京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ダイアナ』

2013-10-27 00:10:27 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ
□監督 オリバー・ヒルシュビーゲル
□脚本 スティーブン・ジェフリーズ
□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、
      ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キャス・アンヴァー、
      ジュリエット・スティーヴンソン

■鑑賞日 10月27日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  36歳で不慮の事故で亡くなったダイアナ。
  未だにその死には様々な憶測が飛び交っている。

 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の
 月日が過ぎようとしていた。 ある日、彼女の良き友であり、治療師でもあるウーナ
 (ジェラルディン・ジェームズ)の夫が倒れたと連絡が入り、ダイアナは急いで病院に
 駆け付ける。 そこで彼女は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と
 出会う。

 実際にこの映画を観る前には、交通事故で亡くなったことを含め、TVニュース映像や、
 パパラッチに撮られた写真を目にしていた。 この映画では、彼女が英国王室を離れて
 
からの活動や、その後の彼女の人生をナオミ・ワッツが演じている。

 王妃であるダイアナが、夫の不倫や王室との確執、おまけにどこに行くのもマスコミとの
 攻防戦。 そんな中で離婚を決意し、更に心臓外科医ハスナット・カーンと出会う。
 事故のことや地雷廃絶運動への参加、パパラッチが撮った写真とかは、結構見聞きする
 ことがあったが、このハスナットとの真剣な恋愛については殆ど知らなかった。
 そういった意味では、王室を去り、一人の女性として新たな愛の成就するまでの過程は、
 やはり世界中の人からの注目の的であった彼女にとって、普通の一人の女性として
 生きていくには様々な障害が多過ぎた。 それが、敬愛するハスナットとの愛の成就に
 繋がらなかったことは、この映画を観て理解できたところだ。

 ナオミ・ワッツ演じるダイアナは、やはり身長が低いが、その表情や立ち居振る舞いは、
 角度によってはダイアナに似ていると思えた。
 ただ、ハスナット演じるナビーン・アンドリュースが、当の本人に似ているのかどうか
 わからないが、ちょっと最後まで馴染めなかったことは事実だ。
 宗教の違いも結婚に対する足枷になるとは、さすがにダイアナも思わなかっただろうなぁ。

 知られざるダイアナの側面に少し接したような気がしたが、
 その恋愛に終始するばかりに、何か物足りなさも感じた作品だった。
 生きていれば、彼女も52歳、孫が抱けたかもしれないのになぁ・・・。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『人類資金』 | トップ | 「夢見ケ崎動物公園」/川崎 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (みなりん)
2013-10-30 17:53:05
こんばんは。初めまして。読者登録させていただきましたみなりんと申します。さて、ダイアナ王妃、まだ生きていても52歳と言う若さだったんですね。私は年が近いせいか、彼女の悲しみや苦しみが痛い感じがして、映画を見られません。英国王室のことも内情を知ってどうにもできませんし、ダイアナ妃のお子さん方が元気で明るく生きておいでなのが唯一の希望です。離婚しなくても生きていく道はあったような気がしましたが、やはりそんな生易しいことはないですね。年月の経る速さを感じます。映画情報ありがとうございました。
新しい命が~ (cyaz)
2013-10-30 19:48:37
みなりんさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>読者登録させていただきましたみなりんと申します。
ありがとうございますm(__)m

>私は年が近いせいか、彼女の悲しみや苦しみが痛い感じがして、映画を見られません。
そうなんですか。 残念ですね・・・。

>ダイアナ妃のお子さん方が元気で明るく生きておいでなのが唯一の希望です。
そうですよね^^ 新しい命にきっとご加護が^^

>離婚しなくても生きていく道はあったような気がしましたが、やはりそんな生易しいことはないですね。
普通ではない世界だし、一歩外に出ればプライバシーはないし、
それだけでも尋常ではないでしょうね。
パパラッチ (NAO)
2013-11-02 23:36:58
ダイアナ妃の結婚式、衛星中継で見ていました。
こんなにキレイな人が世の中にいるのね~と眠い目
こすりながら観ていた記憶が今でも船名に覚えています。
そして、衝撃の交通事故死。
まだ16年しか経っていない時期に、なぜこのような映画を
作ったのか、ちょっと?ですが、見えないところでものすごく
苦労されていたのね・・・というのがちょっとわかりました。
にしても、あちらのパパラッチはほんとに凄いですね><
ナオミ・ワッツは、歩く姿とかよく似ていたと私も感じました。
クリソツ~ (cyaz)
2013-11-03 08:51:31
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>こんなにキレイな人が世の中にいるのね~
確かに衝撃的にキレイな女性でした~♪

>見えないところでものすごく苦労されていたのね・・・というのがちょっとわかりました。
そうですね。環境と宗教のの違いは人生を変えてしまいますね・・・。

>ナオミ・ワッツは、歩く姿とかよく似ていたと私も感じました。
背が高ければ、本当にクリソツでした^^
トリビア的 (sakurai)
2013-11-19 12:22:31
あぁ、こうだったのね~と言うのもありましたが、なんだかワイドショー見てるみたいで、もっと掘り下げたもんかなとの期待にちょっと外されました。
ナオミさんは、頑張ってましたね~。

ダイアナさんと同じ年なんで、何歳?って聞かれると、「ダイアナと松田聖子と同じ!」と答えてました。
孫を抱く年ですね・・・。
不完全燃焼な~ (cyaz)
2013-11-19 12:38:13
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なんだかワイドショー見てるみたいで、もっと掘り下げたもんかなとの期待にちょっと外されました。
確かに不完全燃焼な部分はありました。

>ナオミさんは、頑張ってましたね~。
そもそも似てる似てないにかかわらず、
演技の力量はある人ですからね!

>ダイアナさんと同じ年なんで、何歳?って聞かれると、「ダイアナと松田聖子と同じ!」と答えてました。
孫を抱く年ですね・・・。
そうなんですね^^ 暴露していいんですか(笑)?
年取ることは (sakurai)
2013-11-20 07:18:40
いいことだ!
と教えてるんで、年齢は堂々公表です!!
了解~ (cyaz)
2013-11-20 08:08:58
sakuraiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>年齢は堂々公表です!!
了解しました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ダイアナ」王室を離れて生きる道を掴んだ志半ばで散ったダイアナ妃の1人の人間としての孤独 (オールマイティにコメンテート)
「ダイアナ」は1981年に英国王国の皇太子妃となったダイアナが1995年に離婚後の2年間1997年8月31日に交通事故で死去するまでの描いたストーリーである。世界から ...
映画:ダイアナ Diana 注目は何たって、演じるのが ナオミ・ワッツ!!だったのだが... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
注目は何たって、ダイアナ演じるのが、ナオミ・ワッツ! 予告編ですっかり「成り切ってる!」と思わせ(写真)、期待が大きかった。 なぜそこまで喜ぶかというと、彼女は、ニコールキッドマン同様、出身はオーストラリア(元イギリス植民地) その彼女が、「元」とはい...
劇場鑑賞「ダイアナ」 (日々“是”精進! ver.F)
元英国皇太子妃の“真実”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310190001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送...
ダイアナ/ナオミ・ワッツ (カノンな日々)
1997年の突然の交通事故死で世界中を哀しみで覆いこんでしまった元イギリス皇太子妃ダイアナの姿、その知られざる一面に迫るヒューマン・ドラマです。『ヒトラー 最期の12日間』のオ ...
『ダイアナ』 2013年10月26日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイアナ』 を観賞しました。 公開2週目の週末というのに上映も夕方以降になり客入りも2~3割という状況でした。 大盛況だったのは、まどかマギカでいかにもヲタクな人たちであふれていた 【ストーリー】  1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太...
映画「ダイアナ」 (FREE TIME)
映画「ダイアナ」を鑑賞しました。
ダイアナ (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://diana.gaga.ne.jp/ 故・ダイアナ元英皇太子妃の半生を描いた作品。 興味はなかったが、ポスターの顔があまりにも似ていたので鑑賞してきた。 ケイト・スネル著の原作は未読。 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と....
ダイアナ (試写会) (風に吹かれて)
愛を求めたけれど公式サイト http://diana.gaga.ne.jp10月18日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー ~最期の12日間~」 「インベージョンン」1995年、ダ
ダイアナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ
『ダイアナ』 (こねたみっくす)
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。 世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ...
「ダイアナ」みた。 (たいむのひとりごと)
36歳の若さで他界した世界で最も有名な女性のひとりであるダイアナ元英国皇太子妃の最期の数年を描いた映画で、ダイアナ個人とその哀しきロマンスを描いた作品。とにかく、ナオミ・ワッツのなり切りっぷりがお見事
映画『ダイアナ』★故人の遺徳を偲びつつイイ想い出だけとどめましょ(*^_^*) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162847/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       個人の物語は、デリケートな問題ですから、 イギリスでは、 酷評...
ダイアナ / Diana (勝手に映画評)
1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。 ダイアナを演じたのは、ナオミ・ワッツ。世界中に顔を知られた人物ですので、演じるのはかなりハ....
ダイアナ (はるみのひとり言)
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。浜村さん30分みっちり喋らはりましたね~。でもいつも入場時には浜村さんとありがとう娘がお出迎え、帰りにはありがとう娘がお見送りしてくださって、そんなありがとうの試写会が好きです。<ストーリー>1995年、ダイア...
映画「ダイアナ」 (しづのをだまき)
2013 英
映画 「Diana (ダイアナ)」 を観てきました。 (kikoがスタート)
昨日、高槻アレックスシネマで 映画 「ダイアナ」 を観てきました。 チャールズ皇太子とダイアナ妃が、昭和61年(1986)5月に来日され 行く先々で熱狂的な ダイアナブーム となったのが思い出されます。 そして、あの赤のドットのワンピースが日の丸にあわせて着て お...
ダイアナ (心のままに映画の風景)
1995年。 チャールズ皇太子と別居中のダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくが…。 36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポット...
ダイアナ (悠雅的生活)
ジャンクフード。黒髪のウィッグ。世界一有名な女性。
ダイアナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DIANA】 2013/10/18公開 イギリス 113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー [Story]1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすで...
ダイアナ ★★ (パピとママ映画のblog)
『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫る感動作。20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す。メガホンを取るのは、『ヒト...
ダイアナ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 映画を見る限りダイアナは結構大胆な性格だった。
ダイアナ (そーれりぽーと)
イギリス・ロイヤル・ファミリーで波瀾万丈の人生を生き、若くして不幸の死を遂げたダイアナ妃の晩年を描いた『ダイアナ』を観てきました。 ★★★ ナオミ・ワッツは良いし、ダイアナ妃のマスコミの前での振る舞いや、ボランティア活動等の見覚えがある場面の再現は上手...
「ダイアナ」 (或る日の出来事)
ひとりの男との恋愛を中心にした話になっていたのが意外。映画は、真面目で普通だったな…。
「ダイアナ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~やっと会える。本当のあなたに~ 2013年  イギリス映画   (2013.10.18公開)配給:GAGA     上映時間:113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル原作:ケイト・スネル脚本:スティーヴン・ジェフリーズ衣装デザイン:ジュリアン・デイ音楽:デヴィッ....
ダイアナ (とりあえず、コメントです)
元イギリス皇太子妃ダイアナの最後の2年間をナオミ・ワッツ主演で描いたドラマです。 どんな人生を送ってきた人だったのだろうと気になっていたので楽しみにしていました。 ナオミ・ワッツの熱演と共に、自分らしく生きようと必死にもがいていた一人の女性の姿に もっと幸...
「ダイアナ」(2013・英) (ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)
ナオミ・ワッツ主演のダイアナ元皇太子妃映画「ダイアナ」を観ました。 公開初日というせいもありましたけど、 なんと私が観た回では映画館が満席! 日本でのダイアナ人気の根強さを感じました。 まあ、私も「ダイアナ映画」というだけで 興味をそそられて観に行った訳...
『ダイアナ』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ....
『ダイアナ』 (Diana) (Mooovingな日々)
オリヴァーストーン監督、ナオミワッツ、ナヴィーンアンドリュース、ダグラスホッジ、ジェラルディンジェームズ、キャスアンヴァー 王室からも孤立し、失意の底にあったダイアナが出会った心臓外科医ハスナットカーン。運命の出会いはダイアナを人道支援活動へと駆り...
ダイアナ (迷宮映画館)
パパラッチな気分にさせられてしまった。。。
ダイアナ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ダイアナ '13:米 ◆原題:DIANA ◆監督:オリバー・ヒルシュビーゲル「ヒトラー 最期の12日間」 ◆主演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェイムズ、チャールズ・エドワーズ、キャス・アンヴァー、ジュリエット・ス...
ダイアナ(DIANA) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 1997年8月、交通事故により36歳の若さで他界したダイアナ元英皇太子妃の半生をナオミ・ワッツ主演で映画化。王室を離れたダイアナがひとりの女性として自立していく姿を描く。20歳でチャールズ皇太子と結婚し、その後ふたりの王子を出産したダイアナ妃。しかし、夫の....
ダイアナ (こんな映画見ました~)
『ダイアナ』---DIANA---2013年(イギリス)監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポットを当て、その知られざる最後の恋を等身大に描....
「ダイアナ」 (のんびり。)
〔2013年/イギリス〕 1995年。イギリス。 チャールズ皇太子と別居して3年の、 皇太子妃・ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、 孤独な日々を送っていた。 ある日、知人の夫が心臓病で倒れ、 病院に駆け付けたダイアナは、 そこで、心臓外科医のハスナット・カーン(ナヴ...
ダイアナ (pure's movie review?)
2013年 イギリス作品 113分 ギャガ配給 原題:DIANA STAFF 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:スティーヴン・ジェフリーズ 原作:ケイト・スネル CAST ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース ダグラス・ホッジ ジェラルディン・ジェームズ...
映画評「ダイアナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年イギリス映画 監督オリヴァー・ヒルシュピーゲル ネタバレあり
ダイアナ (miaのmovie★DIARY)
ダイアナ [DVD](2014/04/02)ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンド・リュース 他商品詳細を見る 【DIANA】 制作国:イギリス  制作年:2013年 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と 別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日...
ダイアナ (miaのmovie★DIARY)
ダイアナ [DVD](2014/04/02)ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンド・リュース 他商品詳細を見る 【DIANA】 制作国:イギリス  制作年:2013年 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と 別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日...
ダイアナ (2013) DIANA 113分 (極私的映画論+α)
 やっぱ日本では考えられないですね
ダイアナ (のほほん便り)
やはり、あの独特の雰囲気と気高さ、カリスマ性とオーラは、誰が演じても無理だった気がしますが、主演のナオミ・ワッツ、大健闘!もちろん、彼女の置かれた極めて特殊な状況と運命、本当のところは、神のみぞ知る… でしょうし、観た人の感想も賛否両論だったみたいです...
映画・ダイアナ (読書と映画とガーデニング)
原題 Diana2013年 イギリス イマジカBSで観賞 ダイアナ元皇太子妃死亡事故の前、2年間にスポットをあてています ダイアナを演じるのはナオミ・ワッツ本人の特徴を捉えるべく頑張っていましたが、物真似の域をでていないような?それに本人のほうが断然...