京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『人類資金』

2013-10-26 00:10:26 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「人類資金
□監督・脚本 阪本順治
□原作 福井晴敏
□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、
     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ
     
■鑑賞日 10月27日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

 徳川埋蔵金発掘の話はよくTVでやっていたし、今も追い続けている人がいると聞く。
 “M資金”とは、第2次世界大戦終戦の直前に、旧日本軍の手によって秘匿されたと
 いう埋蔵金で、時価10兆円とも言われている。 戦後、連合国軍最高司令官
 総司令部(GHQ)の手によって接収され、戦後復興や賠償など極秘裏に運用されて
 きたと言われている。

 M資金の名を語り、戦後、企業の経営者や実業家といった社会的地位のある人々を
 騙す詐欺が横行、またM資金自体、その存在は認められたことがなく、「豊臣秀吉の黄金」
 や「徳川幕府の御用金」と同様、ありもしない「黄金伝説」として、都市伝説化している。
 このM資金が実在していたとしたらという仮説に基づくのがこの映画だ。

 M資金詐欺を繰り返してきた真船雄一(佐藤浩市)は、M資金専門の詐欺師だった父が、
 殺害される間際に遺した「M資金は本当にあった」という言葉が気になり、いつしか
 自分も父親同様M資金詐欺に加担し、本当にM資金が存在するのかどうか疑問を
 持っている。 そんなある日、真船の前に石優樹(森山未來)と名乗る男が現れる。

 M資金の利権を巡って複雑に絡む人間関係が、それは日本はもちろん、アメリカ、ロシア、
 タイと展開する。 ここに関わるそれぞれが人間同士が騙し騙され合う中で、
 真のM資金の存在を明らかにしていく。 その展開は、ノンストップで繰り広げられ、
 そこに深く根を張った組織との対決も見物だった。 今回は国連本部会議場でもロケが
 行われた。

 また、防衛省の秘密組織の人間・高遠美由紀(観月ありさ)とその部下・辻井(三浦誠己)。
 他に、香取慎吾、豊川悦司、寺島 進、オダギリジョー、仲代達矢、岸部一徳、ユ・ジテ等、
 クセのあるキャスト陣が物語の真相解明に絡んで際どい演技を見せてくれる。
 不思議だったのは、嘗て一世を風靡したヴィンセント・ギャロも出演していた。
 自身が監督出演した『バッファロー'66』あたりはカッコ良かったけどなぁ(笑)
 それでもやっぱり仲代達矢の燻し銀の演技はさすがだったなぁ
 佐藤浩市、最近出過ぎじゃないの(笑)
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ゴースト・エージェント/R.I.P... | トップ | 『ダイアナ』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (タケヤ)
2013-10-26 07:39:10
cyazさん、この作品僕はダメでした。。。
どうも見せ方が悪いというか・・・
ドキドキしませんでした。

話自体のスケールは大きんですけどね。
この中では森山さんの演技がピカ一で
それだけを追ってましたね。
違うテイスト~ (cyaz)
2013-10-26 08:10:58
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>この作品僕はダメでした。。。
どうも見せ方が悪いというか・・・ドキドキしませんでした。
確かに、そういう部分は否めませんでしたね。

>話自体のスケールは大きんですけどね。
この中では森山さんの演技がピカ一で
それだけを追ってましたね。
彼、しばらくどこかに演技留学してたとかいうことを
聞いたことがあります。
そういう意味では今までと違った彼のテイストが見られました^^
こんにちは (kazu)
2013-10-26 13:01:23
惹かれるテーマで
スケールは大きくても
心揺さぶられるというのは
あまりなかった気がします。

佐藤浩市ほんとよく出ていますね。
次は清洲会議ですね。
裏切らない~ (cyaz)
2013-10-26 20:12:27
kazuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>スケールは大きくても心揺さぶられるというのは
あまりなかった気がします。
そこがこのキャストを要して、残念なところでしたね。

>佐藤浩市ほんとよく出ていますね。
次は清洲会議ですね。
監督の意向を裏切らない役者なんですよね、きっと?
出ずっぱり (NAO)
2013-10-26 23:53:56
佐藤浩市さん、ほんとに今年はいっぱい出てますよね。
去年の香川照之さん並みに出ているのでは??

11月公開される「清州会議」にも佐藤さん出演されますよね。
しかし、この作品、これだけのキャストが出ていた割には
ちぃと残念な作品のように感じました。
使いやすい~ (cyaz)
2013-10-27 08:03:35
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>佐藤浩市さん、ほんとに今年はいっぱい出てますよね。
去年の香川照之さん並みに出ているのでは??
そうかもしれませんね~
でも安定感は抜群ですから、製作側も使いたい俳優でしょうね^^

>「清州会議」にも佐藤さん出演されますよね。
ですね^^ こちらも期待ですよね!

>しかし、この作品、これだけのキャストが出ていた割には
ちぃと残念な作品のように感じました。
あちこち飛び回り過ぎたのでしょうか(笑)
こんにちは。 (みぃみ)
2013-10-28 09:46:18
大金ゲットの騙し合いを連想させる宣伝文に、
ワイルドスピードやハゲタカ気分のままで観続けると、
ありゃ?ってなっちゃう作品だと思いました。

泥臭い正義と理想の実現を淡々と描く昔ながらの日本映画を
そういう作品で携わってきたであろう仲代さんや岸部さん北大路さん
、若手のオダジョー君や未來君、
綺麗どころにありさちゃんと、
謎な雰囲気の慎吾ちゃんを配する事でバランスをとり、
観てくれる年齢層が広いといいな~的に作ったのかな?と思いました。

わかっちゃいるけど現実には厳しいよね、な「道徳」を、
自分の頭で考え直すきっかけみたいな感じでしょうか?。

地球規模の現実をつきつけられたのはキツかったです。なんもできないんですもの…。

なにはさておき未來君、かっちょよかった~☆。
たしかに~ (cyaz)
2013-10-28 12:47:05
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ワイルドスピードやハゲタカ気分のままで観続けると、
ありゃ?ってなっちゃう作品だと思いました。
確かにそうですうよね(笑)

>謎な雰囲気の慎吾ちゃんを配する事でバランスをとり、
観てくれる年齢層が広いといいな~的に作ったのかな?と思いました。
この手に若い層はなかなか集まりませんね(笑)?
シネコン内は年齢層が高かったです><

>わかっちゃいるけど現実には厳しいよね、な「道徳」を、
自分の頭で考え直すきっかけみたいな感じでしょうか?。
それにしてはちと金額がデカ過ぎて、貧民には理解不能です(笑)

>なにはさておき未來君、かっちょよかった~☆。
ふむふむ、やはりそこですか(笑)?
味。 (BC)
2013-11-02 11:11:09
cyazさん、おはようございます。

>佐藤浩市、最近出過ぎじゃないの(笑)

あはは、確かに今年の佐藤浩市は映画に出すぎですよね。(^-^;
とは言え、50歳すぎて、オファーが次々くるという事は
数々の監督から信頼される人望と実力があるということなのでしょうね。
まっ、彼は主役脇役にこだわらないから、オファーしやすいのもあるだろうけどね。^^

この作品、世間では不評みたいだけど、私は普通かな。
長身のキャストが多かったので日本映画にしては見栄え良かったし。
滑っているジョークとか、深そうなテーマで気取っている感じとか (^-^ゞ
すっかり社会派路線が定着しても阪本監督らしい味が残っているなと思ったりしましたよ。
らしさ~ (cyaz)
2013-11-02 12:35:24
BCさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>今年の佐藤浩市は映画に出すぎですよね。(^-^;
とは言え、50歳すぎて、オファーが次々くるという事は
数々の監督から信頼される人望と実力があるということなのでしょうね。
裏切らないというか、やはり役者魂をもった、
そしてオヤジさんのDNAも手伝って^^

>まっ、彼は主役脇役にこだわらないから、オファーしやすいのもあるだろうけどね。^^
それもそうですね(笑)

>滑っているジョークとか、深そうなテーマで気取っている感じとか (^-^ゞ
すっかり社会派路線が定着しても阪本監督らしい味が残っているなと思ったりしましたよ。
なるほど^^
阪本先生の良い所をよく捉えていらっしゃる!
でも、いい子いい子ではい阪本先生も観たいですよ(笑)
微妙感 (sakurai)
2013-11-19 12:26:56
何とも言えない微妙感が漂ってましたね。
その象徴の一つがギャロだったような・・。
なんで?どっからどうやってオファーしたのか、その辺が知りたくなった。
今、アメリカじゃどうなんでしょうね。

いろいろと広げ過ぎて、収拾がうまく収まらなかった・・と言う感じもしました。
戦後の問題も、70年も経ってくると、表すのもそろそろ限界なのかもしれませんね。
広げ過ぎ~ (cyaz)
2013-11-19 12:40:59
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>何とも言えない微妙感が漂ってましたね。
その象徴の一つがギャロだったような・・。
それは確かに(笑)

>なんで?どっからどうやってオファーしたのか、その辺が知りたくなった。
そうですよね(笑) 
一時は世界を席巻していましたからね!

>今、アメリカじゃどうなんでしょうね。
ダメでしょうね(笑)

>いろいろと広げ過ぎて、収拾がうまく収まらなかった・・と言う感じもしました。
戦後の問題も、70年も経ってくると、表すのもそろそろ限界なのかもしれませんね。
何もワールドワイドにしなくても、国内だけで壮大さを
描くことは出来たと思うのですが・・・。
妙にアートがかってましたねぇ・・・。
伝説 (iina)
2013-11-22 11:36:21
テレビの徳川埋蔵金発掘番組は、いつも期待を裏切ります。

豊臣秀吉の黄金やM資金も、伝説にすぎないのでしょうが、中には信じる者もいるようです。
秀吉と同時代に生きた佐々成政にも黄金伝説があります。
「朝日さす、夕日かがやく、鍬崎に、七つむすび、七むすび、 黄金いっぱい、光りかがやく」という里謡が残るので、
赴任時代にも登って遭難する者がいました。
http://www.tate-yama.com/tera/kin.htm

この佐々成政には、「黒百合伝説」という話も伝わっています。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/e4e3d806d74f8a8597e0622a81382c3f
物知り~ (cyaz)
2013-11-22 12:25:11
iinaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>テレビの徳川埋蔵金発掘番組は、いつも期待を裏切ります。
ほんと、あれは肩透かしでした(笑)

>豊臣秀吉の黄金やM資金も、伝説にすぎないのでしょうが、中には信じる者もいるようです。
そこは自由ですからね^^ 真実はタイムマシンでもないと(笑)

>秀吉と同時代に生きた佐々成政にも黄金伝説があります。赴任時代にも登って遭難する者がいました。
この佐々成政には、「黒百合伝説」という話も伝わっています。
なるほど^^ iinaさん、物知りですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人類資金 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 阪本順治 出演:佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、観月ありさ、石橋蓮司、岸部一徳、ユ・ジテ、仲代達矢、ヴィンセント・ギャロ 【解説】 『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、...
人類資金 (勝手に映画評)
『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。 平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思いますが・・・。しかし、リーマン・ショックで拝金至上主義の世...
人類資金~史上最大スケールの地雷 (佐藤秀の徒然幻視録)
僕たちは世界を変えることがでる。 But… 公式サイト。福井晴敏原作、阪本順治監督。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、仲代達矢、岸部一徳、オダギリジョー、ユ・ジテ、 ...
人類資金/佐藤浩市、香取慎吾 (カノンな日々)
『亡国のイージス』の阪本順治監督と作家の福井晴敏さんが再タッグを組んで挑んだ今作は戦後秘かに噂されてきた旧日本軍の秘密資金「M資金」を題材に「M資金」をめぐる陰謀に巻き ...
映画『人類資金』★ 森山未来に未来を託す(作品もか^^;) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161910/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     M資金 ~第二次大戦中、日本軍が集めた隠し資産~を盗み出して 人類貢献に使おうという …… ...
劇場鑑賞「人類資金」 (日々“是”精進! ver.F)
世界のルールを変える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310220001/ 【送料無料】「人類資金」オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,500円(税込、送料込) 【送料無料】人類...
人類資金 (花ごよみ)
監督は阪本順治 原作 脚本 福井晴敏。 佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、 岸部一徳、観月ありさ等が出演 M資金をネタに詐欺を 行っていた真舟には佐藤浩市。 第二次世界大戦直後、 旧日本軍からアメリカ軍が 接収したといわれている莫大な資産。 今でも何年かに....
「人類資金」 未来の可能性 (はらやんの映画徒然草)
福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
人類資金 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
旧日本軍が終戦間際に隠したと言われているM資金を題材に、現代の金融資本主義に警鐘を鳴らす内容になっている。ロシアのハバロフスクや国連の会議場でロケを行った熱意は痛いほど伝わってきたけど、10兆円の資金を集めてからPDAを配布すれば解決するのだろうか。問題はも...
人類資金 (2013) 140分 (極私的映画論+α)
なんとも大雑把な映画(笑)
人類資金 (映画と本の『たんぽぽ館』)
本を読んだほうがいい(多分) * * * * * * * * * * 敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝“M資金”をめぐる人々の葛藤を描きます。 金融ブローカーを名乗る詐欺師・真舟(佐藤浩市)。 彼の詐欺の手口にはよく“M資金”が出てくるのです。...
「人類資金」 (NAOのピアノレッスン日記)
~10兆円で世界のルールは変えられるか?~ 2013年   日本映画     (2013.10.19公開)配給:松竹      上映時間:140分監督:阪本順治原作:福井晴敏  『人類資金』(講談社刊)脚本:阪本順治/福井晴敏美術:原田満生音楽:安川午朗出演:佐....
「人類資金」みた。 (たいむのひとりごと)
敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝:通称「M資金」をめぐる日米の陰謀を描いたサスペンス大作。ロシア、タイ、日本、アメリカの4ケ国で撮影が行われたということでスケールのデカさを楽しみにしていたのだ
『人類資金』 2013年9月17日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人類資金』 を試写会で鑑賞しました。 森山未來の演技に注目 【ストーリー】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文...
人類資金 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をは....
映画:「人類資金」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年10月22日(火)。 映画「人類資金」。 監  督:阪本順治 プロデューサー:椎井友紀子 原  作:福井晴敏 脚  本:阪本順治・福井晴敏 キャスト: 佐藤浩市:真舟雄一 ・香取慎吾:“M” 森山未來:石優樹・観月ありさ:高遠美由紀 岸部一徳:本庄...
人類資金 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.jinrui-shikin.jp/ 森山未來は好きじゃないんだけど、佐藤浩市が出るなら観なきゃ損するでしょう? 終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。 それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(...
陽だまりの彼女 (単館系)
陽だまりの彼女 MOVIX川口 10/12公開 取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒 (上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。 学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつか...
映画 人類資金 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    序盤に派手なアクションシーンがあり、銃の打ち合いが一杯あるかと思ったら、格闘シーンが多くありました。中でも観月ありさのハイキックは、見ものでした。   あそこまで足が上がるとは、...
人類資金 (みすずりんりん放送局)
 『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られ...
人類資金 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈....
人類資金 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月4日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 森山、熱弁す。 『人類資金』公式サイト フリーパスポート7本目。 妙に活躍する佐藤浩市なのだが、こいつがどういう人物なのか皆目判らない。 最初の詐欺な...
人類資金 (迷宮映画館)
大作なんだろうけど、どこか中途半端な雰囲気も漂ってしまう。
人類資金 (もののはじめblog)
旧日本軍の隠し資産がGHQによって接収され、極秘に運用されてきたといわれる通称「M資金」をめぐって繰り広げられる陰謀を描いた作品。 「亡国のイージス」でも阪本監督とタッグを組んだ福井晴敏による書き下ろした小説を、福井と阪本監督が共同で脚本を執筆したとい....
「人類資金」存在するかわからない資金を追った先にみた援助すべきは何処かのか考えさせられるストーリー (オールマイティにコメンテート)
「人類資金」は終戦直前に日本軍が保有していた多額の金銀が戦後の復興に使われたM資金を巡る事件を巡り多くの人が人生を左右されていくストーリーである。M資金という言葉その ...
人類資金 (Break Time)
今日は、一日中雨模様で・・・
『人類資金』(映画)ーマネーはグッドネスの夢を見るか、マネー経済への大いなる挑戦 (マンガデシネ)
 映画『人類資金』の上映会に行って来た。阪本順治監督のトークショーもあり考えさせられることも多く、非常に有意義なものであった。 この『人類資金』、監督自身も嘆いておら ...
映画評「人類資金」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり