京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ちょんまげぷりん』

2010-08-05 00:08:05 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ちょんまげぷりん
□監督・脚本 中村義洋
□原作 荒木 源
□キャスト 錦戸 亮、ともさかりえ、鈴木 福、今野浩喜、佐藤仁美、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上 順

■鑑賞日 8月1日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  目を凝らして観ていても、上の写真のような「ちょんまげぷりん」はどこにも出てこないですから(笑)

 久しぶりにハートウォーミングな映画が観れたなぁ

 そもそもタイムスリップものは過去にもたくさんあったし、どれもストーリーは画一的なものだったように思う。
 現代と過去に行ったり来たりしただけのものなんてのもあったりして(笑)

 江戸の武士が平成の時代にタイムスリップって、何だか前にガスパッチョのCMでもあったような(笑)
 
 内容には決して派手さはないものの、互いがその時代の理解の範疇を超えていながらも、
 同じ赤い血の通う人間同士、時代の差を乗り越えて打ち解けていく姿を面白おかしく描き、最後にはさらりと感動の涙を誘う
 中村監督がやっぱ上手いのかなぁ・・・。
 伊坂作品の監督作はもちろん伊坂氏の原作がしっかりしているのは間違いないところだが、
 この作品も原作はあるものの、そこは中村テイストをしっかり出したうえで、
 “起承転結”が間違いなく描かれていた。
 だからこそ、目立った役者も出ておらずとも、面白い作品に仕上がったのだと思う
 ま、どこかでもう少し存在感のあるバイプレーヤーが居ても良かったとも思えたのだが。

 バツイチ子持ちで働きたいシングルマザーのひろ子(ともさかりえ)と、江戸時代の旗本無職男・安兵衛(錦戸 亮)。
 そして何とも憎めない泣き虫の知也クン(鈴木 福) 彼、中村監督の『ゴールデンスランバー』でも出ていたんですね。

 あの男尊女卑の時代に生きていた安兵衛が世話になっている恩義で逆転の今で言う主夫を引き受ける。
 ひょんなことから安兵衛は菓子作りに才能を発揮、ひろ子と知也も安兵衛のパティシエへの道を応援する。
 この過程の3人の生き様と、小さいながらケーキ作り(このあたりは中村有志がMCでTVチャンピオン風味だったが)を
 
サポートする知也の姿がとても愛くるしい。

 巣鴨の地蔵さんは願いを叶えてくれた。
 別れ際に約束したことは、しっかり現世で実現されていた。
 そんなオチが爽やかな感動を呼ぶシーンだった。
 でも、なんで巣鴨なん(笑)

 それと、エンディングで嬉しかったのが清志郎の「REMENBER YOU」が流れたこと~
 ちょっぴり寂しくなってきたところにこの曲がエンディングで流れ出して、これで思わず元気が出たっ(笑)
 しかもエンドロールの途中にはNG集のオマケが(笑)


  そうそう、中村監督
  鈴木 福クンに、最後のNGシーンで、安兵衛(錦戸)さんを、「錦戸~」と呼び捨てで
  呼んでいるシーンを一つ、入れてほしかったなぁ(笑) 
 

後日、別映画で行った恵比寿ガーデンシネマのロビーに飾られていた
巣鴨のお地蔵さん(笑)

 


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マン・レイ展」/国立新美術館 | トップ | つけ麺/開花屋(川崎) »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時翔庵 (にゃんこ)
2010-08-05 08:50:50
おはようございます。
麻布のお店の名前が粋だなぁっと(笑)
モスとタイアップ企画のプリン、公式サイトから
応募しちゃいました。
当たったらいいな~~っと思いますが
抽選は確か17日です。
Unknown (miko)
2010-08-05 09:47:39

たしかに目を凝らしても‘ちょんまげぷりん’は出てきませんね(笑)

観る前は楽しそうな映画だな~と思っていたのですが、実際思っていた以上に心温まる映画でした

ぷくっとした福くんのお芝居も可愛らしくて魅力的でした

自作で~ (cyaz)
2010-08-05 12:23:33
にゃんこさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>麻布のお店の名前が粋だなぁっと(笑)
そうでしたねぇ^^
あの辺り、古くからの佇まいを持つ店が結構あるので、
あそこも昔からの店で撮影したのでしょうかねぇ(笑)

>モスとタイアップ企画のプリン、公式サイトから応募しちゃいました。 当たったらいいな~~っと思いますが 抽選は確か17日です。
へぇ~、それは知らなかった(笑)
自分でチョコレート削って、シャレで作ってみようかとは思いましたが(汗)?!
ハートウォーミング~ (cyaz)
2010-08-05 12:25:54
mikoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>たしかに目を凝らしても‘ちょんまげぷりん’は出てきませんね(笑)
そうでしたね(笑)
ま、観る前から知ってはいたのですが(汗)

>観る前は楽しそうな映画だな~と思っていたのですが、実際思っていた以上に心温まる映画でした
ホントそうでしたね^^
時空を超えてハートウォーミングな映画でした!

>ぷくっとした福くんのお芝居も可愛らしくて魅力的でした
ああいう雰囲気の子供だったから、良かったんでしょうね!
早く観たい! (じゅぼん)
2010-08-05 20:59:07
私がいつも行く映画館では9/11~公開なんです!
それまでお預けです(涙)
亮ちゃんファンとしても是非とも観に行かせていただきます!
待ち遠しい~ (cyaz)
2010-08-05 21:03:44
じゅぼんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私がいつも行く映画館では9/11~公開なんです! それまでお預けです(涙)
そうなんですか^^
それでは待ち遠しい限りですネ!

>亮ちゃんファンとしても是非とも観に行かせていただきます!
楽しんで来て下さいね~♪
また感想聞かせて下さい^^
Unknown (KLY)
2010-08-06 00:33:44
なんともゆったりとした空気感が中村監督らしいかなぁって思います。大体武士が現代にいるんですよ?でもいるんだからしょーがないじゃんとばかりに話はトントンすすんでっちゃう。どうして来ることになっただとか、ゴチャゴチャしたことは一切無し。そんなところが面白くて。^^
予告編の意味がやっと解って、なーるほど、上手いこと作ったなぁと。(笑)
観たいかも・・・ (talofa)
2010-08-06 00:40:42
ここのとこ、映画勘がはずれっぱなしの私、この映画、観たいかも、と思いつつまだ観ていないのですが どうも私の好きそうなお話ですね~
 やっぱり観たいです~
予告編も~ (cyaz)
2010-08-06 08:34:22
KLYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なんともゆったりとした空気感が中村監督らしいかなぁって思います。
ホント、独特のスタイルですよね^^

>どうして来ることになっただとか、ゴチャゴチャしたことは一切無し。そんなところが面白くて。^^
確かに。
そこに固執してしまうと全体のバランスが失われてしまう。
『ゴールデンスランバー』でも不条理の不条理。
何故陥れられたなんて追求してないし(笑)

>予告編の意味がやっと解って、なーるほど、上手いこと作ったなぁと。(笑)
そこまで考えて予告編も作られて欲しいですよね!
ぜひ~ (cyaz)
2010-08-06 08:35:46
talofaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ここのとこ、映画勘がはずれっぱなしの私、この映画、観たいかも、と思いつつまだ観ていないのですが どうも私の好きそうなお話ですね~
楽に観れる映画ですよ!
ぜひぜひ劇場でご覧下さい~
空腹タイムにはご用心を(笑)?!
NG集 (sakurai)
2010-08-07 13:16:15
わたし、エンドのNG集って、あんまり評価しない派なんですよ。
許せるのは、ジャッキー・チェンとピクサーかな。
なので、あれは清志郎さんの歌だけがよかったな・・とひそかにおもってます。
原作がきちんとした面白い本ですので、本のダイジェスト版・・・という雰囲気を若干感じましたが、この監督はそつがないですね。
そつなし~ (cyaz)
2010-08-07 14:42:32
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>許せるのは、ジャッキー・チェンとピクサーかな。
あらら、いいじゃないですか(笑)

>なので、あれは清志郎さんの歌だけがよかったな・・とひそかにおもってます。
ふむ、清志郎お好きなんですね!

>原作がきちんとした面白い本ですので、本のダイジェスト版・・・という雰囲気を若干感じましたが、この監督はそつがないですね。
そうですね^^
原作は未読ですが、中村監督、ツッコまれたくない性格のような(笑)
江戸阜凛 (にゃむばなな)
2010-08-09 16:52:45
あの江戸阜凛、一度食べてみたいですよ。
そう思えるのもこの映画がハートフルである証拠なんでしょうね。
心の芯から~ (cyaz)
2010-08-09 17:40:37
にゃむばななさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>あの江戸阜凛、一度食べてみたいですよ。
豆乳仕立だから健康にもいいですしね!

>そう思えるのもこの映画がハートフルである証拠なんでしょうね。
そうですね~
ホント、心の芯から温まりました^^
こんばんは~☆ (kira)
2010-08-23 22:17:14
中村監督が上手いのか、
これも未読の、原作がいいのか、
期待値ゼロの状態でしたので、思いの外楽しめました
そうそう、
記事で触れるのを忘れましたが、清志郎の「REMENBER YOU」
凄く合ってて、嬉しかったです

やっぱり、巣鴨っていったら地蔵、、、だったんですね
清志郎~ (cyaz)
2010-08-24 08:17:18
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>中村監督が上手いのか、これも未読の、原作がいいのか、期待値ゼロの状態でしたので、思いの外楽しめました
そうですね^^
僕も原作は未読でしたが、結構楽しめました!

>そうそう、記事で触れるのを忘れましたが、清志郎の「REMENBER YOU」凄く合ってて、嬉しかったです
ですよね~^^
僕の年代にはああいうのがとても嬉しいです~♪

>やっぱり、巣鴨っていったら地蔵、、、だったんですね
実はとげぬき地蔵、行ったことがありません(汗)
清志郎~! (HIROMI)
2010-08-31 19:43:24
江戸時代からタイムスリップする話ですが、ただSFじゃなくて、とても心温まる物語でしたね。
家族になれそうな、三人の絆が深まった場面で急にサヨナラが来て、切ないラストの続きに「REMEMBER YOU」が流れ、ジーンとしました。
巣鴨のとげぬき地蔵、「完全復活祭」の時に行ったので、それもうれしかったです。
心温まる物語~ (cyaz)
2010-08-31 22:27:44
HIROMIさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ただSFじゃなくて、とても心温まる物語でしたね。
そう、ハートウォーミングな映画でしたね^^

>家族になれそうな、三人の絆が深まった場面で急にサヨナラが来て、切ないラストの続きに「REMEMBER YOU」が流れ、ジーンとしました。
そうですね^^
でも清志郎の歌は人を元気にしてくれますよね


>巣鴨のとげぬき地蔵、「完全復活祭」の時に行ったので、それもうれしかったです。
お~、行かれたんですね!
一度でいいから生歌聴きたかった~
RCの時代は聴いたことあったんですが(笑)
主夫作家~。 (sachi-junka)
2010-09-12 09:35:04
昨日「王様のブランチ」の本のコーナーで「ちょんまげぷりん」を特集していたのですが、
原作の作家さん、ホントの主夫なんですね~

作家だから主夫がしやすいという利点もあるのかもしれませんが、その経験からこの作品が生まれたのかもしれませんね

何気に現代の家庭事情も組んだ内容で、見ていて考えさせられる個所もありましたが、福ちゃんの存在にほっこりさせられました。

ワタシもラストで「錦戸~」と言ってほしかったデス

P.S 王様のブランチといえば、ゲスト後方に置かれているブーフの巨大ぬいぐるみ、なんとお値段4万円弱!!
……手が出ない(遠い目)
主夫~ (cyaz)
2010-09-12 10:46:34
sachi-junkaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>原作の作家さん、ホントの主夫なんですね~
へぇ~、そうだったんですか(笑)?

>作家だから主夫がしやすいという利点もあるのかもしれませんが、その経験からこの作品が生まれたのかもしれませんね
そういう視点が随所にあったんでしょうね(笑)

>福ちゃんの存在にほっこりさせられました。
うん、彼の存在は大きかったですね!

>ワタシもラストで「錦戸~」と言ってほしかったデス
やっぱし(笑)

>ブーフの巨大ぬいぐるみ、なんとお値段4万円弱!! ……手が出ない(遠い目)
結構するんですよねぇ><

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ちょんまげぷりん (LOVE Cinemas 調布)
荒木源の同名小説を映画化。180年前の江戸から現代にタイムスリップした侍と、そこで出逢った母子の交流を描いたハートフルなコメディドラマ。主演はNEWSの錦戸亮、共演にともさかりえ。監督は『ヘネラル・ルージュの凱旋』や『ゴールデン・スランバー』等ヒットメ...
映画 「ちょんまげプリン」感想(ちょっとだけネタバレかも) (くまっこの部屋)
映画の日が日曜日で人が一杯!なるべく早く見れる映画のなかではこの映画が気になって
ちょんまげぷりん (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。荒木源原作、中村義洋監督 錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、怱那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順。絶対これはタイムスリップではない、何か仕掛けがあると思っていたのだけれど、なんとベタにタイムスリップでござるのか。
ちょんまげぷりん 目力~リアクション~泣き顔~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=35 -11-】 観たい映画の試写会があたっても予定があって観に行けないのに、どうでもいい映画の試写会の日はフリー、なかなかうまくいかない・・・ε-(;ーωーA フゥ… そんなパターンにはまってしまった今日の試写会、「ちょんまげぷりん」ってなんじゃ~?...
ちょんまげぷりん/錦戸亮、ともさかりえ (カノンな日々)
ジェイ・ストームの製作の作品としてはこれまでの中で一番期待度の高い作品です。少なくとも予告編は好印象でした。ベスト作品は岡田准一くん主演の『おと・な・り』でそれ以外はどうもイマイチな印象があるんですけど、今作は何と言っても『ゴールデンスランバー』の中村...
ちょんまげぷりん (とりあえず、コメントです)
荒木源著の同名小説を映画化したコミカルなファンタジードラマです。 “ちょんまげぷりん”というタイトルを聞いただけで、面白そう~と思っていました。 江戸時代からやって来たお侍さんの立ち振る舞いと真っ直ぐな強さが面白くて笑ってしまいました(^^)
『ちょんまげぷりん』 (ラムの大通り)
----“ちょんまげ”と“ぷりん”? 時代がまったく違うじゃニャい。 「いやあ、ぼくも知らなかったけど、 これは(荒木源『ふしぎの国の安兵衛』)の映画化らしい。 主演が錦戸亮ということもあって、 巷ではけっこう話題になっているんだ」 ----どういうお話ニャの? 「...
「ちょんまげぷりん」試写会 (またり、すばるくん。)
「ちょんまげぷりん」の試写会に行ってきました!
ちょんまげぷりん☆独り言 (黒猫のうたた寝)
お地蔵さんは、ときどきいたずらをするらしい。特に巣鴨のお地蔵さんは(笑)彼は麻布に住む直参の旗本だと名乗る。出会ったのは巣鴨のスーパーの駐車場。侍姿の木島安兵衛。まさか過去から未来にやってきたなんて・・・信じられなかったけど^^;成り行きでシングルマザー...
ちょんまげぷりん / 81点 / 2010年 日本 108分 (ゆるーく映画好きなんす!)
ちょんまげぷりんは、女性の為のハートフルコメディです♪ 『 ちょんまげぷりん / 81点 』 2010年 日本 108分 監督: 中村義洋 原作: 荒木源 脚本: 中村義洋 撮影: 小林元 美術: 金勝浩一 編集: 森下博昭
侍パティシエ~『ちょんまげぷりん』 (真紅のthinkingdays)
 シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、保育園児の友也を抱え、仕事と 家事・育児の両立に孤軍奮闘の日々。そんなひろ子が出逢った...
ちょんまげぷりん (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
江戸から現代にやってきたお侍がお菓子作りに目覚めるというハートフル・コメディーには、現代人が忘れがちな“1本通った筋”がある。シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮し。ある日、侍姿でうずくまる木島安兵衛という男に出会う。安兵衛は江戸時代...
『ちょんまげぷりん』の仕事術 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ちょんまげぷりん』では、仕事が上手くいって、職場で評価されるにはどうすれば良いかが、判りやすく示される。 ...
映画 「ちょんまげぷりん」 (ようこそMr.G)
映画 「ちょんまげぷりん」
9.ちょんまげぷりん (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 34オープニング土日動員: 3万4056人オープニング土日興
「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる (はらやんの映画徒然草)
好きな中村義洋監督の作品なのでさっそく観てきました。 全く異質なものを結びあわせ
現代女が鼻に付く。『ちょんまげぷりん』 (水曜日のシネマ日記)
180年前の江戸から現代にタイムスリップした侍と現代を生きる母子の交流を描いた物語です。
ちょんまげぷりん (迷宮映画館)
朝から何事が起ったのでござるか!!
■映画『ちょんまげぷりん』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
関ジャニ∞の錦戸亮、映画初出演にして初主演の侍ハートウォーミング・コメディ映画『ちょんまげぷりん』。 江戸時代から現代の日本にタイムスリップしてきたお侍さんが、シングルマザー&ちびっこの家庭に居候し、現代のジェンダー意識にギャップを感じたり、父親っぽ...
『ちょんまげぷりん』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日、仕事終わりに有楽町まで足をのばして、ヒューマントラストシネマ有楽町で『ちょんまげぷりん』を観てきました。 テアトルの映画会員・CLUB Cの会員になってるので、テアトル系列の映画館とシネ・リーブル、ヒューマントラストシネマの映画は映画はいつでも1000円で...
ちょんまげぷりん (だらだら無気力ブログ)
荒木源の同名小説を『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督が関ジャニ∞の 錦戸亮を主演に据えて映画化したハートフルコメディ。 遠い昔の江戸時代の侍が現代にタイムスリップしてしまい、ひょんなことから 知り合った母子のもとに居候しつつ、パティシエになってしま...
ちょんまげぷりん (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ちょんまげぷりん 制作:2010年・日本 監督:中村義洋 出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里 あらすじ:江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった、...
9.ちょんまげぷりん (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 34オープニング土日動員: 3万4056人オープニング土日興
『ちょんまげぷりん』 (めでぃあみっくす)
ひろ子殿、友也殿、木島安兵衛の江戸阜凛でござる。 人生はケーキほど甘くはござらんが、思うほど渋くもござらん。要は渋味と甘味をどう使い分けるか。子育てやお勤めに関してもそれが一番大事なことでござろうし、また古き良き日本ではそれが当たり前でござったはず。そ...
『ちょんまげぷりん』 ('10初鑑賞107・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月7日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:50の回を鑑賞。
ちょんまげぷりん (単館系)
ある日、仕事と家事に追われ忙しい毎日を送る、シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)とその息子・友也(鈴木福)の前に、ちょんまげ姿の...
ちょんまげぷりん (映画鑑賞★日記・・・)
2010/07/31公開 日本 108分監督:中村義洋出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、中村有志、井上順人生はケーキほど甘くないでござる。江戸時代からやってきた侍、木島安兵衛をひょんなことから居候させることになった母親のひろ子と息子の友也。ある...
お地蔵様の愛と陰謀。(違)~「ちょんまげぷりん」~ (ペパーミントの魔術師)
↑このちょんまげのついたプリンって どっかに売ってないかな?(笑) これは先にスタッフブログのほうでブックレビューを書いていましたんで リンクしますね。 http://ameblo.jp/tsutaya-5201/entry-10465293279.html さて、錦戸くんがどうだったのかというと、 いや...
ちょんまげぷりん (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
男らしくてやさしくて、礼節をわきまえた純情青年。江戸時代からやってきた“パティシエ侍”、いざ見参!物語:遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと仕事の両立に悩むシングルマザー。やんちゃ盛りの1人息子、友也(鈴木福)とわがままなクライアントに挟ま...
『ちょんまげぷりん』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:中村義洋原作:荒木源出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順公式サイトはこちら。<Story>シングルマ...
ちょんまげぷりん (to Heart)
人生はケーキほど甘くないでござる。 製作年度 2010年 上映時間 108分 原作 荒木源 監督 中村義洋 エンディングテーマ 忌野清志郎『REMEMBER YOU』 出演 錦戸亮 木島安兵衛/と...
「ちょんまげぷりん」、美味(うも)うござる (大江戸時夫の東京温度)
映画『ちょんまげぷりん』、なかなか楽しめました。実にオーソドックスで、娯楽作とし
【ちょんまげぷりん】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、堀部圭亮、井上順   お侍が、パティシエに!? 「離婚して一人で息子友也を育てているひろ子は、ある日マンションの前でお侍の格好をした男性と出会う。木島安兵衛と名乗る彼は江戸時代からやってきたと思い
ちょんまげぷりん (映画と本の『たんぽぽ館』)
タイムスリップしてきたお侍がプリン作り!?            * * * * * * * * ...
ちょんまげぷりん (ダイターンクラッシュ!!)
2010年8月28日(土) 18:30~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:800円(買っていない) 『ちょんまげぷりん』公式サイト それなりに面白いだろうとは思っていたのだが、想像以上に素晴らしい。 近くにいた単独鑑賞の...
ちゃんまげプリン (シネマ大好き)
シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、まだ小さい息子の友也(鈴木福)を抱えててんやわんや。朝も大変だし、お迎えを待つ子のために夕方もバタバタ。残業をしないと職場での評価がないのがさびしい。そんななか、180年前の江戸時代から、木島安兵衛(錦戸亮)がタ...
ちょんまげぷりん (にき☆ろぐ)
見たのは少し前なのですが、今更ながらに見た映画の感想です。あらすじは江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった...
ちょんまげぷりん (悠雅的生活)
江戸VS東京。死んだら御免。REMEMBER YOU。
予想外に気に入ってしまった「ちょんまげぷりん」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
シングルマザーのひろ子とその息子友也の前に現れた侍、木島安兵衛。タイムスリップしてしまったらしい彼をひろ子達は居候させることになる...
映画:ちょんまげぷりん (伊八のいろいろ)
映画:ちょんまげぷりん 2010-9-9(シネ・リーブル博多駅) ストーリー:江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった、ひろ子(ともさかりえ)と友也(鈴木福)の母子。友也のために偶然作ったプリンから...
映画[ ちょんまげぷりん ]奥向きのご用は、拙者にまかされぃ (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ちょんまげぷりん ]を池袋で鑑賞。 女子高生や女子大生ばっかりだろうな、と思っていたら、意外や意外、娘と母という親子カップルが多かった。主演の錦戸くんには、どことなく(男前だが)おっさんのような落ち着きがあるから、二極化したファン層もうなづけ...
ちょんまげぷりん (Peaceナ、ワタシ!)
人生はケーキほど甘くないでござる。 『ちょんまげぷりん』を観てきました! チラシ↑の「まげプリン」が可愛くて、7月の公開時から気になっていたのですが、なかなか予定が合わず… フリーチケットの期限が今日迄だったので、雨の中をでかけてきましたよ。 原作は小説か...
ちょんまげぷりん (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ちょんまげぷりん’10:日本◆監督・脚本: 中村義洋「ゴールデンスランバー」「ジェネラルルージュの凱旋」◆出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順◆STORY◆シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人...
ちょんまげぷりん (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
江戸時代の武士がパティシエになるという、ハートフルなタイムスリップコメディです。シングルマザーの遊佐ひろ子は仕事と息子の友也の子育てとでドタバタした日々を送っていた。そ...
映画『ちょんまげぷりん』 原作よりさらによし。 (□□ 産後の読書案内 □□)
映画 ちょんまげぷりん観てきました。 公式サイト おもしろかった 原作以上の出来、といってもいいと思います 180年前の江戸からタイムスリップしてきた木島安兵衛。 シングルマザーの遊佐ひろ子と年長の友也と出会い、居候することになる。 そして、家事手...
『ちょんまげぷりん』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ちょんまげぷりん 』 (2010)  監  督 :中村義洋キャスト :錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、今野浩喜、堀部圭亮、佐藤仁美、忽那汐里、中村有志、井上順 荒木源著作小説を原作をもとに『ゴール...
ちょんまげぷりん (食はすべての源なり。)
ちょんまげぷりん ★★★★☆(★4つ) レビュー評価も高かった作品で、DVD化を楽しみにしていました。 先日みた、コアンドルよりケーキがおいしそうにみえた(笑)たぶん楽しそうに作ってたし、みんなおいしそうに食べてたから。 タイムスリップした侍錦戸が思わぬ才...
ちょんまげぷりん (映画的・絵画的・音楽的)
 休日にもかかわらず雪の時は外へ出るのも億劫となってしまい、家でTSUTAYAから借りてきたDVDを見ることにしています。今回は、昨年評判だった『ちょんまげぷりん』を見てみました。 (1)こういう映画を見ると、仮に江戸時代の武士が現代に登場することがあり得たとして....
「ちょんまげぷりん」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。4つ★半 安心して誰もが楽しく見れる映画!
映画『ちょんまげぷりん』  (よくばりアンテナ)
やっと、観ることができました。 金沢では当初、シネコンでの上映予定がなくて、時期をずらして、 ミニシアター系のシネモンドでようやく公開でした。 公式HPによると、また11月にユナイテッドシネマでも...
ちょんまげぷりん (ハクナマタタ)
拙者、ぱてしえになるでござる ポケ右衛門どの タイムスリップものの中のひとつととして期待するのは 人間ドラマに絞られつつある それくらい、設定としてはスタンダード ちょっと話はそれますが、 パクリだパクリじゃない騒動というのはね、 完全にメジャー...
ちょんまげぷりん (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ある日、冴えない日々を送るシングルマザー・ひろ子の前にちょんまげ姿の男が現れる。彼の名前は木島安兵衛といい、なんと180年前の江戸時代からやって来た本物の侍だった。帰る方法もわからず、行くあてのない彼は、ひろ子の家に居候することになり…&he...
中村義洋監督 「ちょんまげぷりん」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
伊坂幸太郎作品を映画化するとしたら、この人以外には考えられないと私が思っている監督、中村義洋氏の作品。 劇場公開時に観に行きたかったのですが、都合がつかずDVDでやっと鑑賞。 http://www.c-purin.jp/ 【あらすじ】 遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと....
ちょんまげぷりん (のほほん便り)
気楽に見られる楽しいオハナシ、だと思ってたら、しっかり原作があったのですね。 江戸時代のお侍さんがタイムスリップしてきて、シングル・マザー宅に居候。天賦のお菓子作りの才を開花させる、って発想自体が斬新です。 突っ込みどころは満載だけど、ハートウォー...
映画評「ちょんまげぷりん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり