青い星のささやき

日々感じたことを心のままに
耳寄り情報などもお届けします
心を優しく、生活を豊に

やっぱり始まった公共事業へのばら撒き

2012-07-02 | 日記
社会保障と税の一体改革と言いながら、
社会保障は棚上げのまま、
やはり来ました公共事業。

整備新幹線に3兆円、
八ツ場再開、

何故か社会保障に関して決まる前に
どんどん決まる公共事業、

税収アップで余裕ができるから?

解ってんのかお前ら、
この国は借金国だと言う事、

どこにそんな余裕があるだ?

思っていた通り天下り先確保のための、
公共事業が舌の根も乾かぬうちに始まりましたよ。

社会保障と税の一体改革なのか?

と思っていたらやはり小沢さん一派は離党、
マニフェストに忠実な方が何故か造反で、

国民を裏切った方が裁く?

どうなってんだこの国は?

一度政党自体を再編してみては?

脱原発、消費税反対と

原発推進、消費税導入賛成、

こうすると、国民の側に立っているかどうか、
はっきり判ると思うんですけどね。

ただこうするとちょっと問題あるかな。

別け方としては
脱原発でも、消費増税反対と賛成、

原発推進でも、消費増税反対と賛成、

対極に分けるとこうなる訳だが、

多分、
原発推進で、消費増税賛成には目は無いと思うけどね。

どちらにしてもまず嘘つきを排除すべきだろう。

どっかの嘘つき豚を屠殺(とさつ)場へでも送ってくれ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しいスイカの見分け方 | トップ | ブルーベリーに視力回復効果... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2012-07-02 18:19:48
消費税はともかく公共工事は利権や天下りに
関係なく必要不可欠。民間の投資が冷え込んでいる時には特に

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事