小児科待合室の絵本

購入した絵本を待合室に置く前に、スタッフみんなで読んで評価してみました(本棚番号:13)。

「せかいのひとびと」(ピーター・スピアー:著、評論社)

2017-06-15 09:19:45 | 学童向け
登録番号:7

せかいのひとびと
ピーター・スピアー:著、松川 真弓:訳
評論社、1982年



<内容>
私たちのこの地球には、いったいどんな人たちが暮らしているんだろう? 体の大きさ、肌の色、顔の形、住んでる家、好きな遊び、話す言葉…。世界にはさまざまな民族、風習、言語、文化などがあることを、やさしく説明。それぞれがちがっていることの素晴らしさを伝える大型絵本。


<スタッフの評価>(5点満点)
総合   : 3.2
テーマ  : 3.8
ストーリー: 3.2
文章   : 3.2
絵    : 3.4
読ませたい: 3.6
喜びそう : 2.6
読み聞かせ: 2.6

<スタッフの感想>
・いろんな人がいるんだよと教えられるが、子ども自身で読んだり、読み聞かせは難しそう。
・内容が壮大すぎる。絵が小さくてたくさんありすぎる。好みが分かれそう。
・中学生くらいにならないと、意図するところまでは理解できないと思います。
・小学生の子どもに自分で読んでもらいたい。
・今は外国人のクラスメートがいる時代なので、理解を深められそう。
・内容が難しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まいごになったぞう」(寺... | トップ | 「もこもこもこ」(谷川 俊太... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。