京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』

2012-04-08 00:04:08 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
□監督・脚本 テイト・テイラー
□原作 キャスリン・ストケット
□キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン、
       ブライス・ダラス・ハワード、アリソン・ジャネイ

■鑑賞日 3月31日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 60年代初頭のアメリカといえば、まだまだ白人の黒人に対する差別が激しかった頃。
 上流階級の白人女性(主婦)と、そこに雇われる黒人女性家政婦たちとの対立。
 かつて映画の歴史の中にも、この白人・黒人間の差別を取上げた作品は多々あった。
 そういった類の映画の中で、僕の中で印象に残っている映画といえば、
 ウーピー・ゴールドバーグが演じた『ロング・ウォーク・ホーム』だ。 ある事件を境に
 雇用先まで遠い道のりを歩いて通うオデッサ(ウーピー)と、見かねて車で送ってあげようと する
 雇用主
ミリアム(シシー・スペイシク)の交流を描いた作品だった。

 この映画でも、様々な白人の差別が発端で、黒人への迫害が日常茶飯事となるなか、
 地元新聞社に就職し、 自らも実母以上に可愛がってもらったスキーター(エマ・ストーン)は、
 その黒人メイドのことを思い出すにつれ、何とかその実態を伝えようとメイドたちを説得し続ける。
 そんな中で、エイビリーン(ビオラ・デイビス)がインタビューを受ける決意をし、
 更に彼女の友人ミニー(オクタビア・スペンサー)も協力するようになる。

 題材は間違ったら暗く思いないようになりがちかもしれないが、この映画はウィットに富んでおり、
 白人を逆手に取るシーンでは、客席から笑いがたくさん洩れていた。

 この映画でミニーを演じたオクタビア・スペンサーは先日のアカデミー賞で、助演女優賞を
獲得した。
 その賞に値する素晴らしい演技だったことは疑わない。
 彼女がいたからこそ、この映画は暗く落ち込むことなく進行したと言っても過言ではない。

 ただ見逃せないのはスキーターを演じたエマ・ストーンも若いながら頑張っていたのだが、
 むしろエイビリーンを演じたビオラ・デイビスの上手さが光った映画だったように思える。
 エイビエイーンの勇気と抵抗と努力こそが、「ザ・ヘルプ」出版の礎となり、
 黒人阻害の現実社会に一石を投じたことになった。 その演技は特筆できるものだと言える。
 彼女について、記憶に強く残っているのは、メリル・ストリープと共演した『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』だ。
 この映画で彼女はメリルを食った演技を観せてくれた。
 その後、逆に力の抜けたナチュラルな演技で『最後の初恋』にも出ていた。
  
 そんなに上手いというわけではなかったが、ミニーを雇う白人女性シーリア役の
 ジェシカ・チャスティンもアカデミー賞助演女優賞にノミネートされていたことはまだ記憶に新しい。

 オクタビア・スペンサーのアカデミー賞助演女優賞に牽引されて観た映画だったが、
 彼女の演技はもちろんのこと、映画の出来についても満足ゆくものだった。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東京アートナイト」/東京ミッ... | トップ | 桜/増上寺(2012春) »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
満足いく映画でした (こに)
2012-04-08 10:01:40
トラバありがとうございました。
全く男性不在の映画でしたが、そこは如何でしたでしょうか?
男性の意見も聞いてみたいのですが。
Unknown (アンダンテ)
2012-04-09 10:01:33
おはようございます♪ ご訪問&TBありがとうございました。
シリアスな内容ですが、重く暗くなり過ぎず適度なユーモアを交え好印象でした。
女優陣が(嫌な女も含め)好演していて、ミニ―の受賞は納得でした。
男性なし〜 (cyaz)
2012-04-09 12:50:00
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>全く男性不在の映画でしたが、そこは如何でしたでしょうか? 男性の意見も聞いてみたいのですが。
特に気にならなかったですが、
逆に男性が出ないほうが
(いわゆるダンナがいない留守のときの)
ストーリーとして成り立ったのでは。
女優陣〜 (cyaz)
2012-04-09 12:56:34
アンダンテさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>シリアスな内容ですが、重く暗くなり過ぎず適度なユーモアを交え好印象でした。
そうでしたね^^

>女優陣が(嫌な女も含め)好演していて、ミニ―の受賞は納得でした。
彼女もビオラも上手でしたね!
私も (sakurai)
2012-04-09 17:10:32
「ロング・ウォーク・ホーム」を思い出しました!その流れで、シシは出たのかなあっと。
「ミシシッピ・バーニング」とか、結構きつい映画、たくさんありましたよねえ。
このくらいじゃ、まだまだ・・みたいな気もしましたが、いろんな差別があるもんだと、思うところしきりでした。
どの女優さんもお見事でしたね。その中でもブライス・ダラスは絶品だったと思いました!
見事〜 (cyaz)
2012-04-09 17:42:12
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「ロング・ウォーク・ホーム」を思い出しました!
ですよねぇ^^

>「ミシシッピ・バーニング」とか、結構きつい映画、たくさんありましたよねえ。
ま、リアルな表現は相応にできると思いましたが、
こういう切り口もありかと(笑)

>このくらいじゃ、まだまだ・・みたいな気もしましたが、いろんな差別があるもんだと、思うところしきりでした。
日本にだって肌の色は似ているけど、
立派に差別がありましたからねぇ><

>どの女優さんもお見事でしたね。その中でもブライス・ダラスは絶品だったと思いました!
なるほど^^
比較的演技としては楽な方だと思ったりもしたりして(汗)?!
cyazさまへ (樹衣子)
2012-04-13 22:06:08
この映画を観ながら、エイビリーン役を演じた女優さんが実にいい俳優だとずっと感じていましたが、中盤になって『ダウト』のあの母親を演じた方かも!と気になり、家に帰ってネットで確認したらやっぱりそうでした。

〉ビオラ・デイビスの上手さが光った映画だった

私も同感です。
『ダウト』では、出演時間が短いものの忘れられない印象を残しました。
それから、東京スカイツリーの展望入場券の当選おめでとうございます!
当日は、晴天もひきあてて楽しんできてくださいね。
ヴィオラ〜 (cyaz)
2012-04-13 22:18:47
樹衣子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>中盤になって『ダウト』のあの母親を演じた方かも!と気になり、家に帰ってネットで確認したらやっぱりそうでした。
彼女、上手いですよね〜
特にこの映画では存在感もありましたし^^

>『ダウト』では、出演時間が短いものの忘れられない印象を残しました。
あのメリル相手に、凄かったですねぇ!

>それから、東京スカイツリーの展望入場券の当選おめでとうございます!
ありがとうございます^^

>当日は、晴天もひきあてて楽しんできてくださいね。
はい、晴れてくれるように祈っていて下さいね(笑)
今日観てきました (mayumi)
2012-04-18 18:11:07
エンディング・ロールでは エマ・ストーンの名前がトップでしたが、
アカデミー賞のノミネートでは、彼女は 助演女優賞で、ヴィオラ・デイビスが
主演女優賞でしたね。
ヴィオラ・デイビスの演技は 折り紙付きですが、エマ・ストーンがまた
キュートでフレッシュで、これからが楽しみです。
調べたら、娘より ひとつ下でした!!
これを機に〜 (cyaz)
2012-04-19 08:52:19
mayumiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>エンディング・ロールでは エマ・ストーンの名前がトップでしたが、アカデミー賞のノミネートでは、彼女は 助演女優賞で、ヴィオラ・デイビスが主演女優賞でしたね。
そうでしたね^^
若かったですが、彼女が物語の軸であったことは確かです!

>エマ・ストーンがまたキュートでフレッシュで、これからが楽しみです。調べたら、娘より ひとつ下でした!!
まだ女優としては浅いですし、彼女自身も若いので、
これを機に大きな作品へのキャスティングもされることでしょう^^
昔のブラッドパック時代の女優さんの雰囲気でしたね(笑)
(;^_^A (;^_^A (mayumi)
2012-04-19 20:09:07
私、勘違いしてました!!

助演女優賞にノミネートされていたのは、エマストーンじゃなくて、
ジェシカ・チャステインの方でしたね。失礼しました。
エマ・ストーンとヴィオラ・デイビスのダブル主役という扱いなのでしょうね。
楽しみ〜 (cyaz)
2012-04-19 21:31:30
mayumisん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>助演女優賞にノミネートされていたのは、エマストーンじゃなくて、ジェシカ・チャステインの方でしたね。失礼しました。
いえいえ、僕も適当な返事すみません(汗)

>エマ・ストーンとヴィオラ・デイビスのダブル主役という扱いなのでしょうね。
どちらにしても、彼女は新鮮なイメージだったので、
これからの彼女の活躍が楽しみです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help (LOVE Cinemas 調布)
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエマ・ストーンとヴィオラ・デイヴィス。共演にオクタヴ...
『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 2012年3月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 を試写会鑑賞しました。 想像通り、期待を裏切らない素晴らしい映画でした 今年の上位ランクイン間違いなしですね 【ストーリー】  アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ば...
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』・・・“I Have a Dream 私には夢がある” (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさ...
映画・ヘルプ 心がつなぐストーリー (読書と映画とガーデニング)
2011年 アメリカ原題 THE HELP 146分という長さ睡眠不足で心配だったのですが最初から最後までスクリーンから目が離せませんでした 1960年代アメリカ南部奴隷制度など遠い過去の話と思われる時代に、州によって当然のように推し進められていた人種隔離政策大学を卒....
映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」観に行ってきました。1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (to Heart)
製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 キャスリン・ストケット 脚本 監督 テイト・テイラー 出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン/アリソン・ジャネイ/シシー・スペイセク/シシリー・....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ: アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が...
ヘルプ 心がつなぐストーリー (映画にする?)
日本公開になるものはサクサク移動させたいと思います。今日は昨年8月17日に、数列前に座った人のミラーボール状の帽子のキラメキを気にしながらを観た本作を。いや、もう「ヘルプ ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜/THE HELP (いい加減社長の映画日記)
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と行われていることにショックを受ける。 友人たち....
映画「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 2011年 監督 テイト・テイラー (アンダンテ あっち行って ホイ♪)
これは予告を観て 是非観たいと思っていた映画です 1960年代 まだ人種差別があからさまに色濃く残る南部が舞台  あの「ミシシッピー・バーニング」も同じ頃の南部が舞台でした  「KKK」が暗躍していた時代です   南部の上流家庭では ...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (あーうぃ だにぇっと)
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜@よみうりホール
"Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』(THE HELP) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、先日の「マリリン 7日間の恋」の時と同じ有楽町のよみうりホールで「ヘルプ〜心がつなぐストーリー」試写会、案内状が直前到着、という慌しさでしたけれど、これも都合合ったので見てきました。客席はやはり満杯気味。 このタイトルの「ヘルプ」は、白人家庭...
ヘルプ 心がつなぐストーリー (迷宮映画館)
アメリカの三丁目は、きつい時代だった。
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、シシー・スペイセク、シシリー・タイソン、メ....
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 そのいくつもの意味 (映画のブログ)
 なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
ストーリーも変な味付け 公式サイト。原題:THE HELP(お手伝いさん)。キャスリン・ストケット原作、テイト・テイラー監督。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人は誰でも他人をさげすむ可能性があることがわかる。周囲の環境に逆らえないで、流されてしまう。黒人メイドが白人の子供たちに必死になって教えている言葉、「自分は愛されている。誇り高い。自分は大切な人間だ。」のフレーズを忘れてはいけない。何も言わないのは認め...
『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 (こねたみっくす)
ミシシッピ州に行ってもチョコパイだけは絶対に食べません! キャスリン・スケットのベストセラーを、彼女の幼馴染であるテイト・テイラー監督が映画化したこの作品。 人種差別を ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世界は、どんなところからでも変えられる。 昨年夏、口コミが口コミを呼ぶ形で予想外の大ヒットとなり、全米で四週連続NO.1に輝いた「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」が漸く日本公開。 舞台となるのは、...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 超美味のチョコパイに入れた隠し味の量は限界ぎりぎり?^^;
映画レビュー「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Help. Movie Tie-Inクチコミを見る◆プチレビュー◆女性たちの勇気と友情に感動する「ヘルプ 心がつなぐストーリー」。真面目なテーマを軽やかに語る演出が好感度大だ。 【75点】 1 ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (悠雅的生活)
女たちの決意。わたしの子供。パイ2切れ。
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (Memoirs_of_dai)
インパクト十分なチョコレートパイ 【Story】 アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイ...
ヘルプ   THE HELP (映画の話でコーヒーブレイク)
ほとんどの人が黒髪に茶色の目という、単一民族である日本人には、人種で差別された経験がなく、 頭でわかっていて「ひどいなぁ」とは思っても、なかなか実感できないのではないでしょうか。 アメリカにいた時、友人のスリランカ人(メッチャハンサムさんでした)からアパ....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (風に吹かれて)
○○食らえ!公式サイト http://disney-studio.jp/movies/help原作: ヘルプ 心がつなぐストーリー (キャスリン・ストケット著作/集英社文庫)作家志望のスキーター(エマ
★ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE HELP 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動の...
試写会「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/3/16、よみうりホール。 2時間26分と長丁場の為か、18:20という中途半端な時刻の上映開始。 かなりの入りというか、ほぼ満席。 開場は17:50だったが、18時には1階席はほぼ満員。 2階席中段に陣取る。 *** エマ・ストーン、ビオラ・デ....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)◇◆the Help  (銅版画制作の日々)
 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 好き度:=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話だと思いますが、私大好きでしたよ。2時間30分弱の...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (pure\'s movie review)
2011年 アメリカ作品 146分 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給原題:THE HELPSTAFF監督・脚本:テイト・テイラー原作:キャスリン・ストケット『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(集英社刊)CASTエマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペン....
ヘルプ 心がつなぐストーリー       評価★★★★90点 (パピとママ映画のblog)
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ。人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の若い白人女性とメイドとして働く黒人女性たちとの友情の軌跡を綴る。...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (りらの感想日記♪)
【ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜】 ★★★★ 映画(祭)(16)ストーリー アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。上流階級に生まれ、黒人メイ
アメリカの母たち〜『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 (真紅のthinkingdays)
 THE HELP  ジャーナリスト志望のスキーター(エマ・ストーン)は大学を卒業し、ミシシッピ 州ジャクソンに帰郷する。彼女を待っていたのは、結婚・出産後、家事と子守を 「ヘルプ」と呼ば...
ヘルプ 心がつなぐストーリー (心のままに映画の風景)
1960年代、ミシシッピ州。 上流階級に生まれ、黒人メイド“ヘルプ”に育てられた作家志望の白人女性スキーター(エマ・ストーン)は、大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月1日(日) 17:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』公式サイト 1960年代、黒人公民権運動やキング牧師の頃、ミシシッピ州の黒人メイド(ヘルプ)の現実を、インタビューを...
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 (みんなシネマいいのに!)
 人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドたちの実
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 未だに終わっていない闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=17 -1-】 「委員長、今日の髪、あっちゃこっちゃ向いてますよ」「今風に動きのある頭にしてみました」「いやいや勝手に動いてますやん」「はい、そうともいいます・・・」。 昨夜は映画をレイトショーで観たので帰宅が遅く、お風呂に入ってちゃんと髪を乾かさずに寝...
『ヘルプ』 (千の天使がバスケットボールする)
女優で作家でもある岸惠子さんの愛娘のデルフィーヌさんがまだ3歳にならない頃、長く滞在していた日本からフランスに戻った時のことだった。 久しぶりに対面した大好きなお手伝いさんの顔を見て、「オランプ、どうして顔が夜になってしまったの」と驚き、一緒にお風呂に...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (こんな映画見ました〜)
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』---THE HELP---2011年(アメリカ)監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス 、オクタヴィア・スペンサー 、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、メアリー・スティーンバージェン...
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 (のんびり。)
〔2011年/アメリカ〕 1960年代。 アメリカ・ミシシッピー州。 人種差別の激しいこの土地では、 「ヘルプ」と呼ばれる黒人のメイドたちは、 白人家族のトイレを使う事さえ禁じられている。 「病気がうつる」などという、 根拠のない流言を信じている者が多い、 遅れた...
ヘルプ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていましたが、実際に見てみると、また予告編では味わえない面白さがあり....
レディスデーとはいえ ほぼ満席!! (たまごのなかみ)
人気作でも席には困らないのが 郊外の嬉しさ♪ って思ってたら、今日は 前から2列目しか空いていませんでした。派手な作品って訳じゃないから ちょっとビックリ☆ 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(4/18 劇場にて) 原題:THE HELP 制作国:アメリカ(2011年) 監...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (食はすべての源なり。)
ヘルプ 心がつなぐストーリー ★★★★☆(★4つ) 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドたちの“心の声”。 つい最近の話なのに...
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 (セレンディピティ ダイアリー)
キャスリン・ストケットの同名のベストセラー小説を映画化した作品、「ヘルプ 〜心が
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 (Cinema+Sweets=∞)
あらすじを観てて、とっても気になっていた作品だったので、この間新宿武蔵野館で観てきました。 平日の昼間の回とはいえ、結構席が埋まっていて、ちょっとびっくり。 こういう作品は女性受けするなーと思...
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 (或る日の出来事)
良心的なヒューマン・ドラマで、笑いも盛り込まれていて、とてもいい。 ジェシカ・チャステインさんの、マリリン・モンロー風キャラも愛らしい!
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで (はらやんの映画徒然草)
黒人差別という社会問題を題材にしながらも、軽妙さ・ユーモアを爽快感も合わせ持つ快
映画:ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (伊八のいろいろ)
映画:ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 2012-4-13(TOHOシネマズ天神) ストーリー:アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (みるき〜うぇい)
原題:THE HELP 2011年度作品/アメリカ 第84回アカデミー賞 助演女優賞受賞(オクタヴィア・スペンサー) 第69回ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞(オクタヴィア・スペンサー) <出演> エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス(「食べて、祈って、恋...
映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.ヘルプ〜心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指揮:テイト・テイラー◆エマ・ストーン(ユージニア・スターキー・フェラ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 The Help (映画!That' s Entertainment)
●「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 The Help」 2011 アメリカ Dream Works SKG,Reliance Entertainment,146min. 監督:テイト・テイラー 原作:キャスリン・ストケット 出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス...
「ヘルプ」 予想と違う重厚感 (カサキケイの映画大好き!)
「ヘルプ」の予告編と黄色のイメージカラーから勝手な想像をしていたようです。 もっと軽やかで、ユーモラスな作品を予想していたのですが、 考えてみれば人種差別を中核に据えた作品ですよね、 軽妙なものになる筈も有りません、 結構ズッシリとそれなりに重さのある...
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (いやいやえん)
白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話には留まらなかったのは良かったように思う。黒人家政婦達...
映画『ヘルプ 心がつなぐストーリー』、丸い女たち (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
忙しさにかまけてすっかり更新が滞ってしまいました。 やっとレビューが再開できそうですが、何せ観てから時間が経っている映画が何本もあります。 そのためしばらくはふだん以上に備忘録というか、覚え書き的な内容になることをご容赦ください。 よろしくおつきあいを...
映画評「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督テイト・テイラー ネタバレあり
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
 先日、私がほぼ毎週チェックしている(見逃すことも多々あり)NHK教育(今はEテレというのだっけ)の「ニュースで英会話」という番組で、先日「公民権運動行進を再現」という回を見たばかりでしたので、この映画のことを思い出しツタヤでレンタルしてきました。 【...
【映画】ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜…二人ともスパイディの彼女だった(ヤッツケ映画観賞記録11) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、大切にしているウォーマシンのフィギュアが埃をかぶっていたので、エアダスターで掃除してあげようとしたら、間違ってゴキジェットプロ(※超強力)を浴びせてしまったピロEKです。慌てて洗いました(植毛されているフィギュアじゃなくて良かった)。 近況報告...