日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽しい外食 ~Astrid & Gaston リマ~

2016-07-05 15:41:24 | ペルー 楽しい外食
ご無沙汰しています。
近況はTwitterにちょこちょこ書いていますのでご覧ください。

ブログはマイペースにペルー生活の回想など、思いつくまま書きたいと思います。


今日は3月にお友達と行ったレストランAstrid&Gastonのこと。
リマにいるうちに絶対行きたいと思っていたお店。

普段、こういう高級なお店には行かないもので、お友達とビクビクしながら行ってきました。
コースがおすすめらしいのですが、値段が…一人240ソル(約80ドル)と高額のため、
今回はアラカルトにしました。

いつもは何品か頼んでシェアすることが多いのですが、
今回は前菜とメインを一人一品ずつ頼んでリッチ気分を味わいました。

パンが旨い!

ガストン、パン屋も出せばいいのに~。

付け合わせのディップも美味。

前菜に頼んだティラディート。

見た目も味も

友達が頼んだセビーチェも美しいねぇ。

メインに頼んだお肉。

付け合わせのNIKKEI風?ごはん。


こちらは友達が頼んだArroz con Pato (アヒルのピラフ)。

高級なお店だから量は少なめかと思ったら、けっこうガッツリでした。

食後に出されるチョコレート。

そしたらやっぱりコーヒーも飲みたくなるよね。


お食事も楽しみにしていたけど、この白亜の邸宅カサ・モレイラの中を見てみたかった。

私達がペルーに来た当時、ここは空き家だったのが、数年前に改装され、このレストランになった。

素敵でした~。

ちょっと気になる壁のオブジェ、ここにあるからカッコイイけど、もしうちにあったら絶対、
オウジがいたずらして紙をぐちゃぐちゃにしたようにしか見えないよね。
でもこういうのを子供たちと作って家に飾ったら意外とおしゃれな感じになるかも?



次はぜひコースを頼みたいと思います~。次があったらね。
いや、絶対またリマに遊びに行くよ!!!




よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2016-04-20 11:36:40 | その他
大変ご無沙汰しています。

6年住んだリマを離れ、3月中旬にチリのサンティアゴに引っ越しました

1か月以上経ちましたが、いまだ引っ越し荷物が届かず…。カアサンともリマでお別れしたので、お手伝いさんもおらず。
毎日あわただしく過ごしています。

リマでのいろんなこと、コヒメとの一時帰国のこと、今のこと、いっぱい書きたいことがありますが、なかなか時間が取れず。

ひとまずTwitterでメモ的に近況をアップしています。

よかったらこちらを見てくださいね。





よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2016-01-24 00:22:59 | その他
みなさん、ご無沙汰しています。

日々が飛ぶようにすぎて全然、ブログ更新できません

で、ツィッターならもう少し気軽に更新できるかも、と思って始めてみましたが、全然つぶやいてないし、よく使い方がわからない。

でもよかったら覗いてみてください。

Chicha@ChichaYYM

という名前にしています。

さて、ペルーに引っ越してから6年になり、最初は戸惑っていたリマの生活も、今ではすっかり満喫しているところです。

ペルーっていろんな意味でおもしろい国。なんだか憎めないペルー人たち。

この国の魅力についてはまた別の機会に語るとして、

チチャ家はまた…チリのサンティアゴに戻ることになりそうです

時期はまだはっきりわかりませんが、ヒメが2年生になる前には行くと思います。

いやだーチリなんて戻りたくないー!!!! 

せっかく気の合う友人達ができたのに離れるのも嫌だし、今の家も1年しか住んでないのに~。

今までで一番お気に入りの家とエリアなのに~。

そして私がチリ嫌いであることはこのブログをずっと読んでいらっしゃる方はご存知かと思います。

最初にチリに戻る話をダンナから聞かされたときは、しばらく本当にパニックでした。

またチリ訛りのスペイン語(あんなのスペイン語じゃない)を毎日聞かないといけないのか(5年住んでもなじめなかった)、
チリ人のあんなとこもこんなとこも嫌いだ、

食べ物もおいしくないし、どうしよう。

というか、うちの子がチリ訛りのスペイン語を話すなんて耐えられない!

ある日、チリの文句をダンナに言ったら

「そう言うなよ(怒)」

と機嫌悪くなりそうだったので、なにかチリの好きなところを言おうと思ったが、思いつかなくて黙ってしまった。



以前、ものすごく悩んでいたときに「迷ったら少しでも光の見えるほうへ進めばいい」

という言葉で救われたことをブログに書きましたが、

どうにも光の見えないところに行かなきゃいけないときはどうしたらいいのよ!

そしたらお友達が

「色々自分の人生で起こることってきっと何か理由があるんだと思う。
その時はわからないかもしれないけど、数年してみるとこういうことだったんだなって思えるんじゃないかな。」

って。この言葉に救われました。

岐路に立ったときに良い言葉をくれる人たちがそばにいる私は幸せものです。


今はなんとか良い方向に考えるように努力してます。


サンティアゴのほうが気候はいい、とか、サンティアゴの冬は寒いから

リマでいっぱい買ったアルパカのセーターやコート達の出番がたくさんあるとか、

私の好きなブエノスアイレスに近い、とか

小さなことからね。

残りのリマ生活を余すところなく過ごしたいのに、ダンナはほとんどいなくて母子家庭状態だし、

近々、コヒメと二人で一時帰国も考えており、ますますあわただしくなりそうです。

コヒメの貴重な赤ちゃんの時期の成長もこまめに記したいのに…。
気づいたらもう5ヶ月。寝がえりしてるし、転がったりずりずり後ろに下がったり。
このままだとすぐハイハイしそうだ


このブログもいつのまにかチリ日記になってるかもしれない…。

同じことをチリからペルーに引っ越すときにも書いた気がするな。


でも、なるべく書けるときは書いていきたいと思います。


なんだか文句ばかりの文章になってしまいましたが(いつもか)、読んでくださりありがとうございました。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年明けて

2016-01-05 14:08:19 | 子育て 2015年
あけましておめでとうございます。
我が家はいつも通り、リマで年越しです。


元旦、コヒメが寝がえりしました。
まだ一回転はできませんが、半回転できるようになりました。

床に転がしておいたら、いつのまにかうつ伏せになっている。

そばにいたオウジに、

「ひっくり返るの手伝ったの?」

と聞いたら

「シー(うん)」

と答えたので、なんだそうかあと思った。

が、しばらくしたらまたうつ伏せに。

オウジに手伝ったかを聞くとやっぱり「シー」と答える。

でもよく観察していたら、一人でひっくり返っていた。

オウジ、全然手伝ってないじゃん。ウソつき。

それからはもううつ伏せになる、もとに戻れず泣くの繰り返し。

動きたくてしかたないらしく、じっと抱っこさせてくれない。

歩かせる真似をさせると大喜び。

早くおねえちゃん、おにいちゃんみたいに歩きたいんだね。


さて、こちらは大みそかの写真。
年末の買い物は前日に済ませたはずが買い忘れがあり、大みそかの朝にまた買い物へ(クリスマスと同じパターンだね)。

近所のスーパー&市場駐車場は長蛇の列(車で来なくてよかった)。

年越しに黄色いものを身に着けると幸運に恵まれると言われているので、町は黄色であふれています。







それでは今年もどうぞよろしくお願いします。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

FELIZ NAVIDAD

2015-12-24 16:22:10 | ペルーの生活
皆様、ご無沙汰しています。
何もしていない気がするのに毎日が飛ぶように過ぎていきます。

気づけばクリスマスイブ、早いですね。

子供たちが夏休みに入り、一日中ディズニーチャンネルを見ています。
今日はドナルドダッグが七面鳥を食べているシュールな場面を横目に見ながらブログを書いています。


街では個人宅や商店、各所でクリスマスの飾りつけがされ、華やかな雰囲気になっていますが、ふと見上げたらこれ。
二度見しました。

スパイダーマン好きな子供のために親ががんばったのかもしれないけど、どう見ても泥棒にしか見えない

毎年、クリスマス前になるとデパートやスーパーは激混みだし、レジは長蛇の列だし、みんな殺気立ってて怖い。
普段はのんびりしているペルー人が急ぎ足で買い物する姿を見られるのは今だけです!

現在、ほぼ母子家庭の我が家、赤ちゃん連れのママサンタは直前に買い物はするまいと、ずいぶん前から
子供たちにプレゼントを用意しました。


アイスクリームメーカーがほしいと言っていたヒメには
アイスクリームメーカーが見つからなかったのでオラフ型のかき氷機を買いました。

が…、

最近になって、グミを作る機械がいいと言い出した

テレビCMを見てほしくなったらしい。
(気になる方は→こちらのCMをチェックしてください)


ヒメとの会話。

ヒメ:グミを作る機械をサンタさんに頼むんだ。

ママ:え? アイスクリームメーカーじゃないの???

ヒメ:違うよ。グミだよ!

ママ:ア、アイスメーカーのほうがいいんじゃない?
グミメーカーはペルーには売ってないかもよ。ケーブルテレビのCMって他の国しか売ってないものの宣伝も多いんだから。
ペルーに売ってないものはサンタさんもくれないんじゃないかなぁ(ママ必死)。


ヒメ:えぇぇ~、どうしてぇ!!!!!!!! (本泣き)


クリスマスあるあるです。

さらに、数日前に何気なく買ったクリスマスケーキが子供たちに好評であっという間になくなってしまいました。
それはそれでいいと思っていたのですが、ヒメが

「クリスマスディナーのデザートが何もない(涙涙涙)」

とまたまたピーピーうるさいです。


かくしてママサンタはクリスマスイブの朝からスーパーで買い物をし、
その後、ヒメとオウジには「散歩に行ってくる」と告げ、
コヒメ連れでおもちゃ屋を廻ることとなったのでした。

クリスマスイブにばたばたと買い物しているペルー人のことを笑えません。

おもちゃを売っている店はどこも混んでいます。

いくつかお店を見た後、ファルマックス(PHARMAX)にも行ってみました。

このお店はリマでは珍しく24時間営業のコンビニのようなミニデパートのようなお店。

ファルマックスのおもちゃの品ぞろえはかなりのものです。
日本のコンビニには日本人のニーズに応じた品がたくさん置いてあると思いますが、
国によって、いざというときに買えると便利な物は違うのですね。

こちらでは子供の誕生日会を盛大にすることが多く、
急にお呼ばれすることがあります。プレゼントを用意しなくてはいけません。

そんなとき、このお店は重宝するのです。

やっぱりレジは長蛇の列

しかし、目的のものは見つかりませんでした。

しかたない。オラフのかき氷機でもういいよね。


ちなみにオウジは、現在、反抗期まっただなかで普段は大変ですが、
クリスマスプレゼントに関しては、
ホットウィールのコース(というのか?)がいい!とずっと前から言っており、
3歳ながら主張がぶれない筋の通った男であるため助かりました。

それでは皆様、よいクリスマスをお過ごしくださいませ。




よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

出産時の記録

2015-12-08 09:29:13 | 子育て 2015年
週末、歯が欠けた
ごはんの中に固いご飯粒があってそれを噛んだときに起こりました。
虫歯で歯がぼろぼろになっていたんだと思う。

もともと歯が弱いのに、3回も出産・授乳してるからなあ。

しばらく歯医者通いです。
子供を病院に連れていくのも面倒だけど、実は自分が医者に行くのが一番難しい。
その間、コヒメをどうするか、家でカアサンに見ておいてもらうか、カアサン付き添いで連れていくか…。

こういうとき、ダンナがいないと不便。


さて、今日は出産のときのことを書きます。

出産の2日前くらいから(もっと前かな)、ときどき赤ちゃんの頭がぐっと下がってくるような感覚がときどきあった。
だからもうすぐかなーとは思っていた。

1回目、予定外の帝王切開になる、2回目 出産は無事終わったが、弛緩出血する、

と出産では何かと予想外のことが起こってきたから、今回は何もないといいなと祈る。

昼間、お友達と子どもを遊ばせて帰宅。たまたま、その日の夜から翌朝まで計画停電があり、22時に電気が切れたのでそのまま就寝。

ふと0時ごろに、生理通のような痛みで目が覚めた。

そろそろ前駆陣痛が始まったかな、と思った。

で、ためしに間隔を計ってみたら、あれ、もう10分切っている。

そんなわけないよねぇ、ともう1回。やっぱり10分切ってる。

でも間隔は一定ではなく、不規則。

まさかもう本格陣痛?! でも早すぎないか? 

暗がりの中、痛みと痛みの間にろうそくを持って、とりあえず入院準備。

停電していて、家の中も外も真っ暗だし、駐車場の扉も手動で開けられるか不安だったから、
できれば明るくなってから病院へ行きたかった。

前回のお産では、前駆陣痛が24時間続いて、本格陣痛も5時間くらいとかなり時間がかかったので
今回もまだまだかなと思っていた。

が、2時間経つ頃には、もう生まれそう!くらいな痛みが来た。

気配を感じたダンナが起きてきて、ポルテロ(マンション受付の人)に駐車場を開けられるかを確認。

手動で開けられるらしい。

急いで子ども2人を起こし、車に乗り込み、病院へ。

部屋を出る頃には、ものすごい痛みが来て、思わず「ギャー!!!」と叫んでしまう。

ポルテロのお兄ちゃん、オタクっぽい雰囲気なんだけど(失礼!)、

「セニョーラ、大丈夫、深呼吸して!」と落ち着かせてくれた。実はなかなか頼りになるヤツだったのね。

ヒメは夜中に起こされたにもかかわらず、「もう生まれるの?生まれるの?」と大興奮。

私の叫び声にびっくりしたオウジはヒメに「耳ふさぎなさい!」と言われてから、素直にずっと耳をふさいでた(笑)。


私の家から病院まではけっこう遠くて、昼間、道路状況によっては車で1時間以上かかることもある。

車の中で生まれてしまったらどうしよう!と心配だったけれど、

夜中で道路が空いていたおかげで30分もかからず病院に到着。


ベッドに寝かされる。病院に行くと何が嫌ってこれ。

陣痛って、あおむけに寝るとさらに痛い。

うつ伏せになって背中を丸める体勢が私にとっては一番楽。

看護婦さんにいろいろ質問されるけど、痛くてまともに答えられない。

まだいきむな、と言われるけど「無理です!!!」。

幸い、担当のお医者さんがすぐ来てくれ(近くに住んでいるのかな)、あれよあれよという間に分娩台へ。

ふつうは病院用の服(びんぼっちゃまみたいなやつ)に着替えるのだけど、
そんな時間もなく、上はパジャマを着たまま。

お医者さんの指示に従っていきむが、痛い。

前回はたぶん麻酔をしたんだと思う。分娩台にあがってからは痛くなかった。

これで何回もいきむなんて辛いし、正直、面倒だなあと思った。

先生が「もうちょっと、もうちょっと」と励ましてくれるが、どうせそんなにすぐ産まれないよね、

と思ったら、ダンナが「頭がもう見えてるよ!」と。

え、もう? じゃあほんとにもうすぐだ、と思って頑張れた。

そして、ほんとにその後まもなく産まれた。

病院についてから一時間も経っていない。超スピード産だった。

3040gで生まれたコヒメ。

上の2人より大きく生まれたせいか、最初に抱っこしたとき、案外大きいなあ、新生児ってこんなんだっけと思った。

あと、指が長い!と思った(実際に長いです)。


分娩室に子供は入れないので、
ダンナが付き添っている間、警備員さんがヒメとオウジを見ていてくれたらしい。

出産後、子供たちも分娩控室に来て少しの間、一緒に過ごした。

ここも本当は子供は入れないけれど、患者は私一人しかいなかったから特別に許可してくれたみたい。

産後の経過も良くて一安心。

前回は弛緩出血で大変だったから、今回もまた何かあるんじゃないかと思ってドキドキしてたけど、
トラブルといえば家が停電してただけで済んだ。
ろうそくの明かりで荷物をまとめたのも今となっては良い思い出。

出産後は子宮のあたりをこまめにマッサージしてね、と何度も言われ、
看護婦さんやお医者さんが何度も何度もおなかの様子を確認してた。
(前回のことがあったからかな)

数時間後、病室へ通される。

出産直後ってものすごく疲れているはずなのに、いつもなぜか眠れない。

今回もそうだった。

それに加えて今回はオウジとヒメがいて、テレビはさっそく子供チャンネルだし、
狭いベッドにオウジとヒメも乗ってさらに狭いし、部屋中、飛び回るから、
病室が完全に子供の遊び場と化していてぜんぜん休息できない!

さらに、コヒメもほぼ終日、病室に一緒にいた。

以前はこまめに赤ちゃんの部屋(Sala Cuna)に連れ帰ってくれた気がするけど、方針が変わったのかな。


「夜は赤ちゃん部屋で預かってくれるのですか」と聞いたら

「希望すればできますが、粉ミルクを飲ませてもよいという合意書類にサインが必要です」

とのこと。前もそんなサインしたかなー。というわけで迷わずサイン。

入院中くらいは夜、ゆっくり寝て体力回復したいし、
今回、最初のうちは母乳の出が悪かったから、授乳もけっこう大変だった。

一人目の子を妊娠している職場の同僚がいて、その話をしたら

「私は夜もいっしょにいたい。粉ミルクはできればあげたくない」

と言っていた。初々しいねー。

私は最初からそういう気持ちなかったなぁ。入院中くらいは夜、一人で寝たいよ!

夜の授乳とか退院したらいやでもしないといけないからね~。

病院のお食事。

朝食。





左側の飲み物はアベナ(オートミール)。母乳の出がよくなるらしい。

昼食と夕食。




栄養士さんが来たときに、「まだ排便がない」とコメントしたら

昼食にほうれん草サラダが出てきた。

2泊3日の短い病院生活を終え、退院時、1階まで車いすを頼まずに歩いていったらかなり辛かった。

元気だと思ってもやっぱり産後は無理しちゃいけないね。


停電中に駐車場の扉を手動で開けてくれたポルテロのおにいちゃんですが、
落ち着いたらお礼を言いたいなと思っていましたが、
退院後しばらくして、夜中、マンション内に泥棒が入る騒動があり、
お兄ちゃん、居眠りしていて泥棒に気づかなかったらしく、その後、いなくなってしまいました(クビになったのかな)。

だから、お礼を言えずじまい。

人生、いろいろあるね。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい外食 ~エル・メルカド~

2015-12-03 11:30:23 | ペルー 楽しい外食
コヒメ、数日前から夜中に起きなくなりました。
夜中に起きないのはうれしいが、最初の日はおっぱいが張って大変だった。
でも、それも次の日からはおさまった。

張りやすいのはいつも右側。が、コヒメは右より左のほうが好きらしい。
右を向けると顔を背けたり、無視(!)するときがある。
で、左に変えると飲みたがる。態度が明らかなのが面白い。

ヒメのバレエ教室、先生の都合で1ヶ月お休みでした。
で、久々に行ったら、コヒメが先生の顔を見てなぜか大泣き。

なんだろ、以前はまだ目があまり見えてなかったけど、今ははっきり見えて、
「こんな人知らない!」と驚いたのだろうか・・・。

オウジ、ミニカーに絵の具で色を塗るのが流行っています。
毎日、毎日、塗っています。家の中が汚れるが、まあ、しかたない。

それから、夜、パジャマを脱いで、明日着る服を着て寝て、翌朝は着替えずにそのまま幼稚園へ行きます。
ずぼらで賢い方法覚えたなぁ。

ヒメ、部屋を暗くしてテレビを見るのが流行りです。電気の代わりにろうそくをつけます。
映画館みたいで気分がいいんだって。夕食も暗い中で食べています。

が、まだ明るい夕方からカーテンを全部閉めてしまうのが困ります。
リマは日が短いので、私は暗くなるぎりぎりまでカーテンを開けておくほうが好きなんだけどなぁ。



さて、前から気になっていたシーフード料理レストラン、エル・メルカドへ行ってきました。

週末のお昼時で混んでいます。

出されたポテトチップスをつまみながら待ちます。LA MARと同じスタイルだね。
子ども達、あっという間に平らげてしまい、おかわりを何回かもらいました。

これサービスだと思っていたけど、会計時に確認したら、ちゃんと請求に入っていました

結論から言うと、お料理はとっても美味しかったです。

たまたま頼んだ料理がそうだったのかもしれないけど、
他のお店の料理に比べるとさっぱりしていて食べやすくて、量も多くないので、ついついあれもこれもと頼んでしまいました。

セビーチェ。

これはダンナが「ウニの軍艦巻きに違いない!」と頼んだ一品。
想像とまったく違うものが出てきたけれど、これはこれで美味しかったです。

というかわざわざここで軍艦巻きを食べなくてもいいと思うんだけどね。

割り箸の袋が店名入り(カタカナ)だった。

他にも何品か頼みましたがどれも美味しかったです。
写真を撮る前に食べてしまいました。

ただ、我が家にはお値段高め、量は少なめ。

「メルカド」はスペイン語で「市場」という意味ですが、
客層は市場の食堂などではぜったい食べないであろう人たちばかりでした。

次回は女友達と来たいお店です。


*El Mercado
住所:Hipólito Unanue 203 Miraflores
TEL: +511 221-1322
月曜定休



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リマで和風ケーキを食べる ~Yogashi patisserie~

2015-11-30 10:51:49 | ペルー 楽しい外食
ご無沙汰しています。

ダンナが出張がちで、今までは週末にまとめてしていた食料の買出しも平日に行っています。
コヒメと一緒かお昼寝中に私一人で行くので、数箇所まとめていけません。
今日は市場、明日はスーパーなど、毎日ちょこちょこでかけています。

さらに、ヒメの歯医者通いなどが加わり、毎日、あわただしく過ごしています。

ヒメ、少し前に診てもらったときは、虫歯無しだったのに、以前直した虫歯の詰め物が取れて診てもらったら、その歯のほかに2つ虫歯が・・・。

ちゃんと歯磨きしているのに、私と同じで虫歯ができやすい体質(歯質?)のようです。

虫歯治療した歯は数年経つと、詰めたものが取れてきたりして再度、治療が必要になることも多く、
一度、虫歯になると、その後もまた歯医者に行くはめになるという負の連鎖・・・。

わらにもすがる思いで、重曹うがいを始めました。

あとはヒメ、牛乳が嫌いで飲まないのでカルシウムが不足しているのかも?

これ以上ヒメの虫歯が増えませんように! 

以前、通っていた歯医者さんは今の家からはとても遠くなってしまったので、別の歯医者に行ってみました。

で、初回から、受付の人、予約時間間違えてる・・・。

16時半で予約して電話の最後にも確認したのに、「16時」って書いてあるって・・・。

受付の人は「でも大丈夫」って言ってたけど、

それをお医者さんに伝えてなかったらしく(ま、誰しも自分の間違いを認めたくないよね)、

私が先生に注意される

「受付の人が時間を間違えていたんですよ!」と言い返したけど、外人の戯言だと思ってるだろうなー。

さらに、その受付の人、会計時に3ソルを払うのに20ソル札を出したら、

「小銭はないんですか」と聞いてきた。

「本当にないんです」と答えたら、それは困ったという顔つきで渋々、引き出しを開けた。

お釣りの小銭が足りないのかと思ったら、普通に細かいお金をじゃらじゃら入ってた。

じゃあそのリアクションは何なんだ~。
ここでもし100ソル札を出したら私も恐縮だけど、20ソル札ならいいじゃん? 

この日はほかにも、スーパーのレジ(優先者用)で、
ベビーカー連れの私を優先して通そうとしたレジの人と、
前に並んでいた女性(優先対象ではない人)が「私、ジュース一つ買うだけだから先に通して!」と喧嘩しだす等、なんだかいろいろ重なって疲れました。

ちょうど風邪も引いていて体調もよくなかった。
弱ったときに外出するとこういうことがあるんだよね。

あれ、何を書こうとしていたんだっけ。

そうそう、先日、アビアシオン通りにあるYogashi Patisserieのお店に行ってきました。

ここは日本クオリティのケーキが食べられるお店。
日本で修行したパティシエが作っているんだって。

美しい~。この写真だけ見ると日本のケーキ屋さんみたい。

どれも美味しそう!

迷った末に選んだのは抹茶ムース。

友達も抹茶ムース率高し。

海外にいるとこういう選択になるよね、うんうん。

口に入れるとふわーととろけてすぐ食べ終わっちゃった!

もっと食べたい~!


ここのお皿は細長いので友達とお皿を共有して食べることになります。

ちょっと変わってるなと最初は思ったんだけど、

ケーキは一人2つくらい頼んだほうがいい、というお店からの提案なのかもしれない。

喫茶コーナーは小さめだけど、明るくていい雰囲気。



今度からいやなことがあったら、ここにケーキ食べに来るよ!

食べると幸せになれるお味でした。

また来ます。





よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい外食 ~ペルー料理 PANCHITA~

2015-11-07 17:30:16 | ペルー 楽しい外食
出産の少し前に行ったレストラン、PANCHITA
平日、たまたまダンナに時間ができたのでものすごく久しぶりに二人でランチしました。

ここはガストンアクリオが出すお店の一つで、ペルー料理レストラン。

さすがガストン、最初に出されるサルサからおいしかった。

パンもふわふわ。

ティラディート。メニューは肉料理が多いのですが、どうしても食べたくなって注文。

ロコト・レジェーノ(ロコト唐辛子の肉詰め)。

肉詰めというよりグラタンに近かった。

こちらはタマル。
トウモロコシの粉をバナナの葉で蒸したもの。オリーブや肉、唐辛子(辛くはない)などが入っています。
朝食によく食され、市場やスーパーで売られている庶民的な食べ物。

何もガストンの店でタマルを食べなくても・・・と思ったのですが、どうしても食べたくなって。
妊婦は一度、これが食べたいと思ったらぜったいに食べないと気が済まないのだ。
さすが高級タマル、おいしゅうございました。

このころ、なぜかタマルにはまっていて、よく食べました。

コヒメが生まれたての頃もよく昼食に食べていました。
腹持ちがいいし、調理しなくていいし。

タマルの美味しいお店があったら行きたいなーと思ってネットで調べたら、EL COMERCIOに特集がありました(こちら)。
残念ながら家族の中でタマル好きなのは私だけだったことと、そうこうしているうちにタマル熱が冷めたため、結局、どこへも行けていません。

ダンナが頼んだアンティクーチョ盛り合わせ。



締めのハーブティ。

代表的なペルー料理が一通り揃っているので、誰かがペルーに遊びに来たらぜひ連れて行きたいお店です。

外国人客が多いと思いきや、私達が行ったときはペルー人のお客さんがほとんどでした。

TANTA、PAPACHOS、PASCUALE HNOS(元ガストン)、アレキパのCHICHA、サンティアゴのMADAM TUSAN(リマの店には行っていないけど)

とガストンの店へはだいたい行きました。

残るは・・・・・ASTRID & GASTON!!!! 敷居が高そうだけど、いつか制覇するぞー。




よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

子供たちの椅子

2015-11-02 10:24:44 | お買い物
先日、こちらを買いました。

シンプルな椅子だけど、お気に入りポイントは子供サイズであること

近所のショッピングモール(C.C. El Polo)で見つけた素敵な輸入家具&雑貨屋さんにて購入。
(お店はこちら→PLAGIO
このお店、私好みのものがいっぱいで、もっといろいろほしかった~。
が、なにかと引っ越しが多い我が家、家具はそうそう簡単には買えないのだ

ヒメとオウジが喧嘩しないように2つ購入。
すっかりコヒメのオムツ替え台と可しているソファーベンチがぼろぼろになってきたのでそのうちに処分して、代わりにこれを置こうと思って。

子供たちも気に入って座っています。

この椅子、買ったときは気づかなかったのだけど、家で説明書を見たらIKEAマークが入っていた。
ペルーにもイケアの品が入っているんだねー。

ついでに同じお店で買ったまな板。

今までまな板は木製派でプラスチックは嫌いだったから、余計な買い物なんだけど気に入ったからつい。
台所にかわいいものがあると気分が上がります。



よろしければ応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加