デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

自飯喰(ジパング)

2016-08-26 | 今日の出来事

まもなく稲刈り(土・日)ですが、台風と思わぬ雨が心配です。

台風10号は、迷走台風なのか 居座り台風なのか、全くコースが読めません・・?

昨日は畦の草刈りと前夜の雨の水抜きをしておきました。

今日は端(はざ)刈りとコンバインの整備などです。

今年はまずまずの豊作と言われていますが、我が家はいもち病にやられています。

しかし、獣害は大変減りました・・!

それは、獣捕獲オリに 鹿3頭と猪2頭(内一頭は罠)が 獲れたからです。

あと一日あるのですが、猿軍団が心配なので 電気柵の電気は昼夜通しておきます。

専守防衛より先制攻撃が良いのでしょう。    

とりあえず、刈り取り前の記録だけは しておかねばと撮影です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふうせんかずら

2016-08-25 | 今日の出来事

フウセンカズラの袋が茶色くなっているので、三~四つ採り開けてみると丸い種が入っていました。

そして、この種がとても変わっているのです!

白い部分がハート型で顔のように見え、黒い部分は坊主頭か髪の毛にあたるのです。

何故このような変な二色模様に 全部がなるのか不思議です・・?

これを芸術作品か民芸品にできないかと考えています。

直径3~5mmと小さく、とても固くてキリ先で穴を開けるのも困難です。

そこで、とりあえず接着剤で木材にくっつけてみました。

これを、「見ざる 聞かざる 言わざる」の猿にでももっていくか・・?🐵

あるいは、「良い子 悪い子 普通の子」にするか・・?

三馬鹿大将の顔にするなど頭をひねっていますが・・?

もう一つは、”つまようじに” 接着を試みましたが安定性に問題ありでした。

ペンで顔を描いてみましたが、視力も悪いし、手も震え、拡大鏡で見ながらしても上手くできません。

字が書ければハート部分に、恋占いの文字を入れて ”おみくじ” にしてもどうかなと・・?

また 愛のメッセージを書いて、彼女にプレゼントする方法も良いかと思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤あけび

2016-08-24 | 赤松

赤松に生えているからでもなく、アケビの実を赤く染めたのでもなく、自然物の腐生植物です。

サツマイモの小物をくっ付けたり、ソーセージをくっ付けたようにも見えます。

しかし、地中から出てきたものは変身しながら、こんな姿になりました。

それが ”ツチアケビ” です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きゅうりスイカ

2016-08-23 | 阿波毎々

山河内のHさん宅で、キュウリのツルにスイカが生っている・・

そんなことがあるのか確認に行ってきました。

すると確かにキュウリに、スイカらしき丸い実が生っているのである。

何本かのキュウリを植えてはありましたが、傍にはスイカは見当たりません。

そこで、家の方に聞いてみますと、10mほど離れたところにスイカはあるとのことでした。

おそらくは昆虫などが、スイカの花粉を運んできたのではないかと思いますが・・?

ウリ科スイカ属とウリ科キュウリ属なら、あり得るかもしれないが、今回初めて確認しました。

今度、人口受粉で試してみようかと考えています。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏のふるさと講座(九州出漁団)

2016-08-22 | 美波町

昨日、夏のふるさと講座『九州出漁の歴史について』がありました。

朝の町内放送では、子供から大人までとのことでしたが、私が一番若い参加者でした。

今年、NHKファミリーヒストリーで ”蛭子能収” さんの番組がありましたが、

それに通じる内容で、現在の美波町(由岐・日和佐)の漁師と、後に阿南市(椿泊)の漁師が、

九州の長崎県五島列島方面にて「遠洋底引網漁業」で活躍した話と、

それに関わった人物像の内容でした。

一本釣りから延縄・手操網に底引き網へと変わりゆく中での地元漁師や漁業組合組織の内容でしたが、

九州出漁に賭けた海部男子(あまべおのこ)達の一人、富永常太郎氏と妻(シヅ)に鈴木清五郎氏などの

活躍が特に感銘を受けました。【富永シズ:福岡運輸創業者

全国に先駆けた先見の目、漁場や漁法に基地港の移動、国産初の冷凍トラック開発などの物語りに

驚きと地元出身の漁師や関わった人物、そして 宇久島・福江島玉之浦町の話に感心させられました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけび

2016-08-22 | 赤松

季節(自然)を感じる植物のひとつです。

昨日は、在所の盆祭りの通夜(宴会)と言う、寄り合いがありました。

以前は盆に、地区の祠(山の神さん・地神さん・庚申さん・地蔵さん)で、

お参りと神踊りが行われていました。

現在は、地区の事情に合わせて実施しています。

話は外れましたが、通夜の前に地蔵さんのお参りに行ったとき、アケビの実に気がつき撮影しました。

ここのは、昨年より実の数が少ないのですが、毎年アケビの口が開く(猿や鳥に食べられる)までは、

見ることができます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オモダカ

2016-08-21 | 今日の出来事

朝の田圃の見回りに行くと、畦際にオモダカの花が咲いていました。

雑草なので困るのは農家だが、葉の特徴などが被写体となり面白いので撮影しました。

地下茎の芋で増えるので、今のうちに除草しておけばよいものだが、そういう余裕は無い。

稲は伸びているため、田の中へ入って行くのも困難である。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エビヅル(ブドウ科)

2016-08-20 | 赤松

子供の頃から、ヤマブドウとして親しんでいたのが、このエビヅルであったようです・・!

そして、ある方が喋ったことを・・?

「四国には本家のヤマブドウが生えていないよ」と言ったことを思い出したのです。

そして、葉っぱの特徴などから違いが分かりました。

また、面白いことに気が付きました。

エビヅル名の由来が、新葉裏がエビ色に似て『広辞苑』ではエビ色は葡萄色とも表記されているようです。

このことから思い出したことがあります。

シマサルナシの愛称を「すずらえびこ」と呼ぶ地区があったことを・・!?

それはシマサルナシの房形がブドウ似で、果実の色も何となく似ているのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤイトバナ

2016-08-19 | 今日の出来事

ツルで嫌な臭いを放つ植物の一つです。

しかし、花弁だけみますと面白く変わっています。

もう一つ困るのが、別名「@%&#*$カズラ」なので、とてもここでは言えません・・!?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメカゴ

2016-08-18 | 日和佐

お盆前にカニカゴを沈めていたら外道の大物が入っていました。

これがスッポンなら食べれるのに、アカミミガメ(別名:ミドリガメ)が入っていたのです。

これでは、ウナギやカニは獲れません。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加