小児科待合室の絵本

購入した絵本を待合室に置く前に、スタッフみんなで読んで評価してみました(本棚番号:13)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「まいごになったぞう」(寺村 輝夫:文、 村上 勉:絵、偕成社)

2017-06-14 10:57:31 | 乳幼児向け
登録番号:6

まいごになったぞう
作: 寺村 輝夫、絵: 村上 勉、 偕成社 1975年



<内容>(「BOOK」データベースより)
ぞうのあかちゃんが、まいごになりました。キリンや、カバや、ワニや、ライオン、みんながしんぱいしてくれますが、あかちゃんぞうは、ただ「あばばうぶー。」ちゃんと、おかあさんにあえるでしょうか。少しのおそれも、うたがいもない、純粋な赤ちゃんの「信」の心と幼い者の信にこたえる大人の「愛」の心とが最初から最後までゆったり流れている、こころよい絵本です。


<スタッフの評価>(5点満点)
総合   : 3.1
テーマ  : 3.3
ストーリー: 3.6
文章   : 3.0
絵    : 3.7
読ませたい: 3.3
喜びそう : 3.1
読み聞かせ: 3.4

<スタッフの感想>
・子どもが好きそうな展開。
・心温まるお話。
・2〜3歳児は喜びそう。
・ゾウ以外にもキリンやカバなどいろいろな動物が出てくるので、小さい子は喜びそう。
・迷子になった赤ちゃんゾウを、いろんな動物がみんなかわいがってくれるという設定が、大人目線からすると非現実的かなあ。
・そのまま読むのではなく、「あなただったらどうする?」と問いかけながら勧めるとおもしろい展開になりそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おつきみうさぎ」(中川ひ... | トップ | 「せかいのひとびと」(ピー... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。