正論ちゃう?正論トップページです。  嶌田法海華(Simada.Norika)! 

常識とは何?何気なく使う言葉の危うさ。噛みつき亀風味でもの申す。脱線ご容赦。あくまでもお馬鹿な私の私論です。

逃走中のインチキ度

2016年04月17日 16時29分38秒 | なんだかテレビネタみたいなので

「逃走中」という番組があった。何も知らない人は、そのままで良いけれど

逃げて隠れている処を、映しているのだから、最低でも一人のカメラマンが

いることになる。ということは 追いかける人にとっては、カメラマンが

いないことと仮定しているけれど、興ざめである。

だったら 皆にカメラを持たせて それで例えば背中を映されたらアウトに

したら面白いのにと思う。あとは 定点カメラの映像を使い、という方が

リアリティーがありそうだけど、まぁどうでもいいか・・・。

今の時代は4K映像もハンディタイプのカメラで写せる時代だ。

そしてNHKがすでに8Kの実験をしているので いずれは8Kの時代になる

昔ハイビジョンが出たころも、そうだった。

それにしても もうちょっと気の利いたよびかたはないのかな?

それと 紛争地帯にハンディタイプのビデオを持っていて射殺された

日本人ジャーナリストがいた。

戦場に行ったことはないけれど 銃撃戦なんかが起きている場所では

PRESS と目立つようにしないと 皆興奮状態だから狙われる。

肩に乗せる昔のビデオカメラは 基本的に取材者に危害を加えてはいけない

というルールがあるので 狙われにくい。

ただし、内線状態のところなどではそんなの知らないひとがおおいのだろうけど。

取材で命を落としてしまったジャーナリストは多いけれど、取材する立場では

あくまでも 取材であることを わかりやすくわからせる努力を惜しまないで

ほしいな

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉用具は 手抜きが多い? | トップ | ビデオが発達すれば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

なんだかテレビネタみたいなので」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。