まさか日本でカルチャーショックを!

中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

丁寧な言葉の第一歩は思いやり

2017-04-29 22:09:55 | 国際交流
帰宅後に買い物に行こうとしたら、玄関チャイム鳴った。

玄関にいたので、ドアを開けたのだが「となりブラジル?」と言われた.

意味がわからずに聞き返したのだが、同じ言葉が…。

その方は国籍不明。
日本人にも日系の南米の方にもアジア人にも見える。

だが単語レベルの日本語でありながら、日本語の音の出し方がネイティブ並みであったので、「日系ブラジル人かな?」と推測した。

ただその態度にカチンときて冷静さを失った…。

「お隣はブラジルの方です」とプライバシー情報を与えてしまった…。

「呼んでも出ない」と言われても、私にそんなことをいう意味がわからん…。

揚げ句の果てに「ここもブラジル?」とうちを指してのたまうおばさま。

その日本語にイラッときて、日本人であることを伝えた。

そしてイライラしながら買い物に出かけた。

帰宅後、(うちに泊まりに来ていた)甥が私にのたまった。

「宗教じゃないの?」と。

なるほど…。


それはともかく、私自身が外国語、それもとても怪しい中国語を話すこと、中国で日本語教師をしていたことで、とても考えこんでしまった。

仮に単語レベルだとしても、柔らかい話し方は可能だと思っている。

いや、単語レベルだからこそそれが必要だと感じている。

ただ単に自分の要件だけを済ませるだけではコミュニケーションではないのではなかろうか。

そういう意味では文字情報も怖い。

(もっとも私は数字や記号は必ず言葉だけでなく、文字情報でも伝えるようにしているが…。)

簡単な例をあげると(『みんなの日本語』のコラムではないが)昔の電報の「アスルスバンニコイ」が「明日留守番に来い」なのか「明日留守番、晩に来い」なのかといった感じ。

これが音声ならわかりやすいのだが。

しかし音声受信ができないときもある。

中国にいる方がQQやWeChatで安易に音声を送ってくることがあるのだが、仕事中にそんなもの聴けない。

そして夜中も無理…。

とあえて複雑に記していることで気づいた方もいるに違いない。

大切なのは思いやり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「笑顔がない世界には居たくない」から

2017-04-28 21:41:33 | 行動計画 & 積極的思考
今の仕事は自分にとって初めての業種ともいえる。

しかし元々はその業界の出身であり、ある程度のことはわかる。
おまけに外での管理の経験も、教師の経験も、外国での経験も、事務所内での仕事も経験もある。
教師に限らず人と向き合う仕事の経験もある。

だからこそ今の仕事を得ることができたということ。

しかしすべてが順調であるというわけではない。
ある意味19歳直前から3年ぐらい経験してきたような
「何もわからない、何も知らないのにあれこれ突然の出来事と対峙しなければならない」という大変さはある。

帰りのバスの中でウトウトし、電車の中で勉強しているときや、スマホを見ているときウトウトしていることが多い。

だが自分が考え抜いて選んだことであり、常に前向きな気持ちでチャレンジしている。

そんな私が常に考えているのは「人の役に立ちたい」「人々の笑顔が見たい」ということ。

実際に自分がその大変さを知っているからこそ、その中のある部分を専門的にこなす仕事を探したのであった。
私がそれをすれば、他の方々の仕事の負担が減る。

そう、以前私は「そういうことを専門で行う方がいればいいなぁ~」と考えていた。
なぜならば、人は一人であれもこれもできないので。

ある意味日本の仕事というのは一人であれもこれも抱え込むことが多い。

だが人間には得手不得手がある。
そして1日は24時間という制限がある。
さらには人生は仕事だけではないのである。

「笑顔がない世界には居たくない」
ただそれだけのこと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど、よくわかったよ~

2017-04-27 21:33:33 | 行動計画 & 積極的思考
私は中国という異国で生活していたわけであり、それなりの要領の良さがある。

しかし根本的には真面目であり、融通が利かないところもある。

社会的秩序や決められたことは守るべきであると考えている。

他には「人の嫌がることをしない」
「日本で身についた習慣を大事にしながらも国際的に通用するマナーを大事にする」
という考えを持っている。

そういう真面目さがあるゆえに馬鹿を見る部分もあったりする・・・。


もちろん今までにも「社会の常識などクソくらえ!」となりふり構わずに大事なことを捕まえたこともある。
当然非難されたこと、後ろ指を指されたこともあるのだが、
非難したり後ろ指を指した方々のほうが人道的にもっとひどいことをしていることも・・・。

そのように正義が悪になることはよくあることで、私自身も正義を振りかざし結果的に悪となったこともひとつやふたつではない。

そんな私は誕生日の本日「大人の諸事情」について考えることとなった。

少し極端な表現をすれば「嘘や誤魔化しはいけないのだと『正しいことを押し通すと、それにより迷惑を受ける方もいる』のである」。

そう考えると、日本的な「嘘も方便」という意味もなんとなくわかってくる。


例えばアメリカのプロテスタンティズムのような「(超極端に表現すると)嘘=絶対悪」では傷つけてしまう方々が増えるわけで・・・。


「なるほど、(50歳にしてやっと)よくわかったよ」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

40歳を超えると時間の経過が速い

2017-04-26 23:00:33 | いろいろ
40歳の時は中国で迎えた。
その4か月前から厄年の序曲が始まっていた。
そして3年の怒涛の日々。

特に41歳(数え42歳)の時はど凄かった・・・。

厄年など信じないと思う方もいらっしゃると思う。
ただバイオリズムだと思えば、納得いくかもしれない。

私自身は厄年とはバイオリズムの低下の時期だと思っている。
すなわち、単なる迷信とは思っていない。


話しは変わる・・・。

40歳を迎えると、途端に時間の経過が速く感じるようになる。

あっという間の10年間。

明日めでたく50歳を迎える。

生まれつき体の弱い人間、生まれつきあちこち悪い人間がよくここまでこれたものだと思う。

明日からも感謝して生きてゆきたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国で買った薬の処分

2017-04-25 21:38:33 | 中国生活
帰国して2年9か月。
先ほど常備薬のうち、期限切れのものを処分した。

中には中国で買ったものもあった。



細長い箱は日焼けによる皮膚疾患の軟膏。
2012年晩秋からちょっとした病気になった。
そのために体の栄養バランスが崩れたようであり、2013年5月頃から腕などに日焼けによる皮膚疾患。
だが、夏場の長袖はある職業上珍しくない私であっても、広東省で長袖は日差しを遮るよりは、肌に貼り付く・・・。
日本で買った薬は効かなかった。
そのため中国の薬局で薬を買った。
もちろん症状をみてもらったうえで。

原因は皮膚だけではなく、栄養のバランスも崩れているはずだと言われた。
実際、さらに食べ物に注意したところ、半袖でも灼熱太陽に耐えられるようになった。

注意:症状により薬も違ってくるので、薬局の方に相談したほうが良い。

小さな箱は血圧降下剤。
この種類の薬だけでも、様々なものがある。
これはプラスチックの小瓶に入ったカプセル。
シートで個別包装された錠剤もある。

元々医者からいただいたのがこのタイプであった。
以降あまりにも血圧が高くなりすぎたときだけ、飲んでいた。

本来あまりこんなところにアップしないほうが良いのであろうが、あくまで緊急用として情報共有しておく。
ただし、血圧の薬も人により合うものが違うため、やはり一番良いのは病院で診察を受けたうえでいただいたほうが良いことは言うまでもない。

私の場合、近くの病院だと「外国人」といことでカモにされているような感覚があったことと、なるべく薬に頼りたくなかったことが理由であった。


他に処分したのは中国で買ったラッパのマークの正露丸。
これは珍しくもないので、写真には収めなかった。
ただあの箱が中国語と英語になっているだけのこと。
広東省の場合、少し大きな薬局だとたいてい置いてある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加