青い星のささやき

日々感じたことを心のままに
耳寄り情報などもお届けします
心を優しく、生活を豊に

菅総理とは話しが出来ない。

2012-06-23 | 日記
震災直後、
菅総理は、脱原発に向かって舵を切ろうとしていました。

兎に角こんな物は必要ないと、

その段階で、菅総理が続けていたら、
この夏の電力不足は無かったかもしれません。

原発が止まると言う事は、
事故後、既に分かっていたはずなのです。

定期検査があり検査後も動かせない

脱原発に向かうなら、
尚の事、それに代わる電力について協議されるはずです。

しかし、それでは困る人たちが大勢いた訳です。

特に、国会議事堂の中に、

脱原発を進めようとする総理と、
それを阻止しようとする既得権者、

当然、話しは平行線、交わることなどありません。

話しは出来ないのです。

更に、もし震災が無かったら、
原発問題は公にはなっていないでしょうが、

消費税に関しては、
民主党の立場では、マニュフェストから
まず改革なくして消費増税はあり得ないのですが、

当然、菅総理のままならそれが固持されるでしょう。

しかし、
自民党、公明党はまず消費増税したくて仕方が無い

言い方は悪いかも知れませんが、
自民党、公明党にとっては、
3・11は絶好の機会だったのです。

あたかも、
菅総理が悪いから話せないかの如く持って行き
更に原発を維持したい東電までが口裏を合わせ、

菅総理のせいで被害が拡大したかのようにでっち上げ

財務官僚出身で、
天下り確保のための歳出を経験している野田豚を担ぎあげ、

当初はあたかも脱原発などとうそぶき、
まんまと民主党党首に・・・・・

その段階で本当に脱原発を考えているなら、
原発が停止した時の
電力事情のための準備をすぐにしていて当然なのに、

罵り合いで散々時間を無駄にして、

で、今になって間に合いません、
たりません、原発再稼働です。

日本はこの白アリどもに食い荒らされる。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さて又コメントを頂きました。 | トップ | 又、又コメントを頂きました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2012-06-23 14:43:25
自公政権は過去の監視を怠った責任はあるでしょう。

ただ管前総理は事前に浜岡で原子力に関する
防災訓練を受けていたにもかかわらず
本番になって全然わからなかったと
国会の事故調で説明してます。これはさすがに
ひどすぎです。あと総理になってから自衛隊の最高指揮官を知ったと申してる通り命令が錯綜してた。なぜもっと早く真剣に頭を下げてでも
野党や米軍に協力を頼まなかったのかあれでは
保身といわれてもしょうがない。

あと管総理は脱原発派だといわれてますが
彼は原発を海外に売り込みしてました。
それと本当に脱原発派なら再稼動を容認した今の民主党を出て行くべきなのが筋では?
それどころか

小沢氏を攻撃して排除しようとしているあたり
彼は本当に信用できる人物が疑いがあります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL