小児科待合室の絵本

購入した絵本を待合室に置く前に、スタッフみんなで読んで評価してみました(本棚番号:13)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「おつきみうさぎ」(中川ひろたか:文、村上康成:絵、童心社)

2017-06-14 10:25:01 | 幼児向け
登録番号:5

おつきみうさぎ」 (ピーマン村の絵本たち)
作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成
出版社: 童心社 、2001年



<内容>(「MARC」データベースより)
今日はお月見。ひろみ先生とこどもたちは、ススキ野原でふしぎなウサギを見つけます。ウサギをつれて帰った夜、お月様がでると…。「ピーマン村の絵本たち」シリーズの十五夜ファンタジー。


<スタッフの評価>(5点満点)
総合   : 3.3
テーマ  : 3.3
ストーリー: 3.2
文章   : 3.0
絵    : 3.8
読ませたい: 3.4
喜びそう : 3.4
読み聞かせ: 3.6

<スタッフの感想>
・日本の季節の行事を題材にしていておもしろい。
・月のウサギが地球に遊びに来たという設定。今の子どもにはピンとこないかな。
・日本の文化・習慣がわかっていいのでは。夜空を見上げ月へのロマンを持ってほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「よーいどん!」(中川ひろ... | トップ | 「まいごになったぞう」(寺... »

コメントを投稿

幼児向け」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。