京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ハゲタカ』

2009-06-08 12:39:52 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ
□監督 大友啓史
□原作 真山仁
□脚本 林宏司
□キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、
       柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー

■鑑賞日 6月6日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
久しぶりに男くさい骨太の映画を観た。 それは物語の展開にスキがなく、冒頭から引き込まれていった。

 サブプライムローン問題や派遣切り等、現在問題となっている社会現象を織り込み、そこには人脈と金、
 さらに潜在的に絡む国際関係を踏まえ、見事なマネーゲームの表と裏を焙り出している。
 
 特に鷲津を演じる大森南朋と、「赤いハゲタカ」と呼ばれる劉一華(リュウ・イーファ)演じる玉山鉄二の
 静かながら内面的でエネルギッシュな対決が目を引きつける。 それは成功という陰に潜んだ、互いの
 幼い頃のトラウマと、それを反発と憧れにして、のし上ってやろうとする野望すらギラギラする。
 そこに松田龍平あたりも絡んで、いい意味で若さでのし上った連中のマネーゲームへの斬新な手口と
 冷徹な戦略を構築させ、相手を蹴落としていく。

 それをサポートする役者陣にもスキはない。 スクリーンでは久しぶりに観たような気がする柴田恭兵や、
 やや世襲で能力もない社長に遠藤憲一。 昔はみんな同じ穴の狢だったのかもしれないが、意外に
 外資系企業には、そこを巣立って自らがトップとなり活躍し、どこかで協力し合える図もしっかり背景として描いている。

 ただ、栗山千明だけはミスキャストではなかったのか。 原作は読んでいないのでわからないが、キャスターとして
 真相を追究するにしてはその力量を感じず、まして父の死に直結する相手ながら、何の手立てもなく流されて
 しまうのでは、正直彼女を使う意味がどこにあったのか理解しがたい。

 莫大な金のやり取りの反面、人としての同じ血が流れる人間の温かさと儚さをもラストシーンでは照らし出す。
 しかし戦いが終わっても、そこには死者が向こうの世界で困らないように家族や親戚が紙幣を燃やして送る
 様子があまりにももの悲しい。

  嘗て観た『金融腐食列島』が脳裏に浮かんだ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『インスタント沼』 | トップ | 11回目の結婚記念日 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん (miyu)
2009-06-08 13:45:24
これは骨太でしたよね~。
昨年では「クライマーズ・ハイ」なんてのもありましたが、
やっぱり男臭い骨太な社会派作品は貴重なので、
頑張って欲しいですよね!
映画館は結構年配の方中心に入ってはいたのですが、
みんなやたらとトイレ?席に立つのが気になっちゃいました。
TOBって何? (Ageha)
2009-06-08 15:53:38
っていう状態で
行くか普通(笑)

原作もドラマも未見
予備知識なし
基礎用語知らん(ええっ)

こんな無謀な鑑賞でこんなに満足するとは思わなかった。

人間ドラマだけでも十分感動できる。

ぁでもやっぱり
少しは予習しとくんだった…(笑)
老人対策~ (cyaz)
2009-06-08 17:38:27
miyuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>これは骨太でしたよね~。 
そうでしたね^^

>昨年では「クライマーズ・ハイ」なんてのもありましたが、やっぱり男臭い骨太な社会派作品は貴重なので、頑張って欲しいですよね!
なかなか興行的な事を考えると作品数は減ってしまうのですが、こういう『ハゲタカ』のようにわかりやすければいいと思うのですが(笑)

>映画館は結構年配の方中心に入ってはいたのですが、みんなやたらとトイレ?席に立つのが気になっちゃいました。
これはこれからシネコン等は考えていかなければならない問題ですね~ 老人社会になるのですから(笑)
予習よろしゅう~ (cyaz)
2009-06-08 17:41:36
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作もドラマも未見 予備知識なし 基礎用語知らん(ええっ) こんな無謀な鑑賞でこんなに満足するとは思わなかった。
ということはいつも鉄壁の防御で(笑)?
脳みそ、熊に食わせたらあきまへんで(爆)?!

>人間ドラマだけでも十分感動できる。
うん、そこがないとね、この手は!

>ぁでもやっぱり少しは予習しとくんだった…(笑)
専門的ではありましたが、わかり易い内容だと思ったのですが・・・。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-09 22:37:33
TB有難うございました。
ドラマの大ファンのため、公開前に
再度、ドラマを鑑賞して臨みました。
現在の経済状況をリアルに反映しており、
ドラマでの脚本の高さ、役者の演技力
演出どれも最高の出来でした。
この作品は、観終わったあとに考えさせれます。
夢や希望を語るリーダー・・・
周りにいるのかなぁ、そんな人(笑)

復習と予習~ (cyaz)
2009-06-11 08:41:33
シムウナさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ドラマの大ファンのため、公開前に再度、ドラマを鑑賞して臨みました。
復習と予習になりましたね!

>現在の経済状況をリアルに反映しており、ドラマでの脚本の高さ、役者の演技力演出どれも最高の出来でした。
ホント、久々に隙のない映画を観ました!

>夢や希望を語るリーダー・・・周りにいるのかなぁ、そんな人(笑)
うーん、難しい問題ですね~
TBありがとうございました (sakurai)
2009-06-12 09:25:40
なかなか見ごたえのあるドラマでしたね。
経済を題材にするのは、難しいのですが、時宜にあった見事な脚本だったと思います。
そして、盛り上げるあの音楽がまたいいんですよね。

栗山千明演ずる記者ですが、鷲津との確執はTVシリーズの大きな要素で、確執も、和解(まではいかないけど、まあ和解かな・・)も、かなりの時間を割いてましたので、TVシリーズ見てないと、その辺の経過はちょっとわからないでしょうかね。
TVシリーズは、やはり6回で描いただけあって、とっても丁寧で、こちらは、十二分に見ごたえありました。
芝野と鷲津の関係が、今回の鷲津と劉の関係に投影されてましたが、2時間で収めるより、6回くらいのシリーズたっぷり見せてもらってもよかったかもです。
確執~ (cyaz)
2009-06-12 12:25:20
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>経済を題材にするのは、難しいのですが、時宜にあった見事な脚本だったと思います。
ホント、仰るとおりでしたね!
比較的わかりやすかったと思いますが^^

>そして、盛り上げるあの音楽がまたいいんですよね。
ですね~

>栗山千明演ずる記者ですが、鷲津との確執はTVシリーズの大きな要素で、確執も、和解も、かなりの時間を割いてました
そうだったんですか・・・。
じゃあ再放送のリクエストせねば(笑)

>TVシリーズは、やはり6回で描いただけあって、とっても丁寧で、こちらは、十二分に見ごたえありました。 芝野と鷲津の関係が、今回の鷲津と劉の関係に投影されてましたが、2時間で収めるより、6回くらいのシリーズたっぷり見せてもらってもよかったかもです。
なるほど。やはり映画の2時間枠でははしょるしかないでしょうしね。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-06-14 23:28:55
男くさいドラマもいいですし、相対する男二人のビジュアルも最高でした!
できればドラマでじっくりと見たいな~とも思いましたが・・・。
過去も~ (cyaz)
2009-06-15 12:43:25
ミチさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>男くさいドラマもいいですし、相対する男二人のビジュアルも最高でした!
そうでしたんね^^
玉鉄クン、いいですね~

>できればドラマでじっくりと見たいな~とも思いましたが・・・。
僕もそう思います。
じっくりと彼らの過去もあぶりだしながら・・・。
TBありがとうございます (de-nory)
2009-06-17 07:17:08
cyazさん。いつもありがとうございます。
なかなか、しかりと作り込まれた作品だったと思います。
主演は玉山鉄二でしょう。と思えるくらいの演技でしたよね。
玉鉄クン~ (cyaz)
2009-06-17 08:43:04
de-noryさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なかなか、しかりと作り込まれた作品だったと思います。主演は玉山鉄二でしょう。と思えるくらいの演技でしたよね。
仰るとおりですね!
玉鉄クン、大きな役者に成長して欲しいですね~

栗山千明は (いりりん)
2009-07-04 16:56:07
栗山千明はシリーズからの延長だったらしいですが、
ちょっと演技が若すぎて浮いていたような気がします。
玉鉄は良かったのですが、
あの作ったような前髪が気になって気になって・・・(笑)
玉鉄~ (cyaz)
2009-07-05 13:46:33
いりりんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>栗山千明はシリーズからの延長だったらしいですが、ちょっと演技が若すぎて浮いていたような気がします。
そうですね^^

>玉鉄は良かったのですが、あの作ったような前髪が気になって気になって・・・(笑)
それがいいのかどうかは好みの問題でしょうが、彼、上手くなりましたね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハゲタカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き...
「ハゲタカ」みた。 (たいむのひとりごと)
2007年NHK土曜ドラマにて「全6話」が放送され、その後BS・地上波併せて何度となく再放送されるほどに世間の支持を得ていたドラマの映画化。私は何度目かの再放送ですっかりはまり、その後が描かれるという
映画「ハゲタカ」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...
映画感想『ハゲタカ』 良くも悪くもTV版と同じだよね。 (レベル999のマニアな講義)
内容バブルが崩壊した日本かつて、その日本企業を買い叩き“ハゲタカ”と呼ばれた男がいた。その男の行動は、日本企業を戦々恐々とさせるだけでなく、それまであった馴れ合いの企業体質を合理化させるなど、残したのは負の遺産だけではなかった。男自身も多くの犠牲を払い...
ハゲタカ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 中国系ファンドの有効的企業買収の裏に隠された真実とは
ハゲタカ (Diarydiary!)
《ハゲタカ》 2009年 日本映画 日本マーケットに見切りをつけた鷲津、しかしア
「ハゲタカ」 金のない不幸 (ももたろうサブライ)
NHKドラマの劇場版監督 大友啓史少しあらすじ投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野...
「ハゲタカ」:新宿駅西口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}新宿駅のすぐ近くにも、こんな横丁がまだあるのか。 {/hiyo_en2/}世間の繁栄から取り残されたような、その名もわびしい、思い出横丁・・・。まるで、あなたみたい存在ね。 {/kaeru_en4/}どうせ、おいらは世間のつまはじきモンよ・・・って、お前も痛いとこ...
『ハゲタカ』 (ラムの大通り)
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。 一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。 「うん。これはまさしくそれ。 現代社会の根底をなす経済構造を描いている。 ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、 世界でも権威のある国際番組コン...
ハゲタカ (勝手に映画評)
NHKの人気テレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。TVシリーズの4年後と言う設定。2008年9月のリーマン・ショックの要素もストーリーに取り入れるため、当初予定の2009年5月公開よりも遅れての公開となった。アカマ自動車はホンダ、スタンリー・ブラザースはリーマン・ブラザー...
「ハゲタカ」 世の中は金、でも金だけでもない (はらやんの映画徒然草)
原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に
「ハゲタカ」プチレビュー (気ままな映画生活)
ここ数年のドラマでは群を抜いて面白いと感じた「ハゲタカ」 最近は、恋愛ものなど決まったパターンを役者を感じて 演出している気がしていたけど、経済という観点を切り口に 経済用語もほとんど知らないが、魅了されていった。
ハゲタカ (LOVE Cinemas 調布)
真山仁の同名の人気小説をNHKがドラマ化して大ヒット、本作は続編にあたる「レッドゾーン」を映画化。TVドラマはアメリカのハゲタカファンドが相手でしたが今作は中国の“赤いハゲタカ”が相手です。出演者は主演の大森南朋はじめ、栗山千明、松田龍平、中尾彬、柴田...
『ハゲタカ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。 映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。 か...
「ハゲタカ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ハゲタカ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史、他 *監督:大友啓史 *原作:真山仁...
ハゲタカ■人間が描けていない映画が印象に残るわけがない (映画と出会う・世界が変わる)
極めて今日的な題材の作品で、タイムリーな作品なのであるが、見終わって何も残らない。外資による株の買占めから始まるのであるが、そこから何のドラマも起きない。何故かというとこの物語では人間が全く描けていないからである。この作品を見ると、「仁義なき戦い」が、...
[映画『ハゲタカ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆観終えて考えてみるに、クライマックスで、主人公・鷲津が仕掛けた「プチ・バブル崩壊」作戦は、斬新な手であったが、物語自体は至ってシンプルな、経済分野の映像作品や小説にはよく見られる展開だったと思う。  いや、スポーツと同じで、表面上は、同じ様相を見せる...
ハゲタカ (だめ男のだめ日記)
「ハゲタカ」監督大友啓史出演*大森南朋(鷲津政彦)*玉山鉄二(劉一華)*栗山千明(三島由香)*高良健吾(守山翔)*遠藤憲一(古谷隆史)*松田龍平(西野治)*中尾彬(飯島亮介)*柴田恭兵(芝野健夫)内容投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買い...
【映画】ハゲタカ (新!やさぐれ日記)
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森...
*ハゲタカ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2009年  日本 鷲津政彦は、ニューヨークの敏腕ファンドマネージャーとして鳴らした後、1998年に日本に帰国。以来、投資家から募った資金をもとに、徹底した合理主義で幾多の企業を買い叩き、“ハゲタ...
【映画評】<!-- はけたか -->ハゲタカ (未完の映画評)
名作テレビドラマ『ハゲタカ』を映画化した骨太な社会派経済ドラマ。
ハゲタカ 鳶にあぶらげ? (労組書記長社労士のブログ)
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普...
ハゲタカ (とりあえず、コメントです)
テレビドラマの時から面白いとドキドキしながら観ていたシリーズです。 グローバルな社会の中で行なわれるマネーゲームと企業買収の物語は今回も激しかったです。
映画「ハゲタカ」 追記 (ice-coffee)
今日 観てきました~ 映画「ハゲタカ」!いや~~~まったく渋いです~ 鷲津さん^^ 感想を追記しました(2009 6/10)
ハゲタカ■面白くない人たちが生きている時代の面白くない映画 (映画と出会う・世界が変わる)
昨日の日記ではかなり酷評したが、もしかしたら、これには製作者たちの資質以外にも原因があるのではなかろうか。監督も脚本家も、実際の経営者やファンドマネージャーなどを取材したに違いない。その際に彼らから強烈な個性や野心などが感じられなかったとしたら。良い、...
『ハゲタカ』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:大友啓史原作:真山仁出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>鷲津政彦(大森南朋)は、ニューヨークの敏腕ファンドマネージャーとして鳴らした後、19...
劉一華の願い。~「ハゲタカ」~ (ペパーミントの魔術師)
一応玉鉄扮する劉一華は、日本を買い叩く立場で来日し、 ホワイトナイトとして舞い戻ってきた鷲津を とことん苦しめる役だったわけですが。 実はホントに車好きだったんだな~ってのがわかると あの末路はあまりにも悲しくて 切なかったですね・・・。 あとね、 派遣工...
ハゲタカ (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画 ドラマにどっぷりはまり心待ちにしていたハゲタカ見てきました。 パンフレットの他に販売していたグッズが、西野旅館の手ぬぐいと、各社(鷲津ファンドとか・・)ステッカー・・って売れるのだろうか?そんなことはさておき いやー面白かった日本と...
ハゲタカ 鳶にあぶらげ? (労組書記長社労士のブログ)
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普...
ハゲタカ  ROAD TO REBIRTH  会社って何さ? (映画の話でコーヒーブレイク)
前々から「お買い物中毒な私」を見ようと思っていたのに・・・ 今日は一日フリ~{/hearts_pink/}ってことで、2本見れるぞ! ラブコメより見応えありそうな映画、大スクリーンで見た方が良い映画を見たい!!! ってことで急遽変更{/goo/} 「ハゲタカ」と「スタートレッ...
ハゲタカ (迷宮映画館)
さまざまなものを包括しすぎのきらいもあるが、その意気やよし。
ハゲタカ (花ごよみ)
NHKテレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。 テレビでおなじみのメンバーだった、 柴田恭兵、栗山千明、松田龍平等も 今回再結集です。 登場人物にまた会える。 そんな期待を胸に、 映画を楽しみにしていました。 主役はテレビと同じく、 ハゲタカと呼ばれている、 鷲津政...
ハゲタカ (だらだら無気力ブログ)
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日...
レビュー:ハゲタカ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][経済ドラマ][エンターテイメント][テレビドラマ映画化][実写][邦画][スコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ ドラマ性:★★★★☆ 引きつけ度:★★★★☆ 監督: 大友啓史 出演: 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中...
ハゲタカ (CASA GALARINA)
★★★★☆ 2008年/日本 監督/大友啓史 <TOHOシネマズ梅田にて鑑賞> 「両雄対決にひたすら見惚れる」
映画「ハゲタカ」 (FREE TIME)
先日、映画「ハゲタカ」を鑑賞。
ハゲタカ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!&nbsp;2009年/日本監督:大友啓史出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、松田龍平、中尾 彬、柴田恭兵・・・
「ハゲタカ」 (再出発日記)
大きなネタバレがあります。誰かかが言った。前回のテレビ版の芝野と鷲津の関係が、今回は鷲津と劉との関係に移し替えられていると。そうやって、同じテーマを何度もなぞることで(展開が少しづつ変わっていくことで)、「金をめぐる悲劇」ということの意味を浮き上がらせる...
「ハゲタカ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
ハゲタカと呼ばれた男が再び日本に舞い戻る。
映画 【ハゲタカ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハゲタカ」 07年のNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」(全6話)の劇場版。TV版を演出した大友啓史の監督デビュー作になる。 おはなし:投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は...
映画「ハゲタカ」 (Serendipity !)
 6月13日、映画「ハゲタカ」を観た。“ハゲタカ・ファンド”をテーマした2007
「ハゲタカ」少しネタバレ含むかも・・感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ドラマが大好きだったので、映画も見て来ちゃいました。レンタルまで待とうと思っていたんだけど・・・・^^
ハゲタカ (かりんのつれづれなるblog)
ハゲタカをみてきました。 見るまで知りませんでしたが、NHKでドラマ化したものの
期待と少し違った……「ハゲタカ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}鷲津(大森南朋)は、企業を買いたたくファンドマネージャーとして「ハゲタカ」の異名を取るほど有能。そんな鷲津のもとへ因縁浅からぬ芝野(柴田恭兵)が、日本を代表する自動車会社を買収の危機から救ってほしいと頼みにくるのだが……{/映画/} ドラマの時...
ハゲタカ (墨映画(BOKUEIGA))
「この先どうなるのだろう。」 マネー戦争を扱った作品で、相手の裏をかき、作戦を練る。 テンポもいいのであっという間の130分だ。 TVドラマ観ていない私。知らなくても大丈夫。 ドラマ知っていると、楽しめるポイントはあるのかも知れないが…。 前半は、中国系フ...
ハゲタカ (ドン子の映画とディズニー三昧)
メディア: 映画 上映時間: 134分 製作国: 日本 公開情報: 劇場公開(東宝) 初公開年月: 2009/06/06 ジャンル: ドラマ こんな国に、誰がした。 破壊者か? 救世主か? (allcinemaONLINEより) ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 先日ドラマの再...
【ハゲタカ】 (日々のつぶやき)
監督:大友啓友 出演:大森南朋、柴田恭平、玉山鉄二、栗山千明、遠藤憲一、高良健吾、松田龍平    こんな国に、誰がした。 「日本の大手自動車メーカーアカマが中国に狙われた。 劉一華が代表のブルー・ウォール・パートナーズという無名のファンド会
ハゲタカ(日本) (映画でココロの筋トレ)
上映時間がちょうどよかったから「ハゲタカ」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵 上映時間:125分  【ハゲタカ】の異名をとっていた鷲津(大森南朋)は、相変わらず閉...
映画「ハゲタカ」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
鷲津さんが眼鏡を「カチ☆」とかける(←ここ重要)と「ハゲタカ」の顔になるのですよね!!!・・・それを見ただけで、ワクワクしてしまいました(ノ∀`)タイトルに妙なオマケを付け過ぎる、昨今の風潮には乗らずに、タイトルは「ハゲタカ」だけ!!ここだけで....
ハゲタカ (いい加減社長の映画日記)
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は、もちろん観たいんだけど。 レイトショーのスタートが22時と遅かったので、とりあえず「ハゲタカ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、かなり多め。 「ハゲタカ」は、小さめのスクリーンで、8割程度か。 【ストーリー】 徹底した...
映画「ハゲタカ」 (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の...
ハゲタカ (TRUTH?ブログエリア)
原作: 真山仁「ハゲタカ」「ハゲタカII」「レッドゾーン」 監督:大友啓史映画 
ハゲタカ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハゲタカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年56本目(52作品)です。 閉鎖的な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送っていた鷲津政彦(大森南朋)。 そんな彼のもとへ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」の...
映画「ハゲタカ」 追記 (ice-coffee)
今日 観てきました~ 映画「ハゲタカ」!いや~~~まったく渋いです~ 鷲津さん^^
09-40「ハゲタカ」お前こそ誰だ~1200円~ (いりりんの育児映画人生)
ドラマ見てなくても話にはついていけました~♪ でも、柴田恭兵主演だと思っていた私はびっくり。 そっか、タイトル禿げたか、じゃないハゲタカだもんね。 でも大森南朋、お前こそ誰だ?って感じ~。 経済ネタを分かりやすくドラマチックに仕上げたのは見事で、 2時...
映画「ハゲタカ」 (make myself just as hard)
映画「ハゲタカ」(2009年・日本)2007年放映の素晴らしいNHKドラマ「ハゲタカ」が、とうとう映画化された。TVドラマでは外資による日本買いが描かれたが、時代は移ろい、かつて日本を買い叩いた米国資本が今では凋落している。そこに台頭しているのは巨大な中国資本だ...
【ハゲタカ】金のない悲劇、金のある悲劇 (映画@見取り八段)
ハゲタカ 監督: 大友啓史 出演:  大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭兵、松田龍平       公開: 2009年6月 平成19年2月よ...
ハゲタカ (こんな会社でごめんあそばせ)
★★★★ 早く見ないと終わっちゃう!ということで思い立って見に行ってまいりました 監督:大友啓史 原作:真山 仁 出演:大森南朋 玉山鉄二 栗山千明 柴田強兵 松田龍平 ストーリー 中国系巨大ファンドが日本の大手自動車メーカー「アカマ自動車」の
ハゲタカ (シネマDVD・映画情報館)
“企業買収”という斬新なテーマ、現実の経済界の動きをダイナミックに取り入れたストーリーが大反響を巻き起こしたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。世界でもっとも権威ある国際番組コンクール「イタリア賞」を始め、国内外で数々の賞を受賞したドラマが、スクリー...
ハゲタカ (とにーのブログ)
非常に見応えのある作品でした。今の日本経済に警鐘を鳴らしています。 中国の台頭、派遣問題、格差社会、世界同時不況、など興味ある人にと...
映画 ハゲタカ (単館系)
まさに今の日本の経済状況が見え隠れするかな? TOBというとライブドアの話が有名ですが、この映画ではクルマの販売会社に 対するものでし...
「ハゲタカ」 社会を冷笑したい時に (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「ハゲタカ」  資本主義を嗤うエンターテイメント。     【原題】 【公開年】2009年  【制作国】日本  【時間】134分  ...
「ハゲタカ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
NHKのドラマの方は、ちょこっとしか見たことがなかったんですが・・
ハゲタカ (paseri部屋)
「ハゲタカ」(2009)を観ました。監督:大友啓史出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵<内容>世界金融危機前夜。日本のマーケットに絶望し、表舞台から姿を消した天才ファンドマネージャー・鷲津の元に、かつての盟友・芝...
映画版『ハゲタカ』 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、大友啓史監督、林宏司脚本、真山仁原作、大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵出演。 ≪DVD観賞≫
ハゲタカ (悠雅的生活)
“彼”とは、決定的に何かが違う。
映画評「ハゲタカ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり
ハゲタカ  (Yuhiの読書日記+α)
企業買収をテーマにした壮絶なマネーゲームを描いて大反響を呼んだNHKテレビドラマ「ハゲタカ」の劇場版。監督は 大友啓史、キャストは大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、柴田恭兵他。 <あらすじ> 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き...
映画・ハゲタカ (お花と読書と散歩、映画も好き)
ドラマを観た人も観ていない人も 少しは日本いや世界経済に興味のある人は観てみましょう ハゲタカ・鷲津vs赤いハゲタカ・劉一華 監督はドラマと同じく大友啓史さん まさしくドラマの続編でした ドラマでは芝野vs鷲津...
ハゲタカ (のほほん便り)
ドラマは途中から見たので、今ひとつ、微妙な機微部分が分からず、「いっそ、映画で、おさらい。総集編」と甘いことを考えてたら… また別物、というか、ドラマの延長線上にある物語だったのですね (^^;)ゞでも、なかなかに見応えある作品でした。偶然、まっさん、こと...