たつた良子のページ

安保法制(戦争法)は廃止させましょう!
憲法守る「あたりまえの」政治を!
安倍改憲を許さない!

カクサン!やらねば!

2016年06月26日 | 日記


今回の参議院選挙から若い新部員も入って、パワー全開。
しかし、とんでもないワルキャラたちも…

どうやったら、ワルキャラを打ち負かして、日本の平和と安全・安心・民主主義が守れるのでしょうか…
すごいカクサン部員の活躍に励まされます。バーバもがんばらなければね。


そうです。
7月3日は演説会だそうですよ!
そうなんです。
市田ただよし副委員長が
そうさん応援にやってくるそうなんです。

ええっ!!阿南にも市田副委員長が!
7月3日の午後3時
フジグラン前にやってくる!そうです。
いよいよ、ヤマ場です。
 

この記事をはてなブックマークに追加

戦没者追悼式・ビラ折り・あて名貼り

2016年06月25日 | 日記
日本共産党 参議院選特設サイト

日本共産党のカクサン部2016

午前中は阿南市遺族会の戦没者追悼式が、阿南市文化会館で行われました。
戦争でなくなった方々阿南市で3148柱の御霊に、もう二度と戦争はいたしませんと誓った憲法をしっかり守る国をつくるためにがんばります、と、心の中で誓いました。

3千人をこえる若者たちが戦争で命を落としたのです。
 「その方々にはお母さん、お父さん、ご家族や親せきが、あったはず。様々な夢があったはず。」
 沖縄での平和の礎で、語ってくれた平和ガイドの大島さんの言葉を思い出しました。

 一人一人のくらしそのものが奪われてしまう戦争など、庶民は誰も望んでいないのに、「戦争法」を押し通し、憲法改悪を狙う安倍首相。
 負けられません。私たち。

 ビラ折り、あて名書き…などなど…それにしても、いかに仕事が多いのでしょう選挙は。
つぎつぎと、こなしていけるロボットのような体が欲しいです。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

ふるた比例カーで

2016年06月25日 | 日記
6月24日(金)
 午前、午後、ふるた比例カーで、アナウンスをしました。


ふるたみちよ候補は、先々で街頭から訴えました。
「戦争法をなくし、憲法を守る政治に」、「消費税に頼らない別の道、税金の取り方、使い方、働き方のチェンジ」など、日本共産党の政策を、心をこめて、ザーザーと雨が降っても、けっして手を抜くことなく、丁寧に訴えるのです。本当に頭がさがります。


 できることなら、もっともっとふるた候補のお話を、阿南の隅々まで聞いてもらいたいものだと思いました。もっと時間がほしいです。



この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙に突入!!

2016年06月23日 | 日記
今朝のプラスター宣伝
大西そう南部事務所から、後援会員として参加しました。雨でしたが途中で晴れ間も出てきました。


6月22日(水)
いよいよ参議院選挙です。22日から始まりました。7月10日の投票日まで、フル回転です。
22日朝は、大西そう阿南事務所へ立ち寄り、ポスター貼りなどの作業で集まっているみなさんに、「共に頑張りましょう」とあいさつ。
みなさん、元気に事務所を出発されました。

10時過ぎから志位委員長たちの第一声が東京からネット中継されました。
これを視聴しました。全国の仲間と心一つにがんばろうと、元気をもらいました。


とはいえ、議会中です。委員会のため、資料の準備など、昼間の時間にあわてながらやりました。

夕方、徳島駅前で、ふるたみちよ比例候補の出発式。
私は司会をしました。
大西そう選挙区候補から力強い立候補あいさつ。ともにがんばりましょうと、握手をかわしました。

ふるたみちよ日本共産党比例候補から、「戦争する国づくりか、平和をまもる国か」「アベノミクスの暴走で国民のくらし破壊を続けるのか、それともくらしを守るのか」が問われる大事な選挙です。
日本共産党を大きく躍進させてくださいと、心をこめて、力強いあいさつと訴えが行われました。






この記事をはてなブックマークに追加

県土整備委員会(県土)

2016年06月21日 | 日記
質問したこと
一、ユニバーサルまちづくりに関して
 ●歩道上の視覚障害者用誘導ブロックの設置について、さらなる整備と改善を求めました。

県庁前で「黄色」が途切れています。


県庁周辺の誘導ブロックはなぜか明度や輝度を押さえたデザインです。見た目はいい雰囲気ですが…

~社会福祉法人日本盲人会連合のHPより抜粋~
「近年の景観意識の高まりに伴って、1980年代以降は、周囲の環境と調和する色合いを「デザイン優先」で採用するため、歩道に溶け込むような同系の色や材質の点字ブロックがふえました。
 歩道と同系色・同材質のブロックでは、弱視や色弱者の人たちには識別が困難です。」


 ●橋梁上の歩道の設置について、整備を求めました。
15㍍以上の橋は県下に701橋あり、そのうち歩道がある橋は246(うち2㍍以上の歩道があるのは214)、歩道がない橋は455ということでした。歩行者、セニヤカーなど、子どもから高齢者まで安心して歩行できる橋の整備を求めました。


 ●路線バスやコミバスへの支援について、高齢者や通勤・通学の利用者の利便性が高まるよう、減便しなくても良い支援策を求めました。
 

二、住宅耐震化について
 ●県と市町村の補助制度を併せた、わかりやすい情報発信や、きめこまかい啓発で、耐震化事業が進むように求めました。
 
  

この記事をはてなブックマークに追加