小児科待合室の絵本

購入した絵本を待合室に置く前に、スタッフみんなで読んで評価してみました(本棚番号:13)。

「はははのはなし」(加古里子著、福音館書店)

2017-06-13 17:27:18 | 幼児向け
登録番号:2

はははのはなし
加古 里子 文・絵
初版年月日: 1972年



<内容>
歯が痛くなると、大人だって泣いてしまいます。そんなに痛いなら、いっそ歯なんかければいい?いえいえ、歯がなければごちそうだって食べられません。歯がごちそうをかみきり、すりつぶして、体の中に送ることで、栄養がとれるのです。じゃあどうして虫歯になるのでしょう。虫歯にならないためにはどうしたらいいのでしょう。歯の役割、虫歯になるメカニズムや歯みがきの大切さを、子どもたちにわかりやすく伝えます。
読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から


<スタッフの評価>(5点満点)
総合   :4.3
テーマ  :4.6
ストーリー:3.8
文章   :3.3
絵    :3.1
読ませたい:4.4
喜びそう :3.2
読み聞かせ:3.9

<スタッフの感想>
・わかりやすいので子どもと一緒に読みたい。
・子どもに読ませたい。
・教育的要素が多いが、「ははは」と笑い飛ばすことによって楽しめる内容。
・読み聞かせる場合は、読み手の手腕が問われそう。
・食育も絡めて書いてあるのがよい。
・歯の大切さと役割がよくわかる、とてもよい内容。
・なぜ歯磨きが必要なのかわかりやすく書いてある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おにぎりくん」(村上康成... | トップ | 「いのちをいただく」(内田... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。