーリーがわかってると先読みしてしまいますよね^^

でも脚本や、監督の味付けでずいぶん変わると思います。

『マディソン郡の橋』はイーストウッドより、レッドフォードで

撮って欲しかったなぁ~^^

Unknown (砂神 瞬)
2005-04-18 21:10:28
はじめまして☆

瞬と申します。

FLY,DADDY,FLY に呼ばれてやってまいりました。

俺もこの本大好きです。

むしろ金城一紀が大好きです。

「対話篇」もよさ気ですが、

「レヴォリューションVol3」も面白いですよ。

ある意味これともつながってますしね♪

また、本の話とか、いろいろ読みに遊びに

こさせてくださいな☆

どうぞ、よろしくお願いします♪
おはつです~ (cyaz)
2005-04-18 22:53:34
砂神 瞬さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



「対話篇」からも映画化されますよね!

「フライ・ダディ・フライ」がどんな映画になるのか楽しみです^^

「レヴォリューションVol3」も面白そうですね!

機会あれば読んでみたいと思います。



こちらこそよろしくお願いします^^
2度目のTBです (mina)
2005-06-05 13:42:39
この作品とても面白いですよね!

映画の方も楽しみにしている所です。
どうも~ (cyaz)
2005-06-05 23:58:29
minaさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



ぼちぼち映画館でも予告編が始まりだしましたね^^

7月からなのでもうすぐですね!
TBありがとうございます。 (Koji)
2005-07-11 23:27:56
トラックバックありがとうございます。



金城一紀さんの作品は「REVOLUTION No.3」を読んだんですが、出てくるメンバーが実に個性があり面白いですよね。映画も楽しみです。



自分もトラックバックさせていただきます。
こちらこそ~ (cyaz)
2005-07-12 22:45:05
Kojiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



金城さんの新作も発売されていますね^^

読んでみたいと思っています!
はじめまして~。 (Slyme)
2005-07-24 12:03:59
トラックバックありがとうございます。

はじめまして~。

私も金城一紀さんは大好きです。

おもしろいですよね~。

「レヴォリューションNo,3」とかもやばいですよ。

ぜひ、読んでみてください。
おはつです~ (cyaz)
2005-07-24 17:52:21
Slymeさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>「レヴォリューションNo,3」とかもやばいですよ

みたいですねぇ~

是非読んでみたいと思います。新作『SPEED』も読んでみたいですね!
ブルース・リー的 (TINO)
2005-07-26 02:02:28
cyazさん、こんばんは。

TBありがとうございました。

映画もう二回も見られているんですね。金城さんの作品は「GO」と「フライ,ダディ,フライ」しか読んでいませんが、等身大のかっこよさを感じます。



ブルース・リーの挑発ポーズ、自分もついやりたくなっちゃいます

等身大~ (cyaz)
2005-07-26 08:51:19
TINOさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



原作にハマり、映画にハマってしまいました(笑)?!

この映画を観てると中年オヤジも飛べるかなぁ・・・と思ったりして^^



ブルース・リーの全盛の頃は、映画館から出てくるお客さんはみんなブルース・リーになっていましたね(笑)

よくケンカが起きなかったものです><

一時代の東映のやくざ映画ように(笑)?!
中年オヤジ、頑張れ! (kanon)
2005-07-28 22:58:44
cyaz様 こんばんわ



cyazさんがハマりにハマってしまった「フライディフライ」に私も嵌ってしまいそう(笑)



映画を見て、岡田君(朴舜臣)はめちゃかっこよかったんですが、堤さんの鈴木一もかっこよすぎて。。。(><)

だって、中年オヤジってもっと○○ではないでしょうか?(←偏見ではありませんよ!)



パンフで金城さんが「小説では鈴木一を主に書いた」と書いてあったので、それを確かめる(オヤジ度を確認?)の為にご本読みました。

やっぱり、予想通り(笑)

鈴木一は「本当の中年オヤジ」でした(^^)



4時間(二日間で)で読み終える文章の滑らかさと内容が面白くって。。。

映画を見た後だったので、映画と比較しながら。。。

心地よいラスト! 原作の方が良かったかも???

(だって鈴木一がめちゃダサイから。。。笑!)



大切な家族の為に、20年以上も自分を諌めて真面目に仕事をしてきた中年オヤジ! そろそろ定年が見えてきて、ふと「もう一度、飛べるかも知れない」と自分の足元を見つめる。継続は本当は素晴らしい事なのに、、、

鈴木一とは行かないでも、中年オヤジも飛べるはず!

「自分を信じて飛んでごらん!」

貴方たちには大切なものが沢山あるではないでしょうか?



『中年オヤジ、頑張れ!』
頑張る~ (cyaz)
2005-07-29 00:34:58
kanonさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>中年オヤジってもっと○○ではないでしょうか

その○○の中には何が入るのでしょうか(笑) ?



>原作の方が良かったかも

原作には原作の良さがありましたね^^

特に舜臣は!原作が先だと岡田クンは線が細すぎたかもしれませんが、

映画は映画として観ると岡田舜臣はハマっていたかも!



>貴方たちには大切なものが沢山あるではないでしょうか

そう、たくさんありますねぇ!!

人一倍助走をつけて、思いっきり飛びましょう!
TBありがとうございました! (Risa)
2005-08-09 20:56:19
cyazさん、こんばんは。

たくさんTBしていただいて、どうもありがとうございました。

嬉しいです。

この作品は原作が素晴らしいだけに、映画を

見るのがちょっと怖かったのですが、そんな心配は要らないようですね☆

近々、観に行ってきます!

どうもありがとうございました。
こちらこそ~ (cyaz)
2005-08-09 21:51:28
Risaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



原作も素晴らしいし、映画も素晴らしいですよ^^

是非、映画も御覧になって、

また感想を聞かせて下さいね~♪



これからもよろしくお願いします!
Unknown (M)
2005-09-03 23:22:42
初めまして。

フライダディフライの話題だったので、

トラックバックさせて頂きました。



私もこの作品を読みたくて仕方がないのですが

未だに手に入れることが出来ていません・・・。

映画は原作ファンの方にはイマイチ良い反応を

してもらえていないのがパッと見の印象なので

尚更読みたいのですけど・・。



こちらを読んで、是非とも買って読まねば!!

と思いました。

それでは失礼します!!
おはつです~ (cyaz)
2005-09-04 16:08:49
Mさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



僕は原作から入って映画を2回観ました^^

原作は原作の、映画には映画のそれぞれにいいところがありましたし、決して原作に劣ることもなかったと思います!



是非読んでみて感想をお聞かせ下さい^^
TBありがとうございました♪ (cherry)
2005-12-19 19:49:44
やはり原作、読んでみたいです(≧∀≦*)

映画を先に観てしまったので登場人物のイメージは定着してしまいましたが、小説になるとまた違った感想を持てそうですね♪

私と同じ世代のオヤジ達にもオススメしてみます(*^▽^*)
オススメ~ (cyaz)
2005-12-19 23:16:56
cherryさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>小説になるとまた違った感想を持てそうですね

特にスンシンはそうですね^^

読まれたら、また感想聞かせて下さいね^^
こんばんわ! (minori)
2006-03-04 20:14:09
こんばんわー。

TBありがとうございますー。

この本、触ったらもう離せないってな

感じで一気に読んでしまいました。

そして結局ゾンビーズ、全部読みましたが

魅力的な彼らに現在夢中です(笑)

SPEEDもうお読みになりましたかー?



それではTBさせていただきます。

ほうほう~ (cyaz)
2006-03-05 01:13:43
minoriさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>そして結局ゾンビーズ、全部読みましたが魅力的な彼らに現在夢中です(笑)

へぇ~、それは凄いですね^^



>SPEEDもうお読みになりましたかー?

おっと、まだなんですよ(笑)  なかなか他にも読みたい本がたくさんあって><



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フライ,ダディ,フライ!!! (\"Dai\" always cries for the moon)
娘を殴った男に復讐をするお父さんの話。ただし、男はボクシングの高校チャンピオン。
フライ,ダディ,フライ (神様の舌打ち)
主人公は普通のサラリーマンのおっさん。自慢の娘を殴った男に復讐するため落ちこぼれだけど、喧嘩の強い高校生に弟子入りし、どんどん強くなっていく…って感じの話です。やばい。マジかっこいー。いいなーこんな親父。てゆーか自分の親父に読ませました。読み終わって一言
金城一紀の本。 (ワタシは男)
最近、金城一紀さんは本を出しているのかなぁ? 「GO」が窪塚洋介 主演で映画になったりと有名だとは思う。 ワタシはこの人の本は、たぶん全部読んでいるはず{/eq_1/} 在日韓国人の著者で、その事について書いた作品などがあります。 「GO」は有名だけど、そのほかもい
フライ,ダディ,フライ (m_review)
フライ,ダディ,フライ 金城 一紀 平凡さから抜け出したいお父さんに読んで欲しい。 頼りあるお父さんになりたい人に読んで欲しい。 金城さんが書く人物はみんなポップだ。 不良でもサラリーマンでもみんなキュートだ。 著者さんは何でこんな爽やかに人を変えること
公開前に「フライ,ダディ,フライ」 (わたしの見た(モノ))
金城一紀  著「フライ,ダディ,フライ」を読み終えたところ。 清々しい爽快感。 主人公のように「燃えよドラゴン」でも観て、体を鍛えようかな。 映画「GO」(監督・行定勲、主演・窪塚洋介)は、カッコイイ作品で、 繰り返し観ては、勇気をもらっている。 あまりに
観たい映画『フライ,ダディ,フライ』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
主演:岡田准一、堤真一 『GO』の原作者、金城一紀が書き下ろした脚本の映画化。 傷ついた娘のために堤真一演じる\"おっさん\"が、岡田准一演じる在日韓国人の高校生に喧嘩を習う。 特報はずいぶん前から流れていたけれど、ようやく公開日も決定。 岡田クン主演映画
フライ、ダディ、フライ (楽しいこと探し)
「GO」で直木賞受賞作家となった金城一紀の作品です。 こちらも以前紹介した「嫌われ松子の一生」と同じく映画化されました。→映画公式サイト 前作の「レボリューションNo,3」と同じキャラクターたちが出てくるのですが、こちらの主人公はさえない中年サラリーマン。 平凡な
フライ,ダディ,フライ/金城一紀 (Here,There And Everywhere)
フライ,ダディ,フライ 今夏、劇場公開される映画の原作。 たぶんこの夏の目玉作品になるから、先にチェックしときます。 なんたって、主題歌をミスチルが担当してるからね。 主演はV6の岡田と堤真一!! 原作は「Go」の人。 感想は・・・、 読みやすいし、お
フライ,ダディ,フライ(本) (Akira\'s VOICE)
ゾンビーズ!
期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
6月21日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どうでもいいことかもしれないが、私は岡田准一のファンだ。 どのくらいのファンであるかというと、6~7年くらい前に、自宅PCの壁紙は岡田准一だったのに、だからと言って「V6の(名古屋)レインボーホールのチケット
金城一紀著「SPEED」 (一誠館~日々の戯言~)
以前紹介した金城一紀さんの最新作「SPEED」を先程読み終えました。 この本は「レヴォリューションNo.3」、「フライ、ダディ、フライ」に続くゾンビーズ・シリーズの三作目なのですが、前作の「フライ、ダディ、フライ」もそうでしたが、一作目の「レヴォリューションNo.3
子供に読ませたくない本(4) (一誠館~日々の戯言~)
今回は金城一紀さんの本です。 彼はまだ4冊しか出版していませんのですべて紹介しようと思います。 「GO」 金城一紀を有名にした一冊です。この本は直木賞を受賞しそして映画化もされました。主演が窪塚洋介、そして相手役に柴咲コウという人気のある二人の共演でかな
FLY,DADDY,FLY (To collect \"TREE FROG\")
これ映画になるんですね。 前作「REVOLUTION No.3」を読んでいたので、こちらも読んでみました。 「REVOLUTION No.3」のメンバーが出ていてなかなか読みやすい作品で素直に面白かったです。もちろん前作を知らなくても面白いと思いますが。 最近のだれた生活を一変
フライ,ダディ,フライ/岡田准一×堤真一 (peaceful world)
フライ,ダディ,フライ 全館リニューアルしたシネマデプト友楽で、早速観に行...
「フライ、ダディ、フライ」原作本読了 (物欲エントロピー)
映画『フライ,ダディ,フライ』の原作本、金城一紀著『フライ,ダディ,フライ』を
金城一紀 (ColorfulSlyme)
今回は本についてのお話です。Slymeはここ最近になるまで、読書を全くしない子でした。中学、高校と小説等の活字を読むのは学校の国語の教科書ぐらいでした。買うのはいつも漫画かファッション雑誌だったですね~。別に時間が無かったわけでもないんですが、どうしてか読む事
「フライ,ダディ,フライ」を読んで、飛びたくなった。 (TINO的日記)
今、映画が公開中で話題の「フライ,ダディ,フライ」。 岡田准一クン、堤真一さんが
FLY,DADDY,FLY (生きてるだけで儲けもの☆)
公開中の映画が気になっているのですが、まずは原作を。 主人公は平凡なサラリーマン、鈴木さん、47歳。 ある日、娘が暴行事件に遭ってしまう。 娘を殴った相手はボクシングの高校生チャンピオン。 娘の傷ついた心を救ってあげたい一心で鈴木さんは復讐を誓う。...
Fly, Daddy, Fly (Yoshiの徒然雑記)
 今日、何の目的もなしに本屋に行ったんですけど、突然思いついて遅ればせながら「Fly, Daddy, Fly」っていう本を買ってきましてですね。一気に読みました。さっき読み終わったんで、思いついたことを思いついたまま書くので、ちょっと変な文になるかもしれないけど、許して
FLY, DADDY, FLY (レビューとか感想とか書いてしまえ)
フライ,ダディ,フライ金城 一紀講談社 2003-02売り上げランキング : 8,099Amazonで詳しく見る by G-Tools とても読みやすくて エンディングまであっという間でした。 文章もさることながら、 ストーリーが軽快に進んでいきます。 ところで、 自分を強いと感じた時
さてと。皆さんネタバレ注意だぜ☆ (天才と紙一重。)
まずは最近の発見から! 鮴田 毛(ゴとモを入れ替える事をオススメします)くんを誤解してました。 先日、がつこうへ行かうを見ていたのですが、まぁぶっちゃけチャミィにしか 興味なかったんで「鮴田とかいらねぇよー」とか思ってました、すみません。 鮴田=カッコつけ。とい.
フライ,ダディ,フライ 小説版 (toe@cinematiclife)
近頃、急激に過ごしやすくなってきたよね~。 とはいえ、昼はまだまだ暑いけど A^-^;) もうすぐ、秋でございます。 秋といえば、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋。 今年は、これを全て制覇しようと計画中。 ウフ。 いつもは、芸術の秋、オンリーだからね。 特に、スポ
フライ ダディ フライ - FLY, DADDY, FLY (Dazzling M)
フライ ダディ フライ観た。 最近、邦画も抵抗なく観れている すごい進化カモ(退化?w) 冗談さておき。タイガー&ドラゴン以来 クドカンや岡田准一、長瀬智也に注目です と、いうことで、岡田クン&堤サンの映画を Pick Up。唐突な話運びと、設定に無理を感じつつ
フライ,ダディ,フライ 今年の238本目 (猫姫じゃ)
フライ,ダディ,フライ な、な、なんなの?この映画は?! う~ん、、、いぁ、、、おもしろくて、結構スカ!っとして、さらに感動までして、、、いいんだケドね、、、別に、映画なんだから、、、でも、ヘンな設定、、、 最初、モノクロで進むプロローグは、すっごく重くて.
フライ,ダディ,フライ (Cinemermaid)
おっさんもやる時はやるぞー!という作品だ[:イケテル:] ラストの展開は予想出来るが、意外にも感動してウルウルしてしまった 高校生とサラリーマンオヤジの決闘なんて実際には有り得ないだろうけど、世のオヤジ達もこのくらいの根性を見せてほしいよなぁと思う 女を殴る
『フライ、ダディ、フライ』&『SPEED』 (キマグレなヒトリゴト)
このところビデオが値上がりしたため本ばかり。 この本は2週間前に読んだんですが、夢中になって あっという間に読んでしまいました。 映画になって映画を先に見たんですけど本も面白かった。 ザ・ゾンビーズ。映画のイメージが先行しちゃって 彼らのイメージはちょっと薄く.
FLY,DADY,FLY- 金城一紀 (死にぞこないの日常)
私の夢―。娘の幸せ。何よりも。私の命よりも。自分には殊更なことは望んではいない。定年退職後に釣りでもおぼえ、可愛い孫たちに囲まれながら安穏な余生を過ごせれば、それでいい。あとは、妻とのんびりイタリア旅行にでも行ければ、妻に、ローマを見せてやりたいの...
フライ・ダディ・フライ<金城一紀>-(本:今年25冊目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
講談社 ; ISBN: 4062116995 ; (2003/02) 評価:92点(100点満点) たまらない。 読み終えた直後、おっさんの頑張りに勇気付けられ、俺もなにかをしなくてはと、思わず立ち上がってしまった。 むやみやたらにステップを踏み、軽くシャドーボクシングなどをしてみる。
映画『フライ,ダディ,フライ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
格闘技ファンならお馴染みの須藤元気が高校総体ボクシングチャンピオンの敵役で登場する。暴力は感心しないが、ロッキーしてプライドもしちゃう・・ 平凡なサラリーマンの鈴木一(堤真一)、妻の鈴木夕子(愛華みれ)に娘の鈴木遥(星井七瀬)、ある日娘がカラ ...
【邦画】フライ,ダディ,フライ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽3/美術3/衣装2/配役3/魅力2/テンポ2/合計27) 『評論』 ジェッ
フライ・ダディ・フライ (のみものがかりのつぶやき)
東映 フライ,ダディ,フライ 東映 フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) この映画、実は半分くらい岡田准一君目当てで観に行ったのを覚えています。 いや、もちろん彼もすごく存在感あってよかったんですけど、映画自体も、男同士の友 ...
金城一紀『フライ,ダディ,フライ』 (itchy1976の日記)
フライ,ダディ,フライ (角川文庫)金城 一紀角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、金城一紀『フライ,ダディ,フライ』を紹介します。ゾンビーズシリーズ第2弾で、主人公は、鈴木一というサラリーマン。娘の遥が不良高校生に襲われ、刃物を手にして...
金城一紀「SPEED」 (ご本といえばblog)
金城一紀著 「SPEED」を読む。 このフレーズにシビれた。  わけの分からない力に対抗するためには、そうするしかないんだよ、きっと。そのためなら、ひどい目に遭ったってかまわないよ。壊れた世界の中でなんにもしないでぼんやりしてるぐらいならね。 [巷の評判] ミス...
フライ,ダディ,フライ (Spice -映画・本・美術の日記-)
「フライ,ダディ,フライ」 金城 一紀・著 角川文庫 鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。大切な一人娘が傷つけられたのに、仕返しすることができず、思いあまって復讐の為に向