デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

郷に生きる (みなみ風 日和)

2017-04-24 | 美波町

今朝、朝刊と共に届きました。

徳新美波専売所が発行している、ミニコミ誌『みなみ風 日和(ひより)』です。

こんなこともあったのですね!

とにかく読んでください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニシアター改良中

2017-04-24 | 日和佐

『春の子供シアター』に備えて、

先日より図書館視聴覚室にある既存設備を利用して

ミニシアター風に改良中です。

以前に仕事などで利用していましたが、音響設備など不備な点がありましたので、

費用が余り掛からない方法を取っています。

次回は5月6日(土)午後2時~にて『母を訪ねて三千里』の子供アニメが上映されますが、

時間が許せば大人も楽しめる”短編映画”も予定しておきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の子どもシアター(日和佐図書館)

2017-04-23 | 美波町

本日、日和佐図書・資料館2Fにおいてアニメーション映画「あらいぐまラスカル」が上映されます。

できれば親子でお越し下さい。(大人でだけでもOK)

今回は既存設備を利用して、少し音響等を改良した上映会になっています。

また、時間が許せば「短編映画」なども上映しようかと考えています。

※ 今日から、「こどもの読書週間・2017」 4/23~5/12 が始まっています。

 

※ 昨日の徳島新聞の記事ですが、こんな事業もあるようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

聖地 岩屋さん

2017-04-22 | 赤松

ここは現在、私たちにとっては無くてはならない重要な場所です。

子供の頃にはここに来て、岩穴に潜り込んだりして遊んだ場所でもあります。

一見、赤松の秘境のようにも感じる、厳かな神社(岩屋神社)のある、「いわい谷」なのです。

奥には花火工場があり、谷にはナガレホトケドジョウなども生息しています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キングコング

2017-04-21 | 阿波毎々

先々週、所用で徳島市まで行ったついでに、夫婦で映画を見てきました。

それも「キングコング」なのでした。

非現実世界のことなのに、こんなこともあるのかと思わせてくれました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あかまつ座 復活練習

2017-04-20 | 赤松

昨夜の事です。

人形浄瑠璃復活に向けて初めての練習風景です。

修理していた三体の人形も完成して、一昨日に届いていました。

最初は、どれだけのメンバーが揃うか心配していましたが、どうにか人形を扱える人数は揃いました。

しかし、これだけでは人数的にもう少し必要ですので、次回の練習にも参加希望者を募ります。

ところで、勘緑さんを交えての初練習でしたが、和気あいあいとした流れで大変面白かったです。

練習後の飲み会も、大変盛り上がりました・・!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傘越しに 咲いて散る花 頬染める

2017-04-19 | 花火

”はなはるフェスタ”の花火会場にて、花火設営時には晴れていましたが

本番前から雨となりました。

まるで、航空母艦に花火を(設置)立てている感じです。

大砲(大筒花火)は見事的中でした! (本日、天気晴天なれど・・)

昨夜のJRT放送で、30mにも火柱が上がるとありましたが、私は一度だけ見たことがあります。

ここで、動画映像です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シャガ

2017-04-18 | 今日の出来事

一昨日、庭先を眺めたら白い物が見えたので確認するとシャガでした。

いつの間にか咲いていたのです。

裏山のも咲いていました。

この清楚な花は大好きです!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はな・はる・吹筒・花火

2017-04-17 | 花火

雨降る中での花火です。

それが逆に、濡れた地面と川に反射して、

空から落ちてくる花と、地中(新町川の川面)から湧き上がる花が、

丁度、線対称に見えて面白かったです。

また、イレハ花火も手筒花火のようにも見えますが、これは竹竿に小型花火をくくり付けています。

花火師(F氏)が華麗に舞うので、蝶が舞うようにも、鳳凰(ほうおう)のようにも見え、

たいへん迫力があり美しく見えました。

観客の皆様もさぞかし満足されたことでしょう!

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新町川に花火の華

2017-04-16 | 阿波毎々

大成功でした!

観客を魅了できたことでしょう。

花火会場の設営時は、暑いほどの天気でしたが、本番前からは雨となりました。

しかし、これが幸いしたかも・・?

本当の、赤松吹筒花火ファンしか、見に来ないのですから・・。

最後まで見ていただいた方には、感謝申し上げます。

来年も、ご招待あれば、一段とパワーアップした花火を見せたいと思います。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加