京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『なくもんか』

2009-11-18 08:38:32 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「なくもんか
□監督 水田伸生
□脚本 宮藤官九郎
□キャスト 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、
       片桐はいり、鈴木砂羽、竹山隆範、高橋ジョージ

■鑑賞日 11月14日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 阿部サダヲ、クドカン、水田監督とくれば、そうあの迷(名)作、
舞妓Haaaan!!!』を思い出す。 ま、スタッフも同じだけど(笑)

 下町のハムカツ屋を中心に繰り広げられる人情ストーリーだが、
 そこは不幸な境遇ながら、それをバネに何でも引き受けてしまう兄・祐太に阿部サダヲ。
 そして、祐太の別れ別れになった弟・祐介に瑛太。
 ハムカツ屋の初代店主の一人娘・徹子に竹内結子と異種格闘技戦のような様相(笑)
 そして兄弟と偽り漫才コンビで売れ出した瑛太とコンビ組む大介を演じる塚本高史。
 売れそうにない漫才コンビとしてなかなかいい組み合わせだし、ハマっていた(笑)
 おまけに徹子の母をいしだあゆみ演じるが、これがまた予告でも流れていたが、
 いいボケをかましてくれる 今どき、グラサンだけで「お昼休みは~ウキウキ
 ウォッチング~」のタモリなんてのもシャレきつい(笑)

 それに、良し悪しは別にして、光石研さんもここのところ彼が出ていない
 邦画はないくらいだなぁ(笑) 伊原剛志もファンキーな頭にアウトローで
 良かったなぁ(笑) おひょい(藤村俊二)さんの使っていた携帯も懐かし~~いぃぃぃ。
 肩から下げてない分、新らし目だったけど、調べてみたらあのタイプは1993年頃
 のもの。 僕が携帯電話を持ってから約14年経つので、たった2~3年で
 あの大きさから手のひらサイズにダウンサイズしたんだなぁ・・・。

 人間味あるストーリーの中に、現代における社会問題もしっかり提起し、
 阿部サダヲの特徴と特技を活かし、
 しっかり笑わせ、しっかり泣かせる下町人情テイスト一杯の映画に仕上がっていた。
 クドカンの脚本、阿部サダヲの主演、そして水田監督のタッグは今回も決して
 裏切らない ハートウォミーングな映画を提供してくれた。

 ここにほ、そこまではタイムスリップしていないけど、
 昭和の人情話は『
ALWAYS 三丁目の夕日』や『ALWAYS 続・三丁目の夕日』と
 共通項があった。

 あの竹内結子のビンタやケリは本気だったような(笑)
 遠まわしに誰かへの復讐がこめられていたりして(笑)
 出たがりグドカンが出てこなかったのはチョット残念だけど・・・。

 主題歌を歌ういきものがかりの「なくもんか」、合っていたけど、
 映画の始まる前に何度もリフレイン・・・ちょっと飽きたりして
 でも・・・
  
   
    
涙のかずだけ 笑顔があるんだ
     そう わかっているはずなのに
      君の前では なぜか強がるよ
       まだ素直にはなれなくて
        悲しい出来事や 嬉しい出来事も
         そう つながれたらいいのに
          そうやってぼくらは ひとつひとつね
           心を 拾っていくんだ
                        (詞・曲:水野良樹)


  そう、ハムカツといえば・・・
  小学生の頃、珠算教室に通っていたとき、その前にお腹が減るので
  必ず近所の惣菜屋で買って食べていた。
  この映画のように、そして今売っている立派な厚みなんてない、
  ペラペラのハムカツだったけど
  そのハムカツの味だけは今も忘れない。
  そして、その総菜屋もいまはない・・・。
  代々のつぎ足しつぎ足しの秘伝のソース(タレ)も、現代の進化した科学をして、
  同様の味を出すことなんて難しいことではない。
  あのハムカツの味とても。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『笑う警官』 | トップ | 六平直政似 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつもTBありがとうございます (明日未来)
2009-11-18 21:58:20
レディース・デー&ファースト・デー&
特待券(¥1300)&障害割引(夫が障害者)を
駆使しながら年間100本近い映画を映画館で見ています。
TVの前だとちっともじっと座ってられないのに
でっかいスクリーンの前だと集中できるのが不思議です。
これからもよろしくお願いします。
薄ら寒いのに泣ける。(笑) (Ageha)
2009-11-18 22:13:42
個人的には、舞妓ハーンの方が好きなんですが
(コラ)

あの阿部サダヲを使ってこれだけ涙がでる映画になるとは思いませんでした。
ホントならかなり暗~い話になるところを
鉄仮面の笑顔も
寒いギャグも
いいほうへ作用してたなって。

おひょいさんはまだ顔アップだったからいいけどウォーリーシャツの後ろ姿だけのあの人は…。
14年 (v740gle)
2009-11-18 23:16:32
携帯もって14年ですか。
私は12年です。
昔は高かったですね。
私は機械は知り合いからのお古でしたが。
音はアナログのほうが好きでした。
本当に携帯電話で、話す機能しかなかったです。電池のところに自動車電話の表示がありました。
キャラとイメージ~ (sachi-junka)
2009-11-19 06:37:44
何回かTB送ったのですが、
うまく送信されなかったようで……。
コメのみで失礼しますm(__)m

阿部サダさん、テレビ出まくってますよね。
テレビでのキャラと、映画でのキャラが
自分の中では一致して違和感なく楽しめました。
でも、「不毛地帯」とかの社会派ドラマにも出てたりして、
オールジャンルこなせる役者さんですよね。

竹内さんのあのキック、ワタクシも同じことを考えていました。
やはり、「あの人」のことを思って……????

DVDやテレビ放送があった時には、
カメオ出演している人を探しながら見直そうと思います
スクリーン~ (cyaz)
2009-11-19 08:41:26
明日未来さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>レディース・デー&ファースト・デー&
特待券(¥1300)&障害割引(夫が障害者)を
駆使しながら年間100本近い映画を映画館で見ています。
お~、素晴らしいですね^^
100本、僕も目標で頑張って観ているのですが(笑)

>TVの前だとちっともじっと座ってられないのにでっかいスクリーンの前だと集中できるのが不思議です。
確かに大きいスクリーンで観るのが映画の醍醐味ですからね^^

>これからもよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
ふむ~ (cyaz)
2009-11-19 08:44:09
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>個人的には、舞妓ハーンの方が好きなんですが(コラ)
比べるとそうかも(笑)

>あの阿部サダヲを使ってこれだけ涙がでる映画になるとは思いませんでした。
“コツ”を習得したのかなぁ~、サダヲ君が(笑)

>鉄仮面の笑顔も寒いギャグもいいほうへ作用してたなって。
クドカンの脚本とは別にどれかがアドリブだったのかなぁ~なんて(笑)

>おひょいさんはまだ顔アップだったからいいけどウォーリーシャツの後ろ姿だけのあの人は…。
ふむ・・・だれ?
高かった~ (cyaz)
2009-11-19 08:46:03
v740gleさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>昔は高かったですね。
確かに!
僕が買ったときは8万円くらいしました。

>本当に携帯電話で、話す機能しかなかったです。電池のところに自動車電話の表示がありました。
そうでしたね(笑)
進化というのは恐ろしく早いものですねぇ・・・
カメオ~ (cyaz)
2009-11-19 08:49:29
sachi-junkaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>何回かTB送ったのですが、うまく送信されなかったようで……。コメのみで失礼しますm(__)m
いえいえ、お手数おかけしましたm(__)m

>阿部サダさん、テレビ出まくってますよね。
そうですね(笑)

>テレビでのキャラと、映画でのキャラが自分の中では一致して違和感なく楽しめました。
でも、「不毛地帯」とかの社会派ドラマにも出てたりして、オールジャンルこなせる役者さんですよね。
彼動きが滑稽ですが、真顔だとシリアス(やや怖い)な役にあっているかも(笑)

>竹内さんのあのキック、ワタクシも同じことを考えていました。 やはり、「あの人」のことを思って……????
でしょでしょ(笑)

>DVDやテレビ放送があった時には、カメオ出演している人を探しながら見直そうと思います
クレジットに出たら、カメオじゃないんですけどね~
ハリウッドではよく有名な役者がノークレジットででてますが、
日本では何故かクレジットが入ってしまう(笑)
こんばんは。 (ひーろ)
2009-12-12 01:38:06
cyazさん、本当にごぶさたです。

ようやくですが、ブログも
すこしづつ書き始めました。
またちょくちょく訪問させて
いただきます。

この映画、竹内さんがとっても
しなやかで、新しい一面もみせて
くれたので、結構気に入りました。

阿部さんの強烈な個性には、
おどろきでしたが、特異な
天然キャラと見せかけておいて
実は、それは作り上げられた
姿だった、というのは
風刺的で、脚本家、役者の
見せどころだったような気がします。

またこちらにもおいでくださいませ。
それではまた。









おひさです~ (cyaz)
2009-12-12 08:23:23
ひーろさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>cyazさん、本当にごぶさたです。
お~、おひさしぶりです(汗)

>ようやくですが、ブログもすこしづつ書き始めました。
おっ、それは良かったですね!

>この映画、竹内さんがとってもしなやかで、新しい一面もみせてくれたので、結構気に入りました。
なんだかふっきれた感じが伝わって来ましたネ^^

>阿部さんの強烈な個性には、おどろきでしたが、特異な天然キャラと見せかけておいて実は、それは作り上げられた姿だった、というのは役者の
見せどころだったような気がします。
きっとシャイなんでしょうね~
役者バカって感じで(笑)
で、そこが実は可憐
風刺的で、脚本家、彼の魅力だったりして

>またこちらにもおいでくださいませ。
了解しました^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
なくもんか (だめ男のだめ日記)
「なくもんか」監督水田伸生脚本宮藤官九郎出演*阿部サダヲ(下井草祐太)*瑛太(下井草祐介)*竹内結子(山岸徹子)*塚本高史(金城大介)*皆川猿時(トシちゃん)*片桐はいり(みどり)*鈴木砂羽(下井草祐子)*カンニング竹山(山岸正徳)*伊原剛志(下井草健太)*いし...
なくもんか [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:134分鑑賞日:2009/11/14監督:水田伸生出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、伊原剛志、いしだあゆみこれは“泣ける喜劇”か!? “笑える悲劇”か!?+あらすじ+無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き...
なくもんか見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
TOHOシネマズデーだったのでTOHOシネマズ市川で、宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演のなくもんかを見てきました。
なくもんか (俺の明日はどっちだ)
・ 『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、兄弟の再会劇を中心に人と人とのつながりを描いた“人情喜劇”。 例えば40年続いた秘伝のソースより給食のソースが美味しかったり、主人公が笑い顔の仮面を脱ぎ捨て...
「なくもんか」試写会 (我が道を往く)
[[attached(1,center)]] {{{:  久しぶりの試写会なので、朝一に東宝シネマへ行き、中央付近の席を予約しておき、観ました。    生き別れた兄弟との再会が、商店街のハムカツ屋と漫才を舞台に描かれます。  キャッチコピーが、 '''泣ける喜劇&#0...
なくもんか (映画君の毎日)
<<ストーリー>>無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れた兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)は、互いの顔も名前も知らずに成長する。祐太は、東京下町の商店街でハムカツが名物の店を切り盛りし、祐介はお笑い芸人として超売れっ子になっていた。そんなある...
『なくもんか』 (ラムの大通り)
----ほんと、一週間は長かったニャあ。 いよいよ今日から本格再開。 でも最初に選んだ作品が、まさかこれとは…。 確かクドカンの脚本だよね。 「いやあ。シルバーウィーク直前に観た映画の中では、 これはなかなかのヒット作。 やはりクドカンはこうこなくっちゃ」 ----...
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
なくもんか/阿部サダヲ、瑛太、竹内結子 (カノンな日々)
通常の劇場予告編以外にもそのシネコンの宣伝やマナー告知などなどTVでのPRも含めてかなり大量の宣伝を見せられてちょっと食傷気味になってます。近所のシネコンに映画を観に行くたび必ずと言っていいほど予告編がかかるんですけど、そのたびに誰かが必ず「タモリさんじゃ...
なくもんか (シネマDVD・映画情報館)
幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、不幸な生い立ちの兄弟の再会劇を、笑いと涙を交えて描く。お...
【なくもんか】好きでやってますから~ (映画@見取り八段)
なくもんか 監督: 水田伸生    出演: 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ 公開: 2009年11月 すごく笑ったし、泣...
「なくもんか」別々の道を歩んで再会した先にみた兄弟愛と家族愛 (オールマイティにコメンテート)
「なくもんか」は脚本宮藤官九郎、監督水田伸生、主演阿部サダヲによる「舞妓Haaaan!!!」スタッフが送る第2段映画で、とんかつ屋を継いだ兄が一生懸命働いて突然帰って来たお店の娘と結婚した直後に小さい時に生き別れた弟が人気お笑いコンビをしている事がわかり再会す...
■ないてばかりの「なくもんか」試写会~阿部サダヲ主演映画鑑賞 (AKATUKI DESIGN )
昨日は設計勉強会の後に映画「なくもんか」の試写会に行ってきました。 たまたま姉がGETしたチケットが余り、急遽新橋スペースFS汐留に行くことになったんですね。 試写会場は新橋駅からすぐ近くだったんですけど、地図が解りづらくちょっと迷ってしまいました。 こうい...
なくもんか お昼やっすみは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ (労組書記長社労士のブログ)
【 63 -13- 1ヶ月フリーパスポート=11 】 土曜日、封切り初日に観たけど、さすがだ、TOHOシネマズ梅田のシアター3がほぼ満員だ! 俺も予告編を見ていると「超ご期待!」って感じやったし、友人達との会話でも期待度かなり大な手応え、やったしね。  東京・下町。ハム...
なくもんか (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、伊原剛志、片桐はいり、鈴木砂羽、いしだあゆみ、陣内孝則、藤村俊二。笑いの最高のネタは不幸。というわけで滅茶苦茶不幸な人たちが出て来て笑わせる。
なくもんか (LOVE Cinemas 調布)
脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの『舞妓 Haaaan!!!』チームが再集結した作品。下町で惣菜屋を営む超お人好しの主人公一家とその背景を描いた人情喜劇だ。共演には『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内結子、『釣りキ...
なくもんか (だらだら無気力ブログ)
『舞妓Haaaan!!!』でトリオを組んだ監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、 主演・阿部サダヲが再びトリオを組んで、幼いころに生き別れた兄弟と その兄弟の家族のさまを笑いと涙を交えて描いた人情コメディ。幼い頃に自分勝手で好き勝手にやってきた父親に捨てられ、捨て...
なくもんか (映画道)
チェック:幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。 『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、不幸な生い立ちの兄弟の再会劇を、笑いと涙を交...
なくもんか (B-scale fan's log)
公開中 水田伸生監督 阿部サダヲ主演     出演 瑛太、竹内結子、塚本高史、     伊原剛志、いしだあゆみ 他 新評価 3.0 「舞妓 Haaaan!!!」の監督・脚本・主演トリオが再集結。 前作が意外と良かったのでフラリと鑑賞。 またハチャメチャ映画かと思えば...
なくもんか (映画情報良いとこ撮り!)
なくもんか 幼き日に父に棄てられた祐太は、東京下町の善人通り商店デリカの山ちゃんで実の息子のように育てられた。 そんな祐太には、弟が居た。 お笑い芸人として超売れっ子になっていたのである。 10数年前山ちゃん初代店主の一人娘の徹子が突然帰ってきたの...
『なくもんか』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 3本目)<Story>東京・下町。ハムカツで人気の「...
なくもんか☆独り言 (黒猫のうたた寝)
諸事いろいろございましてちょっと落込み気味の精神状態であるのなら・・・選択肢としてはコメディ路線ってことになりますか。クドカンが絡んでいる作品『なくもんか』鑑賞。両親の離婚で放蕩モノの父親に引き取られたものの生活ができずに転がり込んだ父親の知人先で結果...
なくもんか (そーれりぽーと)
『舞妓 Haaaan!!!』のノリを期待して『なくもんか』を観てきました。 ★★★★ こんな映画で、つか阿部サダヲで泣くもんか!泣かされてたまるか! と、踏ん張りながら観てたけど、我慢できずにホロリと。 予告編の印象から一転して、中身は人情モノ。 『舞妓 Haaaan!!!...
*なくもんか* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先...
「なくもんか」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「なくもんか」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則、藤村俊二、小倉一郎、光石研、伊原剛志、いしだあゆみ、他 *監督:水...
好きでやってます!~『なくもんか』 (真紅のthinkingdays)
 善人通り商店街で「行列のできる」ハムカツ屋「山ちゃん」を営む祐太(阿部サダ ヲ)は、八方美人で「超」がつくお人よし。ある日、両親...
なくもんか (充実した毎日を送るための独り言)
映画「なくもんか」(11月14日より上映 宮藤官九郎脚本 水田伸生監督 阿部サダヲ・竹内結子・瑛太出演)  生き別れた兄弟と血のつながりのない親と子との関係という重苦しいテーマの中で、所々コミカルなシーンが取り入れられ、時折観ている人からの笑い声がでていた...
なくもんか (近未来二番館)
なくもんか - goo 映画公式サイトは→コチラ あらすじなどは↑のgoo映画か、または公式サイトでチェックしてください。 11月15日映画館にて...
なくもんか (ぷち てんてん)
ゴリゴリ押しまくっていた「舞妓Haaaan!!!」あの無理やり展開に大いに笑わせてもらいました。そして、この宮藤官九郎+水田伸男監督+阿部サダヲのトリオで「なくもんか」です♪☆なくもんか☆(2009)水田伸生監督宮藤官九郎脚本阿部サダヲ瑛太竹内結子塚本高史皆川猿時片....
「なくもんか」 (みんなシネマいいのに!)
 父親に捨てられ、それでも笑顔を絶やさずに生きてきた兄と母親の死んだ後イジメられ
映像はコメディ、物語はシリアス。『なくもんか』 (水曜日のシネマ日記)
幼いころに生き別れた兄弟と彼らを取り巻く人たちを描いた作品です。
「なくもんか」 生きるための処世術 (はらやんの映画徒然草)
「舞妓Haaaan!!!」の監督の水田伸生さん、脚本の宮藤官九郎さん、主演の阿部
映画「なくもんか」 (FREE TIME)
映画「なくもんか」を鑑賞しました。
2009-91『なくもんか』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-91『なくもんか』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) テンポの良いホームコメディですね。 ちょっとテレビドラマっぽいのがこの持ち味なのかも。 かなり爆笑しましたよ。...
なくもんか (阿部サダヲさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎さん、そして主演の阿部サダヲさんが再結集して作り上げた映画『なくもんか』に、阿部サダヲさんは、祐太 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
なくもんか 2009-52 (悠久の華美)
宮藤官九郎の脚本って事で、かなり期待したんですけどね・・・ボクにはイマイチだったかなぁ(^_^;)所々笑えるシーンもあったけど、だから何!...
【なくもんか】 (日々のつぶやき)
監督:水田伸生 出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、    家族、始めてみました。 「東京の下町で営業しているデリカの山ちゃんの人気メニューはハムカツ。 二代目店主となる祐太は先代の娘徹子との結婚で戸籍謄本を取ると、昔生き
なくもんか (心のままに映画の風景)
両親の離婚で生き別れた兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)は、互いの顔も名前も知らずに成長した。 父に捨てられた祐太は、東京下...
なくもんか☆ (Happy-go-lucky!!)
三連休は映画三昧♪まずは「なくもんか」を鑑賞。クドカン大好きーいっぱい笑ったし、めっちゃ面白かったぁ~ほろっとくるところも絶妙だねぇ。阿部さんの演技もすごいのひとこと。ちょっと長めだったけど(2時間半くらい?)、テンポが良くてあっという間でしたいしだあ....
「なくもんか」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「なくもんか」 監督 水田伸夫 脚本 宮藤官九郎 水田×宮藤、『舞妓Haaaan!!!』のコンビが再び阿部サダヲと組んだ、「家族」をテーマにした、泣ける(?)喜劇か、笑える悲劇(?)を観にいって参りました...
なくもんか (とりあえず、コメントです)
阿部サダヲさん&瑛太さんが生き別れの兄弟というちょっと不思議な設定のコメディです。 『舞妓 Haaaan!!!』のスタッフ&キャストということで、今回はどんな展開の物語かなと思っていました。 今回はナンセンスなコメディとは違って、コミカルな中にも家族をテーマに描い...
なくもんか (幕張コーポ前)
子供の頃、決めたんだ「なくもんか」脚本が工藤官九郎 主演が阿部サダヲこのコンビならではの いつもながらのドタバタ劇。おかしくも切ない ハムカツホームドラマでした。なつかしの給食用ソースわたしが小学校の頃はよく出てきましたけど子供に聞いたら、知らないって...
★「なくもんか」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはファースト・デイだったので、2000円で2本観てきました。 その1本目。 この作品・・・結構予告編を流してたし、 TOHOシネマズとのタイアップ映像流してたり・・、 でも、脚本のクドカン・ワールドも最近あたり慣れてきたし・・・ 今回はどうな...
映画『なくもんか』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、水田伸生。脚本、宮藤官九郎。2009年日本。人情コメディ映画。出演、阿部サ
『なくもんか』 ('09初鑑賞169・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
なくもんか (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「舞妓Haaaan」の監督・脚本・主演が再タッグを組んだ「なくもんか」を観てきましたよ!!  善人通り商店街の人気者、”デリカの山ちゃん”を営む裕太(安部サダヲ)。  バカがつくほどのお人よしで人にものを頼まれると断ることができない男で、父幼い頃に父親...
なくもんか (5125年映画の旅)
秘伝のソースとハムカツがウリの惣菜屋で働く祐太は、人に頼まれたことは絶対に断らない究極のお人好し。そんな祐太にも春が訪れ、プチ整形疑惑の幼馴染・徹子とめでたく結婚する。そして戸籍を確認したところ、祐太の生き別れた弟・祐介がお笑い芸人として活躍してい...
映画・なくもんか (お花と読書と散歩、映画も好き)
久し振りの映画館でした 昨晩 レディースディ1000円 調べてみると木曜をレディースディにしている映画館もありますね 会員になっている映画館と 他の映画館の1日とレディースディなどを上手く利用すれば… 男性方には申し訳ないけれど フフフ さて この映画 ...
[映画]なくもんか (オレメデア)
映画「なくもんか」を見てきました。最近、休日に映画を見に行く機会が増え、様々なジャンルの映画を見るようになっています。この映画も、公開前からテレビや雑誌などで注目していた作品です。それでは、映画「なくもんか」を見るうえで手前どもが抑えておくと良いポイン...
水田伸生監督 「なくもんか」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
公式サイト⇒http://nakumonka.jp/index.html 【あらすじ】 東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太(阿部サダヲ)は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。 彼はいい加減な父親(伊原剛志)に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そして...
「なくもんか」 究極のリアルをクドカン流に (ノルウェー暮らし・イン・London)
クラス替えの自己紹介で、「好きな俳優さんは誰?」という質問に「津田寛治と阿部サダヲと宮籐官九郎」と答えて、いきなりふしぎちゃんのレッテルを貼られてしまったねえね。 おっさんばっかりの温泉旅行で、相当な悪ふざけをしている劇団『大人計画』のDVDを見ては、...
なくもんか (銅版画制作の日々)
「舞妓Haaaan!!!」のチームが再タッグ~~ 懐かしい人いしだあゆみ は徹子の母役で登場。「ウキウキウォチング♪」を唄っていました。大ボケキャラに味がある。 なくもんか!というタイトルなのに。。。。。何故か?いつも祐太(阿部サダヲ )はうぃ~と泣いている。...
なくもんか (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
これは“泣ける喜劇”か!? “笑える悲劇”か!? 変わった家族、始めてみました。 監督:水田伸生、脚本:宮藤官九郎、主演:阿部サダヲのチーム「...
「なくもんか」 (てんびんthe LIFE)
「なくもんか」有楽座で鑑賞 阿部サダヲ。 この人のこのハイテンションは一体どこから出てくるものなのでしょう。 嫌いじゃないんですが、時間がたつと疲れてきます。 作品中このテンションで行くこと自体、只者ではないってことなのでしょう。 すっごくお人好しで...
映画 「なくもんか」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
先月に公開だったけ? ようやく観ることが出来ました。
09-354「なくもんか」(日本) (CINECHANの映画感想)
なんで、いつも笑っているんだよ!?  幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。  兄・祐太は、東京の下町、善人通り商店街で“デリカの山ちゃん”を営む夫婦に愛情いっぱいに育てられた。今では店を継ぎ、ハムカツを名物に“山ちゃん”を超人気店...
なくもんか (シネマ大好き)
「舞子haaaan!」のスタッフで描く、離ればなれになった兄弟のお話。 両親が離婚し、父に引き取られた兄の祐太は、善人通りの総菜屋「デリカの山ちゃん」に置き去りにされ、そこで育って店主に。頼みごとを決して断らず、商店街のみんなに愛想を振りまいて大活躍。そこ...
なくもんか (Blossom)
なくもんか 監督 水田伸生 出演 阿部サダヲ 瑛太 竹内結子     塚本高史 皆川猿時 片桐はいり 日本 2009
なくもんか (2ちゃんねる映画ブログ)
【水田宮藤阿部】なくもんか【瑛太竹内結子】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1248165105/ 1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/07/21(火) 17:31:45 ID:fvzQaDz8] 監督:水田伸生 キャスト:阿...
なくもんか (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 阿部サダヲの好演が目立つ「なくもんか」。2009年公開の人情コメディ映画だ。主人公は、東京の下町で、総菜屋「デリカの山ちゃん」を経営している二代目山ちゃんこと祐太。 ...
なくもんか (いやいやえん)
阿部サダヲさんにクドカン。もっとドタバタコメディしてるのかと思ったら以外にもシリアスな展開でびっくりした。 見終わったあと、ハムカツが食べたくなったなあとほんのり思った。 キャラクターは個性的だし、主人公の山ちゃん(祐太)は馬鹿がつくほどのお人よし...
なくもんか (のほほん便り)
幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。かなり、ドタバタで見る人を選びそうだけど、今見ると、意外なほど、豪華キャスティング個人的に、このエッセンスから「マルモのおきて」が出来たのでは?と感じ...