京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『笑う警官』

2009-11-17 00:55:08 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「笑う警官
□監督・脚本 角川春樹
□原作 佐々木譲
□キャスト 大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢

■鑑賞日 11月14日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>


 今回、佐々木譲の原作は読んでいた。
 結論から言うと、原作を読んでいない人はこれでもそこそこ満足できるかもしれないが、
 原作を読んでこの映画を観た人はガッカリするだろう。
 それは、原作の緊迫感や息の詰まる展開や、ラスト付近の分刻み、いや秒刻みの動き、
 そして何よりも刑事の匂いのしないドラマになってしまったこと。
 役者の立ち位置や仕草等は、昔の黒澤作品をなぞったような感があったし、
 何で黒幕の存在が必要だったのか理解し難い。

 なるべく映画を見るまではキャスティングで先入観を持たないようにしたのだが・・・。
 キャスティングの違和感はまず佐伯(大森南朋)。 どうしたんだろう、大森南朋は。
 前作の『
ハゲタカ』では、絶妙の味付けだったのに、当然この映画でもそのテイストを踏襲してしかるべきだったのに。
 何か自由に彼らしい演技が出来なかったのは角川春樹に縛られたのだろうか。
 そして、津久井役の宮迫博之。 僕自身はこの役は最後まで顔を出さずに、
 携帯電話の会話のやり取りや、せいぜい隠れ通して百条委員会に入っていく後姿だけでよかったと思う。
 修羅場をくぐった所謂“戦友”って感じでは全くなかったなぁ(笑)

 おやっと思ったカメオの松ケン君、あんまりその効果なし・・・
 って言うか、カメオ出演なのにしっかりクレジットされていたし(笑)

 おそらく他の監督が撮ったら、もっと面白い作品に仕上がっただろうに・・・。
 当の監督は、150万人動員できなければ映画業界から撤退するそうなので、これは残念ながら撤退の道かな(笑)

 ぜひ、原作者である佐々木譲氏にこの映画の感想を聞いてみたい。

 そして原作を読まずにこの映画を観た方には、ぜひ原作を読んでみて欲しい。
 活字から、この映像で表現出来なかった迫力のあるテンポアップした展開を読み取ることができるだろう。


  少し声質が変わったような気もするのだが、でも、ホイットニーのコンサート行きた~い


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀杏並木/昭和記念公園(09秋) | トップ | 『なくもんか』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作 (うさみ)
2009-11-17 09:51:47
原作のシリーズが割と好きなので、映画も見ようかと思っていたのですが、そうですか・・・。警察官魂、みたいなのが面白い話なのに残念です。
脚本・監督が~ (cyaz)
2009-11-17 12:28:02
うさみさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作のシリーズが割と好きなので、映画も見ようかと思っていたのですが、そうですか・・・。
レンタルまたは地上波で十分です。

>警察官魂、みたいなのが面白い話なのに残念です。
あの緊迫感とテンポはないですよ。
脚本と監督の問題ですねぇ、これは
おっと共に角川春樹だ(爆)?!
スベる警官(笑) (Ageha)
2009-11-17 23:27:29
って、いきなり文句言いたくなる作品でした。
(わわわわわ)

ラスト付近にあった
有り得ないライブシーンは
個人的にあの絵面好きだったんだけどね。

物凄くカッコつけようとしてるのが気になって仕方なかったのね。
で、変な話
原作は面白いんだろうなきっと…って、
思いながら見てた。
…売ってるクセに読んでない~(笑)

松ケン、何のために…。
客寄せ~ (cyaz)
2009-11-18 08:11:41
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>って、いきなり文句言いたくなる作品でした。(わわわわわ)
ですわなぁ(笑)

>ラスト付近にあった有り得ないライブシーンは個人的にあの絵面好きだったんだけどね。
そう?
サックスの指が全く合っていなくて、
まるでライヴ感なし(笑)
もうちょっとしっかり作ればって感じ(怒)

>物凄くカッコつけようとしてるのが気になって仕方なかったのね。 
老いて枯れた角川春樹が、スタイリッシュなもん作れるわけない(笑)

>で、変な話原作は面白いんだろうなきっと…って、思いながら見てた。 …売ってるクセに読んでない~(笑)
そりゃ論外ですなぁ(笑)
原作はもっと面白いし、ラストの展開なんてドキドキするし^^

>松ケン、何のために…。
客寄せパンダですね(笑)
こんにちはー (hito)
2009-11-20 11:02:49
あまりにも原作とテイスト変えすぎでしたよね。あのハラハラドキドキのミステリーはどこにもなくて・・とっても残念でしたー

ラストで急に大物っぽくなっていた黒幕のあの人は一体何だったのかもよく解りませんでした。
あれだけ面白い原作が勿体ないですよね。

こちらからのTBが反映されないようで、すいません。
原作のテイスト~ (cyaz)
2009-11-20 12:32:35
hitoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>あまりにも原作とテイスト変えすぎでしたよね。 あのハラハラドキドキのミステリーはどこにもなくて・・とっても残念でしたー
ホント、原作を読んで観た人はガッカリでした・・・。

>ラストで急に大物っぽくなっていた黒幕のあの人は一体何だったのかもよく解りませんでした。
原作者はあれを評価されていましたが、社交辞令でしょうか(笑)

>あれだけ面白い原作が勿体ないですよね。
是非、他の脚本・監督で観てみたいですね^^

>こちらからのTBが反映されないようで、すいません。
そうでしたか、それはお手数おかけしましたm(__)m
TBありがとうございます。 (しんちゃん)
2009-11-22 21:55:38
TBありがとうございます。
cyazさんのブログを見て、やっぱり原作が見たいと思いました。
(基本的には活字より映像派なので)
迷っていたのですが、原作を知っている方は皆さん、そう言いますね。

大変申し訳ないのですが、角川春樹は過去の人なのでしょうかねぇ。
失敗作~ (cyaz)
2009-11-23 10:29:09
しんちゃんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>cyazさんのブログを見て、やっぱり原作が見たいと思いました。(基本的には活字より映像派なので)迷っていたのですが、原作を知っている方は皆さん、そう言いますね。
あの原作の緊迫感を映像で表現できないのははっきり言って失敗ですね(笑)

>大変申し訳ないのですが、角川春樹は過去の人なのでしょうかねぇ。
まあそうでしょうねぇ(笑)
こけた警官 (猫が好き♪)
2009-11-27 23:15:22
 いやあ。見終わったあとはしばらく狐につままれたような感じがしていたのですが、一週間近く考えて、「駄作です」と声高に言うことにしようかとか思いました。はい。

 んで原作者コメント。
 社交辞令っていうかなんていうか。以前に佐々木譲さんは『まよなかの遠い彼方』を原作だと言い張った若松孝二の『われに撃つ用意あり』でも好意的なコメント出してましたからね(これも目を覆う駄作だった。若松のベクトルに合わないような気もしたが、それ以前に「予算的に作れない物語を映画化しようとするな」的駄作)。
 あの頃はとにかく今なら佐々木譲なんてもう大家になっているんだから「寄稿しません」くらい言えたんじゃないのかなあと思うんだけどなあ。ま、ハルキと仲がいいらしいからつっぱねらんなかったんだろうな。
 ためいき出ちゃいますね。はぁ。
角川監督だから~ (cyaz)
2009-11-27 23:20:06
猫が好き♪さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>一週間近く考えて、「駄作です」と声高に言うことにしようかとか思いました。はい。
そうですよね(笑)

>若松孝二の『われに撃つ用意あり』でも好意的なコメント出してましたからね(これも目を覆う駄作だった。若松のベクトルに合わないような気もしたが、それ以前に「予算的に作れない物語を映画化しようとするな」的駄作)。
なるほど、そういうことがあったんですねぇ?
でも若松孝二のテイストとはこれも異なりそうな(笑)

>あの頃はとにかく今なら佐々木譲なんてもう大家になっているんだから「寄稿しません」くらい言えたんじゃないのかなあと思うんだけどなあ。ま、ハルキと仲がいいらしいからつっぱねらんなかったんだろうな。
角川春樹が監督しちゃったから言えなくなったんでしょうね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
笑う警官 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『追うも警官、 追われるも警官。』  コチラの「笑う警官」は、2002年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントにが書き下ろし、シリーズ累計100万部を売上げている”道警シリーズ”の第1作として最も人気の高い佐々木譲の同名小説を、12年ぶ...
『笑う警官』 (ラムの大通り)
----えっ?これって日本映画ニャの? スウェーデンの小説家の作品に、似たのがなっかったっけ? 「「マルティン・ベック」シリーズだね。 実は、本作の監督でもある角川春樹に誘われた佐々木譲が 同作品へのオマージュともいうべきものを書いた小説『笑う警官』がこの映画...
笑う警官 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。実際に起きた北海道警裏金事件をベースにした佐々木譲の原作。角川春樹監督、大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、大友康平。
笑っちゃいます「笑う警官」 (再出発日記)
今では誰も使っていない古いタイプライターが英語でタイトルを示す。そしてジャズが流れて英語で主要登場人物の字幕が。なんとも古臭いハードボイルド映画っぽい始まり。いやな予感が。話の筋はこんなカンジ。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく...
笑う警官 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
笑う警官'09:日本 ◆監督:角川春樹「時をかける少女」「REX 恐竜物語」「天と地と」◆出演:大森南朋 、松雪泰子、宮迫博之、大友康平、忍成修吾 ◆STORY◆札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に...
「笑う警官」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は、実際に北海道警で起った組織ぐるみの汚職事件を元に書き下ろされた本格ミステリーサスペンス。そう聞くだけでとても興味が湧いたが、映画をより楽しむためにもあえて未読のまま鑑賞した。大森南朋、松雪泰子
笑う警官 (映画通の部屋)
「笑う警官」製作:2009年、日本 122分 製作、監督、脚本:角川春樹 原作:
笑う警官 (シネマDVD・映画情報館)
北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々木譲による同名ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。ヒットメーカー角川春樹が 11年ぶりにメガホンを取り、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しようと奮闘する刑事た...
笑う警官 (yoko's cinema & book diary)
 ☆☆+0.5札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。現場には北海道警察幹部がやってきた。さらにはすぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋...
笑う警官 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
角川春樹が11年ぶりにメガホンを取ったことが話題のサスペンスだが、社会性より娯楽性が際立つエンタメ映画になっている。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見される。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令までも下される。一連の...
「笑う警官」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「笑う警官」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 ポイントが貯まっていたので、無料で観れました(^^♪。 この作品、脚本・監督が角川春樹御大なので、いやな予感が、というか観る前から諦めの境地みたいに...
笑う警官 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
北海道で問題になった裏金問題はその後全国に広がり、各県の警察本部で浮き彫りになった。そして、退職者を含めて総額何億円も返還した。そして、いまや政権が変わり、そんな裏金どころか予算の組み方まで抜本的な変更が行われようとしている。もう当局に遠慮することはな...
笑う警官 (LOVE Cinemas 調布)
原田知世の『時をかける少女』以来12年ぶりの角川春樹監督作品。原作は佐々木譲による同名小説。無実の罪を着せられた警察官を救うために立ち上がった刑事たちの活躍を描いたクライムサスペンスだ。主演は『ハゲタカ』の大森南朋。共演に『クヒオ大佐』の松雪泰子、「...
笑う警官 (花ごよみ)
以前実際にあった、 北海道警裏金事件が、 ベースになっています。 警察内の暗部をさらす作品。 佐々木譲作「道警シリーズ」の 第1作目の映画化。 主演は大森南朋、 共演には松雪泰子、宮迫博之…。 監督は角川春樹。 脚本・製作も彼が手がけています。 映画化を楽...
映画:笑う警官 (ぱたぱたぱ~だでグー!)
笑う警官 ←クリックでオフィシャルサイトへ 【コピー】 追うも警官、 追われるも警官。 【キャスト&スタッフ】 監督・脚本:角川春樹 原作:佐々木譲 出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之 【作品情報】 ジャンル:ドラマ 製作年:2009年 製作国:日本 配給...
笑う警官 (だらだら無気力ブログ)
北海道警察で起きた汚職事件を基に書かれた作家・佐々木譲の同名ベスト セラー小説を映画化したクライムサスペンス。 角川春樹が12年ぶりにメガホンを取った意欲作。 女性警官の殺害事件を発端に一人の警官に無実を罪を着せようとする道警 上層部に反して殺害事件の真...
『笑う警官』 (『映画な日々』 cinema-days)
百条委員会に裏金に関する証言をする為 召喚された刑事に殺人容疑が掛けられた。 射殺許可まで下された同僚を救うには 15時間以内に真相を明...
★笑う警官(2009)★ (CinemaCollection)
追うも警官、追われるも警官。上映時間122分製作国日本公開情報劇場公開(東映)初公開年月2009/11/14ジャンルドラマ/犯罪/サスペンス【解説】北海道警察の汚職事件をヒントに人気作家・佐々木譲が書き下ろした“道警シリーズ”第1作の同名小説を映画化したクライム・サ....
あんまり笑えなかった「笑う警官」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
警察の不正を証言することになった津久井が、警察から殺人のぬれぎぬを着せられ、危険人物としての射殺命令まで出る。津久井と縁浅からぬ佐...
「笑う警官」 日本独自のハードボイルド (はらやんの映画徒然草)
最近、ミステリー小説では「警察もの」というジャンルが元気がいいです。 以前に紹介
映画 「笑う警官」 (ぷくの日記)
【キャスト】大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、大友康平 【あらすじ】ある日、札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。その女性は、ミス道警と呼ばれた美女で、かつての交際相手であった巡査部長・津久井(宮迫博之)...
映画『笑う警官』 (闘争と逃走の道程)
 “THE LAUGHING POLICEMAN”という英題がタイプライターで打ち出されるオープニングからして、めちゃくちゃお洒落なこの映画。そんなに話題作って...
「笑う警官」 (みんなシネマいいのに!)
 北海道を舞台に、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しよ
笑う警官 (勝手に映画評)
佐々木譲原作の北海道警シリーズ第一弾。実際の北海道警裏金事件にインスピレーションを得て原作は描かれており、警察の奥底に巣食う暗部を描いている。元々は「うたう警官」と言うタイトルで原作は出版されていたが、映画化に際して原作の方も「笑う警官」に改題し、文庫...
2009-92『笑う警官』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-92『笑う警官』(更新:2009/11/23) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) これは、面白いですね。 大森南朋の主演のサスペンスドラマです。 北海道警察本部の話として描かれているが警察は人の...
「笑う警官」丸ノ内TOEI1にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
さて、1日お休みで昼から外出してれば映画一本で終われるわけがありません浅草観光もせず、そのまま銀座に出ました東映の株主優待券(11月分)を使って、丸ノ内TOEI1で「笑う警官」を観てきました「北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々...
角川春樹『笑う警官』を見てきた (鉄道のある風景weblog)
 佐々木譲原作/角川春樹脚本・監督の『笑う警官』を見てきた。なんかものすげえ釈然としませんでした。ものすげえ釈然としなかったもので4日ほど考えてしまいました。  ようやくまとまったので書く。ま、こんなところだろうと思う。  佐々木譲のどこが凄いのか。...
笑う警官 (Diarydiary!)
《笑う警官》 2009年 日本映画 札幌市内のアパートで女性巡査が亡くなる、その
笑う警官 THE LAUGHING POLICEMAN (七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba)
追うも警官、 追われるも警官。 「マルティン・ベックシリーズ」の警察小説と同名だが、この映画は北海道警察で実際に起こった汚職事件(北海道警裏金事件)を基に、腐敗した警察の裏事情を...
自己満足なハードボイルド?~「笑う警官」~ (ペパーミントの魔術師)
全然関係ないDVDですが86年の角川映画より 「キャバレー」を持ってきました。 キャバレー 初回限定生産エディション [DVD]栗本薫 おすすめ平均 ホステス役の三原順子ハードボイルドです!レフトアローンの旋律が胸に突き刺さる豪華すぎるキャスト!Amazonで詳しく見る...
笑う警官 昔っぽいハードボイルドさを漂わしているが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 71 -13- 1ヶ月フリーパスポート=20 】 この映画、上映時間の関係で、先々週にわざわざ京都の二条まで観に行ったけど、なんでこんなとこにこんなシネコンを作ったんだろうってのが感想、経営的にやっていけているのかな?  札幌市内のアパートで女性警官の変死体が...
笑う警官(映画館) (ひるめし。)
追うも警官、追われるも警官。
笑う警官 (いい加減社長の映画日記)
角川春樹監督がどうしようもなく気になって。1週間遅れで「笑う警官」を鑑賞。この記事は、さらに2週間遅れ^^;「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「笑う警官」は、小さなスクリーンで、10人前後。【ストーリー】札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見され...
笑う警官 (愛猫レオンとシネマな毎日)
北海道警察で起きた、ある汚職事件を元に書かれた同名小説の映画化です。 原作者、佐々木譲の道警シリーズ第1弾の「笑う警官」は、汚職を闇に葬ろうとする 警察組織VS真実を突き止めようとする警官たちの攻防戦を描いた社会派ドラマです。 良くも悪くも角川春樹...
『笑う警官』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
佐々木譲の<道警シリーズ>1作目を、製作と脚本を兼務した角川春樹が12年ぶりにメガホンを取って映画化した作品です。 裏金疑惑で揺れる北海道警。その最中に婦人警官の変死体が発見され、その元交際相手だった津久井巡査部長が被疑者と断定される。更に津久井は覚...
笑う警官 (映画鑑賞★日記・・・)
2009/11/14公開日本122分監督:角川春樹出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢、矢島健一、鹿賀丈史追うも警官、追われるも警官。北海道警察による組織ぐるみの裏金工作疑惑が浮上する。その真偽を問うべく現職警官が証...
喪中映画評「笑う警官」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・角川春樹 ネタバレあり
笑う警官@映画 (徒然なるサムディ)
リンクさせていただいている佐々木譲さんの原作の映画化だけに 本日の初日は、昨年から楽しみにしておりました。 <珍しく、ネタバレはありません。安心してお読みください。> 主人公佐伯たちの裏捜査本部がおかれる 「JAZZ&BAR  BLACK BIRD」 は映画ではすすき...