英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

心の外側と内側

2017-03-19 | 日記
朝目覚めて、ぼんやりと、3年前、栗吉が出奔した時、栗吉を見つけるために決定的なアドバイスをくださった、ローズマリーさんのブログ、こはる日和.を眺めていた。


あれ?
栗吉、なんでお前が九州で捕まってるの
!!?




いや、これは、栗吉ではない。
けれど、瓜二つじゃないの!
この、九州の子にも、幸せが訪れますように。





午後になって、「羊をめぐる冒険(下)」を読んでいた。

こんな文章が現れる。
「地獄だよ。羊は思念だけを残していくんだ。しかし羊なしにはその思念を放出することはできない。」

ここで、姑のことが頭に浮かんだ。

姑は、少し前には、「言わなくちゃならないことがあるのに、言葉がどんどん逃げていく。どうしたらいいの!!」と私の腕を掴んで何度も訴えていた。
今は、一言二言の言葉しか出せず、あとは、苦しげに顔を歪めて、ポロポロと涙を流しつづける。
思念が頭の中をぐるぐる回っているのに、それを言葉にして外に出せないんだろうか。
それとも、これは「姑の外側で流れている涙」で、心の中では、もう思念は回っていないのだろうか。

姑の心の外側と、内側。
表面上の姑は泣いているけれど、本当の姑の心は、もう何も患うこともなく、悲しみなど感じていないのだったらいいのだけれど。

考えても前に進まない。
私たちは、淡々とお世話をする。
世間話をしながら、突っ込んだり笑ったり。
それでいいかな。















ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラクレット2回がけ♪ | トップ | やっぱり似てない?ww »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2017-03-19 13:34:58
大変心苦しいのですが
九州の猫さんは
トン吉とは違い、シュ!ってしてますやん(笑)
勘違いも甚だしいっと、書きながら
窓の外に目をやり
合点がいきました
木の芽立ちの季節ですからね〜(笑)

ところで、前に話した事が有ったかどうか?ですが
僕は、一時的に?多分ですが
短期記憶を失くした時期があります
この時、同時に無くしたのが「言葉」でした
例えば「ジュースを取って」と言いたいけど、なにも言葉にならないんです
低血糖で動く事もままならない状況の最中、そんな事がありました
まさに、言葉が逃げるのです
言葉が逃げると、思考も逃げます
纏まらないのですから、当たり前かもしれませんが(笑)
今だに、その後遺症なのか?
言葉を思い出せず、伝えられない事があります
きっと凄く、頭の中は考えが巡るも
言葉が友わなくて、悔しい想いでいらっしゃるのではないかと案じています
言葉は理解されなくても、優しくされている安心感は伝わります
みんなの気持ちは伝わります
優しいポン吉さんですから、大丈夫
と、思います
それでいいのだ (そらにゃん)
2017-03-19 15:53:49
トン・ポン両吉へのツッコミは、ぜ〜んぶくにちゃんがやってくれました。

本当に、あっちの方がシュッとしてますやん。


大切なことが言葉にならない。思考の影だけぼんやり残して逃げて行く。
言葉という大きな宝物を持つ生き物は、それを無くしたとき、途方に暮れるしか無いのでしょうか。
昔、言葉を理解する能力を無くしてしまった方とお知り合いになったことがありました。お姑さんと逆で、話せるけれど
書いてあることや話しかけられることが理解できないのです。その方は、本を読むのが大好きで、「ハリーポッターの新刊を待ち望んでいたのに…」と、悲しそうにおっしゃいました。その方の悲しみを想像することしか出来ない私は、掛ける言葉も見つかりませんでした。
でも、それでも、「あなたの力になりたいのです」という意思は、拙くても伝わるものだと思います。ヘレンケラーだって、暗闇の中からちゃんとサリバン先生と意思疎通が出来たもの。
話が逸れてしまったかも知れませんが、お姑さんは、ポン吉さんやご家族の方と会えることで、絶望だけの暮らしではなくなっていると思います。どうか、そのままで。

今日は、白木蓮の元気玉を飛ばしますね。お墓参りに実家に行ったら、あちこちで咲き始めていました。
くにちゃんさん (ポン吉)
2017-03-19 21:54:21
き、木の芽立ちの季節・・・
ビェーーーン!そんなに?ww

いいんです!
くにちゃんがなんと仰ろうと、そらにゃんさんがなんと仰ろうと、この2匹は似てるのですっ!
そりゃあね、九州の子の方が、デレ吉より少しだけシュッとしていて可愛いのは認めますよ、そりゃあね。

くにちゃんの以前の状況、初めてお聞きしました。大変な思いをなさいましたね。姑もそうなんだろうと思うのです。けれど、そういう状況であることを正確に理解しているかどうかは、私たちには全くわからない。そういう意味で姑は孤独です。
「優しくされている安心感」、この言葉で少し救われました。私が優しいかどうかはともかくとして。なにせ、炎をボーボー吐く魔女ですから。ww
そらにゃんさま (ポン吉)
2017-03-19 22:02:07
そらにゃんさん、お前もか!
(ブルータスよ、お前もか!の口調で)ww

いーですよ、いーですよ、わかってますって、九州の子の方がシュッとしていて可愛らしいのは!

言葉が逃げる、というのは、姑の場合も、そらにゃんさんのお知り合いの場合にも、とても恐ろしいことですね。言葉に逃げられた人は、孤独の奈落に放り込まれてしまうのでしょう。姑の場合、涙しているということは、この状況を理解しているのだろうとも思いますが、最近の状況からいうと、理解したことも、すぐに忘れてしまっているような気もするのです。ということは、悲しみが継続するのではなく、毎回、毎回、言葉が出ないことを初めての経験として苦しんでいるのではないかとも思えてしまうんですよね。
考えても、詮無いことなのかもしれませんが、おっしゃる通り、今のままで、なんとか姑が笑えるように努力していきたいと思います。いつも、的確なコメントを多謝!

木蓮、とってもいい香りですよね。私も明日は御墓参りに行こうと思っています。こちらからは、串カツとポテトサラダの元気玉です。ソースは二度漬け禁止ですよ〜♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL