京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『おおかみこどもの雨と雪』

2012-07-25 00:07:25 | 邦画

 

作品オフィシャルサイト 「おおかみこどもの雨と雪
□監督・脚本・原作 細田守
□脚本 奥寺佐渡子
□キャスト(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木 華、西井幸人、大野百花、
          加部亜門、林原めぐみ、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原文太

■鑑賞日 7月21日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  人間だって、動物たちだって、どこかで人生の究極の二択を強いられることはあるだろう。
  ことさらそれが、人間とオオカミのハーフだったとしたら、
  生れ持っての究極の選択は、親として、母として、そしてその子供として、
  それぞれにかつてない究極の悲しみと出発(たびだち)の“時”だろう・・・。

 
ここではのテーマは親子愛、それも「母と子」の、そして人間とオオカミの・・・。
 ただ、この家族に与えられた試練は、人間社会における普通の家族関係でない
 種を超えた母と子の関係だ。 人間とオオカミの両方の血を継ぐ母と子。
 「おおかみこども」の姉・雪(少女期:黒木 華、幼年期:大野百花) と弟・雨(少年期:西井幸人、幼年期:加部亜門)。
 母・花(宮崎あおい)は、女子大生(19歳)のときに「おおかみおとこ(大沢たかお)」と出会い、
 雪と雨の2人の子供を授かった。 人間と狼の顔をあわせもった「おおかみこども」なため、
 その秘密を守るために家族4人は都会の片隅でつつましく暮らしていた。
 しかし、おおかみおとこが突然この世を去ったことで、花は1人で2人を育てることに。
 花は、雪と雨をつれて都会を離れ、人目に付きにくい山奥の田舎町に移り住む。

 このあたりまで観ていて、雪の行動を見ているとまるでトトロのメイちゃんのよう(笑)。
 古民家の掃除をはじめるところのくだりなどは、真っ黒クロスケが出てきそうな感じで

 子供たちが成長すると共に、時々現れる強いオオカミの血と、そもそも持つ人としての優しさは、
 花と雪と雨を、回りの人たちからいつしか大切にされる存在になっていく。
 そこは、若い人たちが殆ど居なくなり、年寄りばかりの農業中心の過疎がすすむ村。
 2人の子供たちは伸び伸びと、また花も自給自足の生活に勤しむようになる。
 ここでキーになるのは韮崎のじいさん(菅原文太)だった。
 無骨で無愛想で頑固一徹を絵に描いたような韮崎のじいさんだったが、
 実は一番花たち家族を思ってくれていたのだ。 回りの人たちが優しく接してくれるのも
 韮崎のじいさんだった。
 
 その生活にもとけこみ、徐々に成長する快活な雪と内気な雨。
 小学生になった2人にそれぞれ転機が訪れる。
 雪は学校で詰め寄られた草平に爪(オオカミ)をたてて怪我をさせてしまったり、
 雨は学校にも行かず森に入り、師匠と呼ぶ狐に近づいていく。 
 
 「おおかみこども」という特別で奇異な設定ながら、絶滅していく種を後世に残す。
 それはどの生き物の世界でも同じこと。 人間とオオカミの接点はあまりないが、
 それでも時々シベリアンハスキーや狼犬を見ると、遠い存在ではないような気もする。
 もし、オオカミが人間の心を理解し、種の継続を強く希望するとすれば、今回のような、
 それぞれが成長と、共に受ける苦悩や葛藤を、オオカミでは語れなかった人間の
 “言葉”という道具を使って表現してみせたからこそ、その真意がここに存在したのかもしれない。
 
 現代でも、親離れ・子離れできない人間が多い中、生まれ持っての、人間かオオカミかの、
 究極の二択を選ばなければならないとすれば、その選択肢はいくら幼くても、
 雪と雨にゆだねるしかないわけだし、花も親としてその選択に協力せざるを得ないだろう。
 もっとも、最初は雪の方がオオカミの血が濃いと思っていたけれど、実は内向的な雨の方が、
 そのオオカミとしての種の継続させることへの強い執着心を持っていたことは
 多少不思議な展開にも感じたのだったが・・・。
 子供が岐路に立たされたとき、親としてはどちらの方向に進むのかはやはり本人たちの意志を
 尊重するしかないだろう。 人間社会においても、オオカミの世界においても。 

  なんだかちょっとセンチになりつつ、自分が親であるとともに、自分にも親があることを
  噛みしめた映画だった。 
子供の映画というよりは大人が感じ入る映画だったなぁ・・・。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レ・リボのプリン」&「8... | トップ | 「ほろ苦 宇治抹茶ババロア」... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供<大人 (NAO)
2012-07-25 21:06:47
確かにこれは子供より大人の方が感じる映画だと私も思いました。

私なんか子育て真っ最中なので、なんだか最初から最後までウルっとしちゃいました^^;

>子供が岐路に立たされたとき、親としてはどちらの方向に進むのかはやはり本人たちの意志を尊重するしかないだろう。 

ほんとそうです。
だけどいざ子供が進もうとすると、花のようにダメとか言ってしまいがちになる・・矛盾だけどそういう行動にも出ちゃうんですよね。
個人的に細田監督のファンなので、満足に鑑賞することが出来ました^^
上手い~ (cyaz)
2012-07-26 08:18:55
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かにこれは子供より大人の方が感じる映画だと私も思いました。
雪の幼女時代は子供でも楽しめるものですが、
ストーリーはむしろ大人のものでしたね!

>私なんか子育て真っ最中なので、なんだか最初から最後までウルっとしちゃいました^^;
特に母は、やはりウルウルしどおしだと思いますよ^^

>ほんとそうです。
だけどいざ子供が進もうとすると、花のようにダメとか言ってしまいがちになる・・矛盾だけどそういう行動にも出ちゃうんですよね。
難しい問題ですが、子供より親の方の問題も色濃いですね?

>個人的に細田監督のファンなので、満足に鑑賞することが出来ました^^
それは良かったです!
僕的には『サマー・ウォーズ』の方が楽しかったです。
あおいチャン、色々あったけど、やはり声優としても上手いです!
初めまして♪ (micha*)
2012-07-26 22:00:31
TBありがとうございます!

アニメを観たのは久しぶりでしたが、心に残るいい映画でした
私も子供向けというよりは、大人向けの作品だと思いました

雨が涙ぐみながら“おおかみってどうしていつも悪者なの....?”と花に問いかけるシーンが印象的でした
おはつです~ (cyaz)
2012-07-27 08:32:22
micha*さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>アニメを観たのは久しぶりでしたが、心に残るいい映画でした
そうでしたか^^

>私も子供向けというよりは、大人向けの作品だと思いました
ですよね~
細田監督のメッセージが伝わってきたような気がします!

>雨が涙ぐみながら“おおかみってどうしていつも悪者なの....?”と花に問いかけるシーンが印象的でした
そうですね。あのシーン、ぐっときました・・・。
Unknown (Ageha)
2012-07-31 15:18:23
時かけ、サマーウォーズと比べると
どっちかいうたらおかんむけ。
それゆえに前2作品ほど男子はのめりこめないかな?(笑)

パラサイトする子供と
いくつになっても子供は子供って
甘やかしなおかつ手元に置きたがる親には
結構痛い作品ははははは・・・。

オオカミの血を引くということ以外は
ものすごく身近なテーマで
子育て中のおかんがみたら間違いなくハマる。

我が身振り返るよな~マジで。(^^ゞ

大学行ってもいいけど、自宅から通ってねってのは
金銭的なことよりもまだそばにいたかった気持ちのほうが
強かったし。

で、その子ももうすぐ出て行っちゃう。
もっとももう23やねんから十分大人やんて思っても
やっぱさみしいもんです。
結婚するまではずっといっしょって思ってたから。

反省~・・・ってか私もしっかりしないと(*´д`*)
そのとおり~ (cyaz)
2012-07-31 17:32:04
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>時かけ、サマーウォーズと比べるとどっちかいうたらおかんむけ。それゆえに前2作品ほど男子はのめりこめないかな?(笑)
せやねぇ(笑) でも前作の方が楽しかった!

>いくつになっても子供は子供って甘やかしなおかつ手元に置きたがる親には結構痛い作品ははははは・・・。
今はゆとり世代の親が多いし、ペット扱いかも(爆)?!

>オオカミの血を引くということ以外はものすごく身近なテーマで子育て中のおかんがみたら間違いなくハマる。
その昔、「狼少年ケン」が好きだった(笑)

>もっとももう23やねんから十分大人やんて思っても
やっぱさみしいもんです。 結婚するまではずっといっしょって思ってたから。
子離れしない親の代表格やね、まったく(笑)
可愛い子には旅をさせろ・・・でっしゃろ(笑)

>反省~・・・ってか私もしっかりしないと(*´д`*)
そのとおり!
こんにちは! (タケヤ)
2013-02-25 08:06:02
私もcyazさんと同じように親の目線
で作品を鑑賞する事となりました。

もっとライトな作品かと思っていたの
ですが観終わるとcyazさんの
(子供の映画というよりは大人が感じ入る
映画だったなぁ・・・。)
という気持ちがよく分かります。。。

子供さんの時に観られるのと大人になって
親になってから観るのでは全く印象が
変わってしまう作品ですね。
大人目線~ (cyaz)
2013-02-25 08:17:47
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私もcyazさんと同じように親の目線で作品を鑑賞する事となりました。
そうでしたか^^

>もっとライトな作品かと思っていたのですが観終わるとcyazさんの(子供の映画というよりは大人が感じ入る
映画だったなぁ・・・。)という気持ちがよく分かります。。。
僕も観る前はもう少し子供目線なのかと思っていたのですが、
実際には大人目線に近かったような気がしました。

>子供さんの時に観られるのと大人になって親になってから観るのでは全く印象が変わってしまう作品ですね。
だと思いますね。
作り手側による思惑というのもあるのでしょうが・・・。
Unknown (映画好きパパ)
2014-02-03 08:37:18
見る人が母親なのと、父親なのでは見方が違ってくるのかもしれません。父親のオオカミ男が早々に消えてしまったので、僕はそれほど感情移入できませんでした。

男の子が巣立って、女の子が手元に残るというのも
印象的ですね。
血統~ (cyaz)
2014-02-03 12:33:39
映画好きパパさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>見る人が母親なのと、父親なのでは見方が違ってくるのかもしれません。
確かにそうですね^^

>父親のオオカミ男が早々に消えてしまったので、僕はそれほど感情移入できませんでした。
なるほど。

>男の子が巣立って、女の子が手元に残るというのも
印象的ですね。
“血”とは怖いものですね?
種を残すためには強い血が必要なのかも・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「おおかみこどもの雨と雪」 (日々“是”精進! ver.F)
母は、強し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207210002/ おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-2...
おおかみこどもの雨と雪 (Akira's VOICE)
この映画を観ている間,僕は"親"になった。
「おおかみこどもの雨と雪」 (NAOのピアノレッスン日記)
~私は、この子たちと生きて行く~ 2012年  日本映画   (2012.07.21公開)配給:東宝        上映時間:117分監督:細田守企画・制作:スタジオ地図原作:細田守脚本:細田守、奥寺佐渡子キャラクター・デザイン:貞本義行美術監督:大野広司音楽:....
映画「おおかみこどもの雨と雪」@TOHOシネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 TOHOシネマズさん主催の試写会でほぼ満席、アニメ作品という事で小さなお子さんから大人まで幅広い客層だ。
『おおかみこどもの雨と雪』 (こねたみっくす)
これは入道雲が見守り続けた花と雪と雨と彼の家族の物語。 一夏の出来事を描いた『時をかける少女』や『サマーウォーズ』のような勢いはなくとも、13年に及ぶとある家族の成長を四 ...
「おおかみこどもの雨と雪」 -映画- (読書日和)
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学...
おおかみこどもの雨と雪 (佐藤秀の徒然幻視録)
おおかみは孤立の匂いを放っている 公式サイト。英題:The Wolf Children Ame and Yuki。細田守監督、(声)宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、大野百花、西井幸人、加部亜門、平岡拓真、染谷将 ...
おおかみこどもの雨と雪/宮崎あおい (カノンな日々)
今やポスト・ジブリの一番手となった感のある『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督がこの新作映画のテーマに選んだのは「母親」。なんでも細田守監督の周囲で母親と ...
おおかみこどもの雨と雪 (ぐ~たらにっき)
「時をかける少女」、「サマーウォーズ」の細田守さん監督の 長編オリジナル作品の第2作目。 キャラクターデザインは前の二作品同様、貞本義行さんが担当し、 スタッフもそのままに新たに「スタジオ地図」...
おおかみこどもの雨と雪 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)クチコミを見るファンタジーと日常が絶妙な割合で同居する「おおかみこどもの雨と雪」。異形の存在を認めた母と子の選択の物語でもある。大学生 ...
「おおかみこどもの雨と雪」みた。 (たいむのひとりごと)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く奥寺佐渡子脚本&細田守監督による長編アニメーションで、この夏一番楽しみしていたアニメーション映画。細田監督作品と言えば”夏”と”青い空&白い雲”。でも今作では
おおかみこどもの雨と雪 (そーれりぽーと)
個人的意見としては、今はジブリよりも確実に楽しませてくれる細田守監督の最新作、『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。 ★★★★ おおかみこども二人を育てる人間の母親の目を通して究極のスローライフ体験をさせてくれる素敵な狼男映画。 実写映画を観ている...
おおかみこどもの雨と雪  監督/細田 守 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮崎あおい(花)  黒木 華/大野百花(雪)  西井幸人/加部亜門(雨)  大沢たかお(彼/おおかみおとこ) 【ストーリー】 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこ...
おおかみこどもの雨と雪 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】狼と人間のハーフの子供を育てるけどな
映画『おおかみこどもの雨と雪』 (健康への長い道)
 『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』を新宿バルト9で。  平日の特定回が割引になるシネマチネは、いい制度だ。 Story 人間の姿をして、人間として普通に暮らす“おおかみおとこ”(声:大沢たかお)と出会った大...
おおかみこどもの雨と雪 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間が自然に入りこみすぎて狼は絶滅した。自然に入りすぎたのに人間はその境界である集落を守ることができない。限界集落という問題が浮上して農作物が被害を受けている。そんな勝手な人間の営みを”おおかみおとこ”との混血で生まれた子供、雨と雪という二人の子供の物...
『おおかみこどもの雨と雪』 2012年6月18日 東京国際フォーラムCホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おおかみこどもの雨と雪』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 娘が時間通りに来ないので、18:15頃に座席券へ引き換えました でも、係員の粋な計らいにより1Fの座席券にしてくれたのですが やっぱり最後方でしたので、全然舞台挨拶は見えませんでした...宮崎あおいの...
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「おおかみこどもの雨と雪」観に行ってきました。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの作品を手掛けてきた細田守監督の新作アニメーション。 映画の基本的な進行は、後日の成長したと思しき雪のモノローグをはさみながら、物語の前半は映画のタイトルにもな...
[映画『おおかみこどもの雨と雪』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凛とし、毅然ともしている一人の女性が、二人の「おおかみこども」を両腕に抱いているポスターが印象的な、期待の作品だった。  テーマとしては、突き詰めると「シングルマザー」の物語なのだと思っていた。  そして、どのような経緯かは知らないが、かようなオリジ...
おおかみこどもの雨と雪 (とりあえず、コメントです)
おおかみこどもを育てることになった一人の母親の子育て記を描いたアニメです。 細田守監督&“おおかみこども”なんて、これは絶対に観なくちゃと思っていました(^^ゞ 子育ての大変さと喜び、そして母親の愛の大きさを感じさせてくれるような物語でした。
おおかみこどもの雨と雪 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://ookamikodomo.jp/ 何度か試写会に応募したけど全てハズレ。 仕方なく貯まったポイントで無料鑑賞。 などという冗談はさておき、前作『サマーウォーズ』が面白かったので楽しみにしていた作品。 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運...
おおかみこどもの雨と雪 (ひびレビ)
「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。以下、ちょっとだけネタバレを含みつつの感想です。 非常に丁寧に作りこまれている作品だなと思いました。始まりはヒロイン・花と、「おおかみおとこ」である彼との出会いから。出会い、おおかみおとことしての秘密を明かし....
親としての信念は?『おおかみこどもの雨と雪』 (水曜日のシネマ日記)
おおかみおとこと恋をした女性とその子供たちの物語です。
おおかみこどもの雨と雪 (映画と本の『たんぽぽ館』)
成長していく“子どもと親”の物語                    * * * * * * * * *  「サマーウォーズ」にすっかりハマった私は、この細田守監督作品、迷わず見ました。 脚本の奥寺佐渡子さんも好きなんですよね。 ただ、“おおかみお...
おおかみこどもの雨と雪<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <東宝試写室> 監督:細田守 原作:細田守 脚本:細田守、奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 私が好きになったひとは “おおかみおとこ”でした。 良かった。 「おおかみおとこ」の子供を産んで育てる話、とだけ知っ...
おおかみこどもの雨と雪 (だらだら無気力ブログ!)
期待を裏切らないイイ作品だった。
「おおかみこどもの雨と雪」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/制作:スタジオ地図配給:東宝 監督:細田守 原作:細田守 脚本:奥寺佐渡子、細田守 キャラクターデザイン:貞本義行 作画監督:山下高明 美術監督:大野広司エグゼクティブプロデューサー
『おおかみこどもの雨と雪』 (beatitude)
人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しな...
おおかみこどもの雨と雪 (はるみのひとり言)
試写会で見て来ました。予告で何度か見たことあったんですが、夏休みの子供向け映画なんだろうと思って別にどっちでもいいかな~なんて思ってたんです。おおかみこどもなんてメルヘンちっくなお話だろうなんて・・・。全然違ってました。これはどっちかって言ったら大人向...
映画「おおかみこどもの雨と雪」 (FREE TIME)
注目の映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞しました。
「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと (はらやんの映画徒然草)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。 細田監督の「時を
「おおかみこどもの雨と雪」:物語の力 (大江戸時夫の東京温度)
細田守監督+奥寺佐渡子脚本の『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く新作『おお
おおかみこどもの雨と雪 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月21日(土) 19:10~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(フリーパスポート) 『おおかみこどもの雨と雪』公式サイト フリーパスポート15本目。 細田守の新作は、前二作のSFぽいものと異なり、昔のジブリの香りのする作品。 田舎でのおおかみこどもの子育ての話...
細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。細田守監督・長編最新作『おおかみこどもの雨と雪』脚本は奥寺佐渡子。キャラクターデザインは貞本義行。花の声を宮崎あおい、“おおかみおとこ”の声を大沢たかお。ほかに菅原文太、
お母さん必見の映画かも・・・~「おおかみこどもの雨と雪」~ (ペパーミントの魔術師)
高槻アレックスシネマにて、試写会鑑賞。7月12日 細田作品となるといやがおうでも期待しちゃいますね。 実際むっちゃ満足でした☆・・・と、先に書いときます 19歳でオオカミ男と恋に落ち、子供を授かるも彼は急死。 生まれたこどもがオオカミと人間のハーフであるが...
『おおかみこどもの雨と雪』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  東京の片隅にある国立大学に通う花は同じ教室にいるひとりの男性に心を惹かれる。 やがてふたりは付き合い、一緒に暮らし始め、ふたりの子どもにも恵まれる。 しかし、『彼』には大きな秘密があった。 『彼』は絶滅したニホンオオカミの末裔の『おおかみ....
映画 『おおかみこどもの雨と雪』 (アニメって本当に面白いですね。)
おおかみこどもの雨と雪   お勧め度:お勧め   [大人向けファミリー映画]   7月21日(土)全国ロードショー   監督 : 細田守   脚本 : 奥寺佐渡子   キャラデザ : 貞本 ...
映画『おおかみこどもの雨と雪』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本・原作、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。音楽
映画「おおかみこどもの雨と雪」(2012年) 感想 (みかりんの 気ままに感想記)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田監督の作品。脚本もこの2作品と同じ奥村
『おおかみこどもの雨と雪』('12初鑑賞77・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:15の回を鑑賞。
「おおかみこどもの雨と雪」 (大吉!)
<日曜日> (7月27日・ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・12時15分から) 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけられ...
『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ (Healing )
おおかみこどもの雨と雪 ★★★★★ 親がイチバン難しいのは 子どもから離れることだ 子育てと、子離れ。 子どもが自分の生きる道を見つけ、 信じられる人、信じられる世界を見つけていくお話。 それを親が見守る、見送るお話。 細田守監督の『サマーウォーズ』も『時をか...
おおかみこどもの雨と雪(2012-110) (単館系)
おおかみこどもの雨と雪 MOVIXさいたま 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、 やがて雪と雨という姉弟が誕生する。 彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとし...
劇場アニメ「おおかみこどもの雨と雪」-感想 (珈琲は一日二杯まで)
「おおかみこどもの雨と雪」の感想を書きます。 私は評論家でもなんでもないし、そんな知識もないので、観客のひとりが抱いたひとつの感想です。 作り手側の意図等は気にせず、各メディアで絶賛される技術的な部分に関しても省略して、自分が何を感じ考えさせられたかと...
おおかみこどもの雨と雪 (映画原ひろし)
『おおかみこどもの雨と雪』 (2012・日本・1h57) 監督・原作・脚本 : 細田守 声の出演 : 宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、菅原文太 おおかみ男との間に二人の子供を授かったはな。雪と雨と名付けた子供たちはすくすく...
もののけ姫 と けものの姫●おおかみこどもの雨と雪 (Prism Viewpoints)
私は、この子たちと生きていく。   (公式キャッチコピー) 『おおかみこどもの雨と雪』 監督 細田守 原作 細田守 脚本 細田守    奥寺佐渡子 出演 宮崎あおい    大沢たかお    
「おおかみこどもの雨と雪」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
細田守監督って、いつも映画らしい映画をつくるんで感心する。 映画らしい映画って、いつもアニメだけど。 アニメだけど、脚本やカメラワークや小道具・美術、演出が“映画”になっている。 一般的なアニメのような誇張や飛躍がないってこと? いや、タイムスリップする...
おおかみこどもの雨と雪 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作になります。 今回、脚本を担当されたのが、奥寺佐渡子さんだったので、期待値MAXでした。 実は、公開日の初日に見ました。 でもレビューを、すぐには書けなかった・・・ それは、頭の整理がつかなくて、どう...
おおかみこどもの雨と雪 (Some Like It Hot)
■「おおかみこどもの雨と雪」(2012年・日本) 監督=細田守 声の出演=宮崎あおい 大沢たかお 黒木華 西井幸人 「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作は、生きることを真っ正面から描いたファンタジー。確かに評判通りによくできている。温かみのあるシンプ...
おおかみこどもの雨と雪 (ルナのシネマ缶)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」と ヒットを飛ばしてきた 細田守監督の今作は ちょっと地味で、なんだか 切ない気持ちにさせられる 作品でした。 大学生の花は、講義に来ていた無口な男性と恋に落ちるが 彼は、おおかみおとこだった。 2人は都会の片...
【おおかみこどもの雨と雪(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
細田守監督といえば今や宮崎駿監督に並んで名前でお客の呼べる数少ないアニメ監督。さっそくその名前に釣られ観てきました。 「おおかみこども」という秀逸なネーミングと貞本キャラとの組み合わせならもう勝ったも同然w。どんな楽しいお伽話を見せてくれることやらと...
おおかみこどもの雨と雪 (銀幕大帝α)
私は、この子たちと生きていく。 -感想- 感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。 なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだ...
おおかみこどもの雨と雪 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅....
おおかみこどもの雨と雪 (いやいやえん)
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供たちがそ...
おおかみこどもの雨と雪 (のほほん便り)
初オンエアの視聴率も良く、映画公開時も、かなりのスマッシュ・ヒットだったそうですね。その快挙。もちろん、受賞も多々。「キャンパスで出会い、好きになった人は、たまたま狼男でした。やがて、不慮の事故からシングル・マザーになった、ヒロイン・花は、諸事情から田...
おおかみこどもの雨と雪 (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:DVD 鑑賞日時:12月29日 評価:B+ 原題:おおかみこどもの雨と雪 製作:2012年 日本 監督:細田守 出演: 宮崎あおい 大沢たかお 黒木華 大野百花 西井幸人 加部亜門 菅原文太 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は狼男との間に...
おおかみこどもの雨と雪 (シネマ日記)
ケーブルテレビで見ました。公開中、結構良いらしいというウワサを聞いていたので楽しみにしていました。大学に不正に聴講に来ていたおおかみおとこ大沢たかおと恋に落ちた花宮?あおい。妊娠し、大学をやめ結婚生活を始める。1人目の娘を雪の日に出産し、「雪」と名付け....
【映画】おおかみこどもの雨と雪(の記事を比較的内容濃いめにやっつけた) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ひとつ前の記事で、2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の年だ…と書きましたが、もうひとつ。 今年は、手塚治虫先生が何故か「鉄腕アトム」を違う名前でリブートさせた「ジェッター・マルス」の生まれた年でもあります(※オープニング曲による情報)。 ロボッ...
映画評「おおかみこどもの雨と雪」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・細田守 ネタバレあり