小児科待合室の絵本

購入した絵本を待合室に置く前に、スタッフみんなで読んで評価してみました(本棚番号:13)。

「いのちをいただく」(内田美智子:文、魚戸おさむ:絵、講談社)

2017-06-13 17:54:40 | 学童向け
登録番号:3

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
原案:坂本義喜 作:内田美智子 絵:魚戸おさむとゆかいななかまたち



<内容>(「BOOK」データベースより)
坂本さんは、食肉センターで牛を“解く”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観でおとうさんの仕事はなんですかと聞かれて、「ふつうの肉屋です」とこたえました。その後、担任の先生に「おとうさんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」といわれたしのぶくんは、「おとうさんの仕事はすごかとやね」と坂本さんにつたえます。そんなある日、坂本さんがつとめる食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて…。



<スタッフの評価>(5点満点)
総合   : 4.2
テーマ  : 4.4
ストーリー: 4.8
文章   : 4.4
絵    : 3.9
読ませたい: 4.6
喜びそう : 2.9
読み聞かせ: 3.0

<スタッフの感想>
・小学校の道徳の授業によさそう。
・小学校高学年向き。
・子どもに読ませたい。とくに好き嫌いのある子に。
・いのちをいただいて自分が生きていることが小さな子にも伝わるといい。
・いのちをつなげる意味を説き明かす内容。いつかどこかで知る必要のあること。
・子どもが喜ぶというよりは、考えてくれることを期待。
・すごく考えさせられる内容。
・生命について、仕事について、食べることについてさまざまなことを考えさせられる。
・いい話だけど重たい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はははのはなし」(加古里... | トップ | 「よーいどん!」(中川ひろ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。