笑う黒犬の日常

誰にでも人懐こく無防備な笑顔で近づくので、人からよく「犬みたいだね」と言われるのだが、最近それも意外とアリかなと思う僕。

5000円

2017-02-24 05:21:13 | 僕と妻との非日常
妻に運転免許の更新を告げるハガキが届いていたことは知っていた。更新期限がもうそろそろだということも。


妻の車は既に売却済み。
妻は一生運転ができる身体ではない。
従って、免許の更新は意味がない。

でも、そんなことは言えない。

以前何度も状況を伝えたはずなのだが、
残念ながら喜ばしいことに、
妻はそれをすっかり忘れているらしい。

前頭葉の半分を切除した妻ですからね。
それならそれで、いいと思っている。


先日、妻から「お義母さんに送ってもらって免許更新手続きに来た」というラインが届いた。
「印紙代5000円。よろしくお願いします。」と。


母も妻の状態は承知している。
しかし、僕同様に言い出せなかったのだろう。
お人好しな母だ。あとで5000円払わねば。


更新は、できなかったという。

「虚偽の申請をすると罰金30万円」と書かれていたらしく、問診に正直に回答した結果、「免許の更新不能」の回答があったらしい。

妻はショックを受けて帰ってきた。


まあ、あたり前だよね。
今はヘコむ妻をフォローしよう。


しかしながら言いたいのは、

その場合5000円は戻ってこないのか。

なんとかしてくれ警視庁。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保険の暴力 | トップ | 明日はきっといい日になる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

僕と妻との非日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL