広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫殺し

2006年09月15日 | タヒチ生活
タヒチで告訴される事に決まったと、タヒチプレスに載りました。
http://www.tahitipresse.pf/print.cfm?presse=17281


今までの経緯が書かれていて(この辺は日本にいる皆さんの方がくわしいですよね)、そのあとに政府と動物愛護協会の見解が書かれています。

要約すると、
政府は子猫を崖から投げ捨てて殺していると日本の雑誌に吹聴したという報告を受け、告訴する事を決定。
同時にポリネシア議会の議員レヴィ氏も『動物に対する残酷な発言と、彼女を快く迎えたタヒチとその住民に対する侮辱に、大変ショックを受け、失望した』と公式発表。

フヌア・アニマリア協会(動物愛護協会だと思います)は、きわめて個人的な選択で子猫を殺していると大ぴらに吹聴したと糾弾。以下協会の発言:その行為は第五級の違警罪(重罪・軽罪と並ぶ犯罪の3分類の1つ。拘留・科料にあたる罪by広辞苑)に値する刑法典に触れる。
この記事の7日後に新刊が刊行されている事から、発言の目的は売名の為であり、動物愛護の範囲を大きく超えている。また日本人にタヒチに来くる気を失わせ、タヒチの観光業に打撃を与える。
憤慨した日本人が多くの抗議文を送り、その一部はポリネシアの省庁にも送られてきた。
我々はこのような侮辱を放っておく事はできない。私たちの国は汚され、我々の生命に対する尊厳と経済効果は侵害された。
日本人は我々が反応し訴訟手続きをとる事を期待している。

ーーーー

とこんな感じです。
一緒に小池環境相の発言が紹介されていました。
また日本の小説家たちの中には支持する人もいると書いてありました。


私には猫殺しの一件もその後の発言も理解出来ません。
観光に影響があるとは思えないけれど、エッセイを読んでタヒチのイメージが悪くなった人もいるのかもしれませんね。
でも問題はそんな事ではないですよね。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私めのお値段は | トップ | ニューカレドニア滞在記 最終回 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
命の選択 (ともぶた)
2006-09-16 20:20:13
命を生み出す親猫の自然の姿を尊重することと、子猫たちの命。どちらが大事か重いかなんて、人間が判断することではないと私も思います。選択肢は人それぞれ色々あるだろうけれど、何故公にする必要があったのか…。

何にしても、タヒチそのものと彼女一個人はきっと別個に考えられていくと思いますよ。タヒチが彼女の考え方を生んだわけじゃないですもの。
Unknown (玉吉)
2006-09-16 22:15:58
この人のセイで

タヒチに住んでる日本人の人達が

‘同じように見られるのではないか?’

と少し心配してます
Unknown (mai)
2006-09-17 16:46:52
ともぶたさん

そうそう、私もそう思いました。

避妊するのもだめ、でも育てられないから殺しちゃうっていうのなら、最初から飼わなければいいのに。



>タヒチが彼女の考え方を生んだわけじゃないですもの

でも、崖に犬や猫の死体がごろごろあるなんて書いているから、人によってはタヒチでは動物殺しが日常的なのかと思ってしまう人もいるんじゃないかなと。



タヒチアンは動物好きなのに。





玉吉さん

今日の新聞に記事が載っていたそうです。

どうなるのかしら、心配です。
Unknown (にゃん)
2006-09-23 17:06:38
こんにちは、始めてコメントさせていただきます。



タヒチ在住の方が皆さんこんなことをしているとは思っておりません。

ただ、この記事を読んでタヒチのイメージが悪くなったことは事実です。



知人の中にも「そんな人を受け入れて何も罰しない政府のある所には行きたくないな」という人もいらっしゃいました。



たった一人の日本人の軽薄な行動・発言の為に他国の方に迷惑をおかけした事は同じ日本人としてただ恥じ入るばかりです。

逆にタヒチの皆様へお詫びしなければならないのではないかと思っております。



Unknown (Unknown)
2006-09-23 17:14:29
補足です

もちろん、ほとんど大多数のタヒチ在住の日本人の皆様がこんなことをしているなぞとはだれも思っておりません。

彼女の考えは彼女個人の考え方であります。



子猫殺しについても、別の新聞で「なぜ殺すか」という弁明のような、記事が書いておりましたが、ただ刑罰を逃れたい一身での弁明としか思えなかったことが悲しく思います。



そして、このような事で罰せられる事は言論の弾圧だとも書いておりました。



何を書いてもいい世の中ですが、自由を守るためには責任もあります。

責任を取れない自由を全て認めてしまっては世の中の秩序は保たれません。

Unknown (mai)
2006-09-23 18:59:09
にゃんさま

初めまして。

そうですね、タヒチのイメージダウンにはなるでしょうね。

言論の自由と言っても何でも書いて良いという事ではありませんよね。

タヒチ動物事情 (ミケ)
2006-09-24 12:29:25
はじめまして。タヒチに憧れ、夫と共にタヒチ旅行を熱望中です♪

今回のタヒチ政府の迅速で毅然とした対応、当然とは言え、素晴らしいと思います。

ところで、この作家(名前書くのもイヤ)タヒチでは動物殺しは日常と公言しちゃってますよ。(以下引用)

※※※※※※※※※

タヒチ在住ジャーナリストとやらの、「“子猫殺し”をしている人なんてきいたことはない」

というコメントに至ってはあきれてしまった。

そりゃあ、誰もわざわざ言及しない。

スーパーに買い物に行ったり、釣りに行ったりすることを人に話さない程度に日常のことだし、

いいふらしたい話題でもない。

※※※※※※※※※

9月17日の高知新聞朝刊です。

これだけ読めば、タヒチでは子猫殺しはスーパーに買い物に行くのと同じくらい日常的なことだと感じる人がたくさんいるのではないでしょうか?

この作家、ご自分の異常な考えを告白するだけならまだしも、多くの愛猫家を卑怯者呼ばわりしたり、タヒチ住民を巻き添えにしたり、ハンセン病の患者を引き合いにだしたり、本当に醜悪な弁解に躍起ですね。

Unknown (mai)
2006-09-24 13:07:38
ミケさま

なんだか嫌な気分になりますね。

私には分からない事だらけです。
いまさらですが (iaorana)
2006-10-02 00:10:10
はじめまして!

やや時期はずれなコメントですみません。

もう絶句な出来事で・・・。

タヒチはボラボラとランギに行きました。

「天国」って、タヒチに違いないと、

現地の海と空を見て涙が出ました。



坂東さん、お願いだからあなた、あんな美しい国に在住しないでくれ!

タヒチで子猫抱っこしたけど、とっても小さくて暖かくて愛おしかったです。(日本猫とおんなじ顔してた)



この人がタヒチで行ったことは、

タヒチ政府に対して日本がお詫びすべきかも・・・。あんな変な人行かせちゃって・・・。

ねぇ・・・。



Unknown (mai)
2006-10-02 16:03:56
iaoranaさな

iaorana. そうですね、あの景色とこのドロドロした話は似合わないですね。タヒチイチの森の中だからって、いいわけではありませんが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む