福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

バーンスタイン「ミサ」空前絶後の成功のうちに終了

2017-07-16 01:00:59 | コンサート


"マエストロ道義" 入魂のバーンスタイン「ミサ」公演が空前絶後の成功のうちに終了しました。

わたし自身、自分の出番があるため、この演奏を客席で体験することはでかませんでしたが、楽屋で観るモニターや舞台袖に伝わる熱気から、只ならぬ演奏であることはビンビンと伝わってきました。

主役の大山大輔さんの歌と演技。日に日に深まってゆくのが分かりましたし、ボーイソプラノの込山直樹くんの澄んだ声、思い切った表現、そして舞台度胸は特別なもので、いつかは声変わりとともに失われるボーイソプラノの声の絶頂が、この公演の時期にあったというのも奇跡と言えましょう。

キッズコーラスは、音楽的にも演劇的にも舞踊的にも、よく訓練されていて、リハーサルの段階から爽やかな感動を呼んでいました。大谷圭介先生の指導力には大きな拍手を送ります。

ストリートコーラスのキャストには穴がなく、素晴らしいチームワークとアンサンブルの醍醐味を堪能させて貰いました。又吉秀樹さん、与那城敬さん、藤木大地さん、小林沙羅さん、小川里美さんら、これまで共演経験のある皆さんとの再会も大きな歓びで、またの共演を願ったところです。

オーケストラ(もちろん大阪フィル)、ロックバンド、ブルースバンドともに23年前の公演を凌駕し、マエストロ自身の円熟も半端ないものであったことは、2つの公演に携わった者として証言できます。



名残惜しい限りですが、ここで気持ちを切り替え、来る8月11日(祝・山の日)の女声合唱団スウィング ロビンの3rd.コンサートに集中したいと思います。今回はスウィング ロビンが新しい領域に到達せんということの伝わるコンサートとなること請け合いです。
杜のホールはしもとまで、どうぞお越しください!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーンスタイン「ミサ」2日... | トップ | 追記 バーンスタイン「ミサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む