チョイさんの沖縄日記

 私は8年前に家族全員で沖縄に移住してきました。このブログは、辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録です。
 

「7.22 人間の鎖 県民大行動」、2000名の人たちがキャンプ・シュワブを取り囲む! 午前中は大浦湾で海案内

2017年07月22日 | 沖縄日記・辺野古
 7月22日(土)は、辺野古で「人間の鎖 県民大行動」が行われた。約2000名の人たちが、キャンプ・シュワブの辺野古バス停から第3ゲートまでを取り囲んで手を繋ぎ、辺野古新基地建設に抗議した。     「人間の鎖」の後、皆で一斉に風船をあげた。 ************************************  昨夜は、所用で遅くなったため、22日は少し遅れ . . . 本文を読む

<7月21日の辺野古>シュワブ・駐車場下の作業現場沖で一日監視を続ける---軍警備員らの異常な行動

2017年07月21日 | 沖縄日記・辺野古
 7月21日(金)。今日はNさんと「ブルーの船」で、シュワブ・駐車場下の作業現場前で一日、監視行動を続けた。他には「美ら海」と「不屈」、カヌーは14艇だった。   **************************************  朝、8時頃、辺野古漁港から出港。松田ぬ浜から出たカヌーメンバーと合流する。    コンクリートプラ . . . 本文を読む

識名トンネル住民訴訟に勝訴! 仲井眞県政時代の土建部幹部らに7177万円の損害賠償命令

2017年07月20日 | 沖縄・識名トンネル問題
  昨日(7月19日)、4年半にわたって那覇地裁で闘い続けてきた識名トンネル住民訴訟に勝訴した!  私たち原告は、仲井眞弘多前知事、漢那元土建部長、赤嶺元南部土木事務所長、大成JVらに対して、7,177万円の損害賠償を求めていたが、判決では、漢那元土建部長、赤嶺元南部土木事務所長が連帯して7,177万円の損害を賠償するよう命じた。仲井眞前知事や大成建設(JV)らへの請求が認められなかっ . . . 本文を読む

灼熱の辺野古、工事現場前の海上で監視を続ける /// 海・陸・空で米軍の演習

2017年07月18日 | 沖縄日記・辺野古
 7月18日(火)、 早朝から辺野古へ。Nさんと「ブルーの船」を担当。他には、「不屈」と「美ら海」。カヌーは13艇だった。   「ブルーの船」は、辺野古漁港から出港し、松田ぬ浜沖でカヌーメンバーらと合流した。K1護岸近くの現場ではまだ作業の動きはない。そのまま、フロート近くにアンカーを打ち、監視態勢に入る。  それにしても凄まじい暑さだ。今日の沖縄は高温注意報が出ている . . . 本文を読む

<7月17日の辺野古>ゲート前座り込みも海上行動もお休みだが、船を出して状況を監視 // これから始まろうとしている辺野古側海岸部での道路造成工事の問題点

2017年07月17日 | 沖縄日記・辺野古
  7月17日(月)は「海の日」、防衛局の工事もないということでゲート前の座り込みも海上行動もお休みとなった。ただ、昨日から辺野古側でフロートの引出しが始まったようなので、午後、Nさんたちと「ブルーの船」を出して様子を見に行った。  K1護岸予定地の西側の辺りに、一面にフロートやオイルフェンスが張られていた。そして、キャンプ・シュワブの陸域部から海岸に下りる道路先端のどくろマーク横から . . . 本文を読む

15日(土)、名護市で辺野古・土砂問題の学習会に100名が参加。9月から辺野古側で護岸工事着手か?(読売新聞の報道について)

2017年07月15日 | 沖縄日記・辺野古
 7月15日(土)、今日も辺野古土砂反対全国連絡協議会の阿部悦子さん、湯浅一郎さんらと行動を共にする。午前中は、辺野古の座り込みゲート前の座り込み集会に参加。阿部悦子さんは、交通事故以来、辺野古に7ヶ月ぶりに戻ることが出来たということで、挨拶の途中でもさすがに涙ぐんでおられた。  夕刻からは名護で、辺野古土砂反対全国連絡協議会と名護島ぐるみ会議、本部島ぐるみ会議共催の学習会。13日以来の連続学習 . . . 本文を読む

7月14日、南部島ぐるみ会議の合同学習会(「辺野古埋立・県外からの土砂搬入の問題点」)に160名が参加。---明日(15日)は、名護でも学習会

2017年07月14日 | 沖縄日記・辺野古
 7月13日、14日と、辺野古土砂搬出反対全国連絡協の阿倍悦子さんらと行動を共にしている。ゆっくりとまとめる時間がないので、とりあえず簡単な記録だけ。  13日は、沖縄県議会の議員さんたちを対象とした湯浅一郎さんの学習会「生物多様性国家戦略に依拠して辺野古埋立てを阻止しよう」 。  14日は、午後、県土砂条例を所管している自然保護課の担当者らとの意見交換。そして夜は、豊見城で南部島ぐ . . . 本文を読む

山城さん、添田さんの第7回公判を傍聴---稲葉氏(防衛局職員)の証言は警察が書いたストーリーにそのまま乗ったものにすぎない!

2017年07月12日 | 沖縄日記・辺野古
 今日(7月12日)は、山城博治さん、添田充啓さんの高江不当弾圧事件の第7回公判を傍聴した。6月28日にケガをさせられたという防衛局職員(稲葉氏)への検察側尋問が行われたが、今日は弁護側からの反対尋問だ。  法廷には今回も、証言席を傍聴者から遮断する壁が設置された。憲法上の裁判の公開の原則に違反する不当な措置だ。そもそも、公務員が公務として行った業務内容を証言するのに遮蔽なぞあり得ない。今日も抗 . . . 本文を読む

14日(豊見城)・15日(名護)---辺野古への土砂搬入問題を考える連続学習会へのご参加を!

2017年07月12日 | 沖縄日記・辺野古
 辺野古への土砂搬出に反対する西日本各地の住民団体を中心に結成された辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会が、南部(豊見城)と北部(名護)で連続学習会を行います。  湯浅一郎さんの講演が中心ですが、私も土砂問題に焦点を絞ってお話をさせていただきます。  よろしければご都合のつくほうにおいで下さい。 . . . 本文を読む

辺野古・K9護岸の工事の大変な手戻り---現在設置されている石材を入れた袋材や消波ブロックは台風シーズン終了後、全て撤去し、被覆ブロック、消波ブロック設置をやり直すことが判明

2017年07月11日 | 沖縄日記・辺野古
  防衛局は、4月25日、K9護岸の基礎工の捨石を投下し、「埋立本体工事着手」と華々しく宣伝してきた。それからすでに2ヶ月半が経過した。K9護岸は延長316mだが、現在、ほぼ100m程捨石が投下された状態で作業は止まっている。                            (沖縄タイムス 2017.7.1)  下図がK9護岸の構造図である。上の写真と比較すると、いくつかの . . . 本文を読む

<10日の辺野古>異常な厳戒態勢---海岸に、ボートに、そしてフロート内に胸まで海に浸かって---現場は合計70名ほどの海保の海猿たちで溢れた!

2017年07月10日 | 沖縄日記・辺野古
 7月10日(月)、辺野古側の取付道路工事現場前でカヌーと船で抗議行動を続けた。わずか13艇のカヌーに対して、フロート内に30名ほどの海保の海猿たちが胸まで海に浸かって立ちふさがっている。ボート5隻、そして陸上の連中を含めれば70名ほどの海猿たちが出ているのだ。もう、異常な厳戒態勢だ。 **************************  今日はKさんと「ブルーの船」を担当。他には、「勝 . . . 本文を読む

辺野古・制裁としての「檻」への不当拘束を許すな!---県警警備部長のとんでもない暴言・「排ガス嫌なら抗議止めろ」

2017年07月09日 | 沖縄日記・辺野古
   昨日(8日)のブログにも書いたが、沖縄県警警備部長の県議会での暴言には、今も怒りが収まらない。  現在、辺野古では、ゲート前で座りこんで抗議を続ける人たちを、機動隊が強制排除し、工事車両の出入りが終るまで、警察車両と鉄柵、そして機動隊員の壁で作った「檻」に長時間閉じ込めている。その間、市民らは、炎天下の中、トイレに行くことも許されず、エンジンをかけた警察車両の排気ガスを . . . 本文を読む

8日(土)、辺野古での学習会---「工事は決して順調には進んでいない。今が、踏ん張りどころだ!」。 そして県警警備部長のとんでもない暴言

2017年07月08日 | 沖縄日記・辺野古
 今日(7月7日・土)は、午後、辺野古で学習会が予定されている。朝、レジメの作成等に手間取り、少し遅れて辺野古に行った。  午前中は、ゲート前での座り込みに参加。今日の参加者は100名ほどだろうか。真夏の日差しが容赦なく照りつけ、凄まじい暑さだ。海上行動も暑いのだが、それでも時々、風が吹いてほっとすることもある。ゲート前は舗装の照り返しなどもあってたまらない。連日、ゲート前に通い続けている皆さん . . . 本文を読む

明日(8日・土)は、辺野古で「新基地建設事業の現状とこれから」をテーマにお話をさせていただきます

2017年07月07日 | 沖縄日記・辺野古
 明日(8日・土)は、辺野古で学習会です。現在の工事の状況とこれからの課題について、分かりやすくお話をさせていただこうと思っています。  ご都合のつく方はおいでください。 . . . 本文を読む

脆くも崩れ去った検察の目論見---高江の不当弾圧・山城博治さん、添田充啓さんの公判を傍聴

2017年07月06日 | 沖縄日記 高江
 今日(6日)は、昨年8月25日の高江の不当弾圧事件で起訴された山城博治さん、添田充啓さんの第6回公判を傍聴した。  今まで毎回の公判を傍聴してきたが、実は、今日の公判を傍聴するのは気が重かった。同じ8月25日の事件で起訴されたが事情があって分離公判を続けているYさんが、検察側証人として出廷するのだ。Yさんは、辺野古海上行動の船長として共に海に出ていた仲間だった。もし、今日の彼の証言が山城博治さ . . . 本文を読む