茅ヶ崎発!勉強通信

茅ヶ崎在住の著者が日々の自身の勉強のあれこれを発信致します。

味の素シンポジウムに行ってきた

2016-10-16 17:29:43 | 学習

第92回の発信です。 以前、味の素のシンポジウムに参加した時は、まだユネスコの無形文化遺産に登録運動を進めるための会と記憶しています。既に登録されてから3年経過とのこと。月日が流れるのは早いですね。

 

 

10/15 味の素グループ高輪研修センターで開催された 第29回人文機構シンポジウム「和食文化の多様性」-日本列島の食文化を考える-に行ってきました。熊倉功夫氏の基調講演のあと、山田慎也氏、齋藤玲子氏、木部暢子氏、秋道智彌氏による専門分野のプレゼンがありました。和食とは?この定義づけはまだまだ確立していないこと、儀礼における食の変遷、アイヌの食、琉球の食、だし、興味深い内容ですが、正直ここで帰ろうか?と思いました。休憩をはさんだ後のパネルディスカッションで、品川まで足を運んだ元をとり、おつりがきました。

司会は佐藤洋一郎氏。氏の進行、組み立てが素晴らしい。休憩前に会場から提出された質問表を各パネリストに一言で答えていただき一区切り。熊倉氏がユネスコに提出した”和食の定義”(一枚の配布資料)を基にパネリストに意見をいただき討論。ダメ押しの最後のテーマとして”和食はなぜ残していかなければならないのか”で意見を伺う。和食は残していくことが、前提になっているシンポジウムで、この思考の逆転には、驚きました。アイヌ文化はなぜ伝えていくのか?琉球食文化はなぜ?共通する根源的な問いです。言葉と一緒で、子供の時に、聞いて食べて育つ。次世代にその時代の文化を引き継ぐ、パネリスト全員の熱い話で終了となりました。帰り道、結婚式真っ盛りのプリンスホテル前でパチリ。

さて本の紹介です。

著者 ケンタロウ「ごはんのしあわせ」ソニーマガジンズ です。www.amazon.co.jp

目次のあと、はじめに で氏が述べており引きます。P6「この本はふだんのごはんの本です。いや正確に言うと、ふだんのふつうのごはんだけど、うれしくてしあわせなごはん、の本です。-後略-」そしてあとがきが有ります。P80に原稿用紙のマス目に手書き原稿が載っています。タイトル ”ごはんのしあわせ”から引きます。「毎日毎日ごはんを食べている。あたり前のことだ。でもあたり前のことだからこそ、大事なことだと思うし、しあわせなことだと思う-後略-」このエッセイを読んでいる時、ナラはしあわせです。

茅ケ崎菱沼のコスモスで今日はお別れです。秋の勉強Cafe は11月5日(土)になります。何やら始めたい方、お気軽にのぞいてみてください。では失敬!ナラ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋季茅ヶ崎勉強Cafe2016やり... | トップ | 秋季茅ヶ崎勉強Cafe2016開催... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。